William Blake “Auguries of Innocence” 無垢の予兆(2)

f0134963_14482392.jpg


☆William Blake “Auguries of Innocence”(1)の続き


Tools were made and born were hands,
Every farmer understands.
Every tear from every eye
Becomes a babe in eternity;

人の手からは、道具が生まれることを
すべての農夫が知っている
すべての涙がその眼で作られていることも
赤子のときから変わらない

This is caught by females bright,
And return'd to its own delight.
The bleat, the bark, bellow, and roar,
Are waves that beat on heaven's shore.

それは聡明な女性たちに受け止められて
彼女たちもまたそれを繰り返す
泣き、怒鳴り、呻き、そして、わめく
天国の岸に打ち寄せる波のように

The babe that weeps the rod beneath
Writes revenge in realms of death.
The beggar's rags, fluttering in air,
Does to rags the heavens tear.

鞭を怖れて泣く赤子は
死に際に復讐を心に刻み
乞食が纏うボロ布は風の中ではためいて
天の涙をぬぐう

The soldier, arm'd with sword and gun,
Palsied strikes the summer's sun.
The poor man's farthing is worth more
Than all the gold on Afric's shore.

兵士は剣と銃で武装し
夏の太陽は小刻みなビートを刻む
貧乏な男の古い銅貨は、
アフリカの海岸から運ばれた金よりも価値がある

One mite wrung from the lab'rer's hands
Shall buy and sell the miser's lands;
Or, if protected from on high,
Does that whole nation sell and buy.

労働者の手から絞りだしたような僅かな金なら
安い土地を売買することができ
上流社会から保護されていれば
国家全体をも売り買いできる

He who mocks the infant's faith
Shall be mock'd in age and death.
He who shall teach the child to doubt
The rotting grave shall ne'er get out.

幼児の信仰を侮る者は
加齢にも死にも玩ばれ
こどもに疑うことを教える者は
朽ち果てた墓から出ることは出来ない

He who respects the infant's faith
Triumphs over hell and death.
The child's toys and the old man's reasons
Are the fruits of the two seasons.

幼児の信仰を尊ぶ者は、
地獄にも死にも勝利し
子供のおもちゃと老人にとっての動機は、
2つの季節に実る果実である

The questioner, who sits so sly,
Shall never know how to reply.
He who replies to words of doubt
Doth put the light of knowledge out.

座ったままで質問ばかりする者は
どんな答えも知ることはなく
疑問に答える者は
知識に光を射すことが出来る

The strongest poison ever known
Came from Caesar's laurel crown.(*)
Nought can deform the human race
Like to the armour's iron brace.

これまでに知られている最強の毒とは、
シーザーの月桂冠によるもの
人類が無から創られたのなら
鉄の鎧のような骨組みになるだろう

When gold and gems adorn the plow,
Peaceful arts shall envy bow.
A riddle, or the cricket's cry,
Is to doubt a fit reply.

金や宝石が鋤を飾るとき
平和の印はリボンを羨ましく思い
謎や、コオロギの鳴き声は
適当な答えを疑う

The emmet's inch and eagle's mile
Make lame philosophy to smile.
He who doubts from what he sees
Will ne'er believe, do what you please.

アリのインチや、鷲のマイルという単位は
微笑むためには不十分な思想で
自分が見たものを疑う人間は
神を信じることも、人を喜ばすこともない

If the sun and moon should doubt,
They'd immediately go out.
To be in a passion you good may do,
But no good if a passion is in you.

もしも太陽や月を疑うなら、
それらはただちに消え去り
あなたが人にしてあげることに情熱があるなら、何をやっても良いが
自分にだけ情熱があるのなら、何をやっても良くないだろう

The whore and gambler, by the state
Licensed, build that nation's fate.
The harlot's cry from street to street
Shall weave old England's winding-sheet.

娼婦と賭博師が免許を受け取り
国の運命が決められる
通りから通りに響く売春婦の叫びは
古き英国の屍体を包む布を織る

The winner's shout, the loser's curse,
Dance before dead England's hearse.
Every night and every morn
Some to misery are born,

勝者は叫び、敗者は罵り
死せる英国の葬儀車の前で踊る
ありとあらゆる朝と夜に
不幸は生まれ

Every morn and every night
Some are born to sweet delight.
Some are born to sweet delight,
Some are born to endless night.

ありとあらゆる朝と夜に、
甘く美しい喜びが生まれ
甘く美しい喜びは
終わりなき夜に生まれる

We are led to believe a lie
When we see not thro' the eye,
Which was born in a night to perish in a night,
When the soul slept in beams of light.

我々が自分の目を通して見なければ
我々は嘘を信じるように導かれる
魂が光の中にありながら眠っているなら
嘘は夜に生まれて、夜に滅びる

God appears, and God is light,
To those poor souls who dwell in night;
But does a human form display
To those who dwell in realms of day.

夜に住む貧しき魂には
神は光となって現れる
だが、その日1日を生きる者にとっては
それは人の姿そのものなのだ

(訳:yomodalite)


(*)シーザーの月桂冠(Caesar's laurel crown)/シーザーが、共和制ローマの終身独裁官に就任したこと(月桂冠はその証)が、その後の暗殺に繋がったことから。という意味だと思います。

☆ ☆ ☆

ちょっぴりわかった。と思ったのは、

Innocence(無垢)とは、神が創ったままの世界だということ。

最後まで読んで、その思いはさらに強くなりました。




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/19964244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mitch_hagane at 2013-07-08 10:51
みっちです。完訳おめでとうございます。('◇')ゞ
ブレイクの詩は、平易な表現の中に、深い思いが埋められていますね。
それだけに、人により解釈が様々に変わってくると思います。
(そこが、いいところですよね)
お疲れ様でした。
Commented by yomodalite at 2013-07-08 21:19
みっちさん、ありがとうございますっ!

>人により解釈が様々に変わってくると思います。

おかげさまで一応完訳できました。みっちさんの解釈と異なる点もたくさんありますが、、自分で考えてみないと「どんな答えも知ることはできない」と、教えられている気がするので、、、今後ともよろしくお願いします!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-07-07 11:52 | 文学 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite