マイケルと読書[6]ストランド書店の話(ハフィントン・ポスト)

f0134963_1112613.jpg
Nancy Bass Wyden(THE WALL STREET JOURNAL)



2009年7月5日のハフィントン・ポストの記事。ニューヨークにある、有名老舗書店「ストランド」の女性オーナーが、マイケルが2002年に来店したときのことを語っています。



The Day I Met Michael Jackson
あの日、私が会ったマイケル・ジャクソン

Nancy Bass Wyden
co-owner of the Strand Bookstore

Posted: 07/05/09 09:18 PM ET


f0134963_1314564.jpg


I was sitting with a friend as she glanced at her BlackBerry, "Michael Jackson is dead," she read. Then she added, "This must be a joke from my friend." But a few seconds later her grandma sent her another text. "It must be true," she concluded.

私が友人と座っていて、彼女がスマートフォンを見たときです。「マイケル・ジャクソンが亡くなった」彼女はそれを読みながら、「友だちからの冗談に決まってるわ」と付け加えましたが、数分後、彼女の祖母から送られたメールで、それが間違いでないと確信しました。

What flashed through my mind was: "Wasn't he dead already...a long time ago?" It was a strange thought, because I had met Michael Jackson, however briefly, in the flesh. I watched as he sang to himself. I saw him be a father. I played with his kids and cooed at his newborn son. That was 7 years ago, Friday April 30th 2002.

そのとき私の心に飛来したのはこんなことでした。「彼はもうずっと前から死んでいたのでは… 」それはおかしな考えでした。なぜなら、私はかつて、ほんのつかの間ですが “生” のマイケルに会っていたからです。

私は、彼が誰にともなく歌を口ずさむのを見ていました。私が見たのは父親になったマイケルです。私は彼の子供と遊んで、生まれたばかりの彼の息子に優しくささやいたりして、それは、2002年4月30日の金曜日で、今から7年前のことでした。

Perhaps the reason I thought he had already died is that I remember watching him on the Ed Sullivan Show with my parents. He was cute as a button, lively with an Afro. But eventually I could no longer recognize that little boy. His ghostly white skin, hair that looks like a glossy wig, rosy lipstick on his mouth, hidden behind dark glasses and a surgical mask: he had become a stranger.

おそらく、私が彼がすでに死んでいたと思った理由は、私が両親と「エド・サリヴァン・ショー」で、彼を見たことを憶えていたからです。

彼はとても可愛いいアフロヘアの少年でした。でも、私にはその当時の男の子が、彼だとは認められなくなっていました。彼の幽霊のような白い皮膚、つやつやとかつらのように見える髪、バラ色の口紅をつけた彼の口は、サングラスとマスクに隠され、彼は私の知らない人になりました。

I saw a picture of him lying in his oxygen tank, looking like a glass corpse. I remember a porcelain life-sized Jeff Koons sculpture of him that I saw in a museum.

私は、彼が酸素タンクの中で、死体のように見える写真や、美術館でジェフ・クーンズが陶器で創った、等身大のマイケルの彫像を見たことも思い出しました。



f0134963_11144524.jpg
Michael Jackson and Bubbles(Jeff Koons, 1988)



Don't they memorialize people that way after they die? His existence had turned into myth as he retreated into a bubble; didn't he show up to court in his pj's? He was a prince; he was an icon; he was Peter Pan; he lived in Neverland.

私たちは、誰かが亡くなってしまってから、そんなふうに思い出すものなんでしょうか。
彼の肉体が泡のように消えてから、彼の存在は神話に変わりました。

彼は裁判にパジャマで現れなかった?
彼はプリンスで、アイコンで、ピーターパンでもあり、
ネヴァーランドに住んでいました。

I received a phone call in the afternoon. The husky voice said, "I am representing a VIP who would like to come to the Strand." (The Strand is a bookstore that was founded 82 years ago by my grandfather and is run by my dad and me.) The voice continued, "I work for Michael Jackson. He would like to come to the store without customers around."

午後に私は電話を受けました。そのハスキーな声は、「私はストランドに行きたいというVIPの代理をしています」(ストランドは私の祖父が82年前に設立した書店で、父と私が受け継いだ書店です)と言ったあと、続けて、「私は、マイケル・ジャクソンのために働いています」と言いました。「周囲に、他のお客がいない状態で、マイケルは店に訪れたいのです」
I was directed not to tell anyone that Michael was coming. There was a contact telephone number at the New York Palace hotel, and I received updates from his representative throughout that day. It was decided he would come to the store at 10:30pm, after the Strand closes. And I kept the visit a secret, except to a few managers whom I asked to stay late with me; in turn I asked for their vow of secrecy.

私は、マイケルが来るということを誰にも話さないように命じられ、彼らと接触するための電話番号はニューヨークのパレスホテルで、その日、私は彼の代理から、新たな電話を何度も受け、ストランドが閉まったあと、午後10時30分に、彼が店に来ることが決められたのです。そして、私は店に残るように頼んだ数人のマネージャー以外には、彼の訪問を秘密にし、彼らにはその秘密を守るように誓いを求めました。

By nightfall the air was swirling with electrical excitement. I piled copies of Moon Walk, Michael's memoir (edited by Jackie Onassis,) in the store for him to see. I remembered from reading it how kind his voice was as author.

夜になる頃には、あたりは電気が走っているように渦巻いていました。私は、マイケルの伝記『ムーンウォーク』(ジャッキー・オナシスによって編集された)の再販本を、彼の目につくように積み重ねました。私はあの本でのマイケルの語り口がとても優しかったのを覚えていました。

And then there was Michael walking (not moon-walking) through the door of our third-floor rare books department. His skin was bleached white, he had orange rouge on his lips and his hair was straight. But he was still Michael. I had watched him grow up.

そして、そのあと、マイケルは歩いて(ムーンウォークではなく)私たちの店の3階にある、めずらしい本を集めたコーナーにいました。彼の肌は漂白されたように真っ白で、唇にはオレンジの口紅、そして髪はストレートでした。それなのに、彼は今でもマイケルでした。私は彼が成長した姿を見たんです。

The first thing Michael said when he walked into the room was, "Are there any cameras?" I said no. I knew that ruled out my having a picture taken with him; I had brought a camera just in case. I felt his paranoia. I could hear the crowd shouting at street level "We love you, Michael!" He asked that I pull down all the shades in the oversized windows. I was later told that some fans were climbing the gates that protect the store windows.

彼が店の中に入った時、最初に彼は「ここには何かカメラがありますか?」と言ったので、私は「ありません」と答えました。彼が写真撮影がNGだというルールを知っていましたから。でも、万が一に備えて一応カメラを持ってきていました。

私は彼の病的な疑い深さを感じましたが、群衆が通りじゅうに響き渡るように「私たちはあなたを愛してます。マイケル!」と叫んでいて、彼は、すべての窓のカーテンを下げられますかと尋ねました。後から聞いたのですが、一部のファンが店の窓を保護するための門を登っていたのです。

Despite my conscientious effort to keep this event a secret on Michael's behalf, somehow news had spread. But how did they find out? Maybe because Michael and his entourage were traveling in a motorcade that included a huge white stretch limousine, a white stretch Lincoln and a black Suburban truck. I was told that they had just come from Times Square. The curious onlookers must have followed them, and word got out.

このイベントをマイケルのために秘密にしておこうと誠実に努力したにも関わらず、なぜか、ニュースは流布しました。いったい、彼らはどのようにそれを発見したのでしょう?おそらくですが、マイケルと彼の側近たちは、白い巨大なリムジンに乗り込み、白いリムジンと黒の田舎臭いトラックは、列をなして移動していました。彼らは、今ちょうどタイムズスクエアから来たと言っていたので、好奇心の強い見物人たちは、彼らの後を追ったにちがいありません。そして、それはニュースになったのでしょう。



f0134963_11162722.jpg

In filed his entourage: two security guards, three nurses all dressed in crisp white uniforms, and four children varying in age, some Hispanic, some African-American. There was such a sweetness to Michael in how he interacted with them. They seemed like nice, polite, appreciative kids; I wondered if he took them under his wing because they'd had a hard life.

彼の取り巻きは、二人の警備員、パリッとした白いユニフォームを着た3人の看護師と、異なる年齢の4人のこどもたち、数人のヒスパニック系の子とアフリカ系アメリカ人の子がいました。マイケルは彼らに本当に優しく接していました。子供たちは、素晴らしく、礼儀正しくて、鑑識眼があるように見えました。マイケルが彼らを自分の庇護の元に置くのは、彼らが過酷な境遇を背負った子供たちだからだろうか、と私は考えました。

Then there were his beautiful children; they looked like magical Disney characters. They seemed as doll-like as their names: Paris and Prince Michael I. Both were dressed in matching royal blue velvet. Paris, who was 4 years old, was wearing a tiara with diamonds, like a real princess. Prince Michael, 5 years old, had straight blond hair cut in a page-boy; Paris had flowing brown hair and big blue eyes. Their skin was pure white...they looked Scandinavian. The effect was adorable: I wanted to keep them, to take them home.

それと、そこには、彼の可愛い子供たちもいました。彼らは、まるでディズニーのキャラクターか、彼らのパリスとプリンスという名前と同様にお人形のようで、お似合いのロイヤルブルーのビロードの服を着ていました。

4歳だったパリスは、ダイアモンドの冠をかぶっていて、本物の王女のようで、5歳のプリンスは、ストレートヘアを “ページボーイ”という髪型に切ってもらっていて、パリスは流れるような茶色の髪と大きな青い眼、彼らの肌の色は純粋に白人のようで、スカンジナビア人のように見えました。子供たちはとても魅力的で、私は彼らをこのままの状態で保存して、家に連れて帰りたいと思ったぐらいです。

I knew he covered them with shawls when cameras were around, and he did so when he later continued his shopping downstairs. Draped in cloth, his children walked around looking like Cousin It from the Addams family. The kids seemed well adjusted. We gave them a wind-up doll of a tan dog in a red bow tie and a suit, and they played on the wooden floor.

周囲にカメラがあった場合、マイケルが彼らをショールで覆うことを、私は知っていましたが、あとで、彼が階下で買い物をしているときも、彼はそうしました。布で覆われた彼の子供たちは「アダムス・ファミリー」の従兄弟のようでしたが、子供たちはそういう状況に慣れていました。わたしたちは、赤い蝶ネクタイとスーツを着て、黄土色の犬の操り人形を、彼らにプレゼントし、彼らは板の間でそれを使って遊んでいました。

Prince Michael brought over an oversized book on collectable toys, barely able to carry it. He said in the cutest little voice; "Dad, can I have this" Michael lovingly smiled and asked if he was going to read it. He replied, "Yes."

プリンスは、特大の本を、おもちゃがあるところまで持ってきて、
ちいさな可愛い声で「パパ、これぼくにくれる?」と言いました。
マイケルが優しく微笑んで、それが読めそうかどうか尋ねると、
「うん。」とプリンスは答えました。

One nurse was holding an adorable newly born baby with dark hair. I hadn't heard that Michael had three children nor was it public knowledge at the time. I wondered if Michael had a new baby, or could the child be borrowed? Months later, I found out that he was Prince Michael II.

看護師の1人は、新たに生まれた黒い髪が魅力的な赤ちゃんを抱いていました。私はマイケルに3人の子供たちがいると聞いていませんでしたし、それはその時はまだ公表されておらず、私はマイケルに新たな赤ちゃんがいたことが不思議で、借りてきた子供なのかと思いましたが、数ヶ月後、私が見たのは、プリンス2世(ブランケット)だったことがわかりました。

Michael picked out a young Hispanic employee to help him. He had his name, Jesus, written in black magic marker on his plastic oval Strand name tag. I would think this was the thrill of the young man's life. Michael handed the books that he wanted to buy to Jesus, who then gave it to us in a basket to be sent to the cash register to be added and packed.

マイケルは、本をピックアップするために、若いヒスパニック系従業員を呼びました。彼は “イエス” という名前で、プラスティック製の卵型の店のネームタグに、黒いマジックでそう書いてあったのです。これは、青年にとって人生最高のスリルだったと思いますが、マイケルは、イエスに買いたかった本を手渡し、それは、次々とカゴに加えられてレジに運ばれました。

Occasionally, Michael had requests. He wanted books on black folk music, books by Roald Dahl (including James and the Giant Peach), and something on Versailles. I would send my troops to look for the books and hand the findings to Jesus. On a previous visit, my dad had helped him, and he picked out books on Howard Hughes, dictionaries and first edition children's books.

マイケルからリクエストされたのは、黒人フォークミュージックの本と、ロアルド・ダールの本(『James and the Giant Peach』“おばけ桃が行く” を含む)と、ベルサイユ関連の本。

私はスタッフに本を探させ、スタッフは見つけた本をイエスに渡しました。以前の訪問では、私の父が彼の助けになり、ハワード・ヒューズや、辞書、児童書の初版本などを見つけました。

◎ロアルド・ダール(Wikipedia)
◎『おばけ桃が行く』(Amazon)



f0134963_11172010.jpg

Of course, I'm fond of anyone that shares my love of books, and I was impressed with Michael's selection. He sang quietly to himself and focused on photography and art books for a while, climbing on a ladder when necessary. All told, he spent $6,000 in books and allowed anyone in his group to take books. Although the people in his entourage did choose some, they did not seem as excited about shopping for books.

当然のことですが、わたしは本への愛情を共有できる人は誰でも好きです。それで、私はマイケルの選択に感動しました。

彼は静かな調子でひとり歌いながら、写真の本やアートブックに注目し、必要に応じて、梯子の上に登りました。彼は、全部で6000ドルを使って、グループの誰にでも、本を買うことを許し、彼の取り巻きの人々も何冊か選んでいましたが、彼らは本を買うことに興奮するようには見えませんでした。

Michael was hands off when it came to the transaction. I asked a security guard about getting paid when they were nearing the end. He handed me a cell phone, and I was given a credit card number, in a different person's name. The next day a black town car was dispersed to pick up Michael's purchases, all packed in doubled shopping bags.

マイケルは支払いのことにはノータッチだったので、本探しが終わりに近づいた頃、マイケルのセキュリティに支払いに関して尋ねると、彼は私に携帯電話を手渡し、私はその電話で、マイケルとは違う名義のクレジットカードの番号を教えられました。その翌日、すべて二枚重ねの買い物袋に詰められたマイケルの購入品を受け取りに、黒のタウンカーが寄こされました。

Michael and his entourage piled in the cars and, despite his desire for secrecy, his paranoid nature, you could tell he loved his fans waving and yelling, and he told them that he loved them.

マイケルと彼の取り巻きは急いで車に乗り込み、彼は秘密に対して病的なまでに疑い深い欲求があるにも関わらず、叫んでいるファン達は、彼に手を振って「愛してる!」と言うことができ、マイケルも彼らのことを「愛してる!」と言いました。

He craved love just like the rest of us, or maybe even more so.

彼は、私たちと同じように、もしかしたら私たち以上に愛を切望していたのでしょう。

It was after midnight. They had been at the Strand for 2 hours. Michael's security guard told me their next stop was FAO Schwartz, which like the Strand was open just for them.

その頃にはもう12時をまわっていました。彼らは2時間「ストランド」にいたんです。マイケルのセキュリティは、次に行くのは「FAO Schwartz」だと私に言いました。そこは、ストランドと同じように、マイケル一行のためだけに店を開けていたのです。



f0134963_11184471.jpg
FAO Schwartz



I felt like jumping with excitement, and thought to myself, I want to go with them. I wanted to be a kid again. I didn't want to stay in a crammed bookstore worrying about personnel, inventory, customer complaints. I WANT TO HAVE FUN.

私は興奮で飛び上がりたいような気持ちになって、彼らと一緒にそこに行きたいと思いました。私ももう一度こどもに戻りたかったんです。人員についてのあれこれとか、目録とか、顧客の不満についての心配がいっぱい詰まった本屋にもう居たくありませんでした。

「わたしは楽しみたかったんです」

I want to shop for toys and dance on the giant piano like Tom Hanks did in the movie Big. I want to ride in the big white limousine with Michael and the kids bopping to loud music. I want to follow Tinkerbell, be sprinkled with fairy dust, open the window, and fly through the night sky.

トム・ハンクスが映画『ビッグ』でしたように、店でおもちゃを買って、巨大なピアノの上で踊りたかった。マイケルと騒がしい音楽にあわせて踊っている子供たちと一緒に、大きな白いリムジンに乗りたかった。ティンカーベルについて行って、妖精の粉を振りかけられて、窓を開けて夜空を飛び回りたかった。


f0134963_11381581.jpg
FAO Schwartz



But 7 years later, I now have kids and I read them fairy tales. And as we all know, fairy tales can also have a dark side. Even Peter Pan said,

しかし、その7年後、現在の私には子供がいて、
私は彼らにおとぎ話を読んで聞かせています。

みなさんご存知のように、おとぎ話には暗い側面もあります。
あのピーターパンでさえ、こう言っていました。


"To die will be an awfully big adventure."

「死ぬって、きっとスゴい冒険だよ」



(引用終了)

source : http://www.huffingtonpost.com/


☆ ☆ ☆ 


そのポイント、わかるぅーーー!と言わずにはいられない
This is it[RARE Sweet moment]





これだけ、多くの本を読んでいたのに、

彼が語った言葉はとても少なくて、

知識をただ身につけるだけじゃなく、自分の言葉として使えるように

作品だけでなく、言葉も同じようにものすごく探し求めていたんだなぁと思う。

しかも、それほど、人生に求道的だった人が、

こんなにも、かわいくて、しかもセクシーだなんて、

いったいどうすれば、

忘れられるのかな。。。?

(A:無理!)



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/19853328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-06-25 08:46 | マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite