Nina Simone[3]“And Piano”

f0134963_19402978.jpg

☆Nina Simone[2]“I Put A Spell On You” のつづき


ニーナの曲の中から、ものすごく迷って7曲選んでみました。

エントリのタイトルにした『And Piano』は、私が初めてニーナに出会ったアルバムで
『Little girl blue』と並ぶ名盤。

◎[Amazon]『Little Girl Blue』
◎[Amazon]『And Piano』

下記の選曲は『And Piano』からの曲は少ないのですが、
彼女の人生に相応しいタイトルだと思ったので。。


◎Go Limp (Live) - Nina Simone






◎Seems I'm Never Tired Lovin' You






◎Feeling Good - Nina Simone






◎Here Comes The Sun - Nina Simone





◎My Baby Just Cares For Me - Nina Simone





◎My father - NINA SIMONE







最後にアーティスト、ニーナの個性と彼女のピアノの実力が堪能できる動画。
11分と長いですが、ぜひ最後まで聴いてみてください。


◎feelings (Live1976) - Nina Simone





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/19178264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2013-04-12 21:35 x
11分の動画、見ました-♪

浮かんだのは、「圧倒的」という言葉。
圧倒的な存在感で、圧倒的な表現力で、いままでちょっと「陳腐」と思ってた(偉そうにごめんなさい!)Feeligという歌が、全く違って聞こえました。生で聴いて、見てみたかった。
この人のピアノ好きだなぁ。鍵盤の上を動く腕から指先が、とても美しい。
Commented by yomodalite at 2013-04-13 18:02
>浮かんだのは、「圧倒的」という言葉。

この曲はニーナの動画を探し出してから、初めて聴いたんだけど、もう何度見ても、泣かずにはいられなくて。。

>いままでちょっと「陳腐」と思ってたFeeligという歌が…

私もこの歌苦手だったの。他の人の「Feeligs」は、なんかもやもやした「雰囲気」みたいで、「フィーリング」っていう響きもチープで、「イージーリスニング」の王道だと思ってたんだけど、、ニーナのは、ホントに切なくて、、恋愛だけでなく、、何て言っていいのかわからない感情で、、まさに、Feelings, nothing more than feelings,… で、涙があふれてきちゃう。。

>この人のピアノ好きだなぁ。鍵盤の上を動く腕から指先が、とても美しい。

共感してくれて、ウレシいっ!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-04-10 09:12 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite