ひとりごと(2013.3.13)リンジー・バッキンガム

f0134963_1255533.jpg
Lindsey Buckingham



昔のビデオを整理したりしてたら「70年代」への興味がぶり返してきて、

なんとなく聴いたことがあるけど、あらためて聴いてみたら新鮮だった曲。
(でも、この曲は1981年なのだ…ww)


◎Lindsey Buckingham - Trouble





ぐっと渋くなってる2012年のライブ!
Lindsey Buckingham - Trouble LIVE 2012





リンジー・バッキンガムってフリートウッドマックの人なんだ。 ということも、リンジー・バッキンガムという名前もすら昨日知ったばかりで、前に70年代の音楽を探ってたときに、フリートウッドマックがものスゴく売れてた。ってことだけは知ってたんだけど、私が大好きだった元メンバーのボブ・ウェルチも、スティービー・ニックスも、リンゼー・バッキンガムも、みんなソロでも大ヒットしてるって、ホントにスゴいバンドなのね。


◎マイケルと70年代
フリートウッドマックとボブ・ウェルチが登場するのは[5][6]



☆ウィキによれば「We Are The World」のコーラスにも参加。
◎[Wikipedia]リンジー・バッキンガム


70年代って、ブラック・ミュージック全盛前で、
ヒップホップの種も蒔かれていなくて、
白人のクリエイティブがまだ生きてたって感じが
今聴くと新鮮なのかなぁ。


f0134963_12123842.jpg

☆アコースティク・ギターがすっごく素敵だし、
年取ってからの方がなんかカッコいい。。





☆フリートウッドマックのオリジナル "Big Love"





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/18746318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-03-13 20:39 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite