がらくた から たから・古道具屋 ー 新たなネウチを生む仕事/マンタム

f0134963_16423494.jpg
「田村秋彦 マンタム初個展」より



私が初めて、マンタム氏のことを知ったのは、「パラボリカ・ビス」での、
ある展覧会でした。

その展覧会の作品も、もちろん素敵だったのですが、それらの作品が置かれた「空間」はもっと印象的で、その場所の演出をされた方が、上野の骨董市に古道具屋さんとして参加されている。と聞いて、少女時代にジョセフ・コーネルの箱をうっとりと眺めていたり、寺山修司の映画の小道具にワクワクしたり、ブラザーズ・クエイや、ヤン・シュヴァンクマイエルも好きだった私は、そんな、アッサンブラージュの「夢の素材屋さん」のような方がいるなんて!と感動し、マンタムさんのお店に行ってみたいと、心の片隅でずっと思っていたんですが、

お店よりも、先に「本」に出会ってしまいました。

2012年の12月に出版された本書は、ちょっぴり怖いような作品の印象とは異なり、歌よりも、トークがイケてるフォークシンガーみたいな、なんだか色々相談してみたくなる「お兄さん」のようでもあるマンタムさんと、そのお店の様子が表紙になっていて、

本の内容も、実際に古道具屋を開業したいと思っているとか、ネットオークションも含め、骨董とか、古いものを買いたいと思っている人にも、様々なアドヴァイスや、ヒントが盛りだくさん。

お客の売りたいものと、業者が買いたいものの「大きな差」や、陶磁器の真贋や、キズについての説明など、骨董市に行ったみたいと思う方なら、興味津々の話題が豊富で、マンタム氏セレクトの「素敵なガラクタ」は、あんまり、、という人が読んでも役に立ちそうな内容です。

また、お客さま目線で、親切に説明してくださる姿勢には、物を見る選択眼だけでなく、包容力を感じる「お人柄」への興味も湧きました。

◎マンタムさんのサイト
◎「本がでます。」マンタムさんのブログ


f0134963_1612159.jpg


◎マンタム個展「錬金術師の遠望」@Sipka



☆ヤン・シュヴァンクマイエル氏も、マンタムさんの顧客!




[内容紹介]不況と就職難が続く現在、転職や自営を考える人たちや、副業を検討する人たちが増え、特にヤフーオークションやアマゾン・マーケットプレイスなどの盛況により、古物商に興味を持つ人たちが増加している。 本書は、著者が25年以上、古道具屋稼業を続けるなかで出会った面白い同業者やヘンな客のおかしなエピソードを交えながら、古物商という仕事に興味を持つ人たちに、実際の取り組み方やその現実を紹介する。骨董市の役員であり、これまで幾人もの古道具屋を育ててきた著者だからこそ語れる、同業者が明かしたがらない実情にも可能な限り踏み込んでいる。

骨董市、フリーマーケット、ネットオークション、交換市場、買い出し……。 ただ古道具に触れてみたいという人にも、古道具が好きな人にも、実際に古道具屋を開業したいと思っている人にも、なかなか聞けない貴重な情報と価値のある経験談が満載されている。 さらに古道具屋の枠を超え、アーティストとしての新たな道を歩みはじめた著者の、やりたいことをいかに展開させるかという話は、やりたい仕事を模索している人たちに大いに寄与するところがあるだろう。 あやしい古道具屋主人が誘うモノたちの宝島《ワンダーランド》へようこそ――。

[出版社からのコメント]Twitter、Facebook、mixi、ブログなど、既にネット上で、あやしいモノを扱う特異な古道具屋として、また、妖しく特異なオブジェを作り出すアーティストとして注目を浴びている著者マンタム氏が、長年の古道具屋人生から、奇妙な体験から真面目な仕事の話まで、語り尽くします。 L'Arc~en~CielのHYDEが率いるユニット、Halloween Junky Orchestra(土屋アンナ、Tommy february他)の 2012年10月17日発売のPVやアルバムジャケット(初回限定版)に、オブジェ作品がギター3台のほか多数登場し、アーティストとしても注目されています。晶文社 (2012/12/15)

◎[Amazon]がらくた から たから・古道具屋―新たなネウチを生む仕事






[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/18582497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-02-11 09:19 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite