SOULACOASTERソウラコースター/R・ケリー

f0134963_12331267.jpg


大好きなR・ケリーが、デヴィッド・リッツと本を出す!というニュースを聞いたのは、どれぐらい前だったでしょう。

すっごく読みたかったものの、マーヴィン本の印象からリッツが書いた本を英語で読むなんて、私には無理だなぁって思っていたところ、押野素子さんの記事に「英語は平易で読みやすいので、臆することなく挑戦してほしい」という紹介が!

☆R. Kellyの自伝『Soulacoaster』の序章を訳してみた

それでもう、英語本の方をポチする寸前だったんだけど、でも、その頃、まだ他の本(英語)も読み終わってなかったし、やっぱり、もう少し後の方が、Kindle版も安くなるよねって思っていた矢先、驚いたことに翻訳本が出版された!

出版不況にもまして、音楽不況でもあり、
ケルズの自伝の翻訳本なんて、絶対に出ないと思っていたのに… 嬉しいっ(感謝)!


f0134963_12361073.jpg

さらに「帯」の背の部分にも、グッとくる言葉が。。

R&Bに「R」の名を刻み込んだ男

本のデザインも英語本より素敵だし、コピーにも「LOVE」を感じるぅ!

しかも、ソフトカバーで、厚みが3センチぐらいある本なのに軽くて読みやすいし、
ケルズのカッコいい写真wも満載なのだ!


f0134963_12364071.jpg

この写真、前にも見たことがあったんだけど、、


f0134963_12371146.jpg

パンツの柄がこうなってたとは、、この本で初めて知りました!


☆下記は、本書から、省略して引用。

「これって、子作りがしたくなる音楽よね!」
「あんたたちはテディ・ペンダーグラスやマーヴィン・ゲイを聴いて出来たのよ」


俺もファンが子作りしたくなるようなアルバムを作りたいと思った。ただ、子作りしたくなるだけでなく、誰かを好きになったり、愛の契りを交わしたり、結婚したくなるような音楽が書きたかった。音楽で世界の人口を増やしたい。「12プレイ」という曲は、そのための第一歩だった。






『12プレイ』は、セックスや官能的な快楽を前面に出し、あらゆるタブーを破った記録的なアルバムとして知られているかもしれないが、このアルバムの中で俺にとって一番意味があるのは「セイディ」なんだ。ママは俺の「セイディ」であり、ママは俺のすべてだった。






ケルズがソングライターとして、
大勢のスターに曲を提供したときのこともたくさん語られています。


チャーリー・ウィルソンか?俺は聞き返した。
あのギャップ・バンドのチャーリー・ウィルソンか?」






チャーリー、侮辱するつもりはないんですが、今の若い世代の多くは、あなたのことをよく知らない。新しいファンに向けて自己紹介するつもりで歌ってくれますか?






考えるだけ無駄だよ、ロブ(ケリーのこと)。絶対起こりっこない。セリーヌ・ディオンは清潔なイメージのあるカナダの白人だ。フッド上がりの黒人男性と彼女が共演するのを向こうの事務所が受け入れると思うか?






アイズレー兄弟はスタジオを後にした。家族に不幸があってアーニーが落ち込んでいるのはよくわかった。悲しみを忘れるために、何か気分が明るくなることをしたかったんだろう。けれど、俺に対する態度はぶしつけだったし、怒りがこもっていた。彼が立ち去ってくれて良かったと思った。なぜなら、そういう負の感情は感染性があるから。

感染性(コンティジャス)ー という単語が頭に浮かんだ。






でも、ぼくは「ライフ」って曲の方が好きなんだ。マックスウェルは考えを変えなかった。もし彼が歌いたくないなら、俺が歌うつもりだった。

マックスウェルが歌った「フォーチュネイト」は見事1位を獲得し、1999年最大のヒットのひとつとなり、俺にビルボードアウォードと、ソウルトレイン・アウォードに加え、グラミーへのノミネーションをもたらした。






ホイットニー・ヒューストンのカムバックアルバムの制作に参加しないかとクライブ・デイヴィスに声をかけられたのもこの頃だ。俺はアルバムに2曲提供し、そのうちのひとつ「アイ・ルック・トゥー・ユー」はファースト・シングルとなって見事1位に輝いた。






自身のこれまでのアルバムについても、色々語ってます。

『アンタイトルド』は、2009年12月にリリースされ、ビルボード200で。初登場4位にランクインした、セクシーなアルバムだ。クインシー・ジョーンズがバリー・ホワイト、エル・デバージ、アル・B・シュア、ジェイムズ・イングラムをフィーチャーして「ザ・シークレット・ガーデン」でやっていたことと同じようなことを俺は考えたんだ。

青々と茂る美しい庭のような音楽が俺にも作ることができるだろうかという、ひとつのチャレンジさ。『アンタイトルド』はまだ発掘されていない宝石だ。






ケルズのスタジオアルバムはすべて聴いてるけど、私は『アンタイトルド』が一番好き!

このアルバムを酷評してるひとがいることが、マジ信じらんないっ!何度「Echo」で癒され「Pregnant」で身ごもりそうになり「Be My #2」だなんて、7番目でも、8番目でもいいわ。と思ったことか。。“Echo” の「激安PV」が消されてしまって、本当に残念!

好きの度合いでは、MJと比較することはできないけど、、
「抱かれたい男」だったら、絶対ケリーに1票入れるわ。

さて、、

女手ひとつで育ててくれた母への思い、少年時代の哀しい恋の結末、
難読症で、文字がほとんど読めずに過ごした学生時代を支えてくれた恩師、
バスケへの愛、結婚、離婚、子供たちとのこと、ジェイ・Zとの確執、成功の落とし穴… 


そんなケルズのピュアな感性が全開の本書に、

マイケル話は控えようかなと思ったのですが、、
やっぱり、ほんの少しだけ。


(要約して引用しています)

ジャネット・ジャクソンの『ジャネット』が大ヒットしている頃、「Anytime Anyplace」のリミックスを頼まれ、そのリミックスも大ヒットし、これ以上の満足はないと思っていた矢先、とんでもない転機が訪れた。マイケル・ジャクソン様のご登場だ。



ジャネットあんまり聴いてなくて、気づかなかったんだけど、このPVに登場する若い男、「You Rock My Would」の指パッチンの男かな。。



このあと「第2幕」には、MJについて語られている部分が19ページあります。
そちらは、ぜひ本書でお読みいただきたのですが、


f0134963_12403112.jpg

☆8フィートって、2メートル40センチだからねw

☆MJがベタ褒めしたという「病み付きボディ(Your Body's Callin)」のリミックス





最後の言葉だけ、こちらにも書いておきます。

2009年末に、ステージに俺が登場して、
マイケルの死を聞いた時に頭に浮かんだ歌詞を観客に歌った。

さよならなんて言うな
そんな必要はない
ずっと一緒にいるから、俺にさよならなんて言うな
さよならなんて言うな、涙も流すな
俺はまだここにいるよ
ろうそくに炎を灯して祈りを捧げよう
勝利の声を上げよう、愛はまだここにあるから



☆米国では、85レヴューで5つ星!

◎[Amazon]SOULACOASTERソウラコースター
◎[米国Amazon]Soulacoaster : The Diary of Me


f0134963_944879.jpg

☆ケルズの「I Believe」+MJ映像




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/18442336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-01-28 08:54 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite