サンカーラ:この世の断片をたぐり寄せて/田口ランディ

サンカーラ―この世の断片をたぐり寄せて

田口 ランディ/新潮社



久しぶりに小説を読もうという気分で手に取ったのですが、これは小説ではありませんでした。

著者の永年にわたる原発との関わりから著された『ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ : 原子力を受け入れた日本』では、原発について知りたいと思う、多くの一般の人々に、バランスのとれた知識と情報を。という主旨で書かれたものでしたが、

本書は、その内側というか、そこで書かれた著者の経験を、一冊の本としてまとめるための苦心、「反原発」の人々からの批判や、著者自身の原発に対しての揺れ動く気持ち、作家として、一個人として、それらすべてにバランスを保ってきた田口氏の深い苦悩が凝縮された本になっています。

また、描かれているのは震災に限らず、同居していた、夫の両親の介護や、彼らへの看取りのことから始まり、被災者だけでなく、他者への関わりについての悩み、そして、著者のデヴュー作『コンセント』から綴られている、兄の自死への思いなど、心にこびりついて、癒えることが想像できないような苦しみについても、繰り返し描かれていて、

著者がたぐり寄せた「この世の断片」は、非常に多彩で、感情を揺さぶられる断片が、次々に語られていく。

反原発の人の多くが「無知ゆえに」と無条件に信じていた、被災地に残る人々の様々な姿や、日本に長く暮らす、イタリア人ジャーナリストと同行して行ったイタリアでの体験、また、田口氏は、オウム真理教信者で、地下鉄サリン事件の実行犯でもある林泰男とも文通していて、この10年間で旅をしてきたのは、カンボジアの地雷原、アウシュビッツ、グラウンド・ゼロ、ベラルーシ、チェルノブイリ、キリング・フィールドなど暴力と関係のある場所。。

私は、昔観て、当時とても好きだった『ベルリン・天使の詩』を、もう一度観たくなり、ヴェンダース監督の新作『Pina / ピナ・バウシュ踊り続けるいのち』を、本書で知り、その映画も、ピナ・バウシュのパフォーマンスのことも久しぶりに思い出して、やっぱり、とても観たくなった。(本書で、ピナの「あの振付け」という独特の振付けのことが思い浮かばなくて、自己嫌悪を感じるぐらい悔しかった)


☆3D映画だったなんて。。絶対映画館で観ておくべきだった。。本当に残念。
◎[公式サイト]『Pina / ピナ・バウシュ踊り続けるいのち』


下記は、終章「サンカーラ」から、省略して引用。

震災後「ブッダについて書いてみたい」と思い立った。
もともと仏教には興味があった。自身、津波、そして原発事故。あまりに大きな災害が続き、新聞、テレビ、ネットで心の救済が叫ばれる。でも、私には災害でこころに傷を負った人たちに向けて差し出す言葉が立ち上がって来ない。なにを語ってよいのかすらわからなかったのだ。

心を救うというのはどういうことだろう。

考えるよりどころとなったのが、ブッダの教えであった。ところが、実際に災害に起こってみるとブッダの教えを救済として語る人はほとんどいない。その理由もわかる。いままさに家族を、家を、土地を失い、悲しみと絶望のなかで呆然としている人たちに対して、ブッダの教えはあまりに冷酷に思えるからだ。(中略)

サンカーラとは、この世の諸行を意味する。
私という意識の経験の蓄積、様々な印象を寄せ集めたモザイク…

(引用終了)


田口氏が冷酷だと思い、ジョン・レノンも厳しすぎると感じたブッダに関して、最近、私の中では、かなり独自なイメージが拡がってきていて、自分でも困惑していて、、著者が読んだと書いてある本も全部読んだわけではありませんが、ブッダ自身の言葉に一番近いと思われるものであっても、本人が書いたものではないし、、、もしかしたら、私たちは「悟り」という言葉に幻惑されてきたんじゃないか。と、最近よく思っていました。

ブッダは、弟子たちと違って、寺院の中で本を読んでいたのではなく、王子の世界から、奴隷状態に苦しむ人々の中に入っていき、それは「出家」という名の「駆け込み寺」とは違って、より現実を生きていくことで、苦行とは、特別な修行ではなく、生きていくことそのもので、

彼は、人々に厳しいことを言ったのではなく、たとえ飢え死にしそうでも、あきらめないで前に進めと自分に向けて言っていて、苦しい生活を送る人々に今の苦しみはいつかは終わり、輪廻によって永遠に苦しむことなどないと説き、彼らを「同志」として勇気づけ、

それまでの「ヴェーダ」の教えとは異なる、ブッダの考え方を知った人々が、それを見て「悟り」を感じたんじゃないかと。。

そんな風に勝手に思うようになっていました。

著者が問い、苦しんだ日々を経て、たどり着いた地点は、そんな私の勝手な解釈から遠いものではなく、今、特に苦しみを感じていない私には得るものがありましたが、

田口氏が深く悩まれたように、今、傷を負ったような人々に対して
有効な「答え」は、、ない。のかもしれません。

急いで「答え」を出すことを良しとし、簡単に「答え」が検索できるように思える世の中では、誰かが、答えを知っていると思いがちで、

でも、苦しみが「財産」に、苦しんだことが「人生への満足」に変わることが、ある。ということを、ほんの少しだけでも感じてくれれば…  自らの体験を通して表現された田口氏の試みは、

仏教を学んだ多くの人々よりも、
仏教書を読んで学んだわけではない、ブッダに近いかもしれない。と、私は感じました。

☆[Tuchinoko Media]2012年twitter書籍大賞か!? 「サンカーラ」が絶賛の嵐
☆[Tuchinoko Media]twitter上で絶賛が加速中 、入手困難な『サンカーラ』

◎[Amazon]サンカーラ:この世の断片をたぐり寄せて













[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/18358924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-01-21 08:06 x
昨夜、貴方のブログを見つけて、この記事を含む最近の記事を読ませて頂きました。深く頷く内容ばかりでした。

仏教のことですが

友岡雅弥氏「ブッダは歩む・ブッダは語る」を読んでみて下さい。

是非。
Commented by yomodalite at 2013-01-21 08:40
Mさん、はじめまして。コメントありがとうございます!
(以前もコメント頂いているMさんではないですよね?ちがってたらごめんなさい)

友岡氏の本の紹介、本当にありがとうございます。
必ず読ませていただきます!
Commented by M at 2013-01-21 14:57 x
はい、こちらには初めてお邪魔しました。
また、新しい記事を読むのを楽しみにしております。
(^ ^)

twitterのアカウントをおもちでしたら、教えて下さいませんか?(フォローしたいと思いました)
Commented by yomodalite at 2013-01-21 18:15
ありがとうございます。。ただ、、私のアカウントは他の方のツイートを読むためのもので、、全然つぶやいておらず、、フォロー返しもほぼ無視し、ブログにアップしたお知らせをツイートしているだけなんです(汗)一応、この上の記事の「retweet」のソーシャルボタンにあるアカウントがそうなんですが。。(汗)
Commented by jean moulin at 2013-01-21 18:28 x
『Pina / ピナ・バウシュ踊り続けるいのち』は、去年、三島の映画と同じ頃に上映されていたと思うよ。
私も予定が合わず、観られなくて残念だった。

多分、1989年だと思うけど、大阪でピナ・バウシュの「カーネーション」を観たの。
たまたま、前から何列目とかのとても良い席で、目の前に無数のカーネーションがあって、踊りと共に、それが、ぱたぱたと倒れていくのね。
なんだか悲壮なようなんだけど、ピナの舞台は、なぜか日差しが差し込むような明るさと、楽しさがあって、「消える」事や、「死ぬ」事さえも、贈り物のように受け止めてる感じがした。
とてもすばらしい舞台だったよ。
20年以上経った今でも、目の前にその舞台が甦るもの。
舞台の通り、彼女自身の生涯も見事だったけどね。
Commented by yomodalite at 2013-01-21 22:45
私がピナを観たのも90年前後のような気がするのだけど、その頃は、勅使河原三郎のKARASとか、ダンス結構見てたんだけど、ここしばらく遠ざかってて、数年前にピナが亡くなったときも、なんだか気持ちがついていけなくって、今になって、ああ、この映画も、生の彼女ももっと見ておけばよかったって、この本を読んでるときに、急に寂しくなっちゃった。。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-01-19 08:52 | 311関連 | Trackback | Comments(6)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite