和訳 “Song Groove”(AKA“Abortion Papers”)

f0134963_8533784.jpg


『Bad 25』に収録された未発表曲。

全曲、「他のアーティストならシングルだよね」って、単なるファンのくせに、なんだか勝ち誇ってしまいたくなるような完成度なんですが、『Song Groove』という曲は国内版でも、

「ネイティブの方々でも聞き取れない言葉が多く、ノートにあったようにマイケル自身も当時、その題材の伝え方に対し熟慮を重ねていた過程の作品であったことをふまえて、歌詞と訳詩を割愛させていただきました」

ということで、英語歌詞も、和訳も、記載がなく、下記のヴォーゲル氏の記事にもあるように「Abortion Papers」が「Song Groove」の元のタイトルなんですが、「MJは最終的にどうアプローチすべきか確信が持てなかった」らしい。

◎ジョー・ボーゲル:中絶、名声そして「Bad」マイケル・ジャクソンの未発表デモを聴いて(その2)

米国は「中絶」に関して、選挙公約にも立場表明を求められるなど、日本とは比較にならないぐらいシリアスな問題なので、MJが最後までアプローチに悩んだというのは理解できるのですが、

日本のファンは、もう少し冷静に、この曲を想像してみることが出来るはずですし、、

踊りだしたくなるのに、内容がわからないなんてと思う、私と似たような方のために、

いつもの私の「ヤバい訳」ではなく、

今回は、kumaさんの訳詞を紹介しますっ!!!!

訳詞は、下記の動画の英文を基本に、一部、kumaさんのリスニングVerになっています。
(*印がyoutubeのページに記載されている歌詞)




Song Groove(AKA Abortion Papers)
Written By Michael Jackson


Sister don't read, She'll never know        
What about love, Live in our Christian soul     
What do we get if she warns away(*What do we get if she runs away)
What about love, What about all I pray

彼女は本を読まない、彼女は知りようがなかった
クリスチャンの心に宿る愛とはいったい何なのか
彼女は人を寄せ付けないなら、僕たちはいったい何ができるのか
愛はどうなってしまうんだ 愛がいちばん大切なのに

Don't do the worst(*Don’t know the worst)  
She knows of Thee       
What about sighs(*What about life)、Living is all I see          
What do you get, Things she will say        
What about love, That's all I pray

ひどいことをしちゃいけない
そう言う神様のことを彼女も知ってる 
でも出てくるため息をどうしたらいいの
人は生活に追われてる
彼女が言うことを、どう理解したらいい
愛はどうなってしまうんだ 愛がいちばん大切なのに

Refrain :(リフレイン)

Those abortion papers
Signing your name against the Word of God
Those abortion papers
Think about life
I'd like to have my child 

中絶許可証
神の言葉に背を向けてサイン
中絶許可証
命はどうなるんだ
僕なら自分の子供が欲しい

Sister confused, She went alone              
What about love, What about all life's soul          
Biding her time, Reading the words            
Singing a song reciting a Bible verse          

彼女は混乱し、そしてひとりぼっち
愛はどうなってしまうんだ、生きとし生けるものの魂は
聖書の言葉を読みながら、何とか時間をやり過ごす
賛美歌を歌いながら、聖書の一節を暗唱しながら

Father's confused, Mother’s despair, Brothers in curse            
What about all I've seen         
You know the lie, You came along(*You keep it low) 
What about heart            
That's all I know   

父親は混乱、母親は絶望し、兄弟は悪態
僕が目にしているものは何なんだ
そこには嘘があり、みんなで嘘につきあってきた
でも心はどうなるんだ
僕が分かるのはそれだけさ

Refrain twice :(リフレイン2回)

Look at my words, What do they say           
Look at my heart, Burning is all heartbreak        
What do you get, What do you say           
What about love, Feel my sin               

僕が歌ってることを聞いて、みんな何と言うだろう
僕の心の中を見て、心が燃えるように痛むんだ
君はどう思う 君は何て言う
愛はどうなってしまうんだ、僕の感じる罪の意識が分かるかい

Refrain : (リフレイン)



Those abortion papers
Think about life
I'd like to have my child

中絶許可証
命はどうなるんだ
僕なら自分の子供が欲しい

Who have been grateful
Where will she go, What will she do to live a world(*What will she do)
Sister don't know, Where she will go
What about love, What about all I saw

だれも感謝していないのか
彼女はどこへ行く?生きていくためにどうする?
どこに行ったらいいのか、彼女には分からない
愛はどうなってしまうんだ、これからみんなどうなってしまうんだ



What will you gain
They'll be confuse
Love all things
It's just the things I do

何が手に入るというのだろう
そんなにも混乱しているときに
すべての命を愛さなくっちゃ
僕はそうしたいと思ってる



Refrain : (リフレイン)

Those abortion papers (abortion papers)
(this paper)
Those abortion papers
I'd like to have my child(repeat)

中絶許可証
僕なら自分の子供が欲しい

(訳:kuma)

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/18005089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jean moulin at 2012-10-12 18:08 x
yomodariteさん、kumaさん、Song Grooveの歌詞と和訳の掲載、どうもありがとう!

英語と見比べながら、納得。
和訳だけを読むと、また一層、MJの伝えようとした事が理解できるように思います。
Kumaさんの和訳を見ていると、いかに緻密な歌詞なのか、と感動してしまいます。
本当、MJってすごいテーマを、すらっと音楽的にまとめてしまうなあとあらためて実感。

Kumaさん先生、一つ質問しても良いですか(挙手)
「What about love, That's all I pray」のところなんですけど・・。
この曲は、キリスト教社会のなかでの、「中絶」がテーマだと思うんですが、この「I pray」を敢えて、「祈る」とい言葉を使わずに訳された経緯を教えていただけますか?
Commented by kuma at 2012-10-12 21:57 x
実はそんなに深い考えがあったわけではなく、I prayのprayを活かして「それこそ僕が神様に祈っているものなのに」とすると、歌詞としての流れがちょっとぎこちないかな、と思ってしまったんですね。それに、こkれも「流れ」という考え方から、What about all I prayとThat's all I prayの日本語訳を同じ言葉にしたいなぁと思ったんです。でも、逆に両方を「それこそ僕が神様に祈っているものなのに」という訳にするのもありですよね。そうしたほうがいいかなぁ。
なにせ、呻りながら訳したものなので、改良の参考になるようなご意見いただけてうれしいです!
Commented by jean moulin at 2012-10-15 18:26 x
Kumaさん、
ご説明ありがとうございます。
なるほど!
確かに、日本語で「祈る」という言葉が歌詞の中に入ると、「流れ」が悪い感じですね。
言葉そのものにも、実感が持ち辛いのかもしれないですね。
Commented by yomodalite at 2012-10-15 19:25
訳してくれたkumaさん、そしてGoodな質問をしてくださったmourinさん、割り込み失礼しますが、、

今気づいたんだけど、第二パラの1行目、

誤)Don't do the worst(*Don’t know)the worst 
正)Don't do the worst(*Don’t know the worst)

だよね? 
Commented by kuma at 2012-10-15 22:44 x
ありがとうございます!そうです。
Commented by yomodalite at 2012-10-15 22:54
了解!修正しました!
Commented by Amber at 2013-05-26 09:27 x
はじめまして。今回自分のBlogでMJの記事を書くにあたって
「Song Groove(AKA Abortion Papers)」の訳を引用させて頂きました(事後ですいません)
独自の視点をもたれた素敵なサイトですね!
Commented by yomodalite at 2013-05-26 21:23
はじめまして、Amberさん、コメントありがとうございます!

お名前リンクから、Amberさんのブログを訪問して、MJだけでなく興味深いカテゴリに興奮を覚え、とりあえず日本代表(サッカー)や、お気に入りアルバムなどを駆け足で拝読しました。

フリートウッドマックのこと、私は脱退後のボブ・ウェルチしか知らなかったのですが、つい最近リンジー・バッキンガムが素敵な人だということに気づいたばかりだったので( http://goo.gl/Y5ty4 )、ご紹介の「タンゴ・イン・ザ・ナイト」を聴いてみなくちゃと思ったり、Jam&Lewisの記事もこれからゆっくり読んでみようと思いました。

また、VALERIAN と言えば、私は不眠症状に効くハーブのことしか思いつかないのですが、なぜこれをブログタイトルにされたのか、今度ぜひ教えてくださいね!
Commented at 2013-05-27 00:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2013-05-27 11:16
早速教えていただいてありがとうございます!
音楽大好きなので、色々な方のそれぞれこだわりのある「お気に入り」には興味津々なんですが、セス氏のことはまったく知らなかったので、これから聴いてみようと思います。

わたしのブログは、日常とか、現実とか、真実などに、突き動かされることが多いのですが、非日常のトリップは大好きですし、欠かせないものですよね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-09-26 09:03 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(10)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite