ひとりごと(2012.7.26)P.T.バーナム

f0134963_8552764.jpg
Ringling Bros and Barnum & Bailey


ジョセフ・ヴォーゲル氏の『Man in the Music』に「Streetwalker」が何度も登場してちょっと驚いた。 「Dangerous」の盗作裁判のときのこととか、MJが「Another Part of Me」よりも、この曲を気に入ってたというのは、『BAD』のスペシャルエディション版でクインシー・ジョーンズが語っていた話なんだけど、ファンの間では未収録曲の中で一番人気って・・ホント?(p186、207、221)

私は、好きな曲10曲選べって言われても、絶対無理だけど、MJの曲の中で「聞くだけで笑える曲」なら、ぶっちぎりで「Streetwalker」だと思う。(他にはそんな曲ないし、、)

◎Michael Jackson - Streetwalker

なんだか「合いの手」(2:40~、4:00~)みたいなのが、餅つき大会みたいで、歌詞もエロいというより、ナンパな感じで、何度聴いても可笑しくて笑ってしまう。

こちらの「とてもとても素敵なブログ」に「Q」のインタヴューと歌詞の和訳があります。

もしかして「Another Part of Me」のPVで、ディレオと握手してたのは(0:40~)、ディレオの「フリフリダンス」等、この曲の収録への健闘に対してだったのかな。

◎Michael Jackson - Another Part Of Me


f0134963_857132.jpg
P.T.バーナム & 親指トム将軍("General Tom Thumb")
MJとエマニュエル君を思い出してしまう


笑えると言えば、

坂口恭平 ‏@zhtsss
この前、ばったり会った人に「総理!本当に鼻くそ食べてるんですね♡ さすが有言実行!男の中の漢!」と言われ、恥ずかしかった。やっぱり山手線の中で鼻糞食べるのはやめよう。と、思ったけど、いま、山手線で品川に向かっていて、やっぱり鼻糞食べている総理です。総理の主食は鼻糞と接吻です。0円

坂口恭平 ‏@zhtsss
新政府は0円ベンツまで獲得しちゃいました。所有権はいらないので、使用権だけを。しかも、GELANDE WAGENの初号機!しかも2万キロ!やばいね。市長に立候補際はさらに軍用車であるベンツのUNIMOGも使っていいと師匠に言っていただき、なんだかやばいね。狂ってきたね。最高だね。

坂口恭平 ‏@zhtsss
な、なんと0円病院をやりたいというお医者さんが名乗り出てくれている。。これはなんとも大きな希望だ。準備を進めたい。日本全国に0円病院を。もちろんその人たちには、多額の新政府新通貨、態度に払われる「平」が贈られます!

坂口恭平 ‏@zhtsss
しかし、TBSで秋から始まることになった「新政府TV」って、どんなジャンルにしようかな。。。「国家転覆シミュレーションバラエティー番組」かな笑。僕の思考にお金を出そうとしてくれたスポンサーがいるのだから、面白い。元々、元手0円の0円野郎なので、怖いものなし。早く無一文になりたいな

坂口恭平 ‏@zhtsss
嫁さんとセックスしているとき、うわー楽しいことってのは、本当に0円なんだねーーって興奮してる。16世紀のフランスの貴族の姫と、路上の乞食の密会とか、シミュレーションするのってお金がかからんもんね。しかも、それを普通のパジャマで演じているときに、おーーレイヤーが!とか俺興奮してるし


ベンツはもらったことないし、無一文になる覚悟もまだないし、家のダーリンは、嫁というのは、俺の金でネイルサロンに行ったりするものだと思っていると思うけど、、

そんな私でも「0円」てスゴくいいものだと思っていて、

このブログでも、ほんの少しでも小銭が入ってこないようにするとか、小額募金の手伝いをするとか、細心の注意を払って、避けているの。

1円でも誰かの役に立ったとか、1円でも得したっていう感覚が「罠」なんだよね。

なんの「罠」かは、省略するけどさw


f0134963_8575620.jpg
バーナムが、外国から買ってきて大好評だった「大きな象」は亡くなった後、骨(剥製)にして展示し、それも好評だったとか。MJの「エレファントマンの骨を買った」の元ネタかな。


ヴォーゲル氏の『Man in the Music』にも、マイケルが夢中になった伝説的興行師として何度も登場している、P・T・バーナム(p247、p311)。スティルウォーター氏の『M Poetica』にも登場しているし、以前からずっと気になっているんですけど、和訳をしてくださった方の素敵な文章(リンクはこちら)によれば、

(3つの記事から要約して引用しています)

マイケルは、P.T.Barnumの戦略と基本原理を学んでいた。マイケルは彼について書かれた本をフランク・ディレオや、ジョン・ブランカに渡し、「これは僕のバイブルになるから、持っていて欲しい。僕は自分のキャリア全部を地球上もっとも偉大なショーにしたい」と言っていた(1984年)。

スティルウォーター氏は、バーナム本を熱心に読んでいるうちに、バーナム本人と、ジャクソンに反映されているバーナムの性質を、深く理解するようになり、

人間の善良な部分を尊ぶのはたやすいけれど、MJやバーナムは、仲間の人間たちのささいな欠点を前にして、ちょっと困って、でも面白がって見つめる姿勢をどういうわけか保つことができて、彼らはともに、人の弱点に対するリアリスティックな楽観的な見方と、少し変わったユーモアのセンスと、悪ふざけ好きな部分と、熱心な理想主義者を、すべて並立させていた。という。

(引用終了)


f0134963_97669.jpg
「Dangerous」カバーに描かれているP.T.バーナム(ベートーベンだという説もありますが)。MJ流「史上最大のショー」であるデンジャラスツアーを米国では一度も行わず、白班も後期まで公表しなかった。

それで、そんなバーナム氏のことをもっと詳しく知りたいと、ずっと思っているのだけど、残念ながら、日本語で読めるバーナム本は全然なくて、つまんない。

◎バーナムー観客を発明した男(1986)

上記の映画は、バート・ランカスター主演、ハンナ・シグラ共演という、しっかりした造りの映画で、当時の街並や、建物などもよく再現されていて雰囲気もあり、安っぽくはないのだけど、

バーナムのWikipediaに掲載されている以上の内容はないかも。。タイトルの「観客を発明した男」というのは、たぶん、自伝で、本人が言った言葉なんだと思う。彼は新しいショービジネスを創ったのではなく、ショーを観たいと思う人を発見し、アメリカのショービジネスそのものを創った人のようです。(詐欺師とか、大嘘つきという面でも有名ですが...)

それにしても、

何度言っても、言い足らないような気がするんだけど、やっぱり、MJぐらい、面白いひとはいないなぁ。。


f0134963_983420.jpg
「HIStory」までの派手な宣伝計画は、この頃から青写真があったのかも。そして、HISツアーを米国ではやらないということも...


◎P・T・バーナム(Wikipedia)
◎P.T. Barnum (1999)

☆バーナム自身による著作。彼は本を売ったり、講演することにも才能があったみたい。

◎The Adventures of an Adventurer (1841年 偽自伝小説らしい)
◎Life of P. T. Barnum, Written By Himself(1855年)
◎Ancient and Modern Humbugs of the World(1864 - 1865年)
◎Struggles and Triumphs (1869年)
◎The Art Of Money Getting (1880年 この本が一番有名なのかな)
◎The Wild Beasts, Birds and Reptiles of the World(1888年)
◎Why I Am A Universalist(1890年)
◎Barnum's Own Story(1962年)
◎The Colossal P.T. Barnum Reader (2005年。バーナムがこれまでに書いた本の内容を編集し直した本らしい)

☆MJがブランカやディレオに渡した本が、本人が書いたものなら、この本で、他の人が書いたものなら、これ!という特定がしたかったんだけど、めちゃくちゃいっぱいあって、全然見当がつきませんでした。


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17800332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jean moulin at 2012-07-27 18:20 x
「Streetwalker」餅つき大会って・・。
Dirty DianaやBlack Or Whiteの画像でこんなに笑わせてもらうとは、思ってもみなかったわ。

ちょっと話し違うんだけど、Parisのtwitterが、あまりに不安定でとても心配しているの・・・。
Commented by yomodalite at 2012-07-27 19:28
>餅つき大会って・・。

笑ってもらえて嬉しいっ!もうさ、MJの手が、臼の中のあっつあっつのお餅をひっくり返しているところまで、見えちゃうんだよね。。私には(笑)

>Parisのtwitterが…

だよね。みんな、なんだかんだ心配しちゃうよね。。。とはいえ、、何の関係もないファンよりは、やっぱり、おじさん、おばさんの方が現実的に心配してる。。ということもあるはずだと思うし、、上の2人は大分成長してるけど、一番下の子はMJと過ごした時間も短いしね。

それにしても、ラト姉が今回のことにまるで反応してないし(驚)、、私も静観がするしかないかと。。
Commented by jean moulin at 2012-07-31 18:10 x
ほんと、いつも一番賑やかにつぶやいてるのにね。
でも、unityツアーも盛り上がってるみたいだし、ジャクソン家には、誰かを貶めるような人はいないと信じているので、yomodaliteさんいうように静観が一番かな。
Commented by yomodalite at 2012-07-31 18:57
MJ:mourin、ほら、僕がついたお餅だよ。あーーん♡


私:ジャクソン家の人たちは全員真面目だし、大抵のファンより頭いいし、それにファンは、セレブ生活を知らないうえに、日本のファンは、米国の流儀も知らないから、理解するのはホント難しいけど、、私は、この問題は「家族の問題」だと思う。

私はジャクソン家の人たちが全員MJを愛していることを疑っていないけど、エステートが選ばれたのも、やっていることも「合理的選択」だと思う。ランディは年長の兄弟に比べると「3バカ大将」をあんまり観てないんじゃないかな。。

>ほんと、いつも一番賑やかにつぶやいてるのにね。
ツイートは結構してるんだけど、、なんだかんだ言って、ラト姉、ジャクソン家の中で、ジャネット、パリスに次いでフォロワーが多くて、しかもMJネタ目当てじゃないフォロワーが多いからね。
Commented by Jean moulin at 2012-08-01 19:40 x
>MJ:mourin、ほら、僕がついたお餅だよ。あーーん♡
はっ はいっ いただきますっ!!!

ジャクソン兄弟は年少ほど苦労性だね。

ユニティツアー(ジャーメイン付き)12月、日本公演も決まったみたいだし。
Yomodaliteさんの詩的表現が、現実になったね。
ランディも来てくれるといいのにね。
Commented by yomodalite at 2012-08-01 20:07
>ジャクソン兄弟は年少ほど苦労性だね。

徐々に、時代が悪くなったからなのかなぁ。。

>(ジャーメイン付き)12月、日本公演

やったね!みんなチャーミングだけど、、やっぱ、ジャー兄のフェロモンは、年を追うごとに増してきて、、もうハンパないもんね。

>ランディも来てくれるといいのにね。

ランディも音楽業界に復帰すべきだよね。ランディが一緒にやるようになったら、ジャクソンズの素敵な新曲も楽しめそうだし、、

日本のファンは、米国のアホメディア情報に一喜一憂するより、ランディに日本に来て!っていうメッセージを送るといいんじゃない? ランディの復帰が日本からって、きっといいよね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-07-26 09:20 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(6)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite