生きて死ぬ智慧/柳澤桂子(文)堀文子(画)リービ秀雄(英訳)

f0134963_1281868.jpg


般若心経に関する本て、ものすごくたくさんありますよね。といっても、私はつい最近まで、ほとんど興味がなくて、、尊敬する小室直樹氏が、名著『日本人のための宗教原論』

(以下大幅に省略して引用)

そもそも、現代の日本に残っているのは、本来の意味での仏教とは言いがたい。いや、現代のみならず、日本に入ってきたときから本来の仏教とは変質していて、日本に広まるにつれ、さらに変質は拡大し、、(中略)

有名な「色即是空、空即是色」という文言にしても、一切のもの(色)は実在しない、それが「空」であるという理解をする人もいるけど、それは「唯物論」ではないか。一切のものを否定する仏教の本質とは「唯物論」に他ならない。。

この批判は、インドでは盛んになされた批判である。仏教を本当に理解するには、この「仏教は唯物論ではないか」という批判から入っていくのがよい。この批判に答えるために、インド仏教は苦心した。(中略)

仏教が、魂を否定するとは「魂」という実体が存在することを否定するという意味なのである。

日本人にとって、この難解無比な仏教哲学の最も手頃な解説書は?と問われれば、筆者は三島由紀夫の『豊穣の海』四部作を挙げる。

法相宗の徹底的解説、これが『豊穣の海』の大切な1つのテーゼなのだが、残念ながら、この点を学者も宗教者も文芸評論家も指摘していない。宗教を知らないからなのだ。これまでの大方の評論家や読者は『豊穣の海』を輪廻転生の物語と理解している。(中略)聡子の言葉を正当に解釈し、理解すれば、三島が言っていることが理解できる、つまり、人間の魂が輪廻することはない、ということである。

結論から言えば、魂の輪廻転生を否定した三島は、生まれ変わって復活するのは何かという宿題を読者に残した。(中略)

仏教は、元来、エリートのための宗教である。高度な哲学体系を持ち、厳しい修行を要求する。仏教は、体を痛めつけるような苦業こそ要求しないが、その修行の厳しさたるや、尋常一様なものではない。

(引用終了)


f0134963_1135183.jpg


と言っておられたので、私は、日本人が仏教をなんとなく理解できるかのように思っていることは、その神髄とも言われる「般若心経」を曲解することになりかねないので、生半可な解説書は絶対に避けようと思っていたんですね。

誰の本とはいいませんが、ほんのちょっぴり読んだだけで、それのどこが「空」なの? と言いたくなる本が多いと思うんです。

そんなわけで、「般若心経」を読むのは、もっと年をとってからでもいいかなぁとも思っていたんですが、三島由紀夫へのマイブームを発端に、仏教本も少し読みたくなってきて、、仏教は、近代科学の先駆けとも言われ、最新科学に至り、科学は仏教に追いついたとも言われています。それゆえ、科学者であり、こちらの本で感動した経験もある、柳澤氏の本には期待していたんですけど、期待以上だったというか、

ページを開いてすぐに「わぁ!」と声をあげてしまいました。

表紙から受ける印象よりも、中身の方がずっと素敵で、堀文子さんの絵も見開きで、何枚も使われています。薄い本ですが、自分にも知人へのプレゼントとしても素敵。



f0134963_1137518.jpg

下記は「あとがき」から。(省略して一部を引用しています)

「般若心経」について、どうしてこのような現代語訳が出てくるかといいますと、私は次のように考えました。これは私の解釈であって、絶対に正しいというものではありません。みなさんにはみなさんの解釈があるのだと思います。

私は釈迦という人は、ものすごく天才で、真理を見抜いたと思っています。ほかの宗教も同じですが、偉大な宗教というものは、ものを一元的に見るということを述べているのです。「般若心経」もおなじです。

私たちは生れ落ちるとすぐ、母親の乳首を探します。お母さんのお腹の上に乗せてやるとずれ上がってきて、ちゃんと乳首に到達します。また、生まれたときに最初に世話をしてくれた人になつきます。その人が見えなかったり、声が聞こえないと泣きわめきます。このように、生まれ落ちた時点ですでに、ものを自己と他者というふうに振る舞います。これは本能として脳の中に記憶されていることで、赤ちゃんが考えてやっていることではありません。

けれどもこの傾向はどんどん強くなり、私たちは、自己と他者、自分と他のものという二元的な考え方に深入りしていきます。元来、自分と対象物という見方をするところに執着が生まれ、欲の原因になります。

ところが一元的に見たらどうでしょう。二元的なものの見方になれてしまった人には、一元的にものを見ることはたいへんむずかしいのです。でも、私たちは、科学の進歩のおかげで、物事の本質をお釈迦さまより、少しはよく教え込まれています。

私たちは原子からできています。原子は動き回っているために、この物質の世界が成り立っているのです。この宇宙を原子のレベルで見てみましょう。(中略)

あなたもありません。私もありません。けれどもそれはそこに存在するのです。物も原子の濃淡でしかありませんから、それにとらわれることもありません。一元的な世界こそが真理で、私たちは錯覚を起こしているのです。(後文省略・引用終了)


本書は、こんな感じで、上に、柳澤氏の現代語訳。下欄に、原文があります。



f0134963_11443079.jpg


また、リービ秀雄氏の英訳は、原文と、その意味、英訳、という3つが比較できるページにあります。こちらは柳澤氏の文章の英訳ではなく、原文から訳されたもののようです。(その部分はまだよく読んでいませんが、、)「般若心経」の英語本は多く出版されていて、ネット上で読めるものをいくつか見たのですが、リービ秀雄氏の訳は、それとはまた違う印象でした。


f0134963_11445983.jpg


さらに、般若心経の原文全文と、その読み方が書かれたページもあって、もう至れり尽くせり。

で、肝心の柳澤氏が読み解いた、日本語訳なんですが、、、

言おうか言うまいか迷ったのですが、私は11ページまで読んで「ARE YOU Listening?」を読み直しました!

大いに自覚はあるのですが、やはり重病なのかもしれませんw。そんなところも含めて、是非ご確認を!

☆☆☆☆☆(満点)

◎[朝日新聞]本当に苦しむ死に直面 生命科学者・柳澤桂子さん

◎[Amazon]生きて死ぬ智慧

______________

[出版社・著者からの内容紹介]/生命科学者による現代詩訳・般若心経絵本。当代きっての生命科学者・柳澤桂子と生命曼荼羅を描き続ける人気日本画家・堀文子が合体! いままでで、最も明晰な日本語と最も美しい映像で般若心経に込められた「いのちの意味」が感得できる。リービ英雄の英訳付。小学館 (2004/9/18)



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17759696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-07-14 11:59 | 宗教・哲学・思想 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite