TOKYO 0円ハウス 0円生活/坂口恭平

TOKYO 0円ハウス 0円生活 (河出文庫)

坂口 恭平/河出書房新社



話題の新政府内閣総理大臣、坂口恭平氏の本を、まとめ読みした中から、
こちらは、2008年に出版されたもの。

隅田川沿いに建つ、いわゆる「ホームレス」の方の家と、そこに住む、個性的な “賢者たち” から、著者が学んだ数々の知恵から、建築家として、これからの家のことを深く考えた、とてもとても興味深い本。

いわゆるホームレスの人が、あまり近所におられないという方も多いと思うんですが、私は、10年以上都心に住んでいるので、彼らのことをすごく身近に感じているうえに、本書は特に、現在わたしが住んでいる「隅田川沿い」をフューチャーされているので、いつ、ご近所の方が登場するかとワクワクしながら読み始めました。

残念ながら、この本に登場する「家」は知らなかったのですが、でも、こちらに引っ越した当初、確かに、ご近所のホームレスの方々には、すごく興味を惹かれたんです。というのも、新宿、渋谷周辺の方々とは、何かが違っていて、、

まず、なんといっても、川の側に住むというのは、人としての本能に基づいたところがあるせいなのか、常に風通しがいいうえに、洗濯も出来そうな感じとか(実際は近くの公園でされていると思いますが)また、川の側に洗濯物が干してあるという光景も、なんだか清潔な印象で、

釣りをしている人も大勢いたり、ここは海に近い下流なので、貝を取っておられる方もいたりして(!)、しかも、コンビニが何件もあるどころか、銀座の素晴らしいお店の数々を考えると、これまでとはまったく違った印象で、とても幸せそうに見えたんです。

中でも、家から一番ご近所の方の「お宅」は、それはそれは立派で、どうして写真を撮っておかなかったのか、今になって残念でしかたないのですけど、本書に掲載されている家よりも、遥かに良さげだったというか、普通の1人住まいの家にある家電は、すべてあるような趣で、発電機から繋がっている電気製品も、ただ拾ってきたというだけではなく、確かな修理技術もあって… ということが、一目で理解できる感じだったんですよね。

そんなわけで、私は今は撤去されてしまった、あの「お宅」の住人の方が、本書の主人公の方なのでは?という期待や、あのとき、私も、あの人と会話しておけば良かったなぁという後悔を感じつつ、今まで、彼らに対して感じていた様々な疑問を、坂口氏が、私に代わってインタヴューしてくれているような気分で読みました。

海外旅行に行くと、お金を恵んで欲しいと、積極的に近づいて来られる方々の多さに驚きますが、日本では見たことがありませんし、お金が投げ入れられることを、じっと座って待っている方も、子供のときは見たことがあるような気もするのですが、もう何年も、そういった姿を拝見することはなく、

いったい、彼らは、どうやって生計をたてているんだろうという疑問は大きかったのですが、本書には、彼らの「お仕事」のこと、家を建て、また、それをすばやく撤収する方法、行政の彼らへの関わり方など、彼らについての様々なことがわかるだけでなく、

彼らから教えられる智慧には、本当に驚きました。

私たちの住まいに関しての提言や、日本の建築への疑問点、「不動産」の価値とは、
などなど、考えさせられることが盛りだくさん!

☆☆☆☆☆(満点)

目次
はじめに
第1章 総工費0円の家
第2章 0円生活の方法
第3章 ブルーの民家
第4章 建築しない建築
第5章 路上の家の調査
第6章 理想の家の探求

☆参考サイト
◎『TOKYO 0円ハウス 0円生活』に感動(幻想第一)
◎「ほぼ日」担当編集者は知っている。
◎堤幸彦監督が建築家・坂口恭平の『0円ハウス』をモノクロ映画化、主人公は路上生活者

☆単行本(レヴュー数の多いので)
◎[Amazon]TOKYO 0円ハウス0円生活

☆文庫
◎[Amazon]TOKYO 0円ハウス0円生活(河出文庫)

☆坂口恭平氏のサイト
◎「0円ハウス」
____________

内容紹介/世界の中で徹底的に生きのびるための技術を説いた著者渾身のデビュー作!
坂口恭平の思想の根幹は全てここにあるーー堤幸彦監督の映画『MY LIFE』原作。

「東京では1円もかけずに暮らすことができる」ーー
住まいは23区内、総工費0円、生活費0円。釘も電気も全てタダ!? 隅田川のブルーシートハウスに住む"都市の達人"鈴木さんに学ぶ、理想の家と生活とは?人間のサイズに心地良い未来の暮らしを提案する、新しいサバイバルの知恵がここに。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17752624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-07-12 10:17 | 住宅・建築・インテリア | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite