7月のきもの

f0134963_18521488.jpg
特にどうってことないファッションの友人から「えっ着物?」みたいな視線を感じることが少なく、ファッショニスタw な友人の鋭い視線も、意外とブロックできる(放っておいてもらえる)「地味地味コーデ」。



夏の着物の快適さについては、以前も書いたし、去年は、エアコンのリモコンに触れない(311ショック)ことから、着付け地獄も経験したけど、

でも、、熟女の夏のおでかけファッションとして、
やっぱり、夏着物は最高に快適だと思う。

浴衣をあつらえたという話は、私の周囲でも多いのだけど、きものを着慣れていない、大人の女性が、浴衣を「街着」として着るのは、意外とムツカしいからね。

この着物は本麻なので、襦袢も麻。

◎以前、ウェルキィ襦袢を購入した「染織こだま」さんの、紋紗の麻襦袢を購入。

ウェルキィ襦袢に関しては、一押ししたけど、
基本的には「ポリ襦袢」を着るぐらいなら、きものは着ないほうがいいと思っていて、
ポリのうそつきを付けるぐらいなら、
襦袢なしで、レース袖をゴージャスに盛った方がいい
(自分で綺麗なレースを追加する)と思ってます。

絹も、麻も、布が肌に気持ちいいという点が、着物がすごく快適なところで、
絹も、麻も、素材の質の差が激しいので「染織こだま」さんはリーズナブルだと思う。

買い物として、着物より襦袢の方が興味が大きいのだけど、絹襦袢は高いよね。

それと、着物は、自分用にあつらえたものじゃないものがほとんどなので、
襦袢と寸法を合わすのが面倒なのと、

着物と襦袢よりも、重要なのは、肌と襦袢の間…なんだけど…

そのあたりは、もう気が狂いそうになるほど、
ダサくて恥ずかしいものばかりという業界の状況は
何年経っても、一向に変わらないなぁ。。
[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17732498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-07-06 14:36 | きもの | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite