Little Susie の記事とヘルンヴァインへのインタヴュー

f0134963_8254350.jpg
photo : “The last Child 2008” Gottfried Helnwein



私にとって『HIStory』は、初めて発売直後に買ったMJのアルバム。美術系だった私は、MJよりも先に、ヘルンヴァインのファンだったので、ブックレットに彼のアートワークを見つけたときは、なんとなくMJと私との距離が近くなったように感じたのですが、Little Susieは、当時はあまり好きではありませんでした。最近になって、あらためて「名曲」だと感じるようになったのは、私自身の子供時代への思いが変化したせいなのかもしれません。

そんなこともあって、2010年に書かれた Vanessa Appassamy の記事を訳してみました。Appassamyさんは、2010年になってから『HIStory』や『Blood ・・』など、MJの問題作について書いている印象があった方で、また、伊藤俊治氏によるヘルンヴァインへのインタヴューの内容は、これまでに読んでいたものと異なり、「彼がどんな風に組み立てられているかが分かる」とか「自分で現像することはできない」など興味深いものだったので。

苦手な英語力を最大限駆使した訳なので、気になる点や間違いは、遠慮なくご指摘いただけると助かります。


[ファンメイド動画]LITTLE SUSIE




An Appreciation of Michael Jackson's Little Susie
Apr 18, 2010 Vanessa Appassamy

Little Susie 鑑賞
2010年4月18日 ヴァネッサ・アパサミー

Little Susie is a incredible artistic achievement, the orchestral ballad, which was misunderstood by the press, paints a somber image of a forgotten child.

『Little Susie』は、素晴らしく芸術的な管弦楽によるバラードで、忘れられた子供の、暗澹とした心情を描いた曲ですが、メディアには理解されなかった。

Little Susie is featured on HIStory: Past, Present and Future: Book 1, however unlike the majority of the songs on HIStory (many of which were written in response to the events of 1993), Jackson penned Little Susie possibly many years earlier (Halstead, Craig and Cadman, Chris. Michael Jackson: The Solo Years. Authors OnLine Ltd. 2003. pg. 106).

『Little Susie』は『HIStory : Past, Present and Future : Book 1』に収録されていますが、他の多くの収録曲とは異なり(多くが1993年の出来事に応じて書かれている)、おそらく、ジャクソンは『Little Susie』を、それらよりもずっと前に作曲していました。(『Michael Jackson : The Solo Years』2003年、P106より)


Critical Reception of Little Susie :
Little Susie 批評への入り口

Little Susie alongside Childhood were described in Billboard Magazine as "maudlin ... so treacly and overwrought ... they drown under the weight of their own thick, sappy pretentiousness" (Melinda Newman. 'Michael Jackson's HIStory Lesson Comes Packed with Extracurricular Activities.' Billboard Magazine. Jul 1 1995. pg. 18).

ビルボードマガジンは、『Little Susie』並びに『Childhood』は、感傷的で甘ったるく、大げさに、もったいぶった、滑稽な思い上がりだ。と書きました。(Melinda Newman「マイケル・ジャクソンの歴史授業は、課外授業も豊富」1995年7月1日、P18)

Little Susie, Childhood and Jackson's cover of Charlie Chaplin's Smile were described by The New York Times as "the creepiest new songs" (John Pareles. "Michael Jackson is Angry, Understand?" New York Times. Jun 18 1995).

ニューヨークタイムスでは、『Little Susie』『Childhood』と、ジャクソンによるチャップリンのカバー曲『Smile』を「ぞっとする新曲」と書きました。(John Pareles「マイケル・ジャクソンの怒りを、どう解釈するか? 1995年6月18日)  

Rolling Stone Magazine declared both Little Susie and Childhood as "uncut Hollywood fluff" (James Hunter. "HIStory: Past, Present and Future, Book 1" Rolling Stone Magazine. Aug. 10 1995).

ローリング・ストーン誌は、『Little Susie』『Childhood』は、共に「ハリウッド映画のNGシーン」と書きました。(James Hunter、1995年8月10日号)



Central to both Little Susie and Childhood are the artworks which are featured in the accompanying booklet to the HIStory album; Gottfried Helnwein's 1972 photograph "Lichtkind" (Child of Light) which is titled Little Susie and an undated and untitled drawing by Jackson, which includes the handwritten lyrics of Childhood (Michael Jackson. HIStory booklet. Sony BMG pg. 37 and 34).

『Little Susie』と『Childhood』両方に注目すべきは、アルバム『HIStory』に添えられた小冊子の中のアートワーク。『Little Susie』では、1972年のゴットフリート・ヘルンヴァインによる「Lichtkind」(光る子供)と題された写真と、タイトルも日付もなく『Childhood』の手書きの歌詞が書かれている、ジャクソンによるドローイング(『HIStory』ブックレット、P37、P34)


f0134963_18391394.png
photo : “Child of Light (Lichtkind) 1972”
◎ゴットフリート・ヘルンヴァイン(Wikipedia)


Helnwein's photograph recreates a crime scene, in which an unidentified child's body lays on a decaying wooden floor, a lone penny positioned beside her. The unconscious child's head and eyes are heavily bandaged, her dress, seems new and unworn, and recently placed on her tiny frame, while light, seemingly from above, accentuates her wrists and closed eyes.

ヘルンヴァインの写真は、犯罪現場をそのまま表現しているようで、身元不明の子供の身体が横たわる木製の床には、1セント銅貨が、ポツンと置かれています。意識のない子供の頭と目には、しっかりと包帯が巻かれ、服は、まだ、新しい様子で、彼女の身体は、最近、そこに置かれたように見えます。一方、上からの光は、彼女の手首と、閉じられた目を強調しています。

Thematically similar, Jackson's drawing is of a saddened child, obediently seated in the corner of a forgotten room, whose small body leans towards the wall for protection. The depicted child tightly grasps onto a microphone, which is attached to a ceaseless electric cord that weaves itself outside the room, to the outside world, a place the child is hopelessly trying to resist.

主題に関して類似している、ジャクソンのドローイングでは、部屋の隅に従順にうずくまる、可哀想な子供が、その小さな身体を庇うように、壁に身体を寄せています。描かれている子供は、マイクをしっかりとつかんでいますが、その電気コードは部屋の外、子供が抵抗し、絶望している外部の世界へと繋がっているようです。


Thematic Concerns of Little Susie and Childhood
Little Susie と Childhood における懸念すべきテーマ

Both Little Susie and Childhood offer narratives in which the child protagonists are left to fend for themselves, as they are left disappointed and disillusioned, alone and isolated. Little Susie paints a grim image of a young girl named Susie, who was abandoned by her father, and left orphaned when her mother passed away. Susie drifts from family to family, abused and neglected, her pain and suffering ignored by the adults who were meant to protect her, and only come to Susie's aid in her death.

『Little Susie』と『Childhood』は、どちらも、子供たちを主人公にした物語で、自活をさせられている子供たちが、失望し、幻滅を感じて、1人で孤立している。『Little Susie』は、スージーという名前の少女が、残酷に描かれていて、彼女は、父親に捨てられ、母が亡くなった後、親族の間をたらい回しにされ、虐待を受け、養育を放棄されている。彼女の痛みや苦しみは、彼女を保護するはずの大人たちによって無視され、彼らは、スージーが亡くなるまで、彼女を援助しようとしなかった。

Susie's only comfort is the tune she sings to herself, which plays repeatedly on her musical box. The opening verse of Little Susie refers to a murder, however it can also be interpreted the character of the narrative, committed suicide, her only escape from her tortured existence.

スージーが、唯一、心が安らぐのは、彼女が、自分のオルゴールのメロディにあわせて、歌を歌っているとき。『Little Susie』では、最初のヴァース(サビ前の部分)で、殺人が示されているが、彼女にとって、自殺への傾倒は、虐待を受けている存在から脱出する、唯一の方法だったという、物語も解釈されている。



f0134963_848302.jpg

Childhood on the other hand, also refers to a child desperate to escape their current existence, but through imagination and wonder, a delightful whimsical existence Jackson declares through the song, as something he was denied due to being a tirelessly working child-star. As a then father of two, Jackson would publish an article which appeared on Beliefnet.com, in which he recalled how all he ever wanted as a child was just to be an anonymous kid at play :

また『Childhood』では、現在の生活から逃れたくてたまらない、子供について言及している。辛抱強く働いてきた、チャイルドスターとして、与えられなかった、素晴らしい想像力による、幻想的で気ままな生活を、ジャクソンは歌によって宣言しました。その後、ジャクソンは、2人の子供の父親として、子供時代、無名の子供が遊んでいる様子を見て、彼が、かつて望んだことを「Beliefnet.com」に記事として、公表しました。

"More than anything, I wished to be a normal little boy. ... I had to accept that my childhood would be different than most others. But that's what always made me wonder what an ordinary childhood would be like" (Michael Jackson. "My Childhood, My Sabbath, My Freedom" Beliefnet.com Dec 7 2000).

僕は、何よりも普通の少年になりたかった ... 僕は、自分の子供時代が、多くの他人と異なることを受け入れなくてはなりませんでしたが、それは、普通の子供時代が、どのようなものなのかと、常に、僕に想像させました(マイケル・ジャクソン「私の幼年期、私の安息日、私の自由」2000年12月7日《和訳→》http://mjfcmoonwalk.com/ >> MJ Write > My Childhood, My Sabbath, My Freedom )

[関連記事]The Day I Sang for Michael Jackson

"I'm Peter Pan in my heart" - Michael Jackson (Quote from Living With Michael Jackson: A Tonight Special. Dir. Julie Shaw. Granada Television 2003.)

「僕は、心の中ではピーター・パンなんだ」ー マイケル・ジャクソン
(2003年のTV番組「Living With Michael Jackson」より)

Within the lyrics of Childhood, Jackson refers to being considered "not okay" and "strange" for wanting to remain a child at heart. Jackson's ultimate display of his inner-child would be realized through the creation of Neverland Valley Ranch, his home, which featured an amusement park, open zoo, playground, swimming pool, arcade and train station named after Jackson's mother Katherine Jackson.

『Childhood』の歌詞で、ジャクソンは、心の底から、子どものままでいたいと思うことが「了承されない」ことに言及し、それを「奇妙である」と思われていることを表現しています。ジャクソンの究極の「インナー・チャイルド」は、彼の家である、ネヴァーランド・ヴァレー・ランチに、動物園や、遊園地、スイミングプールなどの総合的な娯楽施設を備えて、実現され、列車の駅の名前は、ジャクソンの母親、キャサリン・ジャクソンにちなんで、後から名付けられました。


f0134963_18233875.jpg
Katherine Station


Neverland eventually became the idyllic home for Jackson's children, a place which offered privacy and allowed Jackson to be himself, amongst all the things he loved, and he would open it's gates to disadvantaged children for many years. These experiences of children, free at play, had to be recreated by Jackson, and yet they are the same experiences many take for granted.

ネヴァーランドは、やがて、ジャクソンの子供たちにとっては、のどかな家になり、ジャクソンのプライヴァシーが許され、彼が、自分自身で居るために、大切なものがすべてある場所でもあり、また、障害を抱える子供たちにも、彼は、永年に渡って門を開いていました。子供が、自由に遊べるという、多くの人々にとって、当然の経験と同じことを、ジャクソンは再現することで、自らを休養させなければなりませんでした。

The namesake of Jackson's home also refers to the fictional island, Peter Pan and The Lost Boys would frequent, a place which forever allowed it's inhabitants to remain children at play, in James M. Barrie's play Peter Pan: or The Boy Who Wouldn't Grow Up (1904).

ジャクソンの家と同名の虚構の島「ピーター・パンと道に迷った少年」にも言及します。永遠に、子供のまま、遊ぶことが、住民として認められている、ジェームズ・M・バリ脚本の「ピーターパン:あるいは大人になりたがらない少年 (1904)」

"Peter Pan in Neverland reveals the painful and tortured psyche of James Matthew Barrie. It illustrates how his literary creation was a desperate attempt at repairing his lost childhood, but also in keeping it intact forever" (Judit Szekacs-Weisz, Ivan Ward. Lost Childhood and the Language of Exile Karnac Books, 2005 pg. 92).

ネヴァーランドのピーター・パンは、ジェームズ・マシュー・バリの、痛みや苦悩を暗示しています。彼の文学的創造は、失われた少年期を修繕するために必要で、それらを永久に保存しておくための絶望的な試みでした。(Judit Szekacs-Weisz, Ivan Ward(編)『Lost Childhood and the Language of Exile』2005年、P92)

◎[関連記事]小さな白い鳥/ジェイムズ・M・バリ
◎[関連記事]ロスト・ボーイズ ー J・M・バリとピーターパン誕生の物語


Jackson always spoke openly of his complex childhood and through Little Susie and Childhood explores various issues he himself experienced as a child. Both Little Susie and Childhood present children as intelligent, aware and susceptible to their environments. Jackson viewed ones childhood, as their most important journey, it was a time he believed should be nurtured and cherished.

ジャクソンは、常に、彼の複雑な少年期について公然と語ってきました。『Little Susie』と『Childhood』における様々な問題は、彼自身が、子供だったときの経験と同様で、『Little Susie』も『Childhood』も、知的で、状況を認識し、環境に影響されやすい子供たちを表現しています。ジャクソンは、その少年時代を、彼らにとって最も重要なツアーの中で過ごしましたが、それは、彼が成長するために、大事にされなければならなかった時間でした。

Jackson was denied such an existence, but fatherhood somewhat allowed Jackson to find an emotional balance, as he stated at the 2001 Oxford Union Address "I realize that I cant be a whole human being, nor a parent of unconditional love, until I put to rest the ghosts of my own childhood' (Michael Jackson: The King of Pop, The Big Picture! The Music! The Man! The Legend! The Interviews: An Anthology. By Jel. D Lewis (Jones). Amber Jones 2005. pg 162).

ジャクソンは、そういった生活を与えられませんでしたが、自身が父親になってから、感情的なバランスを見つけることが出来るようになったと、2001年のオックスフォード大学で述べました。

「僕は、僕自身の少年時代の幻影を治めることが出来なければ、完全な人間になることもできないし、無条件の愛を注ぐことができる親にもなれないと気づいたのです」

(Jel Jones『Michael Jackson : The King of Pop, The Big Picture! The Music! The Man! The Legend! The Interviews : An Anthology』2005年、P162より)

source : http://vanessa-appassamy.suite101.com/





☆しばらくしてから出回ったヘルヴァイン撮影の写真を2枚追加・・・

f0134963_19094843.jpg


f0134963_19101178.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17667339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jean moulin at 2012-06-20 18:32 x
こんにちは、お久しぶりです。

紹介していただいた、伊藤俊治さんとヘルンヴァインのインタビュー記事すばらしいね。
1997年という事で、少し時代を感じる部分もあるけれど、今ではこんな問題提起すら放棄されている感じだものね。
自身でメープルソープと比較しているのもおもしろい。
まさに、有機物も、ものとしての美しさで捉えようとしたメープルソープとは対象的に、時間性や思想を写真に取り込んで、歴史の記憶システムとしようとした写真家だものね。
MJの事も完全にシステムとして捉えた上で、そのシステムをコントロールする人物として表現しようとしてる。
そういうところに、MJも「写真家」としてではなく、「美術家」として魅力を感じたのかなと思う。
なんにしても、MJの「フェイシズ」のシリーズ見てみたいね。

どこにあるのかなあ。ここ?
http://www.amazon.com/gp/product/3902510390/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1229465535&s=books&sr=1-4

これも欲しいなあ・・。http://japan.helnwein.com/news/update/artikel_250.html
yomodaliteさん持ってる?
Commented by yomodalite at 2012-06-21 00:52
その日本版の写真集は昔、持ってんだけど、離婚のときに置いてきて(爆)今、手元にないの。「フェイシズ」は、コレかなぁ。。http://p.tl/TPQd でも、あの写真以外に公開されてるものがあったら、MJのことだからネットで拾える気もするけど見当たらないからね、、どーなんだろう?

BAD期の1988年が最初で、1994年のHIStoryティーザーの時も、あの現場で撮影してて、このインタは1996年。「この写真は、例外」と言ってる写真は、1988年のもので、写真家が自分で現像できずに、すべてMJに渡すって言ってるのは、彼が経験したことではなくて、MJのそれまでのジャケット写真とか、雑誌撮影の場合を語っているのかな。

その基準は、フランク・ディレオのメディアコントロール時代の話なのか、リーボウィッツ(Vanity Fair 1989)や、ハーブ・リッツ(In the Closet 1991)のときもそうだったのかとか「インヴィンシブル」の数年前のアルト・バニも非公開契約してたし、やっぱり、カレンが言ってた「インヴィンシブル」のジャケットをSONYが勝手にっていうのは、少しちがうような。でも、これまで、そうしてきたのに、このときのSONYは、、って意味かな(続く)
Commented by yomodalite at 2012-06-21 09:11
でも、リサも、自分といるときとは違って、MJが、ヘルンヴァインと、すごく知的でハイブロウな会話をしてることに、びっくりしてるのでw、私には、カレンには、そーゆー説明したって方が、納得しやすいんだけどなぁ。

とにかく、この時代のヘルンヴァインが、ここまで、MJに興味をもってて「彼は完全にヴァーチュアルな存在で、彼自身そのことをよく知ってて、人が彼について持っているイメージ、見るイメージは全て彼によってコントロールされたもの」って言ってるにも関わらず、

その後「彼は別人に変異したのだと思う。マイケルの子供時代からこれまでの変貌を見れば、そこに神の手が働いていることに気づかない訳にはいかないんだ。そして、何らかの神聖な奇跡が起こっているんだと考えてしまう」って言ってるのは、やっぱり、相当驚きだよね。
Commented by jean moulin at 2012-06-21 18:02 x
>その日本版の写真集は昔、持ってんだけど、離婚のときに置いてきて(爆)
えっ あっ 詩的表現だよねっ(汗)

>MJのことだからネットで拾える気もするけど・・
うん、そうだよね。シリーズで見てみたい気は山々だけど、この紹介してくれた1枚でもいいなあ。
こういう写真はないもの。他に

でも、写真を現像から管理するっていうのは、一貫してそうしてたんじゃないのかなあ。
そういう契約で撮影するっていうのは、かなり珍しいことなの?

>リサも、自分といるときとは違って・・
いつも相手のキャラクターや、知識に応じて話しているものね。
特に専門的に長けているような会話は、それこそコントロールして表に出さないようにしていたみたいだけど、周りの人たちの話を聞いてると、だんだんそういう事も明らかになってくるね。
Commented by jean moulin at 2012-06-21 18:11 x
>「彼は別人に変異したのだと思う。
うん、うん、これすごいね。
MJの容姿の変化って、ネガティブに捉えられる事が多くて、タブー視されがちだけれど、私はそうは思ってなくて。
だから、これ読んだ時、すーっと腑に落ちるものがあったの。
そう思っていいんだ、て感じ
ヘルンヴァインって表面的な事を言う人ではないから、この言葉の意味は深いと思う。
って、yomodaliteさんにこんな事いうのは釈迦に説法(古っ)だけどね。
Commented by yomodalite at 2012-06-21 22:46
>詩的表現だよねっ(汗)

今が、夢の中でないかぎり、たぶん、まるごとジューシーな現実だと思う。

>そういう契約で撮影するっていうのは、かなり珍しいことなの?

うーーん、アメリカのことはわからないけど、、商業写真は、デジタル以前はフィルム全部、デジタル以降は、全データ納品が普通だと思うし、たぶん、当時もそうだったと思う。

ただ、ヘルンヴァインのような美術館で展示されるような写真家は、現像までが「作品」で、アップしたMJの写真も、リンク先に「silver print」とあるから、これは、現像までしてるはず。で、考えてみると、、写真家が「現像」まで関わったMJの写真は、これが最初なんじゃない。でも、MJの顔自体が「世界企業のロゴ」のように、厳しい「イメージ管理」におかれているという感じは、ヘルンヴァインが知ってた、他にもロックスターとは全然ちがってたんじゃないかな。(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-06-21 22:47
で、Arno Bani の作品も、撮影だけでなく、デジタルワークも作品に含まれてるように見えるよね。だから、これも、たぶん作家の方が現像まで管理した作品で、とすると、この2人だけかな。リーボウィッツも、ハーブ・リッツも、ブルース・ウエーバーも、雑誌媒体を通しての仕事だから、現像まで管理した「作品」は、他にないかもね。。

そんなことも考えてみると、未使用のジャケット撮影のときの写真を、ワトソンは持ってないかもしれないな。うーーん、でも、いい写真なら返すという可能性もなくはないかぁ。。

>いつも相手のキャラクターや、知識に応じて話しているものね。

MJは、「一人の人間の中に多数の他者がごちゃごちゃと混在している人間」だから、KING OF POP になることに耐えられたんだと思う。(http://goo.gl/hwpqt)
Commented by yomodalite at 2012-06-21 22:49
現像までが作品とか、ちょっと面倒くさい説明だと思うので、少し言い方を変えてみるね。

あくまで、私の想像なんだけど、「それを全てマイケルに渡さねばなりません。自分で現像することはできないのです」というのは、商業写真だったら、別にめずらしくなくて、それが普通だと思う。

でも、写真家が、自分の作品のモデルとして依頼した場合は、写真のセレクトも、写真の仕上がりも、写真家に決定権があるよね。で、MJの場合、そーゆー写真は、ヘルンヴァインが、最初で、最後だと思う。

Arno Baniの場合は、撮影用途が定かでない撮影だけど、写真セレクトには、MJが関わってる。でも、デジタル表現を含めた作品だから、フィルムごと買い取りとはならなくて、作家側に「セレクト外」も残った。

リーボウィッツや、ハーブ・リッツや、ブルース・ウエーバーなんかは、雑誌媒体だから、写真の権利を、MJがすべて買い取ってるということは、たぶんないはず。(でもヘルンヴァインの言い方だと、ここへのコントロールもスゴい?)(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-06-21 22:55
ジャケット撮影の写真に関しては、通常は、SONYに権利があると思う。ただし、MJの場合は、特別、高い契約をしてるでしょ。そーゆー場合は、スタジオ代とか、製品完成までの費用も、MJ持ちという割合が高いような気がする。そのかわり、売れた分の印税率が高いという契約かもしれない。

で、インヴィの場合は、元々あった写真ではなく、ジャケット用に撮影したのだから、そーゆー写真に、写真家が、二次使用の権利を主張することはないと思うのね。だから、MJか、SONYのどちらかが「買い取り」だと思う。それで、ワトソンが持ってないんじゃないかと、一瞬思ったんだけど、、

ヘルンヴァインが、「無数のイメージのなかから彼は写真を選び出し、そのイメージに手を加えるのです」なんて言うから、つい、気になってた「インヴィのジャケット」http://goo.gl/Fqo9J のことも思い出してしまったというわけなの。
Commented by jean moulin at 2012-06-22 18:25 x
そうか、通常、商業写真ならMJもしくはレコード会社等がデータから管理するのね。
でも、確かに芸術写真で、その被写体として撮影したのなら、現像もセレクトも展示もすべて写真家主導だよね。
ただMJみたいに超商品価値の高い被写体だとそうもいかない、というぎりぎりのところで撮られたのが、ヘルンヴァインの写真かな。
そう思うと、つくづく貴重だね。

で、この説明聴いてると、yomodaliteさんの推察通り、金色写真はMJ側が持ってる可能性が高いんじゃない?。
レコード会社が、未使用写真に高いお金払わないよね。
もしくは、うんと商品価値を上げてから公開するつもり?
こちらは、ただ見てみたい!って気持ちだけだけど、MJ不在の今は、そんな事は考えない方が良いのかな。
Commented by yomodalite at 2012-06-22 19:37
えっーーとね、つい、うっかり、頭に浮かんだことを書いてしまったのだけど、アメリカのことはわかんないし、昨日も書きながら、何度も、シマッタ!って思っちゃった。

>データから管理するのね。

「権利」に関しては、そうなんじゃないかと一瞬思ったんだけど「管理」は、特に想像がつかなくて。。日本は契約社会じゃないから、そーゆーのアバウトで、、どーゆー契約があるのか、やっぱ想像できないわ。

>推察通り、金色写真はMJ側が持ってる… レコード会社が、未使用写真に高いお金払わないよね。

それも、わかんないんだけど、写真1枚単位じゃなくて「ジャケット撮影」としての契約だと思うので、ボツ写真の管理をどーするかっていうのは、わかんないんだよね。それと、実際のジャケットが、金色写真をベースに、加工したものだとすれば、金色写真はジャケット写真ではなく「材料」になってるから、そーなると「権利者」が、よほど気にいってない限り、捨てられてる可能性も高い、、でも、金色写真は「未使用」、、でも、肖像権があるから、写真家の元に戻るかと言うと、、やっぱ、わかんない。

>こちらは、ただ見てみたい!って気持ちだけ…
私も、つい、そう思っちゃう。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-06-18 09:18 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(11)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite