『ミュージック・ポートレイト』山本耀司 × 高橋幸宏

f0134963_9385138.jpg



ゲストの2人が「人生で大切な10曲」を持ち寄り、それぞれの人生にどんな影響を与えたのかを語り合う『ミュージック・ポートレイト』という番組の「山本耀司×高橋幸宏」のメモです。

山本耀司氏が選ばれた音楽も、ドラマ『北の国から』に感動された話なども、これまでのイメージとは異なり、とても印象的だったのですが、下記の音楽リンクは、高橋氏の選曲が中心になっています。

1曲目「少年の原風景」
みかんの花咲く丘(山本)
レッツ・ゲット・トゥゲザー/ヘイリー・ミルズ(高橋)


Let's Get Together




他の動画を見て気づいたんだけど、ヘイリー・ミルズは、『ピーター・パン』を演じた女優の中でも、一番キュートなんじゃないかと思ってた方!


f0134963_9472921.jpg
Hayley Mills



2曲目「音楽の衝撃」
ウォーク・ドント・ラン/ベンチャーズ(山本)
トラブル/エルヴィス・プレスリー(高橋)


Trouble
曲が始まるのはは1:15〜




3曲目「青春」
10番街の殺人/ベンチャーズ(山本)
ジス・ボーイ/ビートルズ(高橋)


This Boy



4曲目「パリへの憧れ」
喜歌劇「天国と地獄」/ジャック・オッフェンバック(山本)
今日、貴方が/ニコール・クロアジール(映画『男と女』)(高橋)


映画「男と女」
Aujourd'hui C'est Toi




5曲目「デヴュー」
オール・アロング・ザ・ウォッチ・タワー/ボブ・ディラン(山本)
WA-KAH!-CHICO/サディスティック・ミカ・バンド(高橋)





6曲目「世界的成功と葛藤」
さあ、行かなきゃ/山本耀司(山本)
YMO - CUE(高橋)





7曲目「拡張する創造」
西新宿の親父の唄/長渕剛(山本)
Don't Think/ラリプナ(LALI PUNA)(高橋)


Don't Think





f0134963_2120646.jpg
Lali Puna



8曲目「試練そして超克」
ヘッドライト・テールライト/中島みゆき(山本)
アイル・ビー・ホーム/ランディ・ニューマン(高橋)


I'll Be Home



9曲目「今の自画像《人生と女》」
ジュテーム・モワ・ノン・プリュ/J・バーキン&セルジュ・ゲーンズブール(山本)
アメリカ/サイモン&ガーファンクル(高橋)





10曲目「人生の最後に聴きたい曲」
愛だけを残せ/中島みゆき(山本)
ピルグリムズ・プログレス/プロコル・ハルム(高橋)

人生の最後に読みたい本のことは、何度か考えていて、今のところ、渋澤龍彦氏の『高丘親王航海記』か、もしくは、今年読んだ、バリの『小さな白い鳥』が、いいかなぁと思っているんですが、、、でも、聴きたい曲は、考えたことありませんでした。

「人生の最後に聴きたい曲」(今のところでOK)がある方は、ぜひ教えてくださいませ。


私は、高橋氏が人生最後に選んだ曲の内容が知りたくなったので
「ピルグリムズ・プログレス」の訳詞をしてみました。

☆PROCOL HARUM “Pilgrims Progress” につづく

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17635410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-06-09 10:11 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite