Michael Jackson and The Jews:Rabbi Shmuley Boteach

f0134963_824714.jpg
photo : Elie Wiesel & MJ



オフィシャルサイトで、少しだけ紹介された記事を、全訳してみました。

◎ラビ・シュムリー、MJがナチの支持者だったというウソに不快感

ラビ・シュムリーが話しているのは、MJへの愚かな「レッテル張り」への反論と擁護ですが、くだらないタイトルとは異なり、シュムリーとの議論のこと、イスラエルの首相や、エリ・ヴィーゼルが登場するなど、私には興味を惹かれる内容でした。

色々と、迷って訳しているところが多いので、日本語部分はご注意の上、間違いや、気になる点は、お気軽にご指摘くださると、たいへん助かります。

The Revolting Lie That Michael Jackson Was a Nazi Sympathizer

All a man has in this world is his good name. The book of Ecclesiastes says that a good name is better than fine oil. Our reputations determine what others think of our character. We have a right, therefore, to defend our name against scurrilous and slanderous attack. When those we know cannot defend themselves, we must stand up and speak out on their behalf.

人がこの世で手にできるものは、名誉につきる。伝道書には、名声は良い油よりも優ると書いてあります。私たちが手にする評判というものが、他の人々が、どんな人間として見るかを決定づけるのです。私たちは、下品な中傷などの攻撃から、名前を守るための権利を持っていますが、私たちがよく知る人物が、自己弁護することが出来ない場合、私たちは、彼らの代わりになって、自由に発言しなければなりません。

I generally try to avoid the gossip that is so often said and writing about Michael Jackson. Libraries of nonsense have been written about him, and now that he is tragically no longer alive, he cannot defend himself. In general I see no point in highlighting slanderous material about him by responding to it.

私は、通常、マイケル・ジャクソンについて、何度も言われているようなゴシップや、彼について書かれた無意味な蔵書群について書くことは、避けてきました。悲劇的なことに、今、彼は生きておらず、自己弁護することが出来ませんが、一般的に、それらに反応することは、彼に対しての中傷をより強調することになり、良い点を見出すことはありません。

But several headlines recently caught my attention when I heard that a man who claims to have worked as Michael's bodyguard made the incredulous charge that Michael was a Nazi sympathizer. This kind of viciousness should usually not be responded to because it just gives it more credibility for the retelling. But the slander against Michael's name in this instance is so great that it deserves to be rebutted.

しかし、いくつかの「見出し」は、私の注意を惹きました。最近、私が聞いたのは、マイケルのボディガードとして働いていた男が、マイケルが、ナチの支持者だったという、懐疑的な告発をしたこと。そんな悪質なものに、応答しても、より多くの信用を与えることになるだけですが、しかし、このような類いの、マイケル対する中傷は、影響力が大きいので、それは反論すべきだと思いました。

As is well known, I was Michael's Rabbi for two years. During that time, we discussed every subject under the sun. A great deal of it was captured in the conversations we recorded specifically for publication in the books that became The Michael Jackson Tapes and its follow up, Honoring the Child Spirit. In one of those conversations, Michael spoke of Hitler's mesmerizing oratorical skills.

よく知られているように、私は2年間、マイケルのラビでした。その間の間、私たちは、太陽の下で、様々な課題について、多くの議論をしました。それらを録音した中から『The Michael Jackson Tapes』が出版され、それに続く『Honoring the Child Spirit』も本になりました。そういった会話のひとつとして、マイケルは、人々を魅了するヒットラーの演説技術のことを話しました。

*ラビ・シュムリーが、MJと対話した2冊の本を全訳しました!

He said that oratory is in many ways one of the most effective tools that evil uses to manipulate others and thereby gain power. Michael argued that Hitler used many of the same techniques that showbiz performers use today in order to manipulate audiences and steer them toward evil deed. I was disheartened when the book was first published to see some newspapers highlight these comments of Michael completely out of context and misrepresent him as someone who could have admired Hitler. Nothing could be further from the truth.

彼は、演説というのは、いろいろな意味で、邪悪な意志を持った人間が利用するのに、もっとも有効な手段で、演説によって、人々を操り、それによって権力を得るのであると。現代のショービジネスのパフォーマーが聴衆を扇動し、不道徳な行為へと駆り立てる際に用いる手法の多くは、ヒトラーが使ったのと同じものだと、主張していました。本が最初に出版されたとき、いくつかの新聞が、それらのマイケルのコメントを強調し、彼がヒトラーを賞賛していると、完全に誤って伝えているのを見て、私は、大変落胆しました。これほど、真実から程遠いものはありません。



f0134963_8254192.jpg
Rabbi Shmuley Boteach


Michael detested and despised anyone who would do harm to another human being, especially the Nazis who gassed six million Jews, one and a half million of whom were children. Michael loathed everything Hitler stood for. As I have consistently stated, Michael was a great friend of the Jewish people. He celebrated his relationship with the Jewish community and never shied from demonstrating how much he learned from Judaism through our conversations and friendship.

マイケルは、人に危害を加える人間は、誰であっても、嫌悪し、軽蔑しました、600万人のユダヤ人(その中の150万人は子供だった)を、ガス室に送った、ナチスに対しては、特にそうです。マイケルは、ヒトラーを表現するすべてを嫌悪し、私が一貫して主張してきたように、彼は、ユダヤの人々の親友であり、ユダヤ人社会との関係を祝福していました。ユダヤ教についても、私たちの会話や、友情を通して、彼が、そこから、どれほど学んだかは計り知れません。

In one of our first meetings I gave him a mezuzah as a gift, which consists of a small scroll from the Torah that is affixed to the doorpost. I did not give it to him with the intention that he put it on his door as his was not a Jewish home. Nevertheless, Michael insisted that we put it on the front door of his rented home in Manhattan.

私たちが、最初に出会ったミーティングで、私は彼に贈り物として、メズーザー(註1)を贈りました。それは、トーラー(ユダヤ教の律法)が書かれた小さな巻物で、ドアの外側に取り付けるようなものなのですが、彼の家は「ユダヤの家」ではないので、私は、彼に、そのような意図で贈ったわけではありません。しかしながら、彼は、マンハッタンで賃貸している彼の家の正面玄関に、それを置くことを望みました。

A few weeks later he came with me to the Carlebach Synagogue in Manhattan one of the happiest days of the Jewish calendar, Shemini Atzeret, and told me later, as part of The Michael Jackson Tapes, that it was the happiest night of his life.

数週間後、彼は、私と一緒に、マンハッタンのCarlebachのシナゴーグ(註2)に行きました。ユダヤ暦の中でも、最も幸せな日の1つである「Shemini Atzeret」(註3)のことは『The Michael Jackson Tapes』にも少し書きましたが、その後、彼は、その日のことを「人生の中で、最も幸せな夜だった」と言いました。

As the boy superstar of the Jackson 5, Michael had a Jewish tutor who traveled with him and helped to raise him whose name was Rose Fine. Michael spoke of her in The Michael Jackson Tapes with great affection and revealed to me that he and Janet covered many of his former tutor's expenses as she aged.

ジャクソン5で、スーパースターになった少年のころ、マイケルには、彼を育てるための、ユダヤ人の教育係がいました。ローズ・ファインという名前で、優しく思いやりにあふれた彼女のことは『The Michael Jackson Tapes』の中でも語られていますが、彼女が、年老いてからは、マイケルと、ジャネットが、彼女の支払いの多くを補っていました。

In one of the conversations he says that as the group's plane landed in Germany, Mrs. Fine became agitated. Michael asked her why and she shared with him the horrors of the Holocaust. He was just a boy and it was the first time he had heard of the wholesale slaughter or Europe's Jews.

その会話のひとつで、彼は、ジャクソン5が乗った飛行機が、ドイツに着陸すると、ファイン夫人が動揺するようになったと語っています。マイケルは、彼女にそれがなぜか尋ね、彼女は、彼とホロコーストの恐怖を共有しました。マイケルは、まだほんの少年で、大量殺人についても、ヨーロッパのユダヤ人のことも、彼にとって初めて聞くことでした。

Later, I would take Michael to meet and converse with my dear friend, Nobel Peace Laureate Elie Wiesel -- arguably the greatest living Jewish personality -- who further shared with him the horrors of the Holocaust and the importance of reconciliation and love. Prof. Wiesel showed Michael boundless acceptance and affection, which Michael warmly reciprocated.

その後、わたしは、親しい友人で、ノーベル平和賞受賞者のエリ・ヴィーゼル(註4)ーー 生存しているユダヤ人の中で、最も偉大なパーソナリティーー に会うために、マイケルを連れて行きました。ヴィーゼル教授とマイケルは、ホロコーストの恐怖だけでなく、和解と、愛の重要性について共感し、ヴィーゼルは、マイケルに無限の愛情を示し、マイケルもまた、それを暖かく受けとめていました。

Michael's strong feelings for the Jewish community meant he was even prepared to suffer professionally for his love of Israel and the Jewish people. It is well-known that in 1993 Michael went to Israel on his Dangerous Tour where he performed for 160,000 fans in Tel Aviv. My dear friend Frank Cascio, later to become Michael's manager, accompanied him and he told me how much Michael loved being in the holy land. Less well known, however, is the following story.

マイケルのユダヤ人社会への強い感情は、イスラエルや、ユダヤの人々への愛のために、仕事の面で困難に出会うであろうことも覚悟していました。1993年、マイケルが「デンジャラス・ツアー」で、イスラエルに行き、テルアビブの16万人のファンの前で、ショーを行ったことはよく知られています。私の親友のフランク・カシオ(その後、マイケルのマネージャーになった)も、彼と同行していて、マイケルが、その聖地を、どれだけ愛していたかを、私に伝えてくれました。しかし、これから話すことは、それほど有名ではありません。

In late 2000, a Jewish philanthropist called me and told me that Israeli Prime Minister Ariel Sharon was coming to his home that night for a reception. He said it would be good for Israel if Michael would come there and meet with the prime minister. I turned to Michael, in the presence of some of his professional staff, and asked him if he would like to meet the Israeli prime minister. Michael immediately jumped at the opportunity and told me he would love to do so.

2000年の終わりに、ユダヤ人の慈善家が、私に電話をしてきて、イスラエルの首相アリエル・シャロンが、夜、彼の家で行われる歓迎会に来ると言いました。彼は、マイケルがそこに来てくれて、首相に会えば、イスラエルにとっていいだろうと言ったので、私は、マイケルのスタッフの何人かに、彼がイスラエル首相に会いたいかどうかを尋ね、彼に出席することを求めました。マイケルは、その機会に、すぐに飛びつき、是非出席したいと、私に伝えました。

However, the people who surrounded him at the time mentioned that it might not be a good idea. They said that Sharon was hated in many parts of world, especially in Arab nations. A photograph of Michael with Ariel Sharon could spark a significant backlash including a boycott of Michael's albums and music. Michael immediately dismissed their concerns and said that he felt very excited to meet the prime minister. A few minutes later we embarked in Michael's van and crossed town to the meeting.

しかしながら、彼の周囲の人間は、それはいいアイデアではなく、世界の多くの国々、特にアラブ国家では、シャロンが嫌われていて、マイケルと、アリエル・シャロンの写真は、彼の音楽アルバムの不買運動を含む、深刻な反動運動の口火を切ることになると言いましたが、マイケルは、彼らの心配を一蹴し、首相との面会に興奮して、数分後には、彼の車は、街を横切り、面会へと向かっていました。

The pictures of Michael greeting Prime Minister Sharon, along with me and our dear mutual friend Uri Geller, appeared throughout the world. Michael's professional staff were correct. The very next day websites called for a boycott of Michael's music saying that he supported Israel's "hated" leader. However, Michael did not care. Michael loved Israel and the Jewish people and he was thrilled to meet someone of Prime Minister Sharon's stature.

マイケルが、シャロン首相に挨拶した写真は、一緒にいた、私や、私たちの共通の親しい友人、ユリ・ゲラーと共に、世界中の至るところで現われ、マイケルのスタッフ達の意見は正しく、その翌日には、マイケルが、イスラエルの「嫌われもの」のリーダーを支援したと言って、彼の音楽のボイコットが、ウェブサイトによって始まりました。しかし、マイケルは心配することなく、イスラエルと、ユダヤの人々を愛し、他にも、シャロン首相のようなレベルの人間に会うことのスリルを楽しんでいました。



f0134963_8293723.jpg
Shmuley Boteach, Uri Gellar, MJ, ARIEL SHARON


Above everything else in our relationship, Michael was immensely sensitive to my family's Jewish observance and did everything to respect it at all times. When we would visit him at his homes and hotel suites, he would always order kosher food from local restaurants for us. He developed a taste for the cuisine of some well-known kosher restaurants and would often go there on his own after getting to know the restaurant through me.

私たちの交友において、もっとも強調したいのは、マイケルが、私たちユダヤ教の遵守をとても尊重してくれて、気を遣ってくれたことです。彼は、私たちが、彼の家やホテルの部屋を訪ねたときも、いつも私たちのために、地元のレストランから、kosher food(ユダヤ教の法に従って料理されたもの)を注文してくれましたし、彼は、kosher food レストランの料理法にも興味を深め、私から知った、いくつかの有名レストランに、ひとりで行くこともしばしばでした。

The speech I composed for him, based on our conversations, that was delivered at the Oxford Union in March, 2001 -- one of his crowning achievements where he received a standing ovation and which, unfortunately, has yet to be released by his estate -- was filled with Jewish references and wisdom. Michael told me to leave it all in. As a Jehovah's Witness he felt an immediate kinship and bond with the Jewish people and their teachings.

2001年の3月、オックスフォード大学で語られたスピーチ(スタンディング・オベーションを受けるような、彼の輝かしい業績のひとつだが、不運なことに、彼が生まれた地においては未だに発表されていない)は、私たちの会話をベースに、私が構成したので、ユダヤの知識や知恵で満たされていましたが、マイケルは、それをすべて入れたままにしておくように私に命じました。彼は、ユダヤの人々や、その教えから瞬時に「エホバの証人」との類似や、同様の契約を感じたようです。

Michael was an African-American male who told me that he and his family had experienced a great deal of discrimination in their lives. Surely it is adding insult to injury to accuse Michael of a racism that was never expressed through his actions and never felt in his heart.

マイケルは、アフリカ系アメリカ人として、彼も、彼の家族も、人生で多くの差別を経験したと私に語りました。彼の行動にも、心の中にも、一度もなかった人種差別主義によって、彼を非難することは、彼がそれまで受けてきた傷に塩を塗るようなものです。



Shmuley Boteach, "America's Rabbi," is the international bestselling author of 27 books and has just published Kosher Jesus. He is currently running for Congress to represent New Jersey's Ninth District. His website is shmuleyforcongress.com. Follow him on Twitter @RabbiShmuley.

シュムリー・ボアテック(Shmuley Boteach アメリカのユダヤ教指導者)は、27冊の国際的なベストセラーをもつ作家で『Kosher Jesus』は、彼の最新刊です。また、彼は、ニュージャージー州の9番地区の議会のために奔走中です。彼のウェブサイトは「shmuleyforcongress.com.」で、ツイッターは「@RabbiShmuley」をフォローしてください。

source : http://www.huffingtonpost.com/rabbi-shmuley-boteach

f0134963_8472795.jpg
Pop superstar Michael Jackson finds a quiet corner to sit in at Israel's Masada, the legendary last outpost of Jewish zealots who fought against the Romans nearly 2,000 years ago, in Masada, in this September 19, 1993 file


註1
◎mezuzah(メズーザー)画像検索
◎mezuzah(メズーザー)Wikipedia
トーラーに書かれている戒律が記された巻紙がケースに入っている。ドアなどに取り付けることが多く、結婚式などの贈り物としても、一般的。

註2
◎Carlebach(MJが訪問したシナゴーグ)
◎Celebrities Grace the Carlebach Shul’s Annual Dinner June 20th 2011, NY

(上記の記事)マイケルは、その訪問を「人生最高の日」と言った。
THE CARLEBACH SHUL has had many celebrity visitors before. Michael Jackson called his visit the best day of his life.

註3
2011年のパーティーでは『Black Or White』のSFに出演した、マコーレー・カルキン(Macaulay Culkin)も出席。
◎Carlebach Shul’s Annual Dinner June 20th 2011, New York City

父親役のジョージ・ ウェント(George Wendt)の姿も。
◎Carlebach Shul’s Annual Dinner June 20th 2011, New York City
◎ジョージ・ウェント、MJとの「ブラック・オア・ホワイト」ビデオ製作について語る

註4
エリ・ヴィーゼルの名言
There are victories of the soul and spirit. Sometimes, even if you lose, you win.
魂と精神の勝利というものもある。時には、たとえ負けても勝つのだ

f0134963_8552329.jpg
photo : Elie Wiesel


◎エリ・ヴィーゼル(Wikipedia)
Wikipediaの記述にある批判は、ノーマン・フィンケルシュタインの著書『ホロ・コースト産業』によって、大きな話題になりました。

◎[参考記事]『ホロ・コースト産業』について
イスラエル・ロビーが、米国政治にどれほど大きな影響を与えているかについては、やはり、ユダヤ人の2人の国際政治学者による『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策』に詳しく書かれています。

民間人の被害にいっさい躊躇することなく、大都市の生活の場を焼き払った空爆や、広島・長崎への原爆を「ホロ・コースト」と呼ぶどころか、自己批判することしか思いつかなかった、私たち日本人に、ユダヤ人同士の争いのことはわかりませんが、、、

シュムリーは、あくまで、マイケルは、ユダヤの良き友人で、その痛みを深く共有する人物だったことを説明しているだけなので、どうか誤解なきように。それに、MJが、イスラエル・ロビーの利益に偏ることがなかったということは、イスラム社会での絶大なマイケル人気や、彼の交友関係からも明らかですよね。

☆エリ・ヴィーゼルと、ノーマン・フィンケルシュタインの参考記事(私はフィンケルシュタインが本物なのかどうかは知りませんが…)
◎私の闇の奥「Jester としてのマイケル・ムーア」

☆エリ・ヴィーゼル財団の「Humanitarian Award」は、1994年はヒラリー・クリントン、2002年はローラ・ブッシュ、2007年はオプラ・ウィンフリーが受賞。

Elie Wiesel Foundation Humanitarian Award.
On May 20th,Oprah Winfrey was honored in New York by the Elie Wiesel Foundation with their Humanitarian Award. The award honors individuals who dedicate their time to fighting indifference, intolerance and injustice and whose accomplishments are consistent with the goals of the Foundation. Past recipients include First Lady Laura Bush in 2002 and Senator Hilary Clinton in 1994.

f0134963_12541989.jpg
photo : Oprah Winfrey, Elie Wiesel


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17624409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-06-06 22:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2012-06-06 23:33
kumaさん!いつもありがとうございます。「赤ペン先生」本当に助かります!ご指摘部分、とりあえず、直してみました。

>その先はもう一度丁寧に読ませていただいて、またお便りしてもいいですか。
めちゃめちゃ、助かります!!!(感謝×∞)

>MJがエリ・ヴィーゼルと会ってたなんて知りませんでした。

私も知らなかったので、「へぇーー」って感じで、、ホントMJは、様々な一流の人に会ってるのに、よく勉強してるからか、流されないなーって、知れば知るほど感心してしまふ。。

>Honoring the Child Spirit
この本も知りませんでした!日本Amazonで、予約販売になってて「Tape」と違って、今度の本は、シュムリーの余計な分析(苦笑)がないっていうレヴューを見たら、速攻で「ポチ」ってしまいました。(んとにもう!)しかし、こうして見ると、シュムリーは、この文章の中で、自分の本、3冊も宣伝してるんだなぁーーww
Commented at 2012-06-09 23:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2012-06-10 01:06
kumaさーーーーん「赤ペン先生」本当にありがとうございますっ!

>第5パラグラフの前半部分
>第6パラグラフ
>he was even prepared to suffer professionally for his love of Israel  は、「彼はイスラエルへの愛情のために、仕事の面で困難に出会うであろうことも覚悟していた」はどうでしょう。

見た瞬間「それだ!」って思いました。間違いのご指摘だけでなく、もっといい言い方ないのかなぁと、もやもやする部分にも、いつも素敵な「お答え」を教えてくださって、勉強になります!ご指摘を参考にして、修正してみました。

なんか、調子にのって、またもや歌詞和訳もしてしまったし、、今月の25日前後には、また2つくらい翻訳記事アップする予定なので、また、ご意見いただけると、すっごく嬉しいです。

>細切れでごめんなさいね。この後のことはまたお便りします。
ありがとうございます!(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-06-10 10:01
>これより後のエントリー「熊野でプルーストを読む」のオイディプスのくだりを読んで、MJを思いました・・・。

最初にアップしたときは、ここで「あの人のことを思い出した」と書いて、あとから、そこは消しちゃったんだけど、、、でも、kumaさんも共感してくれて、なんだか嬉しいです。

サッカーを観ているとき以外は、寝ても覚めても「MJ脳」のせいなのかと思ったのだけど「MJを神話として読む」のがマイブームなの。TIIのステートメントには、全然心が動かなかったのに、どうして、6月25日から、あんなに自分が動揺したのかが、ようやくわかりかけてきた気がして。。
Commented at 2012-06-10 11:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kuma at 2012-06-10 12:05 x
>どうして、6月25日から、あんなに自分が動揺したのかが、ようやくわかりかけてきた気がして。

ここの分析、楽しみです。
でも、サッカーお好きなんですよね。EURO2012も始まっちゃったことだし、寝不足が続くのではないでしょうか。お体気をつけて。
私も、知識は無いながら、サッカー観るのは昔から好きです。Euroがでレビで観られるなんて、今はすごいですよね~。

Commented by yomodalite at 2012-06-10 14:02
>Howeverではじまるパラグラフについての提案なんですけど、
dismissed their concerns は「彼らの心配を一蹴し」ではないかと。

確かに。これで首にしたんじゃ変ですね。了解っ!

>その2こ下のパラグラフ
Above everything else in our relationship, という部分は、
「私たちの交友においてもっとも強調したいのは」(MJが自分たちのユダヤ教遵守を尊重してくれたこと)、ということではないかと思います。

そうですね。relationshipが冒頭の方がいいですね。

>☆印の前のSurely it is ~ his heartの文.は、it=to accuse以下なので、「彼の行動にも心の中にも一度もなかった人種差別で彼を非難するということは、本当に、彼がそれまで受けてきた傷に塩を塗るようなものだったのです」ということだと思います。ただ、これでは表現古っ,って感じなので、訂正して下さい。(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-06-10 14:13
Surely… ホントだw 言われると、すぐわかるようなとこで、いっぱい間違ってるなぁ。。(恥)本当にお手数をおかけしてます(感謝!)それと「傷に塩を塗る」表現古ってことはないんじゃないでしょうか。言ってるのはシュムリーだし。。この表現じゃないと、MJの受けてきた「黒人差別」と、他のあらゆる「人種差別主義による非難」への批判が、できないような気がする(他に思いつかない)ので、これを採用させて頂いて、修正してみますね。ご確認くださいませ。(感謝×∞)

>>どうして、6月25日から、あんなに自分が…ここの分析、楽しみです。

分析なんて…ただもう「おのれの存在がいかに卑小なものであるかを思い知らされ」たってことを、「心の底から」思い知らされたってことに尽きるかも。

>サッカー観るのは昔から好きです
kumaさんが、サッカーまでお好きだったとは、、でも「EURO」は、リアルタイムに起きてまで観てないし、俊輔ショックと、311ショックで、以前と比べると、私のサッカーに賭ける時間は、だいぶ少なくなってるなぁ。。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-06-06 09:03 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(9)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite