この国の不都合な真実 ― 日本はなぜここまで劣化したのか?/菅沼光弘

読書界の「不都合な本」のブームは、もうピークを過ぎたと思いますが、都合がいいことは、一向に訪れる気配がないですね。

著者のことを知ったのは、06年に行われた外国特派員協会での講演動画を見てから。

◎[動画]日本の裏社会 公安 菅沼光弘

菅沼氏は、日本の裏社会(ヤクザ)は、6割が同和関係者で、3割が在日韓国朝鮮人と言われていますが、このときのスピーチでも、本書の中でも、著者は、差別感情を煽るわけではなく、彼らには、どちらかと言えば、暖かい眼差しをもっていて、むしろ危ないのは「アメリカ」だと言っておられるようです。

元公安調査庁という肩書きの著者から、米国への危機を教えられても、今の日本では、普通の主婦ですら「常識」の範疇だったり、しかも、それが、どんなに常識になっても、事態はその路線でしか進んでいかない。「危機感」は、日に日に増しても、改善への期待は遠のくばかり… という気分は、もはや、多くの日本人の感情ではないでしょうか。

◎オバマ大統領が、山口組の資産・数十億ドルを差し押さえ「断固として制裁を科す」

上記のニュースからも「丸わかり」ですが、日本で稼いだお金を、米国の銀行に預けるように仕向けられたあげく、ヤクザのお金は、米国にすべて没収され、被害者の日本人には返って来ない。

◎「振り込め詐欺の45億円、日本財団へ」金融庁決定(2012.5.28)

こういったことが、税金だけでなく、ありとあらゆるところで起きていても、日本では、なぜか、貧困層の格差に注目させられたり、中国との戦争を仕向けられていく動きも止まりませんね。。。

本書は、そういった日本の現在を少し過去に遡り、わかりやすく説明してくれているので読みやすく、理解しやすい本だと思いました。しかし、著者のもっとも大きな主張は「日本も本格的な情報機関をもつべき」ということだと思いますが、

◎防衛相に森本敏氏、民間初=農水相は郡司氏―野田再改造内閣(2012.6.04)

もう何かも遅すぎて、とても実現できそうに思えないなぁと思っていたら、米国の楯となって、中国と戦争しろという指令も、予測はしていても、着実に現実となってきて、、

菅沼氏の、日本の情報機関構想も、もはや、著者の「本と講演のネタ」としか思えないぐらいの毎日です。

◎[天木直人のブログ]菅沼光弘著「この国の不都合な真実」は国民必読の書だ

第一章 アメリカによる日本解体はいかになされたか
第二章 アジアの激動を日本はどう生き延びるか
第三章 アメリカはなぜ「ザ・ヤクザ」を標的にしたのか
第四章 世界で情報機関を持たない国は日本だけである
第五章 グローバリズムが終り、世界のプロック化が始まる
第六章 いまこそ日本は自らの歴史を回復しなければならない

f0134963_16443160.jpg

f0134963_16451524.jpg
f0134963_16461170.jpg
f0134963_16462372.jpg
f0134963_1646392.jpg
f0134963_1652321.jpg
f0134963_1652503.jpg
f0134963_16531242.jpg
f0134963_16533366.jpg
f0134963_16535181.jpg
f0134963_1654446.jpg

◎この国の不都合な真実(Amazon)
______________

「BOOK」データベースより)日本をこのままアメリカに潰されていいのか!アメリカは宣戦布告なき経済戦争を仕掛け続けてきた。TPPは日本に残された最後の砦を陥落させるための作戦にほかならない。そしていま「ザ・ヤクザ」までもが標的にされようとしている。世界的な経済恐慌のなかで最後のあがきを続けるアメリカに日本はどう対抗すべきか。日本が本当に自主独立した国家となるべき道を探る。徳間書店 (2012/1/28)





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17617985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-06-04 16:58 | 政治・外交 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite