大きな魚をつかまえよう/デヴィッド・リンチ

f0134963_14151750.jpg


2006年に出版された『Catching The Big Fish : Meditation, Consciousness, and Creativity』の日本語版がようやく出版!

サブタイトルは“リンチ流アートライフ∞瞑想レッスン”。現在は寝ても覚めてもMJのことばかり考えている私ですが、2009年より以前、もっとも好きだったアーティストが、デヴィッド・リンチ。

学生時代に夢中になったことで、もう思い出したくないということも多いのですが、リンチの『イレイザーヘッド』と、楳図かずおの『わたしは真悟』の衝撃は、今でも、そのときとまったく変わらず私を捉え続けています。

大きな魚をつかまえよう―リンチ流アート・ライフ∞瞑想レッスン

デイヴィッド リンチ/四月社



帯に掲載された、二人の超有名人からの推薦の言葉。

クリント・イーストウッド「私はこの瞑想法の熱心な支持者です。これは誰が持っていてもよい、ストレス解消ツールとして活用できる最適な道具です」

ポール・マッカートニー「困難な時代でも、瞑想は僕が安らぎの時を見つける手助けになった。若者が静かな避難所を心の中に育む手助けにもなるだろう」


f0134963_14165655.jpg
『Catching The Big Fish : Meditation, Consciousness, and Creativity』



本書の「はじめに」から。

アイデアとは魚のようなものだ。
小さな魚をつかまえるなら、浅瀬にいればいい。
でも大きな魚をつかまえるには、深く潜らなければならない。

水底に降りていくほど、魚はより力強く、より純粋になる。
巨大であり抽象的だ。そしてとても美しい。

私はある特別な魚を探している。私にとって大切なのは、映画に翻訳できる魚だ。
でも水底には、あらゆる種類の魚が泳いでいる。ビジネス向きの魚。スポーツ向きの魚。万物の用途に向いた魚がいる。

万物は一なるものを起源とし、最深部から浮かび上がる。
近代物理学ではこの領域を統一場と呼んでいる。

意識 ー 目覚めの領域 ー が広がるにしたがって、より深く根源へと降り立ち、
より大きな魚をつかまえることができる。

私は33年間もの間、超越瞑想プログラム ー TMと呼ばれる瞑想法 ー を実践してきたが、
これはわが映画と絵画、生活のあらゆる領域において中心をなすものだ。

私にとってそれは、大きな魚を探すために、より深くだいぶする方法なのだ。
本書では、こうした体験のいくつかをお話しよう。

(引用終了)


f0134963_14184953.jpg


実際に読んでみると、本書は瞑想の仕方を伝授するというよりは、これまでの作品や、アートライフについても多く語っているので、リンチファンには「マスト本」ですが、ファンじゃなくても「アート」に興味がある方なら、刺激をうける言葉がたくさんあります。

p120「セルフの光」から引用

マイナス思考とは闇のようなものだ。
でも闇って何だろう。闇を見つめても何も見えない。あるものがないだけ。
明かりを点ければ闇は消える。

陽光はマイナス思考を打ち消すことができない。
闇を一掃できても、マイナス思考は打ち消せない。
ではどんな明かりを点せば、陽光が闇を一掃するように、
マイナス思考をきれいさっぱり取り除くことができるだろう。
それは純粋意識である自己の光 ー 統一の光に他ならない。

闇と闘う必要はない。闇を恐れることもない。
明かりを点ければ闇は消える。純粋意識の光を点すんだ。
そうすれば、マイナス思考は消えてなくなる。

「そんなにうまくいくのかね」と疑う人もいるだろう。
あまりにうまい話だからね。でもこれはほんとうのことだ。

(引用終了)


f0134963_1420066.jpg

◎出版社による紹介
◎出版元「四月社」による取扱い書店一覧

☆現在、アマゾンでは好評につき「在庫切れ」になることが多い模様。
◎大きな魚をつかまえよう(アマゾン)

☆冒頭の推薦文は、退役軍人のためのリンチ財団のイベントに寄せられた言葉から。
イーストウッドの語りは4 : 15~
◎Clint Eastwood and Distinguished Veterans at David Lynch Foundation Event

☆悩める若者に瞑想推奨を目的としたリンチ財団主催の慈善ライブ
“Change Begins Within” Paul McCartney, Ringo Starr, Sheryl Crow などが出演
◎PAUL McCARTNEY & RINGO STARR - Change Begins Within 2009



f0134963_21102322.jpg

☆ディヴィッド・リンチのCM



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17500866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-05-04 14:35 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite