副島隆彦と行く、福島バスツアー[2]2012.4.29

f0134963_171493.jpg
photo : 2012.4.30



2012年GWの福島は、とてもとても桜がキレイで、田畑が荒れていました。

下記は、副島隆彦と行く、福島バスツアー[1]の続きです。


◎2012.4.29(日)

f0134963_13532659.jpg

f0134963_13545220.jpg


三春の旅館から、浪江町「長泥」へ。


f0134963_1340264.jpg

まだ出来て間もないように見える「山茶屋小学校」(閉鎖中)


f0134963_13404589.jpg



f0134963_13405796.jpg



f0134963_1341977.jpg


f0134963_13412016.jpg


廃校になっている小学校の近くには、様々な計測機械があり、それぞれの機械には「Climatec」「極地研」「京都大学 防災研究所 城戸由能」のシールが貼られている。

◎Climatec
◎城戸由能のホームページ
◎国立極地研究所



f0134963_13472420.jpg


そこから、少し離れたところにある、元は畑だったような場所の「土」を採取する。

ツアー参加者には線量が高い土が人気で(笑)、副島先生は「すぐ線量が落ちちゃうんだよなぁ」「事故直後のもっと線量が高い頃の土を保存しておきたかった」と言っておられました。私もジップロックに詰めて持ち帰り。せっかくなので食べられるような「ハーブ」の栽培にでも使用してみたいと思ってます。



f0134963_13475220.jpg

この場所の空間線量


f0134963_13481623.jpg


地面に近いところ(この機械はアルファ波も感知するもの。数値が高く出ることが多い)


長泥から飯館村へ。



f0134963_13492882.jpg


飯館村役場前の線量計

役場の周囲には、飯館村の素晴らしさがよく伝わるコミュニティセンターなどの施設が充実していて、休日にも関わらず、地域の老人住宅を巡回している住民によるパトロール隊や、そこを憩いの場にしている住民の方などが大勢おられました。



f0134963_13523939.jpg


素敵な施設だなぁと写真を撮ったところで、住民の女性2人に「どちらの団体ですか?施設内の撮影の許可は?」と質問される。その質問から瞬間的に、住民にとって、自分の家の中を撮影されたような気持ちなんだなぁと理解する。

「どういう目的で?」と言われたので、副島氏の原発事故直後からの活動や、福島の復興を心から応援していることなどを、手身近に説明し、住民の方が読むのに、1番相応しいと思った著書『放射能のタブー』をメモして渡す。

「福島の食材は危ないと思ってるんでしょ?」と言われるので、ここにいる人はそうではないと思っているから来ていると言うと「でもね、あなたたちは、たまに食べるだけでしょ。私たちは安全だって言うのも、危険だっていうのも複雑なんです」と言われる。「そうだよねぇ」と思う。

能で感じることも、身体で感じることも、それぞれの能力や感性の違いによって、感じ方もいろいろあると思う。ただ、遠くにいながら、自分が気持ちが悪いと思うことを、他人に押し付けようと一生懸命になり過ぎる人には、何か目的があるのか、もしくは、あまりにも自己中心的過ぎるように感じられる。

私個人は、数年前まで2年ごとに引っ越ししてきたほどの「引っ越し好き」なので、どんなに便利な場所であれ、生まれた場所から一歩も出ない人が1番理解できないし、以前の福島が好きだった人、ここに良い思い出がたくさんある人には、起きてしまった変化は堪え難いものかもしれないけど、でも、今の福島から「未来」が見えるひとも大勢いると思う。


飯館村から、最近、警戒区域を解除された「小高」地区(南相馬市の原発20キロ圏内)へ

◎福島県南相馬市小高地区(MAP)


f0134963_14114627.jpg

南相馬の「道の駅」。


f0134963_14122820.jpg


f0134963_14125797.jpg

海岸はずっと遠くなのに、津波の水がまだ全然引いていないところも多い。

◎[youtube]ほぼ一年前2011年4月9日の「小高」

映像内にある倒壊した建物は、現在もそのままのところも多く、
道路封鎖になる部分だけ片付けたという印象。


f0134963_14145030.jpg



f0134963_14151669.jpg


田村市にある「ひふみ農園」へ。

ひふみ農園とは何か?ということを説明したいんですが、実は私にもよくわかりません。

◎同月2012年4月にひふみ農園に行かれた方のブログ

日月神示は、明治生まれの岡本天明の自動書記によって降ろされたとされる神示で、1990年代から中矢伸一氏の著作により、一般にも知られるようになったもので、原文を解読し漢字仮名交じり文に書き直されたものを「ひふみ神示」と言い「ひふみ祝詞」という真言というか、神聖視される呪文があるらしい。

◎日月神示(Wikipedia)

中矢氏は、福島の地に大変なエネルギーを感じておられるようですが、私にはさっぱりわからないし、副島氏も「さっぱりわからない(笑)」とは言っていたものの『放射線怖い派』に相対するという点で意気投合し、新著では対談もされているようです。

◎中矢伸一氏の「今週の一言」福島を真に復興させるために必要なこと

岡本天明は、大本教の流れを汲んでいる人で、中矢氏の本も副島ファンよりは、ベンジャミン・フルフォードが好きな人にウケそうなんですが(フルフォード氏とも対談本あり)、私は外国産の「アセンション系」には興味がないのですが「大本」には若干興味があるので、この本は読もうかな。

◎「日月神示 立直しの「超」暗号」(アマゾン)

◎関連エントリ「日本を動かした大霊脈/中矢伸一」

4月29、30日の福島は初夏を感じさせる暑さですこぶる快晴、ときどき梅や、しだれ桜も多く見られ、福島全域で美しい桜が楽しめました。

◎東日本大震災の現場(26)福島県南相馬市小高。これが被災者の今年の「花見」
◎東日本大震災の現場(27)南相馬市小高地区の倒壊した文化財、織物工場
◎東日本大震災の現場(28)福島県南相馬市 新田川の桜並木で聞いた話
◎東日本大震災の現場(29)相馬市 中村城跡の桜
◎東日本大震災の現場(30)福島県三春町「滝桜」と「内出の桜」

三春町の「滝桜」は遠くから見てもめちゃめちゃ大きくて満開になるとハンパないです。しかも夜になるとライトアップされて…


f0134963_14155137.jpg

この日の晩は、旅館で先生を囲んで宴会。


翌日、最終日はいわき市へ。四倉海岸、Jヴィレッジ、小名浜漁港を見て、郡山駅で最終解散となりました。

Jヴィレッジ周辺は警戒が激しく、写真撮影も禁止。建物に損傷は感じられないものの、フットサルコートにまで東電の寮が建てられていて、もうサッカー施設には戻してもらえないような気がして、寂しい思いがしました。小名浜漁港はお土産が豊富なんですが、海鮮関係は築地より高くて、手が出ず。

それと、副女(副島ファンの女子のこと)の方とは、修学旅行のときより、いっぱいおしゃべりしたかもw




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17493444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2012-05-02 21:46 x
おかえりなさーい。
貴重な報告記事をありがとうございました。
この記事でおしえていただいたサイトなど拝見して、知らなかった人名や言葉にたくさんぶちあたりました。「こういう見方も、こういうデータも、こういう事実もあるのだなぁ」と考えさせられます。
それでも私はいまだ、「放射能こわい派」に入っていると思います。
ほんとのところがわかるまでは何年もかかるかも知れません。自分の身体で確かめてみるしかないかなと思うし、そうすることに抵抗はないのですが、もしもの時を考えると子供は巻き込めないな、と感じます。
yomodaliteさんが今回行かれた地区の方達のことを考えれば、いい気なもんだってことになるかも知れないのだけれど・・。
Commented by yomodalite at 2012-05-02 22:43
>もしもの時を考えると子供は巻き込めないな、と感じます。

そうだよね。参加者の女子は1人を除いて既婚者だったんだけど、全員子供いなかったの。やっぱりねーーって感じだったよ(笑)
Commented by jean moulin at 2012-05-08 17:25 x
ちょっと、ばたばたしてて「おかえり」言いにこれなかった・・。
なかなかすごいツアーだったね。無事でなにより。
「滝桜」の美しさは神々しいばかりだね。

じゃ、私もちょっと出かけてきます。 またね。
Commented by yomodalite at 2012-05-08 18:51
mourinさん、無事だったんだね!久しぶりにTVニュースを見てたら、竜巻は近くに山があると威力が弱まるとか、言ってて、mourinさんの住んでるとこには、確か、近くに山があったはず、、と思ってました。

でも、住んでる住宅地のすぐ側だったとは、、(胸がドキドキして、言葉が出ない)

なんだか、もう最近生きてるだけで、すごく「運がいい」って気分になること多いね。。

>じゃ、私もちょっと出かけてきます。

行ってらっしゃーーい!(無事を祈ってます)
Commented by Jean moulin at 2012-05-09 02:08 x
Yomodaliteさん 心配して下さってたのね、どうもありがとう。
取り敢えず無事です。
もともと夜更かしなんだけど、夜はコメントしないことのしてるの、ま、たまには良いかな。
東北の方達もそうだと思うし、茨城の方達も本当に土地や自然や生命性を大切に生活してらっしゃっると思う。
私はまったり瀬戸内育ちだから、いつもその真摯さと、愛情深さには、感動してしまうのよ。
だから、そういう方たちに、これ以上課さないでと、祈るばかりです。
でも、芸術(言葉が適当かどうかわからないけどね)の力を、信じてがんばるね。
て、明日、朝早い上に、成田まで運転なのにい
Commented by perc-kaori at 2012-05-13 18:06
あいかわらずの男前っぷり。さすがです。

知ったかぶりをしない
知ることから始めること、分からないから調べること、食べることは、同じ行動をしてても目的の根本が違うと意味合いが大きく違ってくるなと感じます。副島さんは気持ちのいい人ですね。そして改めて私には「他人事」なんだと思い知らされ、真摯にその言葉を受け止めねければって思ってしまいます。。

人の言葉を理解するのも「感覚」だけじゃダメですね。yomodaliteさんが英語なら私は音楽理論です。yomodaliteさんの比じゃないですが私もツールを理解するのに苦労します。日々恥かきまくりです。でも、知ったかしてた頃より「分かった」度が半端ないですね。

yomodaliteさんの姿勢、ホントに尊敬します。
Commented by yomodalite at 2012-05-13 22:57
perc-kaoriさん、はじめまして。。でも、、ma◎◎◎さんとして、以前からお世話になってる。。よね?(違ってたらゴメンね)

>人の言葉を理解するのも「感覚」だけじゃダメですね。
誰がみたって生まれつきスゴい感覚を持ってるMJが、これだけ本を読んでるんだからね、、

>副島さんは気持ちのいい人ですね。
うん。副島氏は、先生と言いたくなるような「先生」で「男前」で「天才」だけど、常識的で、尚かつ、すごく優しい方だよ。

20年間ぐらい、ずっと著作を読んできて、もちろん、他にもそーゆー人はいっぱいいるけど、本当に「教えられた」と思うのも、読んでてよかったと「心から」思うのも「No.1」だなぁ。同行した若い世代に、副島氏より先に「小室直樹」を読んでいたっていう人が多くて驚いたんだけど、帰宅後調べてみたら、小室本も最近復刊された本が多くて、焦っちゃった。おふたりは、ホント、時代の先を読む力も、時代を超える力もスゴいと思う。

>知ったかしてた頃より「分かった」度が半端ないですね。
だよね!「恥かきまくり」なんか「分かった」喜びに比べたらね!
Commented by perc-kaori at 2012-05-14 13:28
あーーー、、やらかしました。。(笑)

しばらくPCから離れてまして。最近香川でお世話になっている方の事書きたいと思って、実名でブログを立ち上げ、mari-koでのブログ記事も見直そうとか色々思ってたところで、こちらにお邪魔したら素敵なことが色々書いてあってコメしたくなり、何にも考えずコメしたら――(以下省略)――。。(汗)ログインしてたら名前書く欄でないんですね。。気が付かなかった。
戸惑わせてしまったでしょうか?すみません。
また時々お邪魔いたします。

副島さんのような方が「すごく優しい」ってところに感銘しました。上手く言葉にできないんですが。
Commented by yomodalite at 2012-05-14 20:02
>ログインしてたら名前書く欄でないんですね。

ふむふむ。。エキサイトブログ同士だと、そんなことが。。でも、今後、mari-koさんと呼べばいいのか、perc-kaoriさんにすべきなのか、ちょっぴり迷っただけで、正体はバレてるから(笑)

>副島さんのような方が「すごく優しい」
女子が8人に、男子40数人というような割合だったんだけど、女子は私を含め、美大出身が2名、音大出身(ピアノの先生)、自営業、元TV局2名、大学関係者、若い看護師さんを除くと、他は全員40歳以上で6名が既婚者で、8名全員子供なしという特徴があったのだけど、

男子は、インテリ、ラッパー、博打打ちまで(笑)、本当に年代も職業も見た目もバラエティに富んでいたんだけど、中年女子にも優しい男性が多くて、

そんなところも「先生」の影響からかなぁと、、、副島氏は女性へのメールでも「女の浅知恵が!」とか、書いちゃう方なんだけど、なぜか、それが許されるというか、「先生はちゃんと女性とつき合ってこられた方なんだなぁ」ということがわかるうえに、なんだかんだ、意外とモテてきた人だよねって、私以外の人も言ってた。
Commented by perc-kaori at 2012-05-14 23:31
>副島氏は女性へのメールでも~
予想を上回る文に、うっかり乙女としてドキっとしてしまいました。(汗)

>職業も見た目もバラエティに富んでいたんだけど
職業バラバラでも、内にあるものに共通するものがあるんですかね。。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-05-02 14:26 | 311関連 | Trackback | Comments(10)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite