Michael's Speech「Killer Thriller Party」

f0134963_13582010.jpg

「You Rock The World」と「Billy Jean」の類似性や、“MJと映画” について考えてたりしているうちに「マイケルとベリー・ゴーディー」というエントリを思いついたのですが、「マイケルとSONY」について、まだやるべきことをやってない気がしてきて・・・。

下記は、SONYデモのあと行われた、MJのスピーチの和訳です。


The SONY Demonstration
(2002.6.15)




Killer Thriller Party Speech
(2002.6.15)





(スピーチの和訳)

“I want to thank all the great, incredible talents. [DJ plays "Speechless"] As long as you play the music, I want to dance! [referring to Ernest Valentino] I want to thank this guy for a wonderful performance. I thought Bryton McClure was amazing, too. He’s a great singer as well.

信じられないぐらい、素晴らしい才能に感謝します。[会場では "Speechless" が流れている]君(DJ)がその曲をかけてくれている間、僕はダンスがしたくなった。[Ernest Valentino(MJのインパーソネーター)に]素晴らしいパフォーマンスをありがとう。Bryton McClure も同じく素晴らしかったし、彼は素晴らしい歌手だと思う。

◎[動画]Earnest Valentino - Medley (MJNI Killer Thriller Party, London 2002)

“Anyway, I first wanted to say, I really don’t like to talk that much. I really don’t. I prefer performing than talking.

とにかく、まず言いたいんだけど、僕はたくさん話すのは好きじゃない、本当に。僕は喋るよりはパフォーマンスがしたいんだ。

“I really want you to know what I say. The tradition of great performers: from Sammy Davis Junior, James Brown, to Jackie Wilson, to Fred Astaire, Gene Kelly.

僕が本当に知って欲しいのは、偉大なパフォーマーたちの伝統:サミー・デイヴィス・ジュニア、ジェームズ・ブラウンからジャッキー・ウィルソン、フレッド・アステア、ジーン・ケリー。

The story is usually the same, though. These guys worked really hard, and they’re crabbed, for the story ends the same. They are usually broken, torn and usually just sad, because the companies take advantage of them, they really do.

物語は大抵は同じさ。彼らは、ものすごく一生懸命働いて、そして頑固で気難しくて、同じような結末を迎える。彼らがズタズタに破壊され、ほとんどが哀しい結末を迎えるのは、会社が、彼らより優位にたっているから。まさに、そうなんだよ。

“And being the artist that I am, at Sony I’ve generated several billion dollars for Sony, several billion. They really thought that my mind is always on music and dancing. It usually is, but they never thought that this performer -myself- would out think them.

僕はアーティストとして、ソニーでやってきて、ソニーのために、数十億ドルを稼ぎだした。彼らは、僕は、いつも音楽とダンスをやっていると思っていた。それは、たしかにそうなんだけど、彼らは、このパフォーマーが “僕のことね” 彼らよりもよく考えてる(先回りして考える、彼らを出し抜く)なんて思ってもみなかった。

“So, we can’t let them get away with what they’re trying to do, because now I’m a free agent. I just owe Sony one more album.

僕たちは、彼らが好き勝手にやろうとしていることを見逃すわけにはいかない。なぜなら、僕は今フリーだから。ソニーとの契約は、もう一枚のアルバムだけだ。

It’s just a box set, really, with two new songs which I’ve written ages ago. Because for every album that I record, I write -literally, I’m telling you the truth- I write at least 120 songs every album I do. So I can do the box set, just giving them any two songs.

それは、ただのボックスセットで、僕がずっと前に書いた新曲が2曲だけ。なぜなら、毎回アルバムのレコーディングで、僕は少なくとも120曲は新曲を書いて、それは本当に、文字通り書いていて、どのアルバムもすべてそうしてきたから、そのボックスセットも、そのうちのどれか2曲を提供すれば完成する。

“So I’m leaving Sony, a free agent, owning half of Sony. I own half of Sony’s Publishing. I’m leaving them, and they’re very angry at me, because I just did good business, you know.

それで、僕は、ソニーの半分を所有し、ソニーとの契約からは自由になる。僕がソニーの版権の半分を所有しているのに、離れようとしている。だから、彼らは怒っているんだ。なぜなら、僕がすごく上手くやったからさ。わかるだろう。

“So the way they get revenge is to try and destroy my album. But I’ve always said, you know, art -good art- never dies.

だから、彼らは報復手段として、僕のアルバムを破壊しようとするだろう。でも、僕がいつも言ってきたように「良い芸術が死ぬことはない」

“And Tommy Mottola is a devil! I’m not supposed to say what I’m going to say right now, but I have to let you know this. [Points to crowd.] Please don’t videotape what I am going to say, ok? Turn it off, please. [Pausing, then changing his mind] Do it, do it, I don’t mind! Tape it!

それと、トミー・モトーラは悪魔だ。僕が今言おうとしていることは、言うつもりじゃなかったんだけど、でも、みんなには知って欲しい。[観衆の一点を指差して]今から言うことは録画しないでくれる?大丈夫?切ってくれるかな[休止した後、考えを変えて]いや、やっぱり撮って。大丈夫、録画して。

“Mariah Carey, after divorcing Tommy, came to me crying. Crying. She was crying so badly I had to hold her. She said to me, ‘This is an evil man, and Michael, this man follows me’. He taps her phones, and he’s very, very evil. She doesn’t trust him.

マライア・キャリーが、トミーと離婚後、泣きながら僕のところに来たんだ。彼女は、それは激しく泣いていて、僕は抱きしめてあげなくてはならなかった。彼女は言った「まるで悪魔のような男よ。マイケル、あの男は私を監視しているの」彼は、彼女の電話を盗聴したり、それはそれは邪悪で、彼女は彼のことをまったく信用できないんだ。

“We have to continue our drive until he is terminated. We can’t allow him to do this to great artists, we just can’t.

僕たちは、彼を終わらせるまで、攻撃を続けなくてはならない。素晴らしいアーティストに、彼がしたようなことを許すわけにはいかない。絶対に。

“I just wanted to let you know, I appreciate everything you’ve done, you’ve been amazing. “You’re so loyal! [Scanning the audience]. Diana, everybody, Waldo, all the people here! I love you all. You’ve been amazing, I love you!

僕は、ただみんなに知っておいて欲しい。みんながしてくれたことには感謝している。君たちには驚いた。本当になんて誠実なんだ。[観客すべてを眺めるようにして]Diana、みんな、Waldoも、ここにいるすべての人、全員を愛してる。君たちは素晴らしかった!

“But still, but still, I promise you, the best is yet to come!”

でもね、まだなんだよ。僕はみんなに約束する。ぼくのベストはまだこれからだからね!

Source : MJEOL Community

☆[関連記事]MJ's Speech「Against Racism」



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17402044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2012-04-08 22:42 x
コーポラティズムの概念がよく解っていない私ですが、このスピーチはすごく興味があります。MJの死後はじめてこのスピーチ聞いたときは、彼ってこういうこと言う、というか言える人なんだぁとびっくりしました。(2001年にNYでやったというスピーチ映像見たときもびっくりしましたが)
以下の部分はとても大事だと思うので、outthinkの部分に関しては提案をしたいと思います。

they never thought that this performer -myself- would out think them.
彼らは、このパフォーマー、僕のことだけど、が彼らよりもよく考えてる(先回りして考える、彼らを出し抜く)なんて思ってもみなかった
Commented by kuma at 2012-04-08 22:53 x
あとこの間yomodaliteさんが
>別にメディアにやられてたわけじゃなく、彼のことを知ってても、そう考える方が自然であって、彼の鼻の整形の方が、やっぱり「不自然」なんだよね(笑)
とコメントして下さったのに、私もつられて笑い、気が楽になりました。
>アメリカじゃなくても、彼が本物の「変人」であることは間違いないと思う。本当に彼は驚くほど「天才」だもん。
そうですよね。好きだからといって「変人」であることを否定することはないんですね。そこを否定して、自分にも解る範囲の「正常」の枠にはめてしまおうとすることは、かえって失礼かも。
それにしても、このときのMJの衣装はすごいなぁ。
Commented by yomodalite at 2012-04-09 08:27
>コーポラティズムの概念…

てへへ。私もヤバいかもしれないんだけど、でも、今更このスピーチとりあげるからには、多少目新しい言葉が必要かな?っていうのと、陰謀よりは、コーポラティズムの方がいいかなって… 陰謀論がここまで盛り上がったのは、欧米人がS☆☆Yという会社に潜在的に「恨み」を持っていて、それは「ユ☆☆の陰謀」と近いものでしょ?日本人から見れば「モータウン」だったはずのS☆☆Yが、海外進出によって成功し、苦闘していく歴史と、MJの歩みも重なってるし、、、

そんなわけなので、素晴らしいご提案!すごく感謝です。ホントにいつもありがとーーーー!このまま訂正に使わせてくださいませ。(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-04-09 08:47
>2001年にNYでやったというスピーチ…

これはカーネギーでのスピーチのこと?kumaさんから見て、それの「ベスト和訳」ってある?もしくは、なんかもうひとつだなって思うことなどはありますか?

>自分にも解る範囲の「正常」の枠にはめてしまおうとする…

http://goo.gl/P1JSh の本に、「天才」が受け入れがたい最大の理由は、それが理屈にあっていないからで、科学=真理は、最初は確かでもなく、理屈にも合わない。しかし、その正しさを確信できる根拠を見つけたら、まっすぐにそれを主張するのが天才です。という文章を読んで、MJを思い出したんだけど、、よくある天才のイメージは「気まぐれ」のようなことが多いけど、MJは「哲学」を超えるぐらい「神」のこと考えてるから、後からよくよく考えてみると「破綻」がないのは、いつもMJの方だったりするんだよね。

>それにしても、このときのMJの衣装はすごいなぁ。

その衣装も、当時のお気に入りデザイナー、アンドレ・キム氏のことも大嫌いだったんだけど、今や、そこにすら「筋」が通っていたことがわかってきたような気がする(泣)
Commented by kuma at 2012-04-09 22:09 x
実は、先にNYでのスピーチといったとき私が思っていたのは、ハーレムでのもので、行われたのは2002年の7月9日でした。2001年だと思ってしまったのは、前に動画を見たとき、途中から聴衆が撮っているビデオの映像になるのですが、そのビデオ画面の下に出ていたのが9,7,2001という表示だったんです。失礼しました!このときのスピーチの訳として私が知っているのは、以下に載っているものです。
http://ommo.blog.ocn.ne.jp/1970blog/2009/06/post_8c13.html

2001年のカーネギーでのスピーチについては、以下の方が訳してらっしゃるのがいいなと思いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sakusohito/6993518.html
>アンドレ・キム氏のことも・・・わかってきたような気がする(泣)
「おばさんの一張羅」に関するyomodaliteさんの考察、気になります~。
Commented by yomodalite at 2012-04-09 22:36
あ、そっかぁ、ハーレムの方ね。あのレイシズムスピーチは明日アップする予定。これは英語テキストがもうひとついいのが見つからないんだけど、ほぼ同じ内容で2001年7月6日と9日の2回スピーチしてて、それぞれ、今一な感じなんだけど、英文が見つかったの。また、お手数おかけしますが、チェックしてね。

和訳教えてくれてありがとう!ハーレムの方はほとんどすべての人が、このブログで引用してるサイトを参照してるんだけど、元サイトが閉鎖されてて残念なので、テキストと、動画をあわせて見て、完成に近づけるといいなあって思って。。。

>「おばさんの一張羅」… 気になります~。

その予定はない!(笑)
Commented by kuma at 2012-04-09 23:34 x
そうなんですか。残念・・・(笑)

ところで、ここに書くのはちょっと場所が違うのかも知れませんけれど、yomodaliteさんとjean moulinさんの着物についてのやりとりを拝読して、PCの前でうっとりしてしまいました。
じつはこちらブログにお邪魔し続けていたのは、MJのことが主なんですけど、着物もすごく好きだからなんです。といっても、いいもの持ってる訳じゃなくて、着方も適当です。でも、自分が着るのと同じくらい、他の方の着物姿を見るのが好き。だから、他の方が着物について話しているのを聞くのも読むのも好きです。
yomodaliteさんのお着物のコーデを見て「こういう方かなぁ」と想像したり、moulinさんのを見て、「じ」の部分が大きいというmoulinさんがこれを着ると・・・なんて、もう妄想爆裂です。
私、男性だったら、「あぶないおっさん」だわぁ。
失礼しました。お二人とも、お気を悪くされないといいのですが。
Commented by yomodalite at 2012-04-10 10:47
Wowーーkumaさんも、着物仲間だったの(嬉)moulinさん、あと「一押し」みたいだから、kumaさんも、なにかアドヴァイスを是非、あちらのコメ欄に!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-04-08 21:39 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(8)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite