中野京子と読み解く名画の謎ーギリシャ神話篇/中野京子

やらなきゃいけないことが増えれば増えるほど、全然やらなくてもいいことばっかり夢中になって「やりたいことが増えてしまう」… そのせいか、3月は参考書的に読んだ本も多いのだけど、その「当たり率」も高すぎるため… もう何一つ記録できないという、残念な自分にイライラして、ますます、やらなきゃいけないことに手がつかない(涙)

この本は、落語をギリシャ神話のように活用したいという野望の前に、まずは、ギリシャ神話をおさらいしなきゃいけないということに気づいて読んだ本。

中野京子さんの「名画本」はいつも面白いのだけど、以前よりさらに、絵画へのツッコミ筋力が増していて、ベテラン芸人の「芸」を見るかのような読み応え。手頃なサイズに、カラー写真も満載。旅行のお供にもいいかも。

◎オリュンポス12神(Wikipedia)

内容紹介/日本人の苦手ジャンルとされてきたギリシャ神話の名画を、西洋文化史に精通する著者が痛快に読み解きます。そうして見えてくるのは、ゾクゾクするほど面白い神々と人間のドラマ。主神ゼウスや、愛欲の女神ヴィーナス、太陽神アポロン、処女神ディアナなど、そうそうたる神々が繰り広げる全20篇の物語を収録。

・オリュンポス十二神の関係がひと目でわかる「神々の系譜」付き
・紹介する名画は30点。すべて美しいビジュアルにこだわったオールカラー
・主要絵画24点は、引き出し線を使って詳細に解説

◎ゼウスをめぐる物語
レンブラント『ダナエ』/クリムト『ダナエ』
ティントレット『天の川の起源』/
セスト(ダ・ヴィンチ模写)『レダと白鳥』
クーザン『エヴァ・プリマ・パンドラ』

◎ヴィーナスをめぐる物語
ティントレット『ウルカヌスに見つかったヴィーナスとマルス』
ジェローム『ピグマリオンとガラテア』
スプランゲル『へルマプロディトスとサルマキス』
レーニ『アタランテとヒッポメネス』
ルーベンス『ヴィーナスとアドニス』
ボッティチェリ『春(プリマヴェーラ)』

◎アポロンをめぐる物語
ブロック『ヒュアキントスの死』・ティエボロ『ヒュアキントスの死』
プッサン『人生の踊り』
ルーベンス『パエトンの墜落』/伝ブリューゲル『イカロス墜落のある風景』
コロー『冥界からエウリディケを連れ出すオルフェウス』/モロー『オルフェウス』

◎神々をめぐる物語
レイトン『ベルセポネの帰還』
ベラスケス『織り女たち』
プーシェ『水浴のディアナ』
カラヴァッジョ『ナルシス』
ゴヤ『運命の女神たち』
ティツィアーノ『バッカスとアリアドネ』

◎参考サイト「ぼちぼちクライミング&読書」

◎中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇(アマゾン)





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17378480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-04-02 19:08 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite