Long live the King of Pop

f0134963_182318.jpg
Joe Vogel がTwitter で紹介していた “Star Tribune” の記事です。(“Star Tribune”はミネソタとミネアポリスで発行されている米国の日刊紙らしい)記事中にヴォーゲル氏も登場し、ネルソン・ジョージの名前も発見してしまったので、つい、うっかり訳してしまいました。

いつもどおりヤバい英語力を駆使していますので、気になる点は、どうか遠慮なくご指摘くださいませ。



Long live the King of Pop
Article by: JON BREAM , Star Tribune Updated : March 25, 2012 - 9 : 05 AM


In death, Michael Jackson's shattered career was reborn - including the country's No. 1 tour, coming to town this week.

その死は、マイケル・ジャクソンの損なわれていたキャリアを再起させました。今週、街にやってくるこの国でNo.1のツアーもそのひとつでしょう。

We saw the funeral. We saw the posthumous movie "This Is It." We saw the manslaughter trial of his doctor. The King of Pop may be dead, but he is coming to an arena near you. "Michael Jackson: The Immortal World Tour" is the No. 1 tour in the music business right now, grossing more than $1 million a night -- doing bigger business per city than current outings by Kanye West/Jay-Z, Bob Seger and Brad Paisley.

私たちはその葬儀を見て、死後に創られた『This Is It』という映画も観て、彼の医者の故殺裁判も見ました。キング・オブ・ポップは確かに亡くなったのかもしれません。でも、彼は私たちの近くの会場にやって来ます。「マイケル・ジャクソン: イモータル(不滅)ワールドツアー」現在の音楽業界の中でNo.1のツアーで、一晩で100万ドル以上の総収益をあげる、カニエ・ウエスト、ジェイZ、ボブ・シーガーやブラッド・ペーズリーのツアーよりも大きなビジネスです。

Even though it's sort of a Michael Jackson concert without Michael, what Cirque du Soleil's "Immortal" -- which lands at Target Center Tuesday and Wednesday -- underscores is that Jackson remains immensely popular nearly three years after he overdosed.

それがたとえ、マイケルのいないマイケル・ジャクソンコンサートで、シルク・ド・ソレイユの『イモータル』であっても(火曜日と水曜日にターゲットセンターに於いて)それが強調するのは、薬物の過剰服用後3年ほど経っていても、ジャクソンが依然として非常に人気があるということです。
f0134963_18264484.jpg
"He was strangely reborn as a pop star with his death," said filmmaker and culture critic Nelson George, who has written two books on Jackson.

「彼は、その死によって奇妙な再起を果たしました」映画製作者で文化評論家のネルソン・ジョージ(ジャクソンについて2冊の本を書いている)は言う。

The pop icon certainly has been boffo box office of late. In October, when Forbes last calculated the income of dead musicians, Jackson was the runaway winner, having grossed $170 million in the previous year. Elvis Presley ranked second with a mere $55 million.

そのポップ・アイコンは、確かに最近、大きな売り上げをあげています。10月にフォーブズが、亡くなった音楽家の収入を計算したとき、ジャクソンは前年に1億7000万ドルの総収益を上げ勝利しました。2位のエルビス・プレスリーは、5500万ドルにすぎません。

Since Jackson's death on June 25, 2009, at age 50, his estate has pulled in more than half a billion dollars, including $60 million upfront for the movie "This Is It" and $250 million for a 10-project record deal with Sony, according to Forbes.

フォーブスによれば、2009年6月25日にジャクソンが50歳で亡くなって以降、彼の遺産財団は5億ドル以上を稼ぎました。そこには「This Is It」という映画の前金6000万ドルや、ソニーとの10のプロジェクトの取り引きによる2億5000万ドルが含まれています。

"Michael is Elvis," said George. "In terms of iconography of cult Americana, Michael is replacing Elvis in so many different ways."

「マイケルはエルヴィスなんです」とジョージは言います。「マイケルはエルヴィスとは異なるものの、同じぐらいのカルト・アイコンとなり、多くの意味でエルヴィスにとって代わりつつあります」

For one, Jackson is taking over for Presley in Las Vegas, where the rock 'n' roll king reigned for decades. Cirque du Soleil has announced the December closing of its "Viva Elvis" show after less than two years in Vegas and the opening of a resident production of "Immortal" there in 2013 to complement its Beatles' show, "Love," which opened in 2006, and the touring "Immortal."

そのひとつとして、ジャクソンはプレスリーのラスベガスでのキング・オブ・ロックンロールの座を引き継ぎました。シルク・ド・ソレイユは、べガスで始まってから2年に満たない「ビバ!エルヴィス」を12月に閉鎖し、2013年まで「イモータル」をべガスでの常駐のショーにし、2006年に始まったビートルズの「LOVE」を補うツアーとして「イモータル」ツアーを行うと発表しました。

Because he didn't tour in the United States between 1988 and his death, "Immortal" has become something of a surrogate Jackson tour.

1988年から彼が亡くなるまで合衆国では彼のツアーは行われなかったので「イモータル」ツアーは、ジャクソンのツアーの代理となったのです。
f0134963_23415854.jpg
"You cannot ever replace Michael," said Jackie Jackson, second oldest member of the Jackson 5.

「誰もマイケルに代わることはできません」ジャッキー・ジャクソン(兄弟の中で2番目の年長で、ジャクソン5のメンバー最年長)は言います。

But Jackie said that his brother always wanted to work with Cirque du Soleil so, of course, the Jacksons cooperated on "Immortal," which features Michael's voice on more than three dozen songs.

しかしながら、ジャッキーは、彼の兄弟はシルク・ド・ソレイユといつも仕事をしたがっていたと言い、ファミリーは「イモータル」にマイケルの3ダースを超えるヒット曲を提供することに協力しました。

Directed and written by Jamie King -- Madonna's longtime collaborator -- the show doesn't follow a story arc, per se, but rather jumps around chronologically and features images of Jackson's career from his bejeweled glove to Bubbles the chimpanzee.

ジェイミー・キング(マドンナの長年の共同制作者)が監督・脚本をつとめ、そのショーは年代順にエピソードを追うというよりも、彼の煌びやかな「手袋」から、チンパンジーの「バブルス」まで、ジャクソンの経歴をイメージさせることが特色になっています。

Big abroad

The 1990s were not kind to Jackson, especially in the States. To be sure, he scored hits, including the chart-topping "You Are Not Alone" and "Scream," a duet with his sister, Janet. But he was rocked by negative headlines, including allegations of child molestation, that made him a concert attraction non grata.

1990年代、特にアメリカはジャクソンに親切ではありませんでした。彼は “You Are Not Alone" や、妹のジャネットとデュエットした "Scream" など、ヒットチャートのトップに君臨しましたが、児童性的虐待を含むネガティブな報道により、それは揺るがされました。

Except abroad. On two separate tours -- to support the "Dangerous" and "HIStory" albums -- he performed in Europe, Africa, Asia, the Middle East, Oceania, South America and Mexico. The only U.S. venue was Hawaii. All the concerts were sold out.

ただし、外国では、彼は2つのツアー(デンジャラスとヒストリーというアルバム販売促進のため)を、ヨーロッパで行い、アフリカ、アジア、中東、オセアニア、南アメリカとメキシコ、米国でただひとつの会場となったハワイ、その全てのコンサートが「売り切れ」になっています。

"He's truly a global icon," said choreographer/dancer Travis Payne, who worked with Jackson from 1992 to 2009 and collaborated on "Immortal." "You could just feel a definite tonal shift in the way that he was perceived and received in all parts of the world."

「彼は真のグローバル・アイコンです」と振付師でダンサーのトラビス・ペインは言います。(1992年から2009年までジャクソンと仕事をし「イモータル」でも恊働している)「彼が世界のすべての地域で知られ、受け入れられている、その方法や進化をあなたは感じるでしょう」

After experiencing teen stardom with the Jackson 5 in the 1970s, Jackson became a solo sensation in the 1980s, peaking with "Thriller," which became the best-selling album of all time (29 million sold in the States alone) and led to a then-record seven Grammys.

1970年代、ジャクソン5や、ティーンエージャーのスターの地位を経験した後、ジャクソンは1980年代に「スリラー」でピークに達し(それはすべての時代のベストセラーアルバムで米国だけで2900万の売り上げがあった)、また、そのレコードは7つのグラミー賞にも結びつきました。
f0134963_23202657.jpg
"He came of age artistically at a time when his art could be presented in a multimedia way," said Joe Vogel, a Huffington Post critic who wrote the 2011 book "Man in the Music: The Creative Life and Work of Michael Jackson."

「彼は、マルチメディアのあらゆる方法で表現できるようになったとき、彼はアーティストとして成人になりました」と、Huffington Post の批評家で、2011年に『Man in the Music:マイケル・ジャクソンの創造的な生活および作品』を書いたジョー・ヴォーゲルは言います。

"We don't just hear the songs. There's the visual representation. There's the music videos. There's the dances. There's the iconography. There's the costumes. There's this whole web of things that we associate with Michael Jackson. People can relate to it in all those different ways. It's very multi-sensory."

「私たちはただ歌を聴くだけではありませんでした。そこには視覚描写があり、ミュージックヴィデオがあり、ダンスを伴ったアイコンとして、そこにあるコスチュームもすべてマイケル・ジャクソンに関連していて、人々は、それらをすべて異なる方法で多重知覚させられます」

It wasn't just those big-budget music videos with wow-inducing visual effects that hooked fans. While Elvis rocked and the Beatles made us sing along, Michael made us dance. He may have recorded more enduring dance tunes -- from the Jackson 5's "I Want You Back" to his own "Billie Jean" -- than any other pop figure.

ファンを捉えたのは、多額の予算が投じられ視覚効果を備えたそれらのミュージック・ヴィデオだけではありませんでした。エルヴィスがロックし、ビートルズが私たちを共に歌わせた一方で、マイケルは私たちにダンスをさせました。彼は多くのダンスヒット曲をレコーディングしました。ジャクソン5の "I Want You Back" から、彼自身の作曲による "Billie Jean" まで、多くの異なる形でです。
f0134963_23214546.jpg
Emil Campbell, who used to be a Jackson impersonator in a Las Vegas revue, still turns to Jackson songs with his popular Twin Cities show band the R Factor whenever he wants to be starting something on the dance floor.

エミール・キャンベル(ラスベガスでジャクソンのインパーソネーターをし、2都市で行われた有名なショー「R・ファクター」でも、彼はそれを始めるときに、ジャクソンの有名な曲によってそこをダンスフロアにしていた。

"His music just makes you want to move," said Campbell, who has been performing Michael's music professionally for four decades.But Michael didn't just do dance tunes.

「彼の音楽は人を動かすんです」40年間マイケルの音楽を専門にパフォーマンスしているキャンベルは言います。「マイケルはダンス曲をやっただけじゃないんです」

"There's a depth and a range to his catalog," Vogel said. "He has ballads, he has protest songs, he has anthems, he has dance music. He did gospel, he did R&B, he did pop, he did hip-hop. It's not a traditional pop catalog where all the songs are love and relationships."

「彼のカタログは、広くて深いのです」ヴォーゲルは言います。「彼にはバラードがあり、プロテストソングがあり、賛美歌であり、ダンスミュージックであり、ゴスペルで、R&Bで、ヒップホップでもある。それは歌が、すべて恋愛に関係しているといったお決まりのポップソングではありません」

As inventive as his music may have been rhythmically and sonically, it was clearly mainstream and had mass appeal.

彼の音楽は独創的でありながら、リズミカルな音質をもち、それは明らかに主流を行くもので、多くの人々に支持されました。

"It was clean and wholesome. It wasn't nasty music," explained singer Campbell. "You didn't have to worry about who is in the room. Your grandma could listen to it."

「それは、クリーンで健康的で、不快な音楽ではありませんでした」歌手のキャンベルは説明します。「部屋に誰がいるか心配する必要がなく、おばあちゃんだって聴くことができたんです」

But what may have been the strongest magnet for Michael was the way he made you feel when he was onstage.

でも、マイケルがもっとも強く惹き付けたのは、彼のステージのやり方だったでしょう。

"He was the ultimate performer," said superfan Emily Clifford, 24, of Minneapolis, who regularly wears leather jackets like those her idol wore in the "Thriller" video and on the cover of his album "Bad."

「彼は史上最高のパフォーマーです」スリラーやバッドのアルバムで彼が着用していたようなジャケットを常に着ている、24歳のミネアポリスに住むスーパーファンのエミリー・クリフォードは言います。

Yes, he tried to be bad, but, as Clifford puts it, "he had the ability to have androgynous sex appeal that was both innocent and addicting." With that image, that dancing and 16 No. 1 songs, he became a demographic dream -- the first pop star to truly transcend race, genres, generations and geography in his appeal.

彼は“Bad”になろうとしました。でも、とクリフォードは続ける「彼は両性の性的魅力を持ち、そこには中毒性がありましたが、誘惑したということにおいては、彼はまったくの無実です」それはイメージです。ダンスと16ものNo.1ソングををもつことで、彼は大衆の“夢”になったんです。彼は、人種も、音楽のジャンルも、世代も、地理も超越した最初のポップスターですから。
f0134963_18341544.jpg
Dark side disappeared

Death obliterated the dark side of Jackson -- the child-abuse allegations, the plastic-surgery misadventures, the curious marriages -- and the masses focused on why we appreciated him in first place.

ジャクソンの死は、その多くの暗黒面を消し去りました(児童虐待疑惑、美容整形の失敗、奇妙な結婚)。そして私たちが1番に彼の真価を認めていた点に、焦点が当てられるようになりました。

Released four months after his death, "This Is It" -- the highest-grossing concert movie ever, with $261 million -- was a crucial component in restoring his reputation. After years of his reclusiveness, the documentary showed the world what few had seen before: Michael as a person, his humanity and creativity in full view of the cameras. He taught moves to dancers, shared ideas with the show's director and created sounds with his mouth and fingers to instruct his musicians.

彼の死から4ヶ月後にリリースされた『This Is It』(これまでで最も高い収益、2億6100万ドルをあげたコンサート映画)は、彼の評判を回復する大きな要素であり、ドキュメンタリーとして彼の数年間の隠遁生活から、わたしたちが見ていなかったものを世界に示しました。すべてのカメラに写っている、マイケルの人間性、および創造性。彼はダンサーにも、ショーの監督にも共有する考えを伝え、音を創り、また彼は、その口と指の両方でミュージシャン達にも教示していました。

"He'd take as much time as was needed to get it right," choreographer Payne said of Jackson's creative process. "It was always about trying to top the last idea. That didn't necessarily mean bigger. It definitely meant different. It needed to have some surprise element. He wanted [the dancing] to be entertaining enough that it catches people's eye but simple enough that they want to get up and do it."

「彼は正しいことを成すために、多くの時間を使います」振付師のペインはジャクソンの創造的な過程について語りました。「それは、常に最終的なアイデアが、よりよくなるために重要なことで、異なるアイデアや、意外な要素をもつ必要がありました。彼はダンスに、人目を惹きつつも、自分も踊りたくなるような、シンプルさも求めていました。大きなエンターテイメントになることだけを望んでいたわけではありません。

The movie chronicles the preparation for Jackson's ballyhooed comeback This Is It show -- 50 nights at London's O2 Arena in 2009-10 -- that never happened. Thus, for younger fans who never experienced Jackson in concert, this "Immortal" tour is it.

2009年10月、O2アリーナで行われることのなかった50夜の『This Is It』ショーを、映画では、ジャクソンの派手に宣伝されたカムバックの準備を時系列で記録している。したがって、ジャクソンのコンサートを経験していない、より若いファンにとって、この「イモータル」は、そのツアーとも言える。

Matt Webster, 28, of Minneapolis, has a $175 ticket for Target Center. Actually, he had plans to see Jackson live for the first time in London three years ago.

ミネアポリスに住む、28歳のマット・ウェブスターは、ターゲットセンターの175ドルのチケットを持っています。彼は、3年前ジャクソンのライブを見るために、ロンドンで初めて見るという計画を持っていました。

"He was the coolest guy in the whole world," said Webster, who, at age 5 or 6, started break-dancing to his parents' cassette of the "Bad" album. "I was looking at paying $800 to scalpers for a This Is It ticket in London. Now, if you can't have Michael, you might as well have the most grandiose tribute to him. Cirque du Soleil is the one thing that can do him justice. I'm super-pumped."

「彼は全世界で最もクールな男でした」とウェブスターは言います(彼は5歳か6歳で両親の「BAD」のカセットからブレイクダンスを始めた)。私はロンドンでの『This Is It』のチケットのためにダフ屋に800ドル払っている人を見ました。 マイケルを失った今は、彼に対するより大きな賛辞をおくりたいと思っている。シルク・ド・ソレイユは、彼を公平に評価することのできるひとつです。私はとても楽しみにしています。
f0134963_1836317.jpg
King vs. King

Jackson's estate out-earned Elvis' by more than 3 to 1 last year, according to Forbes magazine, which ranked the top earners among dead pop stars (Source : Forbes, Oct. 2010 - Oct. 2011)

昨年のフォーブス誌による亡くなったポップスターの稼ぎ手ランキングによれば、ジャクソンの遺産管理財団が得たのは、エルヴィスの3倍以上。

1 マイケル・ジャクソン:1億7000万ドル
2 エルヴィス・プレスリー:5500万ドル
3 ジョン・レノン:1200万ドル
4 ジミ・ヘンドリックス:700万ドル
5 ジョージ・ハリスン:600万ドル

Source : http://www.startribune.com/entertainment/music/143974986.html

(引用終了)

シルク・ド・ソレイユが公演をするというのは、MJがツアーを行ったことのないような地方でも、MJに触れられるという意味もあるんだなぁと、この記事を読んで思いました。

それと、あらためて思ったけど、、デンジャラスも、ヒストリーもアメリカでは(ハワイ以外)コンサートやってないんだよね。(米国は海外のことにはまるで興味のない国民性だから、この時代のMJが世界中で人気を得ていたことを大勢の米国民はホントに知らないのかも)

ニュースは「創る」ものだけど、特に「自由に創っていい」ということに業界内ではなっている「芸能ニュース」の場合、地元に利益をもたらしそうな場合は、これぐらい「イイ内容」にすることも出来るけど、

ニュースがないにも関わらず、日々、芸能ニュースを作らなくてはならない新聞とか雑誌にとって、こどもからおばあちゃんまで話題にできる、MJの天才性は本当に便利でしかたなくて、それが、この時期の「ネガティブ記事」の氾濫を招いちゃったんだなぁ。。


☆[追記]MJJ FANCLUB.JP オフィシャルブログに和訳が掲載されましたので、
そちらも参照くださいませ。

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17359766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2012-04-04 21:16 x
>デンジャラスも、ヒストリーもアメリカでは(ハワイ以外)コンサートやってないんだよね
私も、Man In the Musicを読んでいて、このことを改めて気付かされました。著者は、80年代の後半にはすでにMJは「変人」としてアメリカ社会で疎外され始めていた、というように述べています。自分の感覚としてはMJが「やられ」始めたのは、クリントンの就任式典で歌った93年あたりからかなというのがあったので、Dangerousツアーでさえ両ツアーがアメリカ本土でなかったことがちょっと意外だったんです。
Commented by yomodalite at 2012-04-04 23:34
わたしも重い依存症で、長い間、MJ病棟に入院しているにも関わらず「あらためて」思うってことが多くて、しょっちゅうびっくりするんだけど、、

kumaさんだけに、あえて言うけどw、「肌の色をかえることも実現可能」というのも、別にメディアにやられてたわけじゃなく、彼のことを知ってても、そう考える方が自然であって、彼の鼻の整形の方が、やっぱり「不自然」なんだよね(笑)

私は散々彼の顔を見て、彼が言うように、その回数も「2回」で、別に中毒でもなければ、醜形恐怖でもないことも確かで、そんな普通の人が「病気」で陥るようなことを、彼はまったく別次元の考えでやってのけてるんであって、別に、アメリカじゃなくても、彼が本物の「変人」であることは間違いないと思う。本当に彼は驚くほど「天才」だもん。

彼が「黒人」だったことは、彼が世間的に共有できる唯一の「共通点」だったのに、それすら、そうでなくなってしまったことも、やっぱり「病気」ではなくて、自分が神の創造物だからと考える方が、彼にとっては「自然」なことなんだよね(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-04-04 23:37
子供の頃から大衆的に愛されるという才能もあったけど、その方法すら学んでしまって、その人生を通して、あまりにも自分と同じような人がいないからこそ、誰からも愛されることを望んでしまうという「天才」としても、これまでにない特異なパーソナリティーの持ち主なんだけど、

その天才のモチベーションには、どうしても「前人未踏」というキーワードが必要で、だから、ブカレストとか誰も行かないようなところに行っちゃうんだよね。普通のアメリカ人は海外旅行にすら興味ないのにさ。

「You Rock My Would」のSFについて考えてたら『Billie Jean』のSFの妖気に気づいて、そのことをもう一度説明したいって思ってたんだけど、書き始めたら、もっとスゴさがわかってきて、もうホントにメンドクサイ(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-03-28 18:44 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(3)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite