Cute Michael Jackson Stories [1]

f0134963_9304070.jpg

Michael's humour のコメント欄で、Meeさんに教えてもらったページにあった「MJのほのぼの話」をちょっぴり... いつものように、ヤバい英語力を最大限駆使した訳なので、お気づきの点は、どうか遠慮なくご指摘くださいませ。

今回、紹介するのは、

MJが、黒人ラッパーたちと幅広く親密な交際をしていたことをご存知の方も多いと思いますが、あの裁判のあと、王族たちと優雅なひとときを過ごしていると思っていた中東の旅でも、こんな会話があったんだ....みたいな内容。

会話の中の一人称「俺」は、G-Unit's のDJ、WHOO KID です。


f0134963_9324169.jpg

◎[動画]G-Unit's DJ WHOO KID loves Alizé!

では、

DJ Whoo Kid on meeting Michael, 23rd March 2006

G-Unit’s DJ Whoo Kid recently spent some time in the Persian Gulf nation Bahrain. He originally connected with Bahrain’s royal family after he was recommended to DJ their parties by mutual contacts, including the Prince of Monaco and Seif Khadafy, son of Libyan dictator Moammar (“They’re huge G-Unit fans,” the DJ said).

G-ユニットのDJ、Whoo Kid は、最近、ペルシャ湾国家バーレーンで時を過ごしました。彼は、バーレーンのロイヤルファミリーと接点を持ち、彼らのパーティーで、DJに推薦された後、モナコ王子や、リビアの独裁者でカダフィの息子(彼らは、G-ユニットのビッグファンだとDJは言っている)にも紹介された。

In Bahrain, he also met Michael Jackson. Whoo Kid recalls the beginning of his day with Bahrain’s royal family and their guests as follows:

また、バーレーンで、彼はマイケル・ジャクソンにも会いました。Whoo Kid は、バーレーンのロイヤルファミリーや、ゲストたちとの一日の始まりを思い出します。

I (saw) Michael Jackson sitting by the pool sippin’ lemonade. They didn’t tell me he was going to be there — I didn’t even expect Michael to be in the country. So I’m like ‘F—ing Michael Jackson is here, sippin’ lemonade!

俺は、マイケル・ジャクソンがプールサイドに腰掛けてレモネードを飲んでいるところを見たんだ。俺は彼がここにいるなんて聞いてなかったし、マイケルがこの国にいることすら予想もしていなかった。そう、あの、マイケル・ジャクソンが、ここに座ってレモネードを飲んでるなんてさ!!!

I said ‘What’s up?’ to him and acted like I wasn’t groupie-sized. I gave him respect for all the sh– he did, but in my head I was going crazy.

俺は「どうだい?」なんて、彼に、ちっちゃい奴に見えないように言ってさ、俺は、彼をとことんリスペクトして過ごしてたんだけど、俺の頭の方はどんどんクレージーになっちゃって。

He said, ‘I’m just chillin’ ‘ — he actually said ‘chillin’!’ F—ed my head up, so I walked away from him. Everybody gave him his respectful space.

彼は「すごく癒された」って、彼はマジでそう言った「癒された」ってね。俺は自分のク☆頭に気をつけて、彼からそっと離れた。誰もが彼には敬意を表して、そっとしておくだろう。

During his trip, Whoo Kid was also invited to dinner with the sheik and his guests. Apparently people were giving Michael Jackson too much space as there was an empty seat next to him, which other guests were evidently too intimidated to fill.

その旅の間、Whoo Kid も、首長やゲストたちと夕食に招待されましたが、見たところ、マイケル・ジャクソンには他の人々より多くのスペースが与えられていて、彼の隣は空席でしたが、他のゲストたちは恐れをなしているようでした。

Finally Michael, who’d laughed at some of Whoo Kid’s jokes earlier in the day, called the DJ over to sit with him:

すると、マイケルは、その日最初に笑った Whoo Kid の冗談が気に入ったので、DJを呼んで、彼を隣に座らせました。

Mike was like, ‘Whoo Kid, come sit over here’. I was like poinng! He was supposed to be there for like 45 minutes; he stayed for five hours.

マイケルは「Whoo Kid、こっちに座わらない?」って感じで、俺は“poinng!”(?)って感じさ。たぶん、彼は45分間ぐらいと考えてたと思うけど、、5時間は居たね。


f0134963_1033534.jpg



f0134963_1041999.jpg
この人も G-Unit のメンバーかな?



We was talking about Eminem. He was like, ‘Is Eminem really retired?’ I forgot that Eminem totally cremated him in one video (‘Lose It’), but (Michael) didn’t even bring it up. Then he started talking about 50.

俺たちはエミネムについて話したんだ。彼は「エミネムは本当に引退したの?」とか... 俺は、エミネムが彼を 「Lose It」のビデオで侮辱したことなんか忘れてたけど、マイケルも全然そんな感じじゃなかった。それから、彼は50Cent(50はラッパーの「50Cent」のことだと思う)について話しはじめた。


f0134963_950497.jpg

◎[動画]◎50 Cent - Keep It Movin New (Official Video)


I gave Michael some music. I’m trying to get him to do a song with 50. It will be like the Jackson Two or something.

俺はマイケルと50セントで組んで一曲やってもらおうと思ってたんだ。(ジャクソン5ならぬ)ジャクソン2(50セントの本名はCurtis James Jackson III)って感じでね。

During the dinner the two also talked about food and fashion

ディナーの最中には、その「ジャクソン2」のこととか、食べ物や、ファッションのことも話してさ。

They had a whole lamb they brought to the table and Mike was eating some weird vegetables. I told Mike, ‘You better get up on some of this lamb.’ I said, ‘Let me get some of this lamb ass.’ The Sheikh was dying (laughing) because I kept saying ‘lamb ass.’

テーブルにはまるごと子羊が乗ってて、マイケルはなんか変な野菜とか食べてたんだけど、俺はマイケルに「あなたも、この子羊を食べた方がいい。そして、俺にもこの子羊のケツを与えてくれ」って言ったんだ。バーレーンの首長は死んでたぜ(笑)俺が何度も「子羊のケツ」だなんて言うから。

You can’t talk to Mike all fluffy like everyone does. I got him to curse — he said ‘sh–.’

そんな風にマイケルに話せないだろう。マイケルには、誰もがみんなふんわりした感じで話すからさ。俺は彼に悪態をついたよ ー 彼も「ク☆っ」 とか言っちゃってー

I told him he needs to cut his a hair, get some million-dollar earrings, get a million-dollar watch and take all them spaceship clothes off.

俺は、彼に言ったんだ。お前は髪を切るべきだし、100万ドルのイヤリングをして、100万ドルの腕時計もして、あの宇宙服みたいなやつとか、全部脱いじゃえよ。って

He said, ‘I have to change my whole outlook.’ He said he was trying to work out.

マイケルは「ぼくは自分の外観を何もかも変えなきゃならないな」って、彼はヤル気だったね

(おしまい)

Source : Cute Michael Jackson Stories


そういえば、、、明らかに私服がカッコ良くなったのは、これ以降だったかも....wそれと、1年後の2007年には「100万ドルの腕時計」もしてた!(笑)


f0134963_10415973.jpg
この写真だけ、2007年の「VOGUE」撮影現場



f0134963_1072163.jpg
MJの右側の人は Tyson Beckford


f0134963_1095942.jpg
John Legend も招待されてたみたい。


f0134963_10113840.jpg
2006年のバーレーンのMJはキュートな表情が多いなぁ....



このバーレーンでのディナーについては、MTVの Tim Kash も語っています。


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17252822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-03-02 10:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2012-03-02 11:58
kumaさん、とてもとても励みになるコメントありがとうございます。

>ブログを読ませていただくようになったのは、マイケル・ジャクソンの死後、「しまった!、自分はバカだった」と思ってからです。

私も「しまった!、自分はバカだった」という思いが一番強くて....『THIS IS IT』の初日の晩のことを思い出すと、今も涙が溢れてならなくて、その感情をどう表現していいのか、未だにわからないのですが、たぶん、それは「感動した」というよりは「打ちのめされた」という言葉の方が近いと思うんです。

私は音楽ファンだったので、彼の生前から少なくともオリジナルアルバムの曲はすべて聴いていましたけど、その後「Man In The Mirror」という曲のメッセージが、自分にこれほど突き刺さってくるとは、思ってもみませんでした。(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-03-02 11:58
(つづき)日頃から、自分のアホ具合に唖然とすることが多い私が、今更「自分はバカだった」なんて、ショックを受けるなんて、変な話なんですけど、、

でも、どんなに頭のイイ方でも、MJのことを知って「自分がバカだった」と思う人と、繋がっていきたいと思っています。

>これで伝わるのか分からないままに送信しています。

私もいつもそうなんです。何度も書き直して書いたのに、送信後も何度も書き直したくなりますし.... でも、kumaさんのコメントはとても励みになりました!これからも、気軽にコメントくださいね。それと、次回は、是非「公開」でよろしくお願いします!
Commented at 2012-03-02 15:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-02 16:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-02 16:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2012-03-02 17:41
kumaさん、またまた嬉しいコメントありがとうございます!ホントにどうして「非公開」なの?(ぐっすん)藤永先生も喜んでくれそうな内容なのにぃ.... そう言えば、先生は今、MJの動画見まくってるみたいですよ!(許可なくバラしちゃった...ごめんね、先生!)

>取り上げてらっしゃる本を慌てて読んだりしています。いずれも、こちらで教えていただかなければ、手に取り損ねたであろうというものです。

もうっ、kumaさんたら、私の「嬉しい」ポイントを直撃するの上手すぎるぅーー!書いてくださったコメント全てが「ツボ」です。本当にありがとうございます。

>「自分の言ったことに対して、自分で突っ込みを入れていくことが思考することだ」

全然間違ってないです。今もそう思ってます。でも自分だけで「ツッコミ」を入れてるだけじゃ疲れるし、誰かから突っ込まれるのを、いつも待ち望んでいるし、その方がより面白いと思っています(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-03-02 17:42
>yomodaliteさんが載せてくださっている、Whoo Kidさんが話している部分の英語で自分なりに「こうじゃないかなぁ」と思う箇所があるのですが、申し上げても良いですか。

というわけなので、そういうご指摘も本当に感謝ですし、「大好物」です!(笑)険悪にならずに、お互い自由に「こうなんじゃないか?」「いや、そうじゃないんじゃないか」とか言い合えるような場を目指したいので、それこそ「公開」で、是非お願いします。
Commented by kuma at 2012-03-02 21:07 x
またまたのkumaです。
なんだかもう、初対面の方に近づいて、15㎝間隔のところでしゃべっているような厚かましさなんですけど、「大好物」というお言葉に甘えて書いてしまいますね。

まず、MJが言ったという"chilling"という言葉なんですけど、chillには「リラックスする」という意味があるので、たぶんMJは「ゆっくりしてるんで」とか「くつろいでるんだ」といったのではないでしょうか。

I’m trying to get him to do a song with 50. It will be like the Jackson Two or something.の部分は、「おれはマイケルと50セントで組んで一曲やってもらおうと思ってたんだ。(ジャクソン5ならぬ)ジャクソン2って感じでね」かなと感じました。(つづく)



Whoo KidさんがMJに”take all them spaceship clothes off”
Commented by kuma at 2012-03-02 21:21 x
(つづきです)
あと、take all them spaceship clothes off. は、「あの宇宙服みたいなやつ(ツアーで着てたいわゆる金パンといわれるものとか、ScreamのSFでのコスチュームを指すのでしょうか)を脱いじゃえよ」かな。
また、最後のhe was trying to work out.のwork outは「やり遂げる」とか「身体を鍛える」の意味にとった方が、次なる「マイケル・ジャクソン」を創造しようとしていたMJに合っているのではないかと思ったりしました。
的外れだったらごめんなさい!です。
Commented by yomodalite at 2012-03-02 22:27
kumaさーーん、ナイスです!ホントにご指摘ありがとうございます!

確かに、Jackson Two は「Jackson 5」をもじったというのはポイントかもしれませんね。でも、、50セントとのコラボだとすると、、、ちなみに、次の行の dinner the two also の「two」は、Jackson Two の「two」でいいと思います? 

clothes off は、完全にミスですね。その部分は、そこは早々に書き直しますね。

chillの「リラックスする」は私もその意味だと思ったのですが、Whoo Kid との会話で、そういう気分になったという意味だと思ったので「癒された」でいいかなぁと思ったのですが、、ちょっと違う??(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-03-02 22:37
それと、work out これは私もすごく迷って、一番指摘があるかなと思っていたところなんですが、、Whoo Kid が言っている外観は、ファッションのことなので、それをやり遂げるということは、買物に行って、服を買うみたいなことで、広い意味でチャレンジしに行くということを「街に出てった」みたいにしてみたんだけど、、これは Whoo Kidもジョークだし、MJの have to change my whole outlook も「やり遂げる」系だと、本気ぽくなっちゃうので、少し外してみたんですけど、、、ダメ(笑)?

それにしても、この F—ing とか、sh– とかばっかりの文章を見て、どうして、自分がこれを訳さねば!と思ってしまうのか、自分でも不思議だったんですけどw、、kumaさんのような上品な方が、興味をもってくださるなんて、、ホントすっごく嬉しいです。
Commented by kuma at 2012-03-02 23:14 x
chillinはやっぱり「(特に何もしていないよ)のんびりしてるんだ」のほうが、そのあととつながりやすいかなと思います。my head up,の意味が今ひとつわからないのですが、 so I walked away from him.は「だから俺は彼から離れたんだ」Everybody gave him his respectful space.は「だれもが彼には敬意を表してスペースを与える(つまりそっとしておく)だろ」となるのではないかと。
work outはこの際「身体を動かす」という意味ではどうでしょうね。洋服だけでなく肉体も鍛えて、「外見を変える」ということで。

Commented by kuma at 2012-03-02 23:21 x
残念ながら、私はちっとも上品でないんですよね。かなり下品方面に針が振れています。(お見せできないのが残念です)
だから、MJの「品」に惹かれちゃうのかも知れません。
初めてのコメントをするなり一気の言いたい放題を、受け止めて下さってありがとうございました。今日は良い日でした。
Commented by yomodalite at 2012-03-03 08:00
>残念ながら、私はちっとも上品でないんですよね。かなり下品方面に針が振れています。

私の拙い訳へのご指摘に、本当に気を遣っていただいたうえに、ご親切にいろいろ教えてくださる方が「下品方面に針が振れてる」だなんて…もう素敵すぎます!!! それに、こーゆーF—ing な文章の場合は、特に頼もしいです。

色々悩んだところをフォローしてくださって、ホントに書いてよかったって感じです(完全な「正解」が見たい方には迷惑だと思いますが…)

私は「ヤバい英語力」には自信があるのでw、教えてもらえる方がウレシイですし、自分が間違ってても全然傷つかないので、今後とも遠慮なくビシビシ指摘しちゃってくださいませ。

ご指摘部分、なるほど!とか、ああ、そっかぁとか、うーーんとか、すごく刺激されました。でも、たぶん、すでにご存知かと甘えてしまいますが、なんせ出来の悪い生徒なうえに、なかなか納得しないとかw、納得するまでしつこいw というところがあって、、、それで、もう少し質問させていただけないでしょうか。

ただ、今日は午前中からバタバタしていて、夜は「落語」に出かけるので、明日になるかもしれません。よろしくお願いします!LOVE。
Commented by kuma at 2012-03-04 00:50 x
私も朝から出かけていて、今yomodaliteさんのコメントを拝見したところです。出かけていたのは富士山の近くで、今日はすごい霧でした。まさに「五里霧中」。緊張しつつ運転してきました。
頭の中が「五里霧中」ってこともよくあります。そんな私でよければ、また「あーだこーだ」と考える作業に参加させて下さいね。
Commented by yomodalite at 2012-03-04 10:26
>「あーだこーだ」と考える作業に参加させて下さいね。

kumaさん、ホントに感謝です!1つ前のコメント書いたときは、もっと「五里霧中」だったんですけど、落語から帰宅して考え直したら、ご指摘部分について、大分「納得」できたので(本当かw)本文さらに書き直しました。

私は自分の「ヤバい英語力」に自信があるにも関わらず、英語を読んで思い描いた「映像」の方には「妙な自信」があって、それと合わないと日本語にするときにいじり過ぎるところがあるようです(反省)

http://www.radioplanet.tv/dj-whoo-kid-in-bahrain/

上記でも、Whoo Kid はこのときのことを話していて、私がまだ「50」が「50セント」なのかどうかよくわからなかった(今回の訳で一番時間がかかったとこ!)ときに発見し、参考にしたものです。

最初、プールサイドでMJを発見したとき、ものすごく興奮して緊張したものの ‘What’s up?’ をかましてみたら、MJはそーゆー態度を生意気とは思わず、むしろ好意的に受入れてくれたので、どんどん調子に乗っていたら(going crazy)MJから「‘I’m just chillin’」と言ってもらえた。んじゃないかと思ったんですね。(つづく)
Commented by yomodalite at 2012-03-04 10:33
で、ここの「‘I’m just chillin’」を「のんびりしてるんだ」〜「そっとしておく」にしてしまうと、この場所で、Whoo Kidが、MJを笑わせてたことが、表現できないような気がして。。

それで、Whoo Kid の「so I walked away from him」の状況もよくわからなかったんですね(上記ではプールサイドの時点で、MJが Whoo Kid から離れがたかったことがより表現されているので)でも、Whoo Kid も「満足した」というか「ほっとした」ので、そろそろ離れた方がいいかなということで「納得」してみたんですけど、、ダメ?

>my head up,の意味が今ひとつわからないのですが、

head up 私も自信ないんですが(これに限らずw)、頭上に限らず「注意して」とか「気をつけて」という意味で、で、ここの「F—ed」は、自分に向けてだから、my head I was going crazy に対してかなぁと。。

それで、、こんなにお世話になって、甘えすぎかと思うのですが、上記サイトの文章中の(MJとTyson Beckfordの2枚の写真の間)

When Mike gave me the phone back, 50 ended the conversation with a big “Fuck you!” and hung up! LOL!

ここ、kumaさんなら、どう訳されます?
Commented by kuma at 2012-03-04 21:53 x
yomodaliteさん
私の拙い提案に対していろいろ考察して下さってありがとうございます!その考察を読ませていただくことで、私も自分の頭の中を整理したり、考えを再検討したりできるんですよね。それは、うれしいことです。

で、訳なんですけど、私の思うに以下のようでないでしょうか。
「マイケルが俺に電話(受話器)を返してくれたとき、50セントはでかい声で『(急にマイケルなんてビビんじゃねぇかよ)くたばっちまえ!』って言って電話を切ったぜ。

くたばっちまえ!はちょっとオーソドックスかな。「バカか、おまえ」「やりやがったな、くそったれ」等でも良いかも。
Commented by yomodalite at 2012-03-04 23:20
kumaさん、ホントにホントにありがとうございます!!!!!

ヤバい訳の中でも、特にヤバかったところを、的確に指摘していただいて、本当に助かりました!なんか面白そうだったので、訳してみたかったんだけど、自分には難易度が高くて... 最初からそう思ってはいたものの、kumaさんに教えてもらった後、もっとそう思いました。

(急にマイケルなんてビビんじゃねぇかよ)←このカッコ書きも、ああ、そう言えばいいんだぁって感動しました!私なら、これを思いつくのに5時間ぐらいかかったかも。ていうか5時間かけて、結局MJが“Fuck you!”って言ってることにしてたかもw(ありうる!w)

「‘I’m just chillin’」のところは、現状でなんとか大丈夫ですか?

ホントに目一杯お引き止めしちゃって、疲れさせちゃったのではないかと申し訳なく思ってます。私はこーゆーのを発見する暇はあるんだけど、日本語にする能力は乏しいので、フォローしてくださる方がいてくださると「セイフティネット」のように安心して、また懲りずにチャレンジしてみようと思います。

kumaさんも、かなりお疲れになったかもしれませんが、また、今後ともお付合い頂けることを切にお願い申し上げます(多謝!)
Commented by kuma at 2012-03-06 01:03 x
yomodaliteさん

chillingはそれで大丈夫ではないでしょうか。

私、ちっとも疲れたりしませんでしたよ。言葉のことを考えるのは結構好きなんです。MJに関わるものならなおさらのこと。
それに、前回お送りした部分ですけど、訳だと思えば思いっきり悪態がつけて、ちょっと爽快でした。「もっと今っぽい悪態にした方が良いのかなぁ。どんなのがあるかなぁ・・・」とか考えたりして。
楽しませていただきました。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-02-29 10:21 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(21)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite