Privacy(Michael Jackson and J.D. Salinger)

f0134963_22224211.jpg
J.D. Salinger



『Man in the Music』の著者、JOE VOGEL(Joseph Vogel)氏のサイトで、彼の知りあいの女性芸術家が書いた興味深い文章が紹介されていたので、苦手な英語力を駆使して訳してみました。気になる点やお気づきの箇所は、どうか遠慮なくご指摘くださいね。

(うっかり者なうえに、今イチわかってない部分も結構あったり...アップしてから何度も訂正することも毎回なので...本当にご注意くださいませ)


Souce : http://www.joevogel.net/privacy-michael-jackson-and-j-d-salinger


Privacy (Michael Jackson and J.D. Salinger)
by JOE VOGEL on JANUARY 7, 2012


The following essay is written by Constance Pierce, an enormously gifted artist who happens to be a good friend of mine.

次のエッセイは、コンスタンス・ピアース(私の友人で、非常に才能のある芸術家)によって書かれています。

She has kindly allowed me to publish this evocative piece about two eccentric, but brilliant artists: Michael Jackson and J.D. Salinger. I hope you will enjoy it as I did.

彼女は、とても個性的な2人の優れたアーティストである、マイケル・ジャクソンとJ.D.サリンジャーについて書いた文章の一部を公表することを許可してくれました。私は、皆さんが、私が楽しんだように感じてくれることを望みます。

PRIVACY

Michael Joseph Jackson was a ritual healer whose charismatic presence magnetized and unified millions of souls for good through his global performances. Yet he also was, and still is, an intensely polarizing presence.

マイケル・ジョゼフ・ジャクソンは、そのカリスマ的な存在で人を惹き付け、彼のパフォーマンスによって、何百万人の魂を導くことのできる「ヒーラー」でした。しかし、それはまだ顕在化されているとは言えません。

An immense amount of shadow material was projected upon him by a myopic culture. As an artist, he became skilled at bearing this shadow, aesthetically processing it, and thrusting it back to us (as maligned artists often do) as art.

彼が被った膨大な量のネガティブ情報は、近視眼的な文化によるものです。アーティストとして、彼はこれらの影の部分を利用することに熟達し、美学的に処理し、私たちにアートとして強く押し返しました(中傷されたアーティストがしばしば行うように)。

Another enigmatic genius of twentieth century culture also left the stage in 2009. He was 91, and unlike Michael, died of natural causes. He had escaped his own meteoric rise to fame nearly a half century ago, seeking out a small enclave of anonymity where he fiercely protected his privacy against all odds.

もうひとりも20世紀文化の中で謎の多い天才で、彼も2009年に亡くなりましたが、彼は91歳で、マイケルとは異なり自然死でした。彼は半世紀も前から、自分への急速な評価の上昇を避けるように、小さく孤立した領域を見つけ、猛烈な抵抗にもかかわらず、プライヴァシーを保護しました。


f0134963_2231116.jpg


When approached about doing his autobiography, J. D. Salinger reportedly responded by saying he had borne all of the exploitation and loss of privacy he could possibly bear in one lifetime. Michael had expressed similar sentiments in the prescient lyrics of “Privacy” on his final album ironically titled “Invincible.”

伝えられるところによれば、自叙伝の計画で彼にアプローチしたとき、彼は人生において、プライヴァシーのすべてを利用され、失ったと答えたそうです。それと同様の感傷は、マイケルの「インヴィンシブル」(無敵)と皮肉にも名づけられた最終アルバムの、“プライバシー” という曲の中で、予知されたかのように表現されています。

◎Privacy(訳詞 マイケルの遺した言葉)

Like Salinger, Michael seemed to make his own bid to abandon his fame during the last decade. In the end, though, that seductive spotlight switched on one more time and he heroically (meant with mythic import) leapt into that light … and to his own death.

サリンジャーのように、マイケルは最近の十年間、自分の名声を放棄しているように見えました。しかしながら、結局、彼は英雄として、もう一度、その誘惑的なスポットライトの光の中に飛び込みました....それも自らの死によって

I wish that he had sought, as Salinger did, a place of stubborn anonymity so that he might have enjoyed several decades of personal and artistic privacy. I can so easily conjure an image of Michael finally at ease in his majestic personal library, the way it was evocatively photographed for the pages of “Architectural Digest.”

私は、サリンジャーが求めたように、彼が頑強に匿名の場所を求めていてくれたら、彼が個人的にも芸術的にも、数十年間のプライバシーを楽しめたのにと思います。私は、彼の荘厳ともいえるプライヴェートな図書館で、気楽に最後のときを過ごすマイケルのイメージを、容易に想像することが出来ます。そういった生活を想起させるような写真は「アーキテクチャル・ダイジェスト」のページに遺されています。



During his lifetime, he collected more then twenty thousand books for this library, with a leaning toward art, literature and history. Some of his greatest inspirations were the poetry of Emerson and Wordsworth, and the sculpture of Michelangelo.

彼の一生で、その図書館に集められた2万冊以上の本は、芸術、文学および歴史への傾向を示し、彼の最も大きなインスピレーションのいくつかは、エマーソンとワーズワースの詩や、ミケランジェロの彫刻にありました。

◎エマーソン(ウィキペディア)
◎ワーズワース(ウィキペディア)

As mentioned by so many already, Michael was a voracious reader. One of his very last secret late night outings was to an L.A. bookstore.

すでに、大勢によって言及されているように、マイケルは貪欲な読書家でした。彼の深夜の秘密の外出は、ロスアンジェルスの書店に行くことでした。


f0134963_2246093.jpg
Neverland Ranch “Architectural Digest”



I also imagine him spending a good part of his future engaging in the production of his classical compositions. At the time of his death he was collaborating with renowned American conductor David Frank to arrange and produce these orchestral pieces with a major symphony in London in 2010.

私は、彼が自分の古典的性質を生かして生産に従事したであろう未来をも、想像することができます。彼はその死の直前にも、アメリカの指揮者として高名なデービッド・フランクとのコラボにより、オーケストラによる交響曲を、2010年にロンドンで発表するつもりだった。

Although, surprising to some, Michael listened to classical music all of his life, and had often expressed that his favorite composers of all time were Tchaikovsky, Debussy and Copeland.

いくらか驚くべきことではありますが、マイケルはその人生の中で、クラシック音楽をよく聞き、好きな作曲家がチャイコフスキー、ドビュッシーおよびコープランドであることを、しばしば表現していました。

[関連記事]Michael Jackson's interest in classical music

A curator associated with the Louvre recounted Michael brining his children to visit the renowned Paris museum. The curator described him as being so deeply moved by his favorite works of art, that he was brought to tears in front them.

ルーブル美術館の学芸員は、マイケルが彼のこどもたちを連れて、有名なパリの博物館を訪れ、彼がお気に入りの作品の前で涙を流していたときのことを、詳しく述べています。

As a painter and sketchbook artist himself, and an avid collector of art, there were reports that Michael – after retiring from the stage – was planning to realize a life long dream.

マイケルは、彼自身、スケッチブックアーティストでもあり、画家や、芸術の熱心なコレクターとしても知られていましたが、ステージを退いた後に、そういった夢を実現することは永年の夢で

Months before his death, as the story goes, his daughter was encouraging him to commence serious study in art history through the educational wing of one of the renowned New York fine art institutes.

彼の娘は、彼の死の数ヶ月前、そういった人生のために、有名なニューヨーク美術研究所のひとつである教育機関を通じて、美術史の重要な研究を始めるように、彼を激励していました。

There were also several reports that we would see Michael involved in film directing, producing, and acting in future years. He had already been engaged in a film project depicting the last days of one of his favorite writers, Edgar Allen Poe, where he had planned to play the lead role himself. There were so many avenues of his rich creative life that remained ahead of him.

そこには、彼が今後、映画に関連した制作をすることについても、いくつかの報告があり、彼の好きな作家のひとりであるエドガー・アラン・ポーについて、彼が自ら主演を計画していたことなど、彼の豊富なクリエイティブへの手段が記されていました。

Above all though, I envision him growing older while relishing the richness of thousands of days with his three children who were everything to him. However, Michael desired to offer a last serious retrospective of his finest work through a series of live concerts in London prophetically entitled “This Is It.”

とりわけ、私は彼のすべてだった3人の子どもたちと幾千ものときを過ごし、彼が年をとっていったことを思い描きます。しかし、マイケルは、予言的に「これがそうだ」と名づけられたロンドンで一連のライブを通じて、彼の最も素晴らしい仕事の最後の盛大な回顧展をすることを望みました。

His decision to engage in such an ambitious project at the age of fifty was, in large part, for his children. They were born in recent years, and had never seen him perform live before.

50歳のときに、そのような大プロジェクトを行うことを決定したのは、大部分は彼のこどもたちのためでした。彼らは、彼のパフォーマンスを実際に見ていませんでしたから。

In the end he had said “It’s all for love…” He died, at the careless hands of another, amidst his final act of creation.

彼は最後に言いました。「すべては愛のため....」彼は最後の創造の途中で、別の不注意な手によって亡くなりました。

According to New York Times writer Charles McGrath, J.D. Salinger once told his publisher he was “good and sick” of seeing his photograph on the dust jacket of “Catcher in the Rye” and he demanded that it be removed.

ニューヨークタイムズのライター、Charles McGrathによって、J.D.サリンジャーは、以前、彼の出版社に『ライ麦畑でつかまえて』のブックカバーから「良くも悪くも見える」彼自身の写真を削除するように要求したと伝えられました。


f0134963_231335.jpg
“Catcher in the Rye”



He reportedly ordered his agent to burn his fan mail. Maybe, Salinger was furiously attempting to exorcise the “phonies” (in the vernacular of his archetypal character, Holden Caulfield) from his life.

そのリポートによれば、彼はファンレターを焼くようにと代理人に命じました。おそらくサリンジャーは、彼の生活から「まがいもの」(ホールデン・コールフィールドの言葉で、彼の性格の基盤ともいえる)を追い払うことを、熱心に試みていました。


f0134963_033511.jpg
2002年のSONYへの抗議行動「SONY IS PHONIE



Maybe, for the profoundly celebrated, the price of true privacy demands such acts of self-defense against brutal public invasion.

大変な有名人である人々にとって、プライバシーの価格は真実価値のあるもので、残忍とも言える公的侵入に対して、そのような自己防衛を要求するものなのでしょう。

The other night I had a dream. In it I could see J.D. Salinger and Michael Jackson sitting together. It looked to me like they had been up all night; sometimes companioning each other’s long silences, and at other times quietly discussing life … and death … and fatherhood … and art … and also the hauntingly elusive longing they had both shared for privacy.

私は、ある夜、夢を見ました。そこでは、サリンジャーとマイケルが一緒に坐っていて、私には、彼らは一晩中そこにいて、時々互いに長い沈黙を交えながらも、人生についてや、死について、父権や、芸術、そして、ふたりが共に切望し続けたプライバシーについて議論していたように見えました。

In my dream, I notice that they are not conversing over a late night latte at a celestial Starbucks. Instead, I clearly discern them to be sitting shoulder-to- shoulder, just like the “Nighthawks,” in that nearly empty iconic Edward Hopper diner. Finally, they had each taken leave of the exquisite anguish of their fame.

夢の中で、深夜、彼らが対話していたのは、天国のスターバックスではないことに気づきました。私には、その違いは明白で、彼らは、肩と肩が触れ合うように座っていましたが、エドワード・ホッパーが「Nighthawks」の絵で描いたダイナーの客のように空虚な雰囲気があり、彼らは、最後に、お互いの名声によって起きた、激しい痛みについて認め合いました。


f0134963_22523096.jpg
Edward Hopper painting “Nighthawks”



Outside the diner, surrounding them, I now see the vastness of a clear dark night sky in Paradise.

ダイナーの外で、私には、今、楽園の暗く澄み切った広大な夜空が見えます。

The stars have come out. And, as Dante once wrote after taking leave of the Inferno, “Let poetry rise, again.”

星は現れました。ダンテが「神曲」の「地獄篇」を書き終わってすぐに「日はまた昇る」と言ったように。(ピアース氏の文章終了)


Constance Pierce is a visual artist especially interested in the import of Jackson’s global influence in the area of visual culture. She has exhibited regionally, nationally, and in Europe and Japan. She is an associate professor of fine art at St. Bonaventure University (NY).

コンスタンス・ピアースは、マイケルのビジュアル文化の世界が、世界に与えた影響について、特に興味を持っている視覚芸術家です。彼女は、聖ボナベンチャー大学(NY)の美術の準教授で、ヨーロッパと日本でそれを表現しました。(引用終了)

◎[動画]Constance Pierce : Honoring *Dancing the Dream*

エマーソンは1冊も読んでない...ホント、MJ図書館は膨大だなぁ...(今更ですが...)エドワード・ホッパーは、たぶん、米国で最も引用が多い画家の1人ですが、この人について書かれた本では、滝本誠氏の『渋く、薄汚れ。』の中の「エドワード・ホッパーを足がかりにノワールに踏み込む」で「Nighthawks」についても触れられていて、MJのギャング映画好きにも繋がる内容として面白かったです。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/17055115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jean moulin at 2012-01-14 02:01 x
Yomodaliteさん、全然英語苦手じゃないって、、。
特に、MJ系だと、もう職人よ。対訳しないで安心して読んじゃうもの。
こういう記事は、本当に真摯に受け止めるべきってところがいっぱいで …。
Commented by yomodalite at 2012-01-14 22:38
>対訳しないで安心して読んじゃうもの。
それ、ダメだって!苦手だっていうのは、絶対に謙遜とかじゃなくて「マジ」だし、そんな風に思われちゃ困るから、わざわざ「Michael's humour」でも、間違い晒してあるんだからぁ。。

この文章も、特に「夢」のところからとか、もうヤバいとこ一杯あって、、とにかく、安心は禁物。わたしだって、あの大好きなうえにめっちゃ尊敬もしてるNさんの訳や解説とも違うこと言ってるし、、それに疑った方が、自分にしか見えないところが見えてくるよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-01-09 23:03 | MJ考察系 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite