2002年「Gold」誌インタビュー[3]

f0134963_1744554.jpg


「Gold」誌インタヴュー[2]のつづき

MJの映画と言えば、『ムーンウォーカー』も最初に観たときは....(。´・_・`。)って感じだったけど、今は、大分見る目が変わってきて、宣伝コピーは「ニーチェ大絶賛!!!!」がいいかも。とか、後になって色々と良さがわかってきたという部分も多いのですが、、

それでも、やっぱりわからない部分はいっぱいあって、特に、マーロン・ブランドのことを考えるようになってからは、彼の映画への想いは、熱情だけでなく、演技などの訓練も含めて、現実的で計画的に考えられていたことは感じられたのですが、

でも、演技力を相当訓練していたとしても、彼には、やっぱり「人間」の役は似合わないというか、演技力があっても、演じられる役の幅はどうしても狭くなってしまうので、俳優としては、ブランドも、デ・ニーロも、やっぱり越えられないんじゃないかとか・・・

2002年の裁判のときも、極ふつうのシャツで、ヒゲ面であっても南部の労働者には見えないし、婚礼衣裳のようなスーツ(リサ・マリーとの結婚パーティーで着用したものだと思う)や、場違いな白ネクタイでも、本当に嫁に行きたくなってしまうなどw

(顔の雰囲気はかなり違って見えますが、このインタは、エイブラム裁判と同月か翌月で、このジャケットも同じもの。ちなみにバンビアワードも同じ時期 2002.11.21)

MJは何を演じようとしても、ユニーク(チャーミング過ぎるという意味ね!)で、映画の中で、その個性を統合させたり、ひとつの役柄を演じるのは難しいのでは...という懸念が拭えなかったり、

またもや「狼男」?とか....、どんだけ「モンスター」好きなの?とか、特殊メーキャップであれこれなども、もうエディ・マーフィーがやってるし・・とか、

結局のところ、さっぱりわからなかったんですねw

でも、、70年代のヒットチャートは「サントラ」が多いんだなぁとか、ビージーズについては「I knew every note, every instrument」なのかぁとか、動物の声も「instrument of nature」として聴こえるのか...とか、ジョニー・デップは「animal human」って言ってたけど、、とか、考えているうちに、「狼男」というのは・・・

そう言えば、デュマって『くるみ割り人形』だし・・・など、ほんの少しですけど「光」が見えてきたような気がしました。(勘違いの可能性は否定できませんが....)

下記は[2]の続きで、このインタヴューはこれで終了です。

Have you always wanted to do film? If your family had not been such successful musicians, would you have turned to it earlier in your life?
あなたは、いつも映画をやりたいと思っていましたか?もし、あなたの家族が成功したミュージシャンではなかったら、あなたは自分の人生を初めからやり直したいと思いますか?

MJ : I’ve always wanted to do film, but the tours got in the way. That’s why I want to take several years off just doing film. I’d like to get six great movies behind me, and then I’ll do a little bit of touring, then I’ll do more filming.

僕はいつも映画をやることを求めていた。でも、ツアーはその邪魔になった。だから、僕は映画をやるための数年を取り戻したいね。僕は6本の素晴らしい映画を基本に、ほんの少しだけツアーをして、それから、もっと映画創りをしていきたい。

What kind of ideas do you have for film?
あなたの考える映画とは、どのようなものですか?

MJ : I have ideas for film and movement and dance and things that people have never seen. I can’t wait to just surprise people. That’s why I’ve been dying to start a film production company, and I’m very excited that that’s what we’re doing with Neverland Pictures. I get to just have a clean slate and play and create and sculpt.

僕が考えている映画は、音楽とダンスに関して、人々がこれまでみたことがないようなものです。僕は人々を驚かすことを待ちきれなくて、映画会社を始めるために死にそうになっていたんだけど、「ネヴァーランド・ピクチャーズ」でやれることで、すごく興奮している。まだ、まっさらな粘板岩を手に入れただけで、何も決まってないんだけどね。

Tell me a little bit about the werewolf idea in your films, and how does it relate to video?
あなたの映画の「狼男」は、ビデオとどのように関係があるのか、少しお話ください

MJ : I haven’t read the script yet for Wolfed – it’s one of the movies that we’re going to be making and I’m really excited about it. I’m so happy to be working with Sammy Lee {the co-writer of Music Box, who recently acquired ‘first look’ rights to Jackson’s films}. We’re doing some great projects together in film, and I’m really excited.

僕はまだ「狼男」の脚本を読んでいないので、その映画の興奮を本当に伝えることは出来ないんだけど、サミー・リー[注1]と仕事が出来ることに興奮しているよ。(Music Boxの脚本家[注2]MJの映画 『first look』[注3]を手がける)

And Wolfed will be the first film?[注4]
「狼男」が、最初の映画になりそうですか?

MJ : As of now, our schedule says that Wolfed will be the first film. That’s going to be fun. I want it to be really scary. Rick Baker wants to do all the visual effects. He has seven Academy awards. Rick is very excited about it too – he did American Werewolf in London.

今の時点で、僕たちの計画では「狼男」が最初の映画になると思う。それは楽しめるし、すごく怖がっても欲しい。Rick Baker にすべての視覚効果をやって欲しいと思ってるんだ。彼は7つもアカデミーを受賞してるからね。Rickは、ロンドンでも「狼男」[注5]をやって、それもすごく素晴らしかった。

He won an Oscar, and he said, ‘Michael, that was nothing.’ That’s nothing compared to what he can do today. And he did Thriller and he said of that, ‘It’s nothing’. He can go way beyond that. He did all the Eddie Murphy films, Clumps and Nutty Professor and all that Men In Black stuff too. He does all that.

彼はアカデミーを穫ったときこう言ったんだ「マイケル、こんなのどうってことないよ」確かに、彼が今出来ることと比較したらどうってことないし『スリラー』をやったときも「そんなの、なんでもないことだよ」って。エディ・マーフィーの映画『ナッティ・プロフェッサー』の様々なキャラクターも『メン・イン・ブラック』も、彼は全部やってるからね。

So tell me how you would like to be remembered?
あなたは、人々にどのように記憶されたいと思いますか?

MJ : How would I like to be remembered? As a person who came and brought light to the world, some escapism. Also as the voice for the voiceless children, because I love them. I’m living for the children. If it weren’t for the kids, I would throw in the towel. A baby, a child – now that’s amazing. They’re little geniuses, you know, little geniuses. They really are.

どのように記憶されたいか?人々に現実逃避の夢を与え、世界に光をもたらした人物として。また、声なき子どもたちの代弁者として、僕は彼らを愛していて、彼らのために生きているから。もし、子どもたちのためでなかったら、僕はとっくにギブアップしていたよ。赤ちゃんや、子どもたちは素晴らしい。彼らは小さな天才なんだ。小さな天才、本当にそうなんだ。

Do you enjoy being a father?
父親業は楽しんでいますか?

MJ : It’s my favorite thing. I love it. I love it. I love it.

一番のお気に入りだよ。すごく楽しい。もう大好き。

The other day I saw you pick up your daughter when she was sleeping. You just picked her up, and I could see the joy in your face…
この前、あなたが寝ているお嬢さんを車に乗せるのを見ました。そのとき、あなたの顔に喜びが浮かぶのをわたしは見ました。

MJ : Oh, I love them. The Jacksons have a lot of kids. I have a lot of nephews and nieces. There’s a lot of us!

うん。僕は彼らを愛してる。ジャクソン家には、たくさんの子どもがいて、僕には甥や姪もいっぱいいる。僕たちの家族は大勢いるんだよね。

What is your relationship with your brothers and sisters?
あなたの兄弟や姉妹たちとの関係は?

MJ : I love my brothers and sisters. When I’m with them we laugh. It’s like a different version of yourself. We can just laugh and giggle and talk about old times. We’re not together as much as we’d like to be. We’re all busy. We’re all in show. We’re always doing something. If I’m in town, Janet’s out of town. If we’re both here, my brother’s somewhere else. Everybody’s running around, you know.

僕は兄弟や姉妹たちが大好き。僕たちは一緒にいるとよく笑うんだよね。自分自身の別ヴァージョンという感じだね。僕たちは、ただもう、笑ったり、にやにやして昔話をしている。一緒にいたいときに、そう出来ないこともある。お互い忙しいからね。僕たちはみんなショーをしているし、常に何かしているから、僕が街に行くとき、ジャネットは街を離れている。僕たちが一緒にいるときは、兄弟たちが別のところにいる。誰もがあちこち動き回っているんだ。

Are you a family man? What do you like doing with your family?
あなたは家族的な男性ですか? 家族と何かをするのが好きですか?

MJ : My personal family? My Children? We love just sitting together, talking, shooting the breeze. We sit by the lake. I take the for a walk every day at my house. We sit by the lake and we throw rocks in the water and we just talk.

僕の個人的な家族?僕のこどもたちのこと?僕たちは、ただ一緒に風に吹かれながら、湖のそばに座っておしゃべりしたり、僕の家ではいつも散歩しながら、ときどき座って湖に石を投げたりね。

What do you think is the deepest form of love someone can feel? And have you felt it?
あなたが考える、もっとも深い愛とは何ですか?
また、それを感じたことがありますか?


MJ : Wow, I think that’s really a matter of opinion. Have I felt the deepest form of love? I don’t know what would be the deepest… {long pause} and interesting question… {repeats question a few times}. I love my children very, very much, and I always look in their eyes and tell them that – I think that’s the most important thing.

MJ : おぉ...何が一番深い愛なのか....僕が感じたもっとも深い愛とは何か? 難しいね。もっとも深い愛か....(長考中)興味深い質問だね...(さらに何度も考えて)僕は自分の子供たちを、とてもとても愛してる。彼らの眼を見ていると、いつもそう言いたくなる。自分にとっては、それが一番かな。(了)

「Gold」誌インタヴューはこれで終了。下記は注記です。
___________

[注1][注2][注3]

サミー・リーは、最初この人と間違えそうになりましたが、MJの映画に出資した会社のひとのようです。下記は[注1][注2][注3]まで含めてわかったこと。

◎source : MJFC

August 6, 2002

MDP Worldwide And Music Box Close Deal With Michael Jackson

MONTREAL, QC and LOS ANGELES, CA, Aug. 6 /CNW/ - MDP Worldwide Entertainment Inc. ("MDP" or the "Company") (Toronto Stock Exchange: MDP.A; MDP.B) and its principal shareholder, Limerick Assets Ltd. d/b/a Music Box Entertainment ("Music Box") reported the closing of a "first look" motion picture production agreement with legendary entertainer Michael Jackson. Mark Damon, Chairman and CEO of MDP announced that under the terms of the agreement, MDP and Music Box will have a first look option on all of Jackson's motion picture projects and will provide him with access to film development funds so as to facilitate the creative development of his various film projects.


“MDP”(モントリオールとロスアンジェルスを拠点とする、世界的なエンターテイメント会社)と、Limerick Assets Ltd.を主要株主とする“Music Box”は、マイケル・ジャクソンとの映画『first look』のプロダクション協定の締結を報告しました。Mark Damon代表は、MDPとMusic Boxは、ジャクソンの映画プロジェクトで『first look』を手始めに、彼の様々な映画プロジェクトの創造的な開発を促進するように、映画開発資金を提供するでしょう。

The closing of this transaction completes the Company's previously announced negotiations with Jackson.
"We are extremely pleased to be working with such a creative genius and talent as Michael Jackson," stated Sammy Lee, Co-owner of Music Box and Vice Chairman of MDP, "He clearly has the creative vision to make our association a tremendous success."


ジャクソンとの交渉とプロジェクトについて、“Music Box”の共同所有者で、“MDP”の副議長である、サミー・リーは「マイケル・ジャクソンのような創造的な天才と仕事ができることを非常に嬉しく思う」「彼は、私たちの協会を成功に導くための明確で創造的なビジョンを持っている」と述べた。

MDP Worldwide is a leading film entertainment company engaged in the financing, development, production and worldwide distribution of feature films in all media. The company has offices in Los Angeles and Montreal and its shares of common stock are publicly traded on the Toronto Stock Exchange (symbols: MDP.A and MDP.B).

“MDP”は、調達資金、映画の開発、生産および分配において、世界レベルの映画・エンターテイメント会社です。会社は、ロサンジェルスとモントリオールにオフィスを持ち、また、その株はトロント証券取引所で公に取り引きされています。


◎source : For All Time 2002. feb. 26

Michael Jackson's Neverland Entertainment invest $ 15 million - $ 20 million in Mark Damon's production and distribution company, MDP Worldwide, making Jackson and his new producing partner, Raju Patel, major shareholders in the company. Michael Jackson appears along with longtime friend, Elizabeth Taylor, and "Rush Hour" helmer, Brett Ratner to tout the deal.

マイケル・ジャクソンの“Neverland Entertainment”と、Mark Damonの会社(MDP)は、ジャクソンとの仕事の新しいパートナーとして、Raju Patelを大口の株主として、1500万ドル〜2000万ドルの投資を行う。商談の場には、ジャクソンとともに永年の親友、エリザベス・テーラーと『ラッシュアワー』の監督、ブレット・ラトナーも現れました。

The entertainer explains his decision to invest in MDP and enter the independant film business. "I dream great dreams," says Jackson. "Everything I've achieved started with a dream, and of all the dreams, this is the one I am most passionate about. The painter paints, the sculptor sculpts, but they just capture a glimpse of life - of the subject.

エンターティナー(MJ)は、MDPに投資し、映画ビジネスに参入することについて説明しました。「私の夢、大きな夢です」とジャクソンは言います。「私が達成したものはすべて夢から始まりました。そして、これはすべての夢の中でもっとも熱烈なものです」画家は絵を描き、彫刻家は彫刻をします。しかし、それらの本当の意味は、人生を「描く」ということなのです。

And film, this medium, you live with the protagonist, you suffer with the protagonist, you laugh with the protagonist, you despair with the protagonist. It's the most artistic, influential medium of all. I am very proud of what we're doing, and I promise you wonderful and fantastical things to come."

映画というメディアは、人生を提供し、共に悩み、笑い、絶望します。それはすべての芸術の中でもっとも影響力のあるメディアです。私はこのプロジェクトを誇りに思います。そして、素晴らしく創造的なものを提供することを約束します。


☆狼男(Wolfed)をテーマにした映画が『first look』(仮題?)で、いいのかな?

[注4]

MJの「Wolfed」が、デュマの小説『The Wolf Leader』が原作という情報についてなんですが、私は、あらためて、Werewolf(狼男)を原作とする作品の多さに驚きました。

デュマ(父。同名の息子が『椿姫』)は『モンテクリスト伯』『三銃士』で有名な人ですが『The Wolf Leader』は、日本で翻訳されてないよね? でも、そう言えば、MJの大好きなチャイコフスキーの『くるみ割り人形』もデュマ原作じゃん!(ヤバっ。。)

[注5]

『An American Werewolf in London』邦題『狼男アメリカン』監督ジョン・ランディス(SF『Thriller』『Black or White』の監督)

[メン・イン・ブラックII]

◎source : MJFC

Will Smith Speaks About Michael´s Appearance In MIB II (June 27, 2002)

ウィル・スミスは『メン・イン・ブラックII』での、マイケルの外観について話しました。

After the circulation of numerous rumors of Michael Jackson appearing in two scenes of the movie 'Men In Black II' ('MIB II'), Michael surprised an audience, who attended a screening of the film in New York City on Friday, June 21, by his onscreen appearance.

映画「メン・イン・ブラックII」(MIB II)の2つのシーンに登場するマイケルついての多くの噂が駆巡った後、彼は映画の登場人物になって、ニューヨークでの試写会に現れ、聴衆を驚かしました。(2002年6月21日)

The audience's reaction, was at first, a stunned sigh, followed by loud laughter and applause. It was reported that it was so loud, that it was impossible to hear Michael´s entire dialogue. In addition, it was reported that Michael saw the first 'Men In Black' film in Paris, France and liked it so much that he wanted to have a role in MIB II as he had never seen something so creative before this movie.

聴衆の反応は最初から大きく、その後、茫然とした嘆息、爆笑が続き、大反響が報告されましたが、マイケルのセリフすべてを聞くことはできませんでした。さらにレポートは続き、パリでマイケルが最初に『メン・イン・ブラック』を観て、今までに見たことがないほど創造的で、すごく気に入ったので『MIB II』に是非、出演したいと思ったことが語られました。

In an interview with famous African-American Actor, Will Smith, who portrays Agent Jay in 'MIB II', Mr. Smith explained that seeing Michael, dressed in MIB trademenk attire, consulting MIB Boss Zed (Rip Torra) via a monitor, is a credit to Michael's sense of humor:

有名なアフリカ系アメリカ人俳優、エージェント“J”を演じるウィル・スミスのインタヴューで、スミス氏は、そこでのマイケルについて『MIB』のトレードマークであるスーツを着たマイケルが、MIBのボスのZed (Rip Torra) に会うということが、マイケルのユーモアのセンスを証明していると語りました。

"You know, when he comes on the screen, people are really happy. It's as if Michael is saying to the world, 'OK, all right. I'm human just like everyone else. I appreciate a good joke just like everyone else does,' but the thing that I loved so much is he kept wanting to play it serious.

映画でのマイケルを見たら、みんなハッピーになれると思うよ。まるでマイケルが世界へ向けて言っているみたいで、「了解。いいかい。僕は人間なんだ。みんなと同じように。みんなが好きな感じの冗談も言う」でも、僕がすごく好きだったのは、彼がそれをすごく真剣に演じ続けたことだね。

You know, he was, like, 'You know, I'm a Man In Black, I just want it to be really serious.' I think people are going to be really shocked and really surprised, and enjoy seeing Michael in this film and in this light."

彼は、本当に『MIB』が好きで「僕こそ、メン・イン・ブラックだ。絶対にやらせて欲しい」って。みんな実際に見たら、マイケルが映画の中で輝いていることに衝撃を受けて驚くと思う。


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16861774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-11-23 17:45 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite