2002年「Gold」誌インタビュー[2]

f0134963_156138.jpg

「Gold」誌インタヴュー[1]のつづき


Who are your favorite people?
あなたのお気に入りの人物は?

MJ : I love people who have really contributed to the pleasure and happiness of the planet and mankind, people with light – from Walt Disney to Gandhi to Edison to Martin Luther King. These are people with light, people who really cared about children, bringing families together, and love.

僕が愛するのは、人々を楽しみや喜びで幸福にし、地球と人類に光を与えたような人物だね。ウォルト・ディズニー、ガンジー、エジソン、マーティン・ルーサー・キング、彼らは世界に光をもたらし、子ども達を大切にし、家族を思いやり、愛をもっていた。

That’s what I try to say in my music and in my songs. If you go to one of my concerts, my shows, you will see 200,000 people swaying, holding candles, saying, ‘We want to heal the world,’ and ‘We love you.’ I’ve seen it around the world from Russia to Germany to Poland to Africa to America. We’re all the same. People cry in the same places in the show. They get angry in the same places in the show, they get the pathos in the same places.

僕が自分の音楽で伝えたいのもそういうことなんだ。もし、君が僕のコンサートやショーに来れば、20万人がキャンドルをもって揺れながら「世界を癒したい」とか「みんな愛している」と言うのが見られるよ。僕は世界中でそれを見て来た。ロシアでも、ドイツでもポーランドでも、アフリカからアメリカまで、僕たちはすべて同じなんだよ。人々は同じシーンで泣き、同じ場所で怒ったり、哀愁を感じたりするんだ。

Was Fred Astaire your friend?
フレッド・アステアはあなたの友人でしたか?

MJ : Yes. Fred Astaire was my neighbor. I used to see him every day when I was riding my little motorscooter. He always told me, he would always say when I was a little kid, ‘You’re gonna be a big star.’ He told me that he thought I was an incredible entertainer and a great mover.

うん。彼は僕の隣人で、僕がまだ小さなスクーターに乗っていた頃は、毎日彼に会っていた。彼は、僕がまだ少年の頃、いつも僕に言ったんだ「おまえは、きっと大スターになる」って。彼は、僕が信じられないようなエンターティナーになって、世界を動かすようになるって言ったんだ。

And he always used to say, ‘You’re the best,’ and I’d say, ‘No, you’re the best.’ I remember the first time I did the moonwalk. Fred called me at home. He was screaming on the phone, raving.

それから、いつもこう言った。「おまえは最高だ」って、それで僕も「いいえ、あなたの方が最高です」って。彼に初めて会ったのは、僕が「ムーンウォーク」をしたときで、フレッドは電話で激しく叫んだんだ。

He said it was the best performance he’d ever seen. I said, ‘Oh, come on.’ He said, ‘Michael, you put them on their ass.You’re a hell of a mover. You’re a hell of a dancer.’ I said, ‘Well, coming from you, I don’t need any awards.’ Because I was nominated for an Emmy for that performance, and I didn’t get it, but it didn’t matter to me because Fred Astaire said he loved my performance, and that’s all the award I needed.

彼は、それをかつて見たパフォーマンスの中で最良のものだったと言ってくれたんだ。「マイケル、くだらない奴らのことは放っておけ。おまえは世の中を動かすような、スゴいダンサーになるんだ」僕は言ったよ「あなたがそう言ってくれるなら、僕はどんな賞もいらない」って。僕はエミー賞にノミネートされていたけど、フレッド・アステアが、僕のパフォーマンスを愛してくれたことの方が、どんな賞よりも、僕には大切なことだった。

If you could work with anyone, alive or dead, who would that be?
もし誰かと一緒に仕事をするなら、生きている人も亡くなった方も含めて、誰ですか?

MJ : If I could work with anybody it would be Charlie Chaplin, who I love so much. Also, Laurence Oliver was a genius, really.Those two guys, I think. And also the king, Brando.

誰とでも仕事が出来るとしたら、チャップリンだね。僕は彼が大好きなんだ。ローレンス・オリヴィエも本当に天才だし、この2人は本当に天才だね。それと、マーロン・ブランドは「キング」だね。

Last year you put together a short film, You Rock My World, with the assistance of Marlon Brando. What was it like working with the master?
去年、あなたは「You Rock My World」のショートフィルムで、マーロン・ブランドと共演しましたよね。それは、先生と仕事をするような感じでしたか?

MJ : Brando is a good friend of mine. He’s very much like me. He doesn’t go many places. He comes to Neverland or he stays in my house in Mulholland Drive, or he goes to Tahiti. His son worked for me for more than 20 years, and his other son was in my class in private school.

ブランドは僕の親友なんだ。彼は僕によく似ていて、そんなに色んなところに行かないんだけど、ネヴァーランドの僕の家にはよく来るし、彼のマルホランドドライブの家にも、タヒチにも行ったよ。彼の息子は20年以上、僕と働いているし(ミコのこと)、彼の別の息子は私立学校で同じクラスだったんだ(クリスチャン・ブランドのこと)。

He’s just a giant. You see, Brando’s smart, because when he works with me he always says, ‘I know what buttons to push to get emotion from you.’ He knows me so well. He knows how to get me ticked off, so he’ll say certain things to get me really geared up.

彼はすごく大きいんだけどね、とてもスマート(賢い)なんだよ。彼は僕と仕事をしているとき、いつも言うんだよね。「俺は、おまえの感情のスイッチがどのボタンなのか知ってるよ」って。本当に彼は僕のことをよく知ってて、実際に僕の感情をつかむために準備を怠らないんだ。

He’s a genius. He’s a king. He’s the last of that generation. He’s a brilliant man, a lovely person. I love him and he’s my good friend.

とにかく、彼は天才で、キングで、時代の最後のひとり。輝かしく、愛すべき人間、僕は彼が大好きだし、彼は僕の親友なんだ。

You had a cameo in Men In Black II, was that fun to work on?
『メン・イン・ブラック2』にカメオ出演されましたが、楽しかったですか?

MJ : The Men In Black project really was a lot of fun because I introduced myself as the new guy.

『メン・イン・ブラック2』のプロジェクトはすごく楽しかった。自分を新しい男として紹介できたからね。

It was obvious from the video of Thriller that you have a great interest in the visual arts.
『Thriller』のヴィデオでも明らかですが、あなたは、ビジュアルアートにとても興味がおありですよね?

MJ : Everything I do I like either to direct myself, or work closely with the director – we co-direct and come up with the ideas together. If you look at Ghosts, it says co-written by Michael Jackson and Stephen King. We wrote it on the telephone, Stephen and I – he’s a lovely guy, he’s amazing. We wrote it on the phone, just talking together.

僕は自分で監督することも好きだし、監督と一緒に綿密に計画を立てて、お互いにアイデアを出し合うことも好きなんだ。『ゴースト』を見れば、脚本、マイケル・ジャクソン、スティーブン・キングと書いてある。彼は愛すべき男で、とても素晴らしい。僕たちは電話で話し合って、あれを書いたんだ。

Who are the figures in the movie business you most admire, and why?
あなたが、映画業界でもっとも賞賛しているのは? またその理由は?

MJ : I just love Robert De Niro. I think he’s such a multi-faceted actor. He can play anything from a comedian to a priest to a psychopathic killer to an idiot to a charming uncle to just anything. And of course, any of the great dancers.

ロバート・デ・ニーロが大好きなんだ。彼は色々な顔を持っている俳優だよね。彼はコメディアンも出来るし、聖職者も、サイコキラーも、間抜けだけど、どこかチャーミングなオヤジとか、何でもできるし、それに偉大なダンサーでもある。

Who would be your ideal leading lady, and why?
あなたが考える理想の主演女優、また、その理由は?

MJ : An actress? {laughs} You and I should do a film together. Let’s do it, I’d love that…

女優?(笑)あなたと僕で一緒に映画をつくるべきだね。やろうよ。ぜひ、そうしよう。

There was talk of you going to the moon to perform an authentic moonwalk here. Is there any truth in this?
本物のムーンウォークをやるために、月に行くつもりだと言ったという話がありますが、それは、真実ですか?

MJ : {laughs} There is some truth in it. It’s not a rumor. I’ll just say that.

(笑)若干真実かな。それは「噂」じゃないよ。僕はそう言うかもね。

You outbid Paul McCartney for the Beatles archive. What was so special about it?
あなたはビートルズのカタログに、ポール・マッカートニーより高値をつけました。何がそれほど特別だったんですか?

MJ : No, I didn’t, he didn’t bid for it. It was for sale and I liked it and I bought it, like buying a piece of art.

ううん。そうじゃないんだ。彼もそうはしなかった。それは「売り」に出ていて、気に入ったから買ったんであって、1枚の絵を買うのと同じようなことだよ。

Tell me more about your passion for children’s charities. Which organizations do you support?
こどもへのチャリティーへの情熱について。あなたは、どの組織を支援していますか?

MJ : Well, I have a charity for kids that I created myself, called Heal the World. And whenever I do a concert or anything pertaining to entertainment, I give a certain amount to Heal the World – you know orphanages, hospitals, kids who need a lung or a liver, we’ll find it, we’ll pay for the surgery.

僕は「ヒール・ザ・ワールド」という自分で創った子どもたちの支援財団を持っている。それで、僕はコンサートやエンターテイメントを行う場合「ヒール・ザ・ワールド」に一定量の寄付がされるようになっていて、孤児院とか、病院では、肺や肝臓を必要としている子どもたちに、それを見つけたり、手術の代価を支払ったりしている。

On tour, I do as many hospitals and orphanages as I do concerts. We go to 12-years-olds and we take boxes and boxes and boxes of toys, a bunch of Michael Jackson posters and paraphernalia. They love it.

ツアーでは、コンサートを行うのと同じぐらい病院や孤児院を訪れるんだ。僕たちはもう12年ほど前から、おもちゃの箱とか、マイケル・ジャクソンのポスター、僕の身の回りの品なんかを持ってそこに行ってる。彼らはとても喜んでくれるんだ。

How much more do you feel you want to achieve in your life?
あなたの人生で、さらに達成したいと思うことは?

MJ : I’m never satisfied. There are so many different avenues and so many different things that I want to do. I’ve done a lot, but I don’t think it’s enough, which is why I don’t put up any awards or anything in my house.

僕は絶対に満足しないんだ。色々なやり方や、考えがあって、僕はとにかくやりたいことがいっぱいあるし、まだまだ充分とは言えないんだ。どんな賞をもらっても、僕はそれを自分の家に置くことはしないし、

You won’t see any awards in my house, I put them all away in storage. Because if you get caught up in that, you start to feel like, ‘Oh, man, I did it.’ There’s so much more, so many more mountains to climb.

僕の家で賞を見ることはないでしょう。そういうのは、すべて片付けておくんだ。何かを始める時にそういうものに巻き込まれると「それはやったことだ」って思ってしまう。そんなことはもういいんだ。登るべき山はまだいっぱいあるからね。

If one of your children came to you and said, ‘Dad, I want to be a pop star,’ what’s the best advise you could give them?
もし、あなたのこどもに「パパ、わたしポップスターになりたい」と言われたら、あなたのベストアドバイスは何ですか?

MJ : The best advise that I would give them is it’s a lot of hard work, and be prepared, because it’s not all joy all the time. And that you’ve got to have rhinoceros skin, because the bigger the star, the bigger the target. The tabloid press are bastards, and you’ve got to have rhinoceros skin to deal with that kind of ignorance mentality.

僕のベストアドバイスは、それは、とても厳しい仕事だから、しっかり準備するべきだということだね。楽しいことばかりじゃないし、サイのような皮膚も必要だ。なぜなら、ビッグになればなるほど、大きなターゲットになる。タブロイドの記者たちはろくでもないし、そういった無知な精神に対処するにも、サイのような皮膚を持たないとね。

They do it simply to sell papers, because bad news sell, not good news. They simply make it up. If they don’t have anything, they just make it up. I’m nothing like the way the tabloids have painted me out to be, nothing. Nothing like that. They’re the ones who are crazy. They’re ignorant.

彼らは、ただ新聞を売るためだけにそうするんだ。悪いニュースは売れるけど、良いニュースは売れない。彼らはシンプルにそう考えて創っているだけ。彼らは何も持っていなくても、とにかく創るんだ。僕は、何もなくてもタブロイドによって色をつけられる。何にもなくてもね。彼らは狂っていて、偏見そのものだね。

always say to my fans ‘Let’s have a tabloid burning. Let’s make a big mountain out of tabloids and just burn them.’ The real fans who love me know that garbage isn’t true. They know. They’re smart.

ファンにはいつも言う。タブロイド誌を燃やそう。タブロイド誌で大きな山を創り、それを燃やしてしまえって。僕のことを本当に愛してくれるファンは、それが真実でなく、ゴミだってことをわかってくれている。彼らは賢いからね。

☆2002年「Gold」誌インタヴュー[3]につづく


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16857549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-11-22 16:28 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite