2002年「Gold」誌インタビュー[1]

f0134963_14561749.jpg
☆写真は「Gold」誌から。左側の女性が、MJ史上最高の変顔期にグッドインタヴューに成功した“マグダレーナ”(Gold Girl)


わたしが、もっとも好きな2002年の「Gold」誌のインタヴュー。以前調べたときも、すでに廃刊になっていて、雑誌自体の特定も断定出来なかったのですが、「Vogue」や「Vanity Fair」「GQ」などを発行しているコンデナスト社(Condé Nast)のスペシャルな雑誌で、お金持ちでヤングアダルトの都市生活者をターゲットにしたハイカルチャーマガジンのようです。

http://www.billiejean.be/Interviews/Magazine_Interviews1.html

f0134963_1643170.jpg


MJ記事の見出しは「MICHAEL JACKSON When I'm Going To Be A Movie Star」。雑誌が出版されたのは、紹介されているサイトでは、2002年12月ですが、「January 2002 」「December 20」「November 2002」など、他にも数種類の表記が見られます(『マイケル・ジャクソン全記録』では、こちらと同じ2002年12月20日)

インタビュアーは「Gold Girl」と呼ばれ、マスコミ擦れしていないチャーミングな若い女性が選ばれているようで、そのせいなのか、質問にも新鮮さがあり、MJも通常と異なる答え方をしている点が興味深く、これまでも何度か抜粋して紹介していますが、わたしの永年のテーマである「You Rock My Would」にもっとも関連があり、マーロン・ブランドについても、SF撮影終了後に、これ以上語っているものは他に見当たらないので、全文を翻訳することにしました。

毎回のことですが、苦手な英語力を最大限駆使した訳なので、日本語部分には充分ご注意のうえ、お気づきの点がありましたら、是非、遠慮なくご指摘くださいませ。

◎Interview With Gold Magazine 2002

Michael Jackson is the king of pop, the man who made the biggest-selling album in history; a man whose dance routines and tunes have entranced people in every corner of the globe, from Johannesburg to Jakarta, from London to L.A.

マイケル・ジャクソンは、キング・オブ.ポップとして、もっともアルバムを売った男として、歴史を作り、そのお決まりのダンスと曲で、ジャカルタからヨハネスブルグ、ロンドンから、ロスアンジェルスまで、地球上のすべての地域で、人々を失神させた男。

But he is also an enigma. A child star with his siblings in the Jackson Five, he comes from an immensely talented family and, as youngest son, carved for himself the most successful solo career of all of them. He is one of the few world-famous children who have gone on to become world-famous adults; and now he is reinventing himself again, as a film star.

しかし、彼は依然として謎です。ジャクソン・ファイブの兄弟の子供のスターとして、家族の中で最も若い息子としてスタートしながら、彼らの中でソロとして最も成功し、世界的に有名なこどもが、世界的に有名な大人になった極わずかな1人として、そして、今、彼は映画スターとして自らを再構築しています。

Despite his fame, despite the fact that he has been performing, creating and improvising almost since he was old enough to walk, Jackson is shy of publicity. He may have hordes of fans and photographers surrounding him whenever he steps out in public,

噂としても、事実としても、そのパフォーミングも、創造も、昔からすべて、彼自身が行って来たものですが、メディアに語ることは消極的で、彼は多くのファンと彼の外出を狙う写真家たちにより常に取り囲まれてきました。

but he is an intensely private man who lives with his family on his fairy-tale Neverland ranch in California. In this rare interview, he talks candidly to Magdalena, the Gold Girl, about fame, the burden of his childhood stardom, his view on the media, and his future in film.

しかし、彼は、カリフォルニアのおとぎ話のようなネバーランドに、彼の家族と一緒に暮らすひとりの私人として、このインタビューでは、名声に付いて、チャイルドスターの成功と負担、メディアに関する見解、そして、彼の未来の映画について、マグダレーナ(“Gold Girl”と呼ばれる本誌のインタビュアー、以下青字)に率直に語ってくれました。


Do you most see yourself as a musician,
an entertainer or an entrepreneur?

あなたは人からどう見られたいと思いますか?ミュージシャン、エンターティナー、
それとも企業家?


MJ : Probably all of the above, because I love entertaining and I always will love entertaining. I love becoming a slave to rhythm. Because dancing is about interpreting the sounds and accompaniments of the orchestra.

MJ : そのすべてだと思う。僕はすべてのエンターテイメントが大好きで、自分をリズムに捧げるのも好きなんだ。踊ることは、音を解釈することであり、オーケストラの一員でもあるからね。

You know, you be come the sound, you become the bass, you become whatever you hear, and you do it bodily. But I try not to get so caught up in it all that you don't think about your future.

音に対して、ベースになったり、耳にしたすべての音をすべて身体でやってみるんだ。将来のことを考えたり、そんなことに巻き込まれないようにね。

So many great entertainers have just been taken in the past, and they ended up lonely, sad and broken. I've always said to myself, I never want to be that way and I'm going to try my hardest to learn about the business side, support myself, invest my money, save. Who knows what tomorrow brings? You want to be protected financially so you can support yourself.

多くの偉大なエンターティナー達は忘れ去られ、孤独に最後を迎え哀しく壊れていった。僕は自分によく言い聞かせてきたんだ。自分はそうはなりたくないって。だから、僕はビジネスに関して相当熱心に勉強して、それは自活するうえでも、自分の資産への投資にも役立った。明日のことを誰が知ってる?自分の財産を守るのは、自分自身なんだよ。

Would you like to be remembered as a great entertainer?
あなたは、偉大なエンターティナーとして人々に覚えていてほしいですか?

MJ : I love movies and I love art - and an architect is an entertainer, the guy who builds a rollercoaster is an entertainer. He knows where to build the slopes, and the big anticipation when you go up... He makes you go,'Oh my God!' when you get to the top before you come down. It's just the same as structuring a show or a dance.

MJ : 僕は映画も芸術も愛している。また、建築家もエンターティナーであり、ジェットコースターを作る人もエンターティナーといえる。彼らは傾斜がどこにあって、上に上ったとき、人々が、その先にどんな期待をもつのかもわかっていて、一番上に登った瞬間、うわーすごい!と驚かせることができる。それは、まさにショーやダンスを作り上げることと同じことだよ。

Does it ever become a burden to be
one of the most recognized stars in the world?

世界で最も知られたスターであることは負担になりますか?

MJ : There's nowhere in the world I can actually go and have privacy. The thing that hurts the most is the fact that your privacy is taken away from you. To use the silly _expression, you live in a fishbowl, but it’s true. I do disguises… People know them all, it’s very hard, very hard.

MJ : この世界で、僕が、実際にプライヴァシーを持って行けるところはどこにもない。プライヴァシーが奪われることがとても痛ましいのは事実だよ。バカげたものを使って変装したり、金魚鉢に住んでいるというのは、本当のことで、、口実を使ってみたりさ、、それらすべてを人々が知っている。それは、本当にキツいことだよ。すごくキツい。

What kind of disguises?
例えば、どんな変装を?

MJ : Bat suits, buck teeth, glasses, afros, prosthetics, make-up jobs, everything. Just to sit in the audience and experience it the way an audience would experience a show ; I want to feel how they feel.

MJ : 変なスーツ、出っ歯、眼鏡、アフロヘア、義手義足、メイキャップ、すべてだよ。観客として座って、普通の聴衆がショーを見るようにそれを経験して、彼らがどんな風に感じるか知りたいんだ。

Do they find you out?
彼らに発見されましたか?

MJ : Sometimes, yes. In the beginning, no. Then they start looking me in the eyes. I put these things on and then they start looking behind the glasses… Girls are very smart, you know. You can trick a guy quicker than you can trick a girl. Women can just pick it up. They know the way you move your body, the way you walk, the way you gesture. I hear them go, ‘Look at the way he moves his hand’, or ‘ Look at the way he was walking’, and I think, ‘ Oh no.’

MJ : 時々ね。それも始まってすぐにだよ。彼らはまず僕の眼を見始めるんだ。僕は色々身に付けているから、彼らはメガネの奥を覗き込むように見始めるんだ。ガール達は賢いよね。女の子を騙すより、男を騙す方が簡単だよ。女性はすぐに気づく。彼女たちは、身体の動きとか、歩き方とか、仕草を知っていて、「彼の手の動きを見て」とか「彼の歩き方を見て」とか言うのを聴いて思ったよ。「オー、ノー!!!」って。

If You were invisible for a day in London, what would you do?
もし、このロンドンで1日だけ、透明人間になれるとしたら、あなたは何をしますか?

MJ : Oh boy. Who would I like to slap? Let me see {laughs}… I think I’d find one of the tabloid paparazzi and kick his ass , moonwalk style. I’d really like to knock them off one of those little scooters they ride around on, I really would, knock the cameras right out of their hands. They’re so annoying. I’d go for them first, yeah. They drive you nuts. You can’t get away from them. It’s terrible.

MJ : あぁそんな、、僕が誰を引っ叩きたいかって?そうだなぁ(笑)....タブロイド誌のひとりを見つけて、彼のケツを蹴り上げるね。ムーンウォークで。彼らが乗り回してる小型スクーターも倒してやりたいと本当に思うし、彼らの手からカメラもたたき落してやりたい。彼らは本当に迷惑だから、まず、彼らのところに行くのは間違いないね。ホントくだらない。彼らから逃れることが出来ないのは恐ろしいことだよ。

Who has inspired you the most professionally, and who do you relate to?
あなたが最も影響を受けたのは誰ですか?また交流があるのは?

MJ : Probably Walt Disney ; because when I was little I grew up in an adult world. I grew up on stage. I grew up in night clubs. When I was seven, eight years old I was in nightclubs. I saw striptease girls take off all their clothes.

MJ : ウォルト・ディズニーかな。なぜなら、僕は子供の頃から大人の世界で成長した。ステージとかナイトクラブとかね。7歳か8歳のころ、僕はナイトクラブにいて、ストリップの女達が服を脱いでいくところを見ていたからね。

I saw fights break out. I saw people throw up on each other. I saw adults act like pigs. That’s why to this day I hate clubs. I don’t like going to clubs – I did that already, I’ve been there. That’s why I compensate now for what I didn’t do then.

そこでは争いが起こり、人々が互いの上で吐くのを見たよ。僕は大人がブタのように行動するのを見て、そのせいで、僕は今日までクラブが嫌いなんだ。ぼくは、そういった経験して、そのとき出来なかったことを、今、補いたいんだ。

So when you come to my house, you’ll see I have rides, I have a movie theatre, I have animals. I love animals – elephants and giraffes and lions and tigers and bears, all kinds of snakes. I get to do all those wonderful things that I didn’t get to do when I was little, because we didn’t have those things.

僕の家に来たら、きみは乗り物があるのを見ることになる。映画館もあって、動物がいて.....ぼくは動物が大好きで、ゾウやキリン、ライオン、トラ、クマ、あらゆる種類のヘビ、それらすべての素晴らしいものを、子供の頃は手に入れることができなかった。僕たちはそういった機会はもてなかったんだ。

We didn’t have Christmas. We didn’t have sleepovers. We didn’t have school, we had private school when we were touring. I didn’t go to a state school. We tried it for two weeks and it didn’t work. It was very difficult. It’s hard growing up a celebrity child. Very few make that transition from child star to adult star. It’s very difficult.

僕たちにはクリスマスがなかったし、「お泊まり」も出来なかった。学校にも行けなかったし、ツアーのためにプライヴェートスクールには行っていたけど、州立学校には行けなかった。2週間ぐらい試しに行ってみたけどね。有名な子供が成長するのはとても大変で、チャイルドスターが大人のスターになって行くことは本当に難しいことなんだ。

I relate to Shirley Temple. I met her in San Francisco and I sat at her table and I cried so bad. She said, ‘What’s wrong Michael?’ I said, ‘I love you. I need to be around you more.’ She goes, ‘You’re one of us, aren’t you?’ and I said ‘Yes, I am.’ Somebody else said, ‘What do you mean?’

僕はシャーリー・テンプルと交流があって、サンフランシスコまで会いに行って、2人でテーブルに着いたとき、僕は激しく泣いたよ。彼女は言ったんだ「マイケル、どうしたの?」僕は言った「あなたを愛しています。ぼくは、あなたがずっと必要だった」彼女は「あなたは、私たちのうちの1人なのね」僕はそうだと答えた。誰かに「どういう意味?」かと言われたんだけど、

and she said, ‘Michael knows what I mean.’ And I know exactly what she meant – to have been there as a child star and to have graduated to have succeeded in making that transition to fame as an adult is very difficult. When you’re a child star people don’t want you to grow up. They want you to stay little for ever. They don’t want you to work afterwards. It’s very hard.

彼女は「マイケル、あなたは私が何を言いたいかわかるでしょう」と。僕は、彼女が何を言いたいかよくわかったよ。チャイルドスターとして、そこで成長し、有名な大人になっていくことは本当に困難なんだ。人々は、チャイルドスターが成長して欲しくないし、ずっと子どものままでいて欲しいから、彼らのその後には興味がない。それはとても厳しいことだよ。

Tell me more about your interests in theme parks – what is it about them that interests you?
テーマパークへの関心について:それは、あなたにとってどのような興味ですか?

MJ : My favorite thing about theme parks – and I have a pretty good outlook on it because I’ve traveled the world many times over – is I love seeing people simply come together with their families and have fun. It really does bring them closer together. I go for fun, but I also go to study. I go after hours to most parks because I can’t go in the regular hours. They’re kind of like a ghost town.

MJ : 僕がテーマパークを好きな点について ー 世界中の旅行先で何度も見てるんだけど、僕はそこで人々が家族と一緒にただ楽しんでいるのを見るのが好きなんだ。彼らは本当に輝いていて気持ちが通い合っている。ただ、僕はそこに行くのが好きだし、研究もしたいんだけど、一般的な開業時間に入ることができないから、テーマパークが終了した後に行くことになる。すると、そこは、まるで「ゴーストタウン」なんだよね。

I hear you have some ideas for a theme park in Las Vegas?
あなたのラスベガスのテーマパークに関する、いくつかのアイデアを聞いたのですが?

MJ : I’ve done many projects in Las Vegas, and what I think I’ve done is I’ve widened the demographic there. Because when I was a little kid – I was no more than eight years old – my brothers and I would go to Las Vegas, and at that time kids weren’t even allowed to walk on a casino floor. So we used to stay up in our rooms, bored, with nothing to do while everyone else gambled.

MJ : 僕はラスベガスで多くのプロジェクトやったよ。僕がやったと思っていることは、そこの人口の年齢幅を広げたということだね。僕が少年だったころ ー せいぜい8歳ぐらいかな ー 僕や兄弟たちがラスベガスに行ったとき、子どもはカジノのフロアを歩くことさえ認められなかった。だから、僕たちは部屋にいることしか出来なくて、退屈で、みんなはギャンブルをしているのに、僕らは何にもすることがなかった。

There was only one place for kids in Vegas at the time, called Circus Circus. It was a hotel and the theme they had there was clowns, So there was a trapeze man and there were chimps doing the little unicycles. When I got older we played Vegas a lot – we performed there many, many times – and I thought about it and I said, ‘It’s really not fair that there’s nothing here for children,’ so I started to conceive a couple of ideas for certain hotel owners. And now it’s like the family-themed vacation kingdom, it really is.

その頃のべガスには、子どものための場所がひとつだけがあって「サーカス、サーカス」て呼んでた。それはホテルのことで、ピエロがテーマだったんだ。ブランコ乗りがいて、チンパンジーが一輪車に乗っていた。ぼくは大人になってからもべガスに行って、そこで何度も何度もパフォーマンスをした ー それで、こう考えたんだ。「子どものために、何もないなんて、不公平だってね」それから、僕はあるホテルオーナーに、2、3のアイデアを考えはじめて、今、ここは「ファミリーテーマ王国」のようになった。それは現実になったんだよ。

☆2002年「Gold」誌インタヴュー[2]に続く


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16853132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 安國麻衣 at 2011-11-22 15:09 x
yomodaliteさま
こんにちは、
なぜか今日、私もこの「Gold 2002」のインタビュー読み直していたんです。
不思議・・。

翻訳、お疲れ様です、とても愛と理解があって、素敵な良い訳だと思います。
単に読み取る事から、日本語にする事は過酷な作業ですよね。

MJの英語を読んでいると、「Moonwalk」とかもそうですが、「I」と「you」が交錯しますよね。
英語では、普通の表現なのかなと思って他の人と比べてみましたが、やはり、MJの言い回しは独特みたい。
「I」と「you」の距離感を縮めてゆこうとしているのかな・・? 
Commented by yomodalite at 2011-11-23 00:55
>愛と理解があって......過酷な作業ですよね。

根性のみ(笑)です!愛は間違うことが多いので、、ホントご注意くださいね!

>「I」と「you」が交錯......やはり、MJの言い回しは独特みたい。

歌詞の中の主語はどちらでもとれるように意図してるなぁとは感じてたけど、
こういった文章の中の「I」と「you」の使い方はどーかなぁ....そこはわたしには難しいなぁ。現役の学生だった頃もよくわかんなかったし.....人生の中で真剣に読んだ英語文の99%がMJ関連のような気もするしw.....

どなたか、この件について解る方がおられましたら、是非、教えてくださいませ。

それと、、yomodalitのあとの「さま」は、ナシで、夜露死苦っ!
Commented by Jean moulin at 2011-11-23 18:46 x
えっ、よびすて?それともパリーグ二軍コーチ的なよもさん? 私も、今度から、この名前でおじゃまします。自分の名前で検索した時に、よもさんへのコメントが上位ヒットする事が、判明したので…

「gold」の全訳お疲れ様でした。なかなか貴重。
私もMJの演技は好きなのですが、なり切り度合いが凄すぎて、人の枠に納まらないかも。
「シザーハンズ」なんか、ジョニーデップの演技が緩めな事もあって、MJで見てみたかった気もします。
Commented by yomodalite at 2011-11-24 08:10
>よもさんは、パリーグの二軍監督みたいだから、絶対禁止って、もう何回言わせるのーーーー!!!!(ぷんぷん)

他のみんなも、yomodalite様→様はやめてね→よもさん....という「お約束」はナシだかんね!!!(今後は「よもさんワード」絶対承認しないかんね!マジ!!!)

moulinさんが、そんな古いコメント覚えているようなやつだったとは.....(sakaekoさん、私の代わりにシメといてw)どうか、これからも素敵な作品を創ってくださいませ。

>全訳お疲れさまでした。

ホント疲れた(笑)勝手にやっといて何言ってんだって感じだけど、あまりに疲れて70年代の続きを書く気が失せてきたww 訳も疲れたけど、デュマの本とか、70年代振り返ってるときも観なきゃいけない映画が一杯あって「ハァーーっ」て感じだったのに.....もうMJ、面倒くさ過ぎるぅー
Commented by sakaeko at 2012-01-28 08:25 x
呼んだ~??
ナニナニ・・・よもさんとか呼ばれてるし(爆)

>☆写真は「Gold」誌から。左側の女性が、MJ史上最高の変顔期にグッドインタヴューに成功した“マグダレーナ”(Gold Girl)
史上最高の変顔期ってww
最近30thのDVDが大好き過ぎて悶えてます♡

いやいや、そうでは無くて素晴らしい和訳ありがとうございますした!
>もうMJ、面倒くさ過ぎるぅー
そう言わずに頑張って♡←あたしに言われんでも頑張るわぃって(汗)
2週間前から英語を習いだしたのでyomodaliteさんのお手伝いができるのは10年後位になりそうなんでそれまで待っててね(爆)
今日お邪魔したのはThe Sanのインタビューで
Michaelが老眼鏡姿で鎮痛剤についての質問をされている時の
サインした事もあまり覚えていないみたいな事をyomodaliteさんが以前和訳してくれましたよね??
その記事を探しているのですが、どこに入ってますか??
教えて下さい~♡
Commented by yomodalite at 2012-01-28 09:14
>呼んだ~??
遅いっ!あまりにも遅いので、sakaekoさんをシメとかないといけないのにww、結局は使われてしまうみたい。。

>お手伝いができるのは10年後位....待っててね(爆)
手帳の2022年の予定に「sakaeko先生に英語を習う」て書いといたからヨロシクね!

>お邪魔したのはThe Sanのインタビュー
ブログ右側の覧の「カテゴリ」goofy grin の中の「MJ Glassies Collection (3)」にあります。是非、sakaekoさんの英語の先生にも動画を見せて、和訳だけじゃなく、英語文にも間違いがないかどうか確認してみてね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-11-21 16:09 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(6)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite