マイケルと70年代(70's Hit Album 1977 - 1979)[6]

f0134963_18134129.jpg
FLEETWOOD MAC



マイケルと70年代(70's Hit Album 1974 - 1976)のつづき

わたしは、70年代をシングルで振り返っていたときは、後期のディスコヒットぐらいしか知らないという印象でしたが、アルバムチャートでは、中期からロック系バンド隆盛の時代が到来し、その流行が80年代にも継続して受け継がれていっているせいか、アルバムチャートで、曲を振り返った方が知ってる曲が多いように感じた人も多いのではないでしょうか。

また「アルバムの時代」は、70年代中頃からの傾向で、若者をターゲットにしたマーケットではより反映されているようです。

70年代のヒットチャートを探る試みは、今回が最後。調べてみるまで、あんまり知らなかったにもかかわらず、ずうずうしく次回から、70年代がMJに与えた影響などを考えてみたいと思ってます。

下記は、1977年から1979年のアルバムチャート!
◎BILLBOARD 1970's ALBUM TOP50 (PART 2)


f0134963_1822961.jpg
FLEETWOOD MAC『RUMOURS』



◎1977 ALBUM TOP10

1:FLEETWOOD MAC『RUMOURS』
☆アルバムは31週間に渡って全米1位に輝き、1,700万枚といわれる史上空前のセールスを記録し、シングル「Dreams」も全米1位になる。
◎Dreams(Live) - Fleetwood Mac
◎Go Your Own Way- Fleetwood Mac

2:STEVIE WONDER『SONGS IN THE KEY OF LIFE』
☆このアルバムは、MJの2003年のインタヴューでも言及しているアルバム。下記の2曲はいずれも、シングルチャートで1位を獲得。
◎Sir Duke - STEVIE WONDER
◎I Wish(Live) - STEVIE WONDER

3:SOUNDTRACK『A STAR IS BORN』
☆1954年のジュディ・ガーランド主演作など、何度もリメイクされている映画『スター誕生』。こちらは、バーブラ・ストライサンド、クリス・クリストファーソン出演で、バーブラが作曲して歌った『スター誕生/愛のテーマ』が大ヒット
◎Evergreen(A star is born)- Barbra Streisand

4:EAGLES『HOTEL CALIFORNIA』
◎Hotel California - Eagles

5:BOSTON『BOSTON』
☆邦題『幻想飛行』。シングル「More Than A Feeling 宇宙の彼方へ」がヒット・チャートを駆け上がり、アルバムは全米3位を獲得。同年だけで100万枚を売り上げ、2003年までに通算1700万枚のセールスを記録、アメリカン・ロックの新しい時代を開く歴史的作品となった。1978年、ツアーの合間を縫って慌ただしく制作されたセカンド・アルバム『Don`t look back』も全米1位の大ヒットを記録した。
◎More than A Feeling - Boston
◎Don`t look back(live&studio full version)
◎ボストン(ウィキペディア)

6:ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA(ELO)『A NEW WORLD RECORD』
☆1974年の『Eldorado』が初の全米ゴールドディスクを獲得、1975年の『Face The Music』1976年の『オーロラの救世主(A New World Record)』でヒットチャートの常連へと成長。その後、二枚組大作『アウト・オブ・ザ・ブルー』(1977)、当時大流行したDisco BeatをELO流に解釈したPOP Rockの傑作『Discovery』(1979)を生み出し、作品の質もレコードの売上げも、ライブの動員規模でもキャリアのピークを迎え、1980年に映画『Xanadu』のサントラから3曲を全米Billboard TOP20に送り込んだ。

(ELO、たくさん曲を並べてしまいましたが、、あらためて聴いてみたら思ってたよりすごくビートルズぽかったことが新鮮だったので。。)

◎Telephone Line (アルバム「A NEW WORLD RECORD」1976) - ELO
◎Shine a Little Love(アルバム「Discovery」1979) - ELO
◎Don't Bring Me Down(アルバム「Discovery」1979) - ELO
◎Confusion(アルバム「Discovery」1979) - ELO
◎The Diary of Horace Wimp(アルバム「Discovery」1979) - ELO
◎Last Train to London(アルバム「Discovery」1979) - ELO

7:K.C.& THE SUNSHINE BAND『PART3』
◎Shake Your booty (Shake, Shake, Shake) - K.C.& THE SUNSHINE BAND

8:BOZ SCAGGS『SILK DEGREES』
☆1976年のアルバムチャートの年間17位からさらに躍進。
◎Lowdown - Boz Scaggs
◎We're All Alone - Boz Scaggs(日本語訳)

9:BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND『NIGHT MOVES』
◎Night moves - Bob Seger & The Silver Bullet Band

10:FLEETWOOD MAC『FLEETWOOD MAC』
☆1976年の年間2位だったアルバムが翌年もチャートイン!
◎Say You Love Me - FLEETWOOD MAC
◎Over My Head - FLEETWOOD MAC


f0134963_18315862.jpg
BOSTON『More Than A Feeling』



f0134963_183516.jpg
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA『A NEW WORLD RECORD』



☆注目アルバム

13:DARYL HALL & JOHN OATES『BIGGER THAN BOTH OF US』
☆ホール&オーツは1970年代中盤にブレイクし、1980年代にはさらに人気を博した。
『Rich Girl』はNo.1シングル!

◎Rich Girl(1977 Live) - DARYL HALL & JOHN OATES
◎ホール&オーツ(ウィキペディア)

15:BARRY MANILOW『THIS ONE'S FOR YOU』
☆下記の曲はいずれもNo.1シングル
◎Daybreak(Live) - BARRY MANILOW
◎Weekend in New England(Live) - BARRY MANILOW

16:LEO SAYER『ENDLESS FLIGHT』
☆下記の2曲はいずれもNo.1シングル!
◎You Make Me Feel Like Dancing - LEO SAYER
◎When I Need You- LEO SAYER

19:KISS『ROCK AND ROLL OVER』
21:JIMMY BUFFETT『CHANGES IN LATITUDES,CHANGES IN ATTITUDES』

24:BEE GEES『CHILDREN OF THE WORLD』
◎Love So Right - BEE GEES

25:FOREIGNER『FOREIGNER』
◎フォリナー(ウィキペディア)
◎Hot Blooded - Foreigner

26:GEORGE BENSON『BREEZIN'』
◎This Masquerade - GEORGE BENSON

27:GEORGE BENSON『IN FLIGHT』
◎Nature Boy - George Benson

28:THELMA HOUSTON『ANYWAY YOU LIKE IT』
◎Don't Leave Me This Way(1977 Live) - THELMA HOUSTON

32:ATLANTA RHYTHM SECTION(ARS)『A ROCK AND ROLL ALTERNATIVE』
◎アトランタ・リズムセクションについて書かれている「素敵なブログ」
◎So Into You - ARS

37:SOUNDTRACK『ROCKY』
45:MARVIN GAYE『MARVIN GAYE LIVE AT THE LONDON PALLADIUM』


f0134963_18405094.jpg
SOUNDTRACK『SATURDAY NIGHT FEVER』



◎1978 ALBUM TOP10

1:SOUNDTRACK『SATURDAY NIGHT FEVER』
2:SOUNDTRACK『GREASE』
3:FLEEDWOOD MAC『RUMOURS』
4:BILLY JOEL『THE STRANGER』

5:STEELY DAN『AJA』
◎Aja - Steely Dan

6:CHUCK MANGIONE『FEELS SO GOOD』
◎Feels So Good(Live) - Chuck Mangione

7:STYX『THE GRAND ILLUSION』
8:LINDA RONSTADT『SIMPLE DREAMS』
9:KANSAS『POINT OF KNOW RETURN』

10:ERIC CLAPTON『SLOWHAND』
◎Wonderful Tonight - ERIC CLAPTON


☆注目アルバム

13:MEAT LOAF『BAT OUT OF HELL』
◎ミートローフ(ウィキペディア)
◎Bat Out of Hell - MEAT LOAF
◎You Took the Words Right out of My Mouth(Bat Out Of Hell - Tour)

17:BOB WELCH『FRENCH KISS』
☆わたしが個人的にBOB WELCHが好きで、特にパリス名義の「Paris」と「Big Towne, 2061」が、大好きなので。。
◎ボブ・ウェルチ(ウィキペディア)

◎Ebony Eyes(アルバム「French Kiss」) - Bob Welch
◎Precious Love(アルバム「Three Hearts」) - Bob Welch

◎Black Book(アルバム「PARIS」)- Paris
◎Big Towne 2061(アルバム「Big Towne 2061」) - Paris
◎Heart Of Stone(アルバム「Big Towne 2061」)- Paris
◎New Orleans(アルバム「Big Towne 2061」)- Paris
◎Pale Horse,Pale Rider(アルバム「Big Towne 2061」)- Paris

28:JOURNEY『INFINITY』
29:QUEEN『NEWS OF THE WORLD』
33:VAN HALEN『VAN HALEN』
37:CHIC『CHIC』
38:GERRY RAFFERTY『CITY TO CITY』


f0134963_18501919.jpg
BILLY JOEL『52ND STREET』



◎1979 ALBUM TOP10

1:BILLY JOEL『52ND STREET』
☆このアルバムは1978年発売ですが、1982年に世界初の「商業用CD」として選ばれた。
◎Big Shot - BILLY JOEL
◎Honesty - BILLY JOEL
◎My Life(1982 Live) - BILLY JOEL
◎ビリー・ジョエル(ウィキペディア)

2:BEE GEES『SPIRITS HAVING FLOWN』
☆「Saturday Night Fever 」とのコラボによるアルバム。
◎Love You Inside Out
◎Spirits (Having Flown)

3:DOOBIE BROTHERS『MINUTE BY MINUTE』
☆玉置浩二にも大きな影響をあたえ、MJとも交流があったウェストコースト・ロックを代表するバンド。

☆すぐに消えてしまう「ミニット・バイ・ミニット」このコーラス、MJかなぁ?
◎Minute By Minute - Doobie Brothers

◎ドゥービー・ブラザーズ(ウィキペディア)
◎What a fool believes - Doobie Brothers
◎Here to Love You - Doobie Brothers(HQ audio)

☆MJが電話してるのはエリザベスで、インタヴューに答えているオヤジは『ネヴァーランディング・ストーリー』(Miss Cast Away)の監督、ブライアン・マイケル・ストラー
◎エリザベスに電話で「Minute By Minute」を歌うMJ

ミニット・バイ・ミニット(ウィキペディア)には、Here to Love You、What a Fool Believes、Minute by Minute に参加と書いてあるだけど、、


4:CARS『The CARS』
◎カーズ(ウィキペディア)
◎Just What I Needed (アルバム「The Cars」1978)
◎Let's Go - The Cars(アルバム「Candy-O」1979)
◎You might think(アルバム「Heartbeat City」1984)

5:SUPERTRAMP『BREAKFAST IN AMERICA』
☆バンド名はウィリアム・ヘンリー・デイヴィスの小説「素晴らしき放浪者の自叙伝 The Autobiography of a Super-Tramp」から。1974年発表の3枚目のアルバム『Crime Of The Century』がヒット。『Crisis What's Crisis?』(1975年)『Even In The Quietest Moments...』(1977年)など、立て続けにヒットを飛ばし、1979年発表のアルバム『Breakfast in America』が全米第1位を獲得。アメリカだけで400万枚(全世界で1800万枚)を売り上げた。
◎スーパートランプ(ウィキペディア)
◎Breakfast in America (Live 1983) - SUPERTRAMP
◎The Logical Song(Live)- SUPERTRAMP
◎Goodbye Stranger - SUPERTRAMP

6:DONNA SUMMER『LIVE AND MORE』
☆2枚組ライブアルバム
◎MacArthur Park(PV) - DONNA SUMMER

7:STYX『PIECES OF EIGHT』

8:DONNA SUMMER『BAD GIRLS』
☆1979年のドナ・サマーはシングル2曲だけでなく、アルバムも2枚チャートイン!

9:BLONDIE『PARALLEL LINES』
☆『Call Me』は翌年1980年、ジョルジォ・モロダーの音楽プロデュースによる映画『アメリカン・ジゴロ』(主演リチャード・ギア)のサントラに収録。「Heart of Glass」のPVは、当時MJも常連だったナイトクラブ「Studio 54」で撮影。この頃のブロンディはまだ「ニューヨーク・パンク」色の名残がある。
◎Heart of Glass(PV)- BLONDIE
◎Sunday Girl(1979 Live)- BLONDIE
◎One Way or Another(1979 Live)- BLONDIE
◎Picture This(PV)- BLONDIE

10:ROD STEWART『BLONDES HAVE MORE FUN』


f0134963_1904428.jpg
BLONDIE『PARALLEL LINES』



☆注目アルバム

11:KENNY ROGERS『THE GAMBLER』

13:CHEAP TRICK『CHEAP TRICK AT BUDUKAN』
☆1978年に行った日本公演の模様を収録したライヴ・アルバム。1978年10月に日本で先行発売され、翌年には本国アメリカでも発売され大ヒットした。
◎I Want You To Want Me(from Budokan)- CHEAP TRICK

16:KNACK『GET THE KNACK』

19:TOTO『TOTO』
☆「Human Nature」の作編曲者のSteve Porcaro、MJの『Off The Wall』や、BADツアーのメンバーでもあったGreg Phillinganesも在籍。
◎TOTO(ウィキペディア)
◎Hold the Line - TOTO
◎I'll Supply the Love - TOTO

21:POCO『LEGEND』
◎Crazy Love - POCO

23:DIRE STRAITS『DIRE STRAITS』
◎Sultans of Swing - DIRE STRAITS

29:BAD COMPANY『DESOLATION ANGELS』
◎Rock and Roll Fantasy

31:JACKSONS『DESTINY』

37:SISTER SLEDGE『WE ARE FAMILY』
◎WE ARE FAMILY - SISTER SLEDGE

49:TALKING HEADS『MORE SONGS ABOUT BUILDINGS AND FOOD』
◎Take Me to the River - TALKING HEADS



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16845270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-11-19 19:18 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite