ひとりごと(2011.11.18)『熱砂の舞』

f0134963_1254598.jpg
ラミーの季節! でも、森永のことを忘れてたことに気づいちゃって。。。



基本的に「ジャケ買い」のクセがあるわたしとしては、森永のパッケージって、なんか中途半端な感じがして。。。

でも、数年前なら、森永だけでなく、各社すべてのデザインが気になってしかたなかったんだけど、本もCDも「ジャケ買い」禁止するようになってから、世界が広がったということもあるので、「ダース」のロゴの完成度の低さも(ロゴだけじゃないけど...)、目をつぶって味わってみるのだ。


まずは、ミルクチョコ対決。


森永ダースは、一粒一粒分かれてるのがいいよね。。ロッテのガーナは個別包装のタイプもあるけど、同じ価格帯の板チョコの方は割りにくくて、1個、2個食べようと思っても、もっと集団で食べちゃうことになったりして「ヤバい」よね。。


味の方は、ミルク感に差があるなぁ。


森永の方が、ミルク感が濃厚というか、特色があるというか、ヘーゼルナッツペーストとか、生クリーム、ホエイパウダーといった「原材料名」が「ふむふむ」って感じかも。比較すると、ロッテの方が「シンプル」な味だけど.....


Ummm.....やっぱり、日本の「安いチョコ」のレベルの高さって、世界一だわ。


この間、ヴァレンティノの『熱砂の舞』を図書館で借りてみたんだけど、サイレント映画って、似たような音楽がずっと流れているところとか、しかもVHSだと画面もボケボケだし、どんなに無料であっても、ガマンの領域という感じではあったのだけど、、意外と楽しめた。

YouTubeと、写真で観ていたときは、ヴァレンティノの魅力は、冷たい視線と相反する情熱的な態度にあると思ってたんだけど、笑顔もすごく魅力的だったってことがわかってしまいました。。(ヴァレンティノは「シークの息子」を演じていて、パパのシークもカッコ良くて、誰?て思っていたんだけど、ヴァレンティノが1人2役を演じているらしい)

女子萌え心に火をつけるような、プロフェッショナルな笑顔って、意外と少なくて、リチャード・ギアと、ヨン様と、MJは特別で、中でも、MJはスゴ過ぎるよね。

ここで、MJがモノマネしてるシーンは、写真では、なにか復讐を企んでいるような感じに見えたんだけど、実際は、ヴァレンティノが踊り子の女を見つめているシーンで、それに気づいた踊り子が、彼の元に近寄っていくと、

Yasmin, Yasmin, my beloved. Can you ever fogive ー?
最愛のヤスミン、ゆるしてくれるかい?

という「字幕」とともに、ヴァレンティノの表情は一転して、女に懇願するような表情になり、その後は群衆と戦うシーンになるんですよね。。

Ummm....どこがって言われても、ホント困るんだけど『熱砂の舞』を観てたら、何度も「Remember the Time」を思い出しました。

「熱砂の舞」(The Son of The Sheik)には、ヴァレンティノが踊るシーンもないし、「Smoose criminal」と「Band Wagon」以上に違うのでまったくお薦めしませんが。

お薦めしないと言えば、1998年ブランドの映画『フリーマネー』(Free Money) 

わたしは相当笑ったけど、、変なコメディに目がないひと以外は、絶対に観ない方がいいです(言わなくても誰も観ようとしてないと思いますが、、)

でも、、ジョニー・デップ(1995)(1997)、チャーリー・シーン(1998)、ロバート・デニーロ(2001)との共演でも、ブランドは全部イケてて、

それなのに『You Rock My Would』だけ良くないのは、、やっぱ、MJの責任ってことだよね。。Ummm....とりあえず、そこは「断定」するしかないかなぁ。。

ブランドものでは『地獄の黙示録』に、再挑戦しなくちゃと思っているのだけど、その前に読んでおこうと思った、新訳の評判が高い『闇の奥』(翻訳:藤永茂)がスゴ過ぎて、まだ映画の方が観られない。。。

ブランドはデヴュー作から、一貫してアメリカの光と影の「影」を意識して演じてきたスターで、ジョニー・デップが「He's as important as, uh... who's important today?」と言っているのも、そーゆー意味なんだと思いますが、、、アメリカにとっても早過ぎたし、当時の日本にとっては、もっと早かったと思う。

MJの親友、エリザベス・テーラーの映画も、今日本で観られないものが多いけど、2人とも、世紀の美男美女だったけど、そのイメージに納まりきらない、早過ぎた個性のひとだったみたい。。。

☆わたしは、岩清水氏のものは未読。
◎『闇の奥』(中野好夫 訳)松岡正剛の千夜千冊
◎『闇の奥』(岩清水由美子訳の感想)
◎『闇の奥』(黒原敏行訳の感想)





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16839911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 安國麻衣 at 2011-11-18 18:05 x
yomodaliteさま

こんにちは
チョコもまさかのジャケ買い・・。

「地獄の黙示録」、コッポラが「豊饒の海」片手に制作したというのが気になって、ちゃんと見直さないと、思ってたんです。といことは、「闇の奥」も読まないと、と。
新訳、評判良いようですが、高いので、中野版にしようかと思っているのですが、yomodaliteさま両方読まれました?やっぱり、新訳版が良いですか?

デニス・ホッパーも亡くなっちゃいましたね。ウォーホールとの共作、毛沢東像は印象的でした。
Commented by yomodalite at 2011-11-19 00:47
ブログには書いてないけど、今年の初めごろに、ようやく「豊饒の海」4巻読み終えたときには、まさか、そのあと、ブランドが「来る」なんて思ってなかったんですけど。。。わたしもコッポラの片手発言とブランドの自伝で「闇の奥」必読かなって思ったんですが、中野版は挫折経験ありです。。松岡氏のように、どこかに種痘を打っている方でないとキツいかな。。。中野版以外を図書館で探されては?

わたしが読んだ藤永氏は「『闇の奥』の奥」という植民地研究の本も書かれている、量子化学の研究者の方で、『預言者』の柳澤氏のように、かなり確信的な翻訳。

アマゾンレヴューは、どの翻訳版も同じレヴューを使い回しているので、わかりにくいんだけど、中野本と比較すれば、わかりやすいという感想は共通かも。。

デニス・ホッパーは、勝新の親友でもあるし、ウォーホルはMJのファンだし、次に観る、ブランドの映画は『ビートニク』(ホッパー、デップ共演)にしようと思ってたとこです。
Commented by 安國麻衣 at 2011-11-19 03:59 x
そうですか 闇の奥情報ありがとうございます。検討します。ウォーホルかなりMJ好きですよね。また、レヴュー楽しみにしてます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-11-18 13:13 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(3)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite