TUKI Brando(Marlon Brando's grandson)

f0134963_15342075.jpg
ただ、ただ、、眼の保養として....


f0134963_15331119.jpg
TUKI BRANDO : photographer, Gianluca Fontana
stylist : Armelle Leturcq, Julien Mazzoli ー SPRING 2011
f0134963_15394211.jpg
f0134963_1540386.jpg
f0134963_15402625.jpg
f0134963_15412980.jpg
f0134963_15415288.jpg
“あのひと”以上に、おなかぽっこり....
f0134963_15422096.jpg


Herald Sun「Marlon isn't my role model」
(Tuki Brandoインタビュー)

(以下は、上記サイトから。日本語部分はご注意くださいませ)

ALL tanned and attractive, but 16,000km from his beloved beach, Tuki Brando fidgets on a gilt-legged sofa in the ornate surroundings of Paris's Hotel de Crillon.

日焼けした肌で魅力的な、、彼の愛する海岸から16,000km離れた、ゴージャスなパリのホテル・クリヨンの金色の脚のあるソファで、TUKI Brandoは、落ち着きのない調子で座っていた。

As he gazes from the window at the rain lashing down, there's no doubt where he wants to be."It's always warm in Tahiti," he sighs. "I play guitar, I go out with my friends, I surf. I miss the sea."

「タヒチは常に暖かくて....」彼はため息をついて続ける....「ギターを演奏したり、サーフィンをするために、友人と波を求めて外出するんだ」激しく窓を打つ雨を見ながら、彼はそう語った。彼がそんな風に望んでいることに、疑問は感じられない。

f0134963_15552240.jpg
L'Uomo Vogue


Surfing seems to be his great joy, but Tuki has barely had the chance to wax his board recently. Instead, clad in Prada shoes and Versace shirt, he has been riding a tsunami of publicity since a family friend suggested to a model agent that she should take Tuki on.

サーフィンは、彼の大きな喜びであるように見える。しかし、現在の彼はサーフィンボードに蝋を塗る機会をかろうじて得ている。TUKIの家族の友人でもあり、モデル事務所の代理人の薦めにより、プラダの靴や、ヴェルサーチのシャツを着ることで、彼はまるでTUNAMIのような広告活動をこなしている。

f0134963_15573418.jpg
L'Uomo Vogue


His first modelling job was last year with photographer Bruce Weber for the cover of Italian men's fashion magazine L'Uomo Vogue and 22 pages inside - quite an achievement for a 16-year-old.

彼の最初のモデルの仕事は、写真家ブルース・ヴェーバーによる、イタリアのメンズ・ファッション紙「L'Uomo Vogue」で、16歳のとき。

Then he was spotted in the Grand Hotel in Milan, Italy, by famous fashion photographer Mario Testino.

その後、彼は有名なファッション・カメラマン、Mario Testinoによってミラノ、イタリアのグランド・ホテルでも撮影された。

f0134963_160157.jpg
L'Uomo Vogue


"He saw me and said, 'Nice looking'," Tuki says shyly in his heavily French-accented English. "I didn't even know who he was."

彼は私に会ったとき言いました。「イイネ!」Tukiは、極度にフランス語のアクセントが強い英語で、はにかんで言いました。「私は、彼が誰か知りさえしなかった」

f0134963_18284384.jpg

Tuki, now 17, has been hired to be the face of Versace menswear this season and has been photographed with a delighted-looking Donatella Versace.

Tukiは17歳になってすぐ、ヴェルサーチ・メンズウェアの顔として雇われ、ドナテッラ・ヴェルサーチと撮影された。

f0134963_18292082.jpg

"I was very nervous," he admits. "She's really something. But she was very nice to me." Of course, if Tuki were just any Tahitian teenager he would not be receiving this sort of attention. His essential appeal for the designers and glossy magazine editors lies as much in his surname as his bone structure.

「私は非常に神経質になっていた」と彼は認める。「彼女は非常に大物であるにもかかわらず、私にとても親切だった」もちろん、もしTukiが、普通のタヒチ島のティーンエイジャーならば、これほどの考慮はされないだろう。デザイナーとグラビア誌のエディターにとって、彼の本質的な魅力は、彼の姓の中で彼の骨格と同じくらいの位置を占める。

f0134963_161443.jpg

Tuki is the grandson of Marlon Brando, once Hollywood's most devastatingly handsome and talented actor. Brando met Tuki's grandmother, Tarita Teriipia, when he went to Tahiti, in French Polynesia, to film Mutiny on the Bounty.

Tukiは、マーロン・ブランド(ハリウッドのかつて最もハンサムで才能のある俳優)の孫である。『戦艦バウンティ』(Mutiny on the Bounty 1962)を映画化するために仏領ポリネシアのタヒチへ行った時、ブランドはTukiの祖母(Tarita Teriipia)に会った。

Tarita was 19 and working in a hotel kitchen in the Tahitian capital Papeete when she was cast as Maimiti, the girl who fell in love with mutineer Fletcher Christian (Brando).

Maimiti(反乱兵フレッチャー・クリスチャン←ブランドの演じていた役柄)の恋の相手として選ばれた時、Taritaは19歳で、タヒチ島の首都パペーテにあるホテルのキッチンで働いていた。


f0134963_1648291.jpg

Brando pursued the beautiful Polynesian relentlessly for months and, when she gave in, fathered her two children, Teihotu and Cheyenne - Tuki's mother - before abandoning her for fresh conquests.


ブランドが何か月も美しいポリネシア人を追求していたとき、彼女は彼女の2人の子ども、Teihotuおよびシャイエン(Tukiの母親)をもうけました。

Cheyenne and her half-brother Christian, from Brando's first marriage to actor Anna Kashfi, were the moody superstar's acknowledged favourites

シャイエンと、彼女の異父兄弟クリスチャンは、ブランドと女優アンナ・カシュフィとの最初の結婚の時から、大スターのお気に入りとしてよく知られていた。

f0134963_1649711.jpg

He alternately spoilt and ignored them and they ended up on drugs. And by that time, Cheyenne had fallen in love with one of her brother's friends, Dag Drollet, a known drug addict, of whom Brando disapproved.

彼は、その両方を交互に、失ってしまう。(彼らはドラッグによる結末を迎えた)シャイエンは彼女の兄弟の友達のうちの1人に恋をした。Dag Drolletは、麻薬常用者としてよく知られていた(ブランドは否認している)

f0134963_1463276.jpg
Anna Kashfi reading a book to her son Christian Brando


In 1989 she crashed Drollet's jeep in a rage after Brando had withdrawn an invitation for her to visit him while he was filming The Freshman in Toronto.

1989年、ブランドが、彼がトロントで『ドン・サバティーニ』(The Freshman 1990)の映画撮影中、彼女は、そこへの訪問途中、Drolletのジープで衝突事故を起こす。


f0134963_14123056.jpg
Cheyenne Brando(TUKI's Mother)


The facial injuries she suffered, including the loss of part of her ear, ended her modelling career and pushed her further into depression and drugs.

彼女が負った顔の傷は、耳の一部の損失を含め、彼女のモデルとしてのキャリアを終了させ、ドラッグ中毒は悪化の一途をたどる。

f0134963_14173833.jpg
ELLE France:メイン特集でシャイエンの悲劇を伝えている


The following year, when Cheyenne was pregnant with Tuki, she and Drollet went to stay at Brando's house in Los Angeles. Cheyenne and Christian went out to dinner, during which Cheyenne apparently told Christian that Drollet was violent towards her. When they returned to the house, Christian went into the room where Drollet was watching television and shot him in the head.

翌年(このときシャイエンはTukiを妊娠していた)、彼女とDrolletは、ブランドのロサンジェルスの家に泊まりに行き、夕食に外出し、家に戻った時、クリスチャンは、Drolletがテレビを見ていた部屋に入り、彼の頭を撃った。

f0134963_16102281.jpg
法廷でのクリスチャンとマーロン・ブランド


Christian was sentenced to 10 years' jail for voluntary manslaughter, while a distraught Cheyenne, who had by then been diagnosed as a schizophrenic, was shuttled in and out of psychiatric hospitals.

クリスチャンは、任意の故殺のため、10年の刑期が宣告される。一方、取り乱したシャイエンは、統合失調症になどにより、精神病院を転々とする。

When Tuki was born, custody was granted to his grandmother, Tarita, in Tahiti. In 1995, when Tuki was four, Cheyenne, then 25, hanged herself.

Tukiが生まれた時、Tukiの保護はタヒチに住む、彼の祖母(Tarita)に与えられました。1995年、Tukiが4歳だった時、シャイエン(当時25歳)は首つり自殺しました。

f0134963_16552660.jpg
VERSACE 2007


The subject of his mother is, quite understandably, not one that Tuki (whose name, he tells me, means "heartbeat") will discuss. We've been told not to mention it and, when I ask Tuki about his early memories of Tahiti, he winces.

彼の母親の問題はもちろん、Tuki(その名前は、彼によれば「心臓の鼓動」という意味)の、タヒチでの、彼の幼児期の思い出についての話には応じないと命じられました。

"It's a bit hard to talk about this," he says. Even so, Tuki seems cheerful, unpretentious and down-to-earth. His grandmother, with whom he still lives in Tahiti, used to take him most weekends to nearby Tetiaroa, the atoll Brando bought in 1965.

「それは、少し厳しい問題だ」と彼は言う。それでも、Tukiは、陽気で、気取りがなく、現実的に見える。彼の祖母と、彼が住んでいるのは、ブランドが1965年に買った環礁テティアロア(Tetiaroa)の近くで、そこは週末を過ごすために使用されている。

"There were no roads or cars," Tuki says. "There are trees everywhere, sand, sea - it's all natural." Tuki is firm in his resolve not to be an actor.

「そこには、道も自動車もなかった」とTukiが言う。「木はどこにでもあり、砂も海も....すべてが自然なんだ」Tukiは、俳優にはならないと固く決心している。

"Acting is my grandfather and modelling is me," he says. "Even if I wanted to, it would be too hard for me. People would say, 'Ah, he's not as good as his grandfather'. I want to do something different.

「祖父のようには出来ないよ」彼は言う。そうしたかったとしても、それは私にとって難しすぎる。人々は言うだろう。「彼は祖父ほどよくない」私は違うことをしたい。

"Three months ago I saw A Streetcar Named Desire. It was funny to see him on TV, looking so young. He was already old when I first met him."

「3か月前に、私は『欲望という名の電車』を見たんだ。おじいちゃんがすごく若くて、テレビで彼に会うのは、なんだか奇妙な感じだった。最初に会った時から、彼は既に年を取っていたからね」

His grandmother encouraged Tuki to visit the famous grandfather who hurt them all so badly. "I saw him often,' he says of Brando. "He was really nice, but he was the boss of the house. When he wanted to see you, you would see him. But if you wanted to see him, he would decide.

彼の祖母は、有名な祖父を訪ねるようにTukiを促した。「私は彼にしばしば会った」彼はブランドについて言う。「彼はすごくイイ感じの人で、家の中では“ボス”って感じだったよ。彼は、あなたに会いたい時は、あなたに会うだろう。でも、もしあなたが彼に会いたければ、その決定権は彼にあるんだ。

"When you were in his house, you couldn't scream because he hated noise. He told me, 'Don't make a noise, don't speak too loud'. And he never went out anywhere. He just wanted calm and rest."

彼の家にいた時、彼が雑音を嫌ったので、鋭い音を立てることができなかった。彼は私に伝えた「雑音を出さない、また大きな声で話さない‥‥」また、彼はどんな場所にも外出しなかった。彼は平静と休息をただ望んだ。

Rather strange, surely? "No," Tuki says. "It was normal. But I don't think I'm like him in my character at all."

それは奇妙だった?「いいえ」とTukiは答える。「別に変じゃないよ。でも、僕は彼に全く似ていないと思う」

f0134963_18354196.jpg

Brando doesn't sound like a barrel of laughs and when I ask Tuki what was good about him, he doesn't mention things such as secret gifts or bedtime stories, but rather his grandfather's commitment to the ecology of Tahiti.


Tukiが、ブランドについて語ったことによれば、ブランドがタヒチのエコロジーに関して行った秘密の贈り物は、彼の気晴らしや、ファンタジーだけではなかったようだ。

"He was always talking about how, instead of using oil or gas, we could use electric eels," Tuki says, breaking into a laugh. "It was funny." But his grandmother, he says, never talks about him.

彼(ブランド)は、常に具体的に話すんだ。「石油またはガスを使用する代わりに、我々は電気ウナギを使用することができた」とTukiは笑いを交えつつ言う。「面白かった」しかし、祖母は、彼について話さないと彼は言う。

Presumably because she hated him? Tuki shakes his head. "Oh no," he says calmly. "They loved each other always. She was very upset when he died."

それは、彼女が彼を嫌っているから? Tukiは首を振って「いや‥そんなことはない」彼は静かに言う。彼らは常にお互いを愛していた。彼が死んだ時、彼女は非常に気が動転していた。

And was he similarly distraught when Brando died in 2004? "Yeah," Tuki says.

ブランドが2004年に亡くなった時、取り乱していたということ?「ええ」とTukiは言います。

If that is so, it is more than Brando deserves. In a final slap in the face for the grandson who has suffered so much in his life, Brando cut Tuki out of his $20 million will without explanation, although he left monthly payments to several friends and nine of his children.

それはそうだとしても、9人の子どもたちと友人への毎月の支払いは任せましたが、彼の2000万ドルの遺産からTukiが除外されたのは、ブランドが亡くなったこと以上に、苦しんだ孫の顔には平手打ちのようでした。

When I ask who owns Tetiaroa now, Tuki shrugs his shoulders and murmurs, "The heirs, I suppose".

Tetiaroaは、今誰が所有しているの?と私が尋ねると、Tukiは肩をすくめて言いました。「相続人じゃないかな」

f0134963_16511125.jpg
TechnoMarine 2011


But perhaps he is right not to be bitter. He may not have his grandfather's cash, but he has inherited Brando's dramatic eyebrows, Roman nose and almost feminine, pillowy lips. And in the years to come, they will probably net him a multi-million-dollar fortune.

しかし、恐らく彼が苦しくないということは正しい。彼は祖父の現金を持ってはいない。しかし、彼はブランドの劇的に美しい眉、ローマン風の鼻、そして、女性のように柔らかそうな唇を継承した。それは、来たるべき年に、恐らく、彼に数百万ドルの純益を与えるだろう。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16601269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たま at 2011-10-04 22:12 x
おひさしぶりです。
なんて美しいのーーー!!!!

ブランドの遺伝子は優生なのかしら…。
遺産相続はなんでできなかったんだろう?
もういちど読んできます。
Commented by yomodalite at 2011-10-04 23:13
やっぱ、美しいよねーーー!!!

遺産ね。。どっか書いてあったかなぁ。。ホント英語読みには自信ないし、ブランドの遺産に関してのことは、わかんないんだけど、たぶん子供には遺産が遺されたけど、TUKIのママは亡くなってるし、TUKIのおばあちゃんとは離婚してるから、孫への遺産はないってことじゃないかと思ってるんだけど、、どーなんでしょ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-09-25 16:38 | 美男・美女 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite