わたしの3・11ーあの日から始まる今日/茂木健一郎(編)

ダーリンの図書館本。2011年3月11日から約2ヵ月後に出版されたもの。あの日の当日からのことが、様々な肩書きのひとにより語られている。

「刊行にあたって」編者・茂木健一郎による「連帯の時」という文章。

(以下、冒頭部分のみ引用)

誰の人生にも「その瞬間にどこで何をしていたか」鮮明に記憶される大事件がある。それが、自然の猛威がもたらした災害である場合には、多くの人の脳裏に、共通の体験として強烈に刻み込まれる。

私たちは困難を分かち合い、そして互いに手を差し伸べる。それが、私たちをつないでくれる。困難を前に、明るく未来に向き合う力を与えてくれる。(引用終了)


このあと、茂木氏の3・11の様子が語られ、今こそ「連帯」する時だと言う。

たぶん、今生きている多くの日本人にとって、3・11は記憶にのこる大事件だと思う。でも、3・11当日にそう感じたのは、日本に住む1/4ぐらいではないだろうか。わたしには東京のことしかわからないけど、東京でも、本当に地震の恐怖を味わったのは「都心で高層階」に住んでいるか、働いている人が多いと思う。わたしと同じ区で1〜3階にいた人や、山の手に住む友人たちは、同じ地震を味わったとは思えないほど感覚が違っていた。

本書の中で、3・11のとき、被災地にいたのは、サンドウィッチマンの2人だけで、それ以外のひとは、ほとんど東京でその日を経験している。

本書が創られていた頃は、TV局や、新聞社のビル、マスコミ関係者の多くが住む、都心の高層マンションも、何度も余震を受けていて、しばらくの間は、自分たちも「被災者」の一員のような気分でいたけど、その後、被災地との「差」は激しくなるばかりだと思う。

3・11に対しても、それを「津波」でイメージできる人は確実に減少しているでしょう。ここ最近めっきり減った余震で「地震」のイメージすら少なくなっているはず。。。そもそも、日本全体が最大のショックを受けたのは、3・11ではなく、あの原爆と同じような爆発を見た日ではないかと思う。

福島に住む、知りあいの家は3・11から傾き、今もそのままで、9月4日現在も「余震」がすごく多いという。傾いた家での暮らしは、それだけで身体への悪影響が大きいけど、それ以外に、どれほど多くの「苦痛」があることか。。

「連帯」という言葉に、今どんな力があるのか、わたしにはわからない。本書の中で浅野智哉氏は、「希望でひとつになってはいけない」と言い、私たちにできることは何もない。それは曲げようのない真実だけど、本当はできることが何もないのではなく、できることが、あまりにも小さいだけなのだ。と言う。

わたしも、できることがあまりにも小さいという認識は正しいと思う。

ある文化人のひとが、震災直後に、寄付金に関してツイートしていた。とにかく「現金」が必要だと真摯に訴える内容で、キレイごとだとは思わなかった。でも、その寄付金の送り先を「日赤」1本と言い切られたときは、驚きと同時にショックだった。

とにかく「現金」が必要なひとへの、基金のまとめ先として、そこが適当な送り先でないことは、わたしよりも、ずっと年上で、もっと社会に通じていて、尊敬すべき文化人も知らないようだった。(そう思うのはわたしだけでしょうか。知らないなどと言うのは失礼で、やはりあの方法がベターなんでしょうか。これに限らず、正しいことの判断に時間がかかることが多過ぎてよくわからないことばかりです)

最近読んだ『追悼』という本の中で、著者の山口瞳氏は、日本シリーズで優勝した巨人軍の祝賀パレードについて、

「昭和天皇の崩御、美空ひばりさんの逝去、幼女誘拐殺人事件の犯人逮捕、平成元年は暗い年で終わるのかと思っていたら、最後にきて巨人軍が天の岩戸を開いて、日本国中がパッと明るくなった」

と言ったTVアナウンサーについて、それでは、近鉄が勝ったら日本国中が暗くなるのか。いや、そもそも、パ・リーグのチームは巨人に勝ってはいけないのか。その前に、セ・リーグはでは巨人軍様以外のチームが優勝してはいけないのか。


と書かれていた。巨人というチームに、これほどの人気と神通力があった時代も遠くなったけど、そういえば「日赤1本で」と言った文化人のひとも、熱狂的な巨人ファンで、巨人の時代のひとだったことを、この文章を読んで思い出した。

まとまって見えるような「イベント」も「言葉」も「お金」も、それを、ひとりひとりに届けることは難しい。

本書の第一部は「命のプリンシプル」というタイトルで、最後に茂木氏により同タイトルの文章がある。(以下抜粋して引用)

生きるということは、つまり、簡単には見通せない未来に向き合うこと。生きる上では、どうなるかわからないという「不確実性」が避けられない。規則やルールは頼りにならない。信じるに足るのは、自分自身の中にある「プリンシプル」。そんな当たり前の事実を私たちはこの震災で学んだのではないか。(中略) 震災以来、生活は一変した。しかし、本当に生まれ変わったのは、私たちの「心」ではないか。幼虫がサナギになり、蝶になる。「プリンシプル」だけが、命をつないでいく。(引用終了)

私たちは、生まれ変わったのだろうか。住民が消えたといわれた赤坂でも、消えたのは「タワーマンション」の住人だけだったし(と言っても、タワマン以外の住人はすごく少ないのだけど)、一旦消えたあと、今どうなったのかは知らない。東京の「村」は、ああいった場所だけなので、そこは、東京の今後を知るためには興味深いのだけど、どーでもいいと思う。だって、わたしは「そこ」の住人じゃない。(でも、税金がどのように使われるかとか、どう使われているかとか....やっぱり全然興味がないわけじゃない)

千代田区や、港区も、中央区も、あの地震のあとは、都心暮らしのトレンドは変わったに違いないと思うけど、相変わらず、本ばかり読んでいるせいか、さっぱりわからない。中央区の有名なタワーマンション近くのスーパーの品揃えも、そこで売られている品の産地も、訪れるひとの顔ぶれも、もう震災以前と全然変わらないように見える。でも、所詮わたしが行くようなところだから「セレブ用」ではないからかな。港区や中央区のタワマンの上階に住む人々は、元々近所の「スーパー」になんか行かない。

第二部は「その時」に備えて。以下は茂木氏の同タイトルの文章(抜粋して引用)

1995年の阪神・淡路大震災の時には、本当に心を痛めた。多くの人が、寄付をしたり、ボランティアを活動をしたり、できる限りのことをした。東京にもやがて「その時」が来るかもしれないという思いが強くなった。(中略)もし、東京直下もしくは近辺で、大規模な地震があったら。私たちには、どんな試練が降り掛かってくるのだろうか(引用終了)

なんだか、東京在住者として申し訳なるぐらい、本書は「東京本」で、連帯するとは、そういうことだったのかと思ったりもする。(でも、東京の一極集中を批判する他府県のひとの意見に共感したことは一度もない)

日本が地震国だということは、世界でもよく知られているし「TUNAMI」も世界語になっている。わたしたちは、わたしたちがいくら備えていても、ほんの2、3人のひとの意見で、甚大な被害がもたらされることが多いような気がする。それは、3・11にも言えることで、津波にも、地震も、人災ではないけど、その被害を拡大させた「責任」があるひとは確実にいると思う。

わたしが生きてきた時代を通して、これまで何度も「戦争責任」という言葉を聞いたけど、わたしは、真珠湾攻撃の事前連絡を怠ったひと、特攻隊の作戦を考えた人、敗戦が濃厚になったあとも、その命令を出し続けた人、初めから、最後まで、国民に正しい報道をしなかったひとが「一番悪い」と思うけど、それらのひとは、責任をとらなかっただけでなく、戦後、平然と変化し、責任を他に押し付け、今の日本にも多大な影響を与え続けてきたと思う。

やっぱり、わたしにとっての3・11は「東電原発事故」で、あの事故の被害に対して、一番大きな「責任」があるのは何で、誰なのかについて、ずっと考えている。それがわかったからといって、大勢のひとに、何もいいことはないかもしれないし、わたしがわかったと思うことも、正しいのかどうかもわからないし、わたしも、彼らを心の中で呪うことしか出来ないと思う。

それでも、誰が一番責任があって、何が一番憎むべきことなのかは、わたし自身の「プリンシパル」にすごく関係があると思うので、これからも考え続けると思う。

連帯することには「正論」の熟成が必要なのではないかと思う。また正論というのは「コンセンサス」のことではないだろうか。でも、でもそれは、人々が参加する前に、創り上げられてしまって「世論」といった形で流布されることばかり。そことは別だと思える「コンセンサス」も、実際は体よく利用されていると思えることも多い。

情報でなく、歴史を知らないと先は見えないと思って「本を読もう」と思っているのだけど、それすら意外とむつかしいと思う今日この頃。。

<コンセンサス>ではなく<空気>に支配されてきた、日本の原発推進派と脱原発教信者たち(1)
<コンセンサス>ではなく<空気>に支配されてきた、日本の原発推進派と脱原発教信者たち(2)


◎わたしの3・11ーあの日から始まる今日(アマゾン)

第一部「命のプリンシプル」
「連帯の時」茂木健一郎
「記憶は伝播しづらいものだから」堀江貴文(実業家)
「報道と現実の間で」石井光太(ノンフィクション作家)
「求めない」サンドウィッチマン・伊達みきお(お笑い芸人)
「模索する日々」サンドウィッチマン・富澤たけし(お笑い芸人)
「枝野さんといちご」山田スイッチ(コラムニスト)
「一行書いては消した」加藤千恵(歌人)
「ならば、問いたい」竹内薫(サイエンス作家)
「命のプリンシプル」茂木健一郎

第二部「その時」に備えて
「アジアのショッピングモールで」渡辺浩弐(作家、マンが、ゲームの原作)
「心性に根ざす日常」浅野智哉(フリーライター)
「私はどれほど無自覚だっただろう」雨宮処凛(作家、反貧困ネットワーク副代表)
「何事にも終わりはない」村治佳織(ギタリスト)
「神戸が育んだもの」京田光広(NHKプロデューサー、ディレクター)
「『津波の痕跡』を記録する」渡辺満久(東洋大学社会学部教授、理学博士)
「私はもうしばらくこの仕事を続けるつもりだ 」上杉隆(フリージャーナリスト)
「レッツゴー、いいことあるさ」高橋源一郎(作家)
「その時」に備えて 茂木健一郎
______________

[内容紹介]「3月11日あの日、何をしていたか。そして今、何ができるか」。脳科学者の編者を筆頭に、16人の著者が綴る「東日本大震災復興」への渾身メッセージ。未来へ語り継ぐ“ぼくらの実録”として、必読の書!〈本書の印税と売り上げの一部は毎日新聞東京社会事業団を通じて「東日本大震災」支援のために寄付させていただきます。〉毎日新聞社 (2011/5/20)




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16512519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-09-05 11:59 | 311関連 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite