杉本文楽「曾根崎心中」

f0134963_019256.jpg
リビアの暴動が「民主化」なのかどうなのかわからないし、カダフィは暴君かもしれないけど、アルカイダがNATOを利用しているのか、EUがリビア政府を打倒したいのかもわからないし、

北海道で和んでいる間に、イギリスの暴動は収まったみたいだけど、日本の反原発も、米国のティーパーティーも運動参加者が望んでいるような結果を招いているのかどうかもわからないけど、ここまで菅降ろしに必死になってた人は1ヵ月先のことも見えない人のような気がする。

金融崩壊が、戦争を引き起こすというのは、何度も歴史が経験していることだけど、メディアの偏向問題がすぐに嫌韓方向に向けられたり、発足の経緯自体が洗脳目的で、大新聞社をバックにしたTV局ではなく、子分国同士でツルもうとしている(?)TV局ばかりが責められているのもうんざりだし、昨日からのヤクザ屋さん絡みの話題に関しても、同じ理由で何も言いたくない。



旅行に行くと、実際に見てみないとわからないことが一杯あるけど、日本では、海外旅行に行く人も、世界で働く人も、圧倒的に増えたけど、それで日本人が世界のことをわかったかと言えばそうでもないような気がする。

昔の本を読んでいると、旧制高校が存在した時代の方が、今より遥かに欧米人と共通する教養を身につけていたように思う。今は日本で学ばないで、海外の「空気」だけ学習してしまった人が多くて、そういう空気を学ぶことが「日本的」だと気がつかずに「世界」にかぶれている人が多いのかも。。。

情報が多くて「本質」を見失うという事態は、巨大メディアでも、ネット社会でも、なかなか克服できないし、賢くなることってホント難しいね。

「恋」だって、自分が経験しただけじゃ... という話の前フリが思わず長くなってしまったんですが、、もう10日ほど前の敗戦記念日に横浜で観た「杉本文楽・曾根崎心中」のことなど。
f0134963_18103357.jpg
◎杉本文楽「曾根崎心中」

わたしは「文楽」を観るのは、これが4回目という素人なんですが、「曾根崎心中」は、毎回不満で一杯でした。近松も、心中も、人形も、生きているのに、伝統という言葉でごまかした舞台だけが「死んでいる」という感じで。。。

なぜ「人形」なのかも、なぜ恋の結末が「心中」なのかも若い頃はわからなかったけど、今は「曾根崎心中」は「人形」でしかありえないと思いますし、恋の結末が「心中」だからこそ、芝居芸術が成立つんだと思うんですが、どうも、伝統の方は「恋」の狂気も、近松の「革新」とも関係ないとしか思えなかったので、

この公演は、今年一番の興奮を味わえるんじゃないかとすごく期待してました。
f0134963_18114723.jpg
◎文楽 『曾根崎心中』を手がける現代美術作家、杉本博司さんインタビュー〈前編〉

で、始まってすぐに、勘十郎の一人遣いが、影像で映し出されると「これ、これが観たかったーーー!」という感じだったのですが、

鶴澤清治さんの三味線も、道行きの演出も、照明も、これまでのものよりは遥かに良いんですが、杉本氏なら、もっと画期的な演出も、スクリーンの使用も出来たんじゃないかと。。

◎文楽 『曾根崎心中』を手がける現代美術作家、杉本博司さんインタビュー〈後編〉

どうして、あの素晴らしい人形の動きが見えるように、本家の方も含めて未だにスクリーンを上手く使えないのかなぁ。1階のS席で観ましたが、その席でも、ずっとオペラグラスで観ないといけないし、そこに疑問をもたないことが信じられない。。
f0134963_1812295.jpg
現在の文楽は、太夫の権力が絶大過ぎて「聴覚」よりの人には良いのかもしれませんが、舞台芸術としては、疎かになっている部分が一杯あると思えてならないんです。伝統の方も、演奏家とは別の演出家や、指揮者が必要なんじゃないかとか、みなさん素晴らしいだけに、今のままだったら、人形と分離した方がお互いのためというか。。。

わたしは、人形使いの人たちを中心とした舞台がもっと観たいですね。

人形の表情や、所作がよく見えない席も多いので、これがTV放送されたら、高額チケットを買って会場で観た人よりも、感動できたりして。。

とりあえず、この舞台や制作の過程は、10月16日のETV特集「杉本文楽(仮)」で観られるようです。
f0134963_18131743.jpg

◎togetter「杉本文楽・曾根崎心中、行った! 観た!」
[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16460034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-08-24 18:21 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite