マイケル・ジャクソンの顔について(32)You Rock My Would

f0134963_17161713.jpg


☆(31)のつづき


引き続き、いろいろ見落としている部分があると思うので、気づいた方は、ぜひ教えてくださいませ♡






上の階にいるボスに騒動を告げに行く男(Miko Brando)。

ボス(Brando)椅子に座ったまま振り返る(口笛)

「Now?」

MJが再度ステージへ向かうと、天井から(!)3人のダンサーが現れる。

こーゆー感じで、突然現れるっていうのは、『ムーンウォーカー』のロボットだけじゃなく、MJの場合よくありますよね。あの『Captain EO』でも、




4:55〜倒れたMJの肩にバナナと目玉焼きが乗ってますよね。バナナはまだしも、この「目玉焼き」はいったいどこに置いてあったんだ!みたいなね(笑)

☆類似作品:Dangerous ステージ MTV 1995(天井からロープでダンサーが現れる)


レジスターのところにいた男が煙草をもみ消し、MJダンサーに合流。

☆類似作品:煙草を足でもみ消す男は『Billie Jean』にも登場。
さっき、天井から現れたダンサーもそうですが、事前に計画があって、天井に隠れていたのではなく、MJの勇気によって、その場に仲間が出現したんですよね!(←そんな説明入らない?ww)


一緒に闘うのは、最初にいた仲間ではなく、途中で現れるというのは『Bad』などにも共通していますが、こーゆー、一見「アホか」と思うような演出を何度もやっているのは、それだけ彼に「大真面目」なメッセージがあるからで、それは、

「真に勇気をもって、一歩を踏み出せば、必ず仲間は出現する」

というメッセージだと思います(たぶん.... 因みに『波止場』という映画もそんな感じの映画です。←こんな説明でいいんだろうか?)



f0134963_17273658.jpg


Is that all you got?

That ain't nothin'! You ain't nothin....

Show me what you got(Billy Drago)

これは、SF「Bad」(1987)で、MJがウェズリー・スナイプスに言うセリフからでしょうか。ここから、ダンスが始まるという展開も「Bad」と似てますね。

「VISION」の日本語字幕では「さあ、かかってこいよ。どうした イキがってるだけか?ほら、かかってこい。本気を出して」で「You ain't nothin」は「たいしたことないな」になっていますが、「Bad」の日本語字幕は「お前こそワルじゃない」のあと「You ain't nothin」は「(お前なんか)何者でもない」。この場面は「Bad」で、MJが言ったセリフを逆に受けることで、

MJが「お前は何者なんだ?」(たいしたことないという意味での)という問いかけを受けているのだと思います。


客席の男の葉巻に火がつき、蛇口の水滴、モップの男、靴磨き、女のヒール....次々とリズムが刻まれ、MJたちのダンスが始まり、

若い頃のマーヴィン・ゲイ似の男の指パッチンで、ますます、カッコいいダンスが始まる

MJ、椅子を壁に投げつける


f0134963_1728203.jpg


「You rock my would ーーー!!! 」

ナイフで襲いかかる男の腕を取り、くわえ煙草を捨てて、手首をつかんで床に転がす。
(ステージで見てるときは、振付けにしか見えなかったけど、この影像では、ホントに強そう♡)

類似作品:「Smoose Criminal」「Dangerous」ステージ

ホントに強そうに見えるなって思ってから、何度も観てて、ふと思ったんですが、、、確か、ジャッキー・チェンの映画で、日常の何気ない動作が、身を守る防御となり、攻撃の姿勢にもなってたみたいな映画のように

「You Rock My Would」のダンスで「Dangerous」や「Smoose Criminal」にはなかった部分には、素手で戦うときの様々な動きがミックスされていて、武道系ですよね。

これは、これまでのダンスにも言えることかもしれませが、MJと、他のアーティストの振付けが違うのは、ひとつひとつの動作が、武道の「型」のように、研ぎすまされていて、力の方向に無駄がないからで、実際に本当に強いんじゃないか?って思いました。(そういえば、MJは空手名誉五段!手首返しは合気道技だけど...)



f0134963_17291983.jpg


中国でのMJ人気や、集団ダンスに「スリラー」じゃなく「デンジャラス」がすごく人気があって、どうして、小学生が毎朝ラジオ体操がわりに「Dangerous」?って不思議だったんですけど、子供たちが、集団で少林拳法の型をやっているのと、同様の感覚で、MJのダンスに対する姿勢も、東洋の宗教修行と近い感覚で捉えられているのかもしれませんね。


f0134963_1737505.jpg


MJの強烈パンチが、Billy Dragoに炸裂。倒れた衝撃でランプが壊れ、アルコールに火がつく。燃え上がる火を見て、クリスを呼ぶMJ。クリスもMJの元に駆けつける。


MJ、襲いかかる男にヒザ蹴り。


f0134963_17382353.jpg


火はカウンターを走り去るように一瞬で燃え上がる。

(壁にかかっていたボクサーの写真のクローズアップ)

女は逃げ出そうとし、入口で止められるのを振り切って、外に出る。

MJ、またもや、男に強烈パンチ



f0134963_17392437.jpg


燃え上がる炎の中、奥からブランドが登場する。MJと対面。

Brando、大げさなアクションでサングラスを取る(コント赤信号かっ!古)

Brando : You’re pretty cute in there.(坊主、やるじゃないか)

ここは『VISION』の日本語字幕では「久しぶりだな」になっていますが(英文字幕なし)知りあいののネイティブに英語を確認したところ、以前に会っているという意味は特にないので、上記の訳にしました。

別のボクサーの絵がクローズアップされる(コメント欄参照→追記:このあとの記事で判明しました)



f0134963_17405923.jpg

MJ:I know who you are.(あんたのことは知ってるよ)

Brando : Bing bang

Brando : Later(またな)

この「bing bang」、どういう意味だかわかります?
とりあえず、知りあいの知りあい...のネイティブに意見を求めたところ、

Not sure, but maybe because Michael knows who he is.
Marlon Brando is going to have to shoot (kill) him.


という解答を得ました。

でも、そーゆー意味なら「Bang bang」の方がいいと思いますし、その方がギャングぽいと思うんですよね。

◎Sammy Davis Jr - Bang Bang(←顔について27参照)

20世紀No.1俳優と称され、1分「1億円」と言われたブランドのセリフですし、時代を何度も作ってきた伝説的俳優と、MJとの「神々の会話」だと思うので、ここは、もう少し、しつこく考えてみることにします。

☆(33)につづく
___________

出演者情報/キシャヤ・ダドリー(Kishaya Dudley)は、この後、グェイン・ステファニーなどの振付で、2005年のMTV Video Music Awardsで「Best Choreography賞」を受賞しているようです。また、このSFの「ダンサ−の女」も、彼女が演じていることから、「一人二役」という意味も重要だと思います。

◎Kishaya Dudley Choreography Reel
◎2005 MTV Video Music Awards for Best Choreography

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16152391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mari-ko at 2011-06-22 23:13 x
しつこく引っ越ししました。えへ。
大したことじゃないかもですが。。

レジにいて、MJに合図されダンスに加わる男は最初からカウンターのあたりにいますよね?これはあまり自信ないですが、いかがでしょう。はじめ観たときは、スパイ?って思っちゃいました。

マーロンとMJが対面するときのボクサーの写真、「VISION」の西寺さんの解説に、マーロン・ブランドの若き日のボクサー写真が映るとあるのですが。。

Commented by yomodalite at 2011-06-23 09:14
そうなんだよね。。まずボクサーの件なんだけど、黒人じゃない方のボクサーは、上の動画の4:15。ここで一時停止してね。まず、わたしには、このボクサーが白人に見えないんだけど、、でも、エディ・マーフィーもブランドのこと尊敬してて、彼が映画で、様々な人種を1人で何役もこなしているのも、もしかしたら、ブランドの影響かもしれないので、

念のため、若い頃のブランドの写真と比べてみて♡( http://blog.goo.ne.jp/funkymeg_m/e/fbb1485fc29c7502c2fa17c0af644f06 に、彼の映画のラインナップの原題があるので、レッツ画像検索!!!)

Tシャツで雑誌の表紙にもなってる、ブランドの眼のあたりは、少しだけ似てなくもないんだけど、これは、下から3番目にある「A STREETCAR NAMED DESIRE」。この作品でTシャツを世界中に流行らせたというヒット作で、ボクサー役なので、わかりやすいと思うんだけど、「A STREETCAR 〜」だけでなく、諦めないで他の作品もぜひ調べて欲しいんですが、、、なくない?(つづく)
Commented by yomodalite at 2011-06-23 09:15
(つづき)「VISION」では、黒人ボクサーの写真がジョーパパとも書いてあるよね?(31)にアップした動画を1:40で一時停止して『ムーンウォーク』のP26を開いてみて。わたしは、ジョーパパの若い頃の資料はないので、これ以上よくわからないけど、これは(ありえる)と思いました。P60、86のマーロンの顔とも似てるし、西寺さんは、ジョーパパの資料は多そうだしね。でも確証をとりたいなぁ。誰か、西寺さんにツイッターで、資料元を聞いてくれないかなぁ♡

黒人じゃない方のボクサーは、わたしには東洋系に見えるんだけど、もしかしたら、ママ系?

あと、ダンサーの件は、天井から降ってきたのは、MJの精神に共鳴して、スピリッツが物質化されたか(笑)神が遣わした天使で(笑)、レジの男は従業員だったけど、MJに感化されて、仲間に加わったというのがyomodalite説です♡
Commented by たま at 2011-06-25 15:14 x
こんにちは。
いつも楽しく拝見しています。
実は徳永英明を良く聞くんです。
で、ひさしぶりに訪問したらyomodaliteさんが徳永英明紹介してて、腰を抜かすほどびっくりしました(笑)

格闘技(プロを目指してた、MJ好きの男子)に、マイケルって空手名誉段持ってるって、そちらの業界は怒らないの?
って聞いたら、
「マイケル位賢くて、身体能力も高かったら黒帯もすぐだよ」
と言ってました。
ダンスだけじゃなく、筋肉の使い方、つきかたに無駄がないそうです。

っと、mari-koさんとのやり取りに横レスごめんなさい。
またお邪魔しますね♪
Commented by yomodalite at 2011-06-25 17:09
たまさん、え〜と、え〜〜と、はじめまして(じゃない?)コメントありがとうございます!!!

>徳永英明紹介してて、腰を抜かすほどびっくりしました(笑)
そこまで驚かれたということは、わたしが、よっぽど徳永ファンにはありえないキャラだったということだよね。。やっぱり(笑)

徳永英明はCDを買ったことは1度もないんだけど、、昔大失恋をしたときに、何度も何度も何度も聴いたのが「最後の言い訳」で、たぶん、、大袈裟じゃくて、この曲のおかげで「救われた」と思ってます。そのときも、そう思ってたんだけど、、今思うと、本当にそうだったって思えてきて、徳永英明って、ホントに凄いアーティストだなって思ってたら、「黄昏を止めて」がリリースされて、ますます、そーだなぁって。。で、たまさんの一番好きな曲は?(←選ぶの難しいよね)

あと、黒帯なんて、家のダーリンも持ってるし、7段の師範も見てるけど、、MJの方が絶対強いと思う。ブルース・リーのことも好きだったし。こどもたちが空手習ってるのは、生前からじゃないのかな?
Commented by mari-ko at 2011-06-26 21:28 x
マーロンブランドのイケメンぶりにやられ気味のmari-koですww。
しかし、それとは裏腹に、わからない。。私も「VISION」の解説に「ん?」と思ったけど西寺さんが言うからそうかな~と思ってたんですが。調べていくにつれ、やっぱりマーロンに見えない
ってほうがしっくりくる。。貼って下さったリンク先から「ゴッドファーザー」までのすべての画像、動画も観たけど見つからず。。70年代までのトーキー映画ばかり載ってる雑誌も見たけどわからず。。マーロンブランド(シニア)の線で探ってみたけど(最後のdomesticから)私には分かりませんでした。。写真と彼は似てる気もするし。。

あと、あの写真に文字がかいてありますよね?「BILL」って見えるんですが(そのあとはH?N?)ううう。。

西寺さんにはどなたか聞かれましたか??相対フォローじゃないとダイレクトメッセージ送れなくて、、。迷ってます。

tomodalite説♡、、なるほど了解です♡
Commented by yomodalite at 2011-06-26 22:30
>ブランドのイケメンぶりにやられ気味のmari-koですww。
わたしもーー♡

>西寺さんが言うからそうかな~
わたしも、MJが1ミリ間違ってみえるときは、自分の方が1メートル間違ってるって思うだけでなく、西寺さんが1ミリ間違って見えるときだって、自分の方が10センチ間違ってる可能性が高いとは思うんだけど、、どうしても納得出来ないの。

>すべての画像、動画も観たけど見つからず。
探してくれてありがとーーー(多謝)!!!

>あの写真に文字がかいてありますよね?「BILL」って見えるんですが...
それって(4:15)の写真の右側の3行目?VDで目を凝らしてもむつかしいよね....

>写真と彼は似てる気もするし。。
えっ、まだそう見えることもある?わたしは、ウィキペディアのバンタム級に記載されている選手は全部違うとわかったけど(http://en.wikipedia.org/wiki/Bantamweight)他のクラスまで探す気力は....流石にない(笑)でも、ブランドのイケメンにつられて、色々見てたら、とりあえず、一個解明できたし、大雑把な結論が覆される気もしないので、もうすぐ(33)をアップするね。
Commented by mari-ko at 2011-06-29 00:43 x
yomodaliteさんのお名前タイプミスしてます。

自分も根がうっかりなもんで、、ってうっかり過ぎる。。
申し訳ありません。

tomodalite説×
yomodalite説○

訂正します。
Commented by yomodalite at 2011-06-29 07:40
訂正ありがとーーー! でも、本文(私が書いてる方)のスペルチェックミスは、スゴく嬉しいんだけど、コメ欄は別に気にすることないからね♡ わたしも、出来るだけ「ソウルフル」に書きたいし...
Commented by たま at 2011-07-02 10:22 x
はじめまして、で大丈夫ですよ♪

あ、いえ、徳永ファンにはありえなかったというわけではなく、ここでシンクロ?!とびっくりした次第です(笑)
あたしは、「幻を止めて」という曲が好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=x7L7Qp-PqM0
このライブの「アヴェ・マリア」も最初は違和感あって好きじゃなかったけど、今は好き。
といっても、あたしもカバー(しかもvocalist 4)からのファンで、彼のオリジナルはそんなにしらないという浅ーいファンで(滝汗)。
しかも最近はせっちゃん(斉藤和義)に浮気中(爆)

ダ―さま、黒帯持ってるんですね!!
その友人は「MJは多分なんでも出来るよ」って言ってました。
ムエタイの選手みたいな筋肉でもあるし、と。

マーロン・ブランドが30th LIVE出てたんですねー。
若いころの彼、美しい…。
知らないことばっかりで勉強になります。
まだ、「ジュン、ジュワ~~~」には程遠いですが咀嚼していきます!

Commented by yomodalite at 2011-07-02 21:24
たまさん、素敵な曲の紹介ありがとーーー!!!

徳永英明に関しては、わたしの方が確実に極浅です(笑)

うんうん、なんか目を閉じて聴いていると、ドラマが見えてくるような曲だね。。それと、斉藤和義も好きです♡

でも、同じく極浅なせいか、彼のこと、せっちゃんて言うの(?)
全然知りませんでした。

>咀嚼して....
もう、そろそろ(たぶん)、一応の解説編を書くからね。
Commented by たま at 2011-07-03 00:01 x
気に行っていただけて良かったです♪
あたしは26歳のメスなのですが、去年徳永英明のライブに行ってきて、熟女が多くてびっくりしましたよ~(笑)
昔はブルーノートなんかで歌ってたらしいので、そういうの行けたら良いなぁ…と思ってます。無理かな(笑)

斉藤和義は、大学時代「セックス」ってよく言うことで、「せっちゃん」らしい。
彼も45歳であの色気ってなんなの?って思う!!

>一応の解説編…
おおお、楽しみにしております。
マーロン・ブランド熱が高まっており、TSUTAYA半額の時にでもまとめて借りてこようと画策中です!

YOU ROCK MY WORLDのPV、あたしは皆様が言うほど違和感無かったんですよね(笑)
しかし、Invincibleを初めて聴いたときの衝撃は今でも忘れられません。
MJが生きてた時は、Dangerousまでしか知らなかったことを後悔です。(中学生の時に父にMJ禁止令をしかれ、音楽の興味も途絶えた)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-06-19 18:03 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(12)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite