マイケル・ジャクソンの顔について(31)You Rock My World

f0134963_011797.jpg


☆(30)のつづき


SF「You Rock My World」の内容を、過去の作品の影響とか、共通点をまとめて、私なりの「解説」を、ちょっぴりしたいと思います。

「セリフ」に、MJの曲名とか詩が多く使用されているのですが、見落としている部分に気づいた方は、ぜひ教えてくださいませ♡






MJ : The idea just kind of happened. In Cuba. Hot summer night.
A club run by these hoods.


偶然思いついたんだ。舞台は暑い夏の夜のキューバで、その手の面々が経営しているようなクラブでね....(2001年TVガイドインタビューより)

オープニング「The WATER FRONT HOTEL」の看板。

この看板は、物語が『On The Waterfront』(邦題「波止場」主演マーロン・ブランド)+『Smooth Criminal』であることを象徴していると思います。

「Smooth Criminal」のステージパフォーマンスが始まる前の“言葉”は、元々「Heartbreak Hotel」(This Place Hotel)の冒頭で使われていました。(あのシルエットにも「HOTEL」の文字がありますよね)

追記:「Smooth Criminalの直系」という巷の評判に釣られて、そう書いていまいましたが「HOTEL」は『Billie Jean』でも重要なキーワードですし『Black or White』も『Who Is It』もそうかな...

(下記は、あのパフォーマンスが始まる前の言葉。わたしの意訳なのでご注意ください)

My footsteps broke the silence of the pre-dawn hours, As I drifted down Bleaker St.
私の足音は、Bleaker通りを漂い、夜明け前の沈黙を破る。

Past shop windows, Barred against the perils of the night. Up ahead, A neon sign emerged from the fog.
ショー・ウィンドウを通り過ぎた頃、見上げると、霧の中から、真夜中の危険を警告するネオンサインが現れ、

The letters glowed red hot In that way I knew so well, Branding a message into my mind, A single word, Hotel.
赤く点滅する、ありふれた看板の、その文字に惹き付けられてしまった。 ー「HOTEL」

◎「Smooth Criminal」(“The Girl Hunt Ballet”の影響) → (27)参照
◎「On The Waterfront」 → (30)参照



f0134963_0651100.jpg


MJ & Chris Tucker、最初の顔アップ。MJは明らかに「異形の男」になっていますが、影像内では、ふたりの若い男の冴えない日常を演じている。


「女」が登場する(Kishaya Dudley)“Girl Hunt”の始まり。男たちは興奮気味ですが、彼女は、絶対に落とせない「夢の女」という雰囲気ではないように見えます。


2人の会話「Pretty Young Thing (P.Y.T.)」「The Girl Is Mine」

女の肩の後ろの“タトゥー”(不明)→「33」参照

☆類似作品:「The Way You Make Me Feel」


「The WATER FRONT HOTEL」と書かれた建物に入って行く「女」を追って、2人の男は、支払いも済まさず、中華屋を出て、後を追う。入口には「ボクサーの写真」

(追記:ボクサー探しはこのあとの記事でもずっとわからなかったのですが、http://nikkidoku.exblog.jp/16291516/ ←このコメント欄で、白人の方はエド・ルイスという「レスラー」だと判明。また黒人のボクサーは、おそらく、MJがインタヴューでも言及していたジャック・ジョンソンの若い頃の写真だと思います。どうして西寺さんは『VISION』の解説で、ブランドの若き日のなんて訳のわからないことを言っているんでしょうね?)



女は、地元の顔役といった風情の男(Michael Madsen)に呼ばれて来た様子。

入口のバウンサーの男の静止を振り切って、2人は中に潜入。


f0134963_0193673.jpg

ヤバそうな男が付いていることにビビるクリス、その静止を振り切って女の元に行くMJ。クリスのセリフは「Bad」「Beat It」「Dangerous」「シャモーン」(チョモーン)など、MJの曲にちなんだ言葉を使っている。

奥の事務所。背中越しの男(Marlon Brando)。口笛&折り鶴

強引にスクリーンを降ろし、MJが「シルエットの男」として登場。


f0134963_021573.jpg

My life will never be the same
Cause girl you came and changed
The way I walk, the way I talk
I cannot explain......


☆類似作品:「Smooth Criminal」ステージ
『有頂天時代(Swing Time)』(“Bojangles Of Harlem”) → (27)参照


f0134963_734260.jpg

スクリーンからMJが現れ、移動しながら、女と絡むように歌う

My life will never be the same
Cause girl you came and changed
The way I walk, the way I talk
I cannot explain
These things I feel for you
But girl you know it's true
Stay with me, fulfill my dreams
And I'll be all you need
Ooh it feels so right, girl
I've searched for the perfect love all my life
All My Life
Ooh feels like
I have finally found a perfect love this time
I have finally found, Come on girl


f0134963_7183042.jpg

画面向かって左、MJと女の様子を撮るカメラマン(パパラッチ?)

☆類似作品:カメラは『Billie Jean』『You Are Not Alone』にも登場。

MJのお約束「お尻タッチ」♡

女は、まだMJを観察している様子。
不信そうに見つめる女を置いて、MJは別のフロアへ。

クリスは隅の方で、ダンスを楽しんでいる。

女は徐々にMJに興味を持ちはじめ、挑発するようにダンスをし始める。

MJ、クリスに、Please「Leave Me Alone」

女は(もらった)金をMJに投げ、MJは、それをポーカーテーブルに捨てる。
お金が捨てられたのは「ダイヤのKING」の上

女が投げたお金の方向がわかりにくいので、同じお金ではないのかもしれません。お互いに自分を賭けあったとか、男と女が、それぞれ「カード」を切ったというぐらいの意味かもしれませんが、それでは女のお金が行方不明で、また、MJも自分で勝負しないテーブルなので...女→MJ→「捨てた」と解釈しました。みなさんはどう思いますか?


奥の部屋:ボス(ブランド)が、帽子をもてあそぶ。

MJ、女の前を通りすぎて(アステアと同様の動きで)地下へ。


f0134963_7263995.jpg

☆類似作品「Smooth Criminal」
『The Band Wagon』(“The Girl Hunt Ballet”) → (27)参照


You rocked my world, you know you did
And everything I own I give
The rarest love, who'd think I'd find
Someone like you to call mine



f0134963_0255518.jpg


この地下に行く感じは、映画「ムーンウォーカー」の「CLUB 30's」の入口〜「Come Together」が始まる前にも少し似ていますね

You rocked my world, you know you did
And everything I own I give
The rarest love, who'd think I'd find
Someone like you to call mine



暗転したステージにダンサーの女。MJはこの女性ダンサーも、奇妙なステップで通りすぎて、再び女の元へ戻る(この女性ダンサーは、Kishaya Dudleyの1人2役のようです)


f0134963_0283139.jpg


女はMJに擦り寄り、彼の姿を追うような雰囲気に....

And girl, I know that this is love
I feel the magic all in the air
And girl, I'll never get enough
That's why I always have to have you here
Hoooh!



MJ、バーカウンターの上の空のボトルを、マドセンに。

MJ、バーカウンターの上でダンス。


f0134963_0334895.jpg

MJ、グラスを投げつける。投げつけた先には「NO FIGHTING」の文字と、
「クラブとハートのKING(上部に少し見えているのはジョーカー?)」

☆類似作品「Black Or White」後半
『七人の愚連隊(Robin And The 7 Hoods)』(“Bang Bang”)→(27)参照


マドセンが空のボトルをカウンターに叩き付けると、それが合図であるかのように、屈強な男たちが現れる。

_________

出演者情報/マイケル・マドセンは、サディスト的な殺人者の役柄で、クエンティン・タランティーノの『レザボアドッグス』や『KILLBILL』でお馴染みですが、MJの「Childhood」が使用された映画『Free Willy』に家庭的な父親役としても出演していて、妹のヴァージニア・マドセンも『Liberian Girl』に出演していました。

また、これまでに何冊も詩集を出版していて、それらの集大成らしき本も。
◎The Complete Poetic Works Of Michael Madsen: 1995-2005

ケルアックに影響を受けているらしく、デニス・ホッパー(勝新の親友)の感性にも近いのかも。

◎Michael Madsen/ Thelma & Louise (1991), Reservoir Dogs (1992), Free Willy (1993) Free Willy 2 : The Adventure Home (1995), Kill Bill : Vol. 1 (2003) and Kill Bill Vol. 2 : The Love Story (2004)

☆(32)につづく


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16135471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mari-ko at 2011-06-16 21:48 x
You Rock ~を観すぎて、MJの顔がすっかり普通になったわたしですww

一点だけ。
3:51、画面向かって左にMJと女の様子を撮るカメラマン(パパラッチ)の姿が。。
押さえておきたいポイントと思うのですがいかがでしょう。



Commented by yomodalite at 2011-06-16 23:25
その指摘、素敵過ぎるぅーー!!! 大画面で見ても、かなり見切れててわかりにくいけど間違いないね。それで、あの「お尻タッチ」も、この場所なのかも。あのサイン会での公開ナンパと言い、こーゆーの、この時期撮られたがってるよね(笑)

それにしても、MJの「お尻タッチ」は、森繁久彌とか、それぐらい昔の「男気系」だなぁ。

>MJの顔がすっかり普通......

えーーマジで?!私なんか、ようやく夢でうなされなくなったところなのにぃ(嘘)

でも、何度も言うようだけど、、MJの変顔に、慣れや根性ではダメなんだからね。もう、心の底から理解して、神に感謝してしまう、その日まで、みんな気を抜くなぁーーー(笑)
Commented by yomodalite at 2011-06-17 10:33
mari-koさん、ご指摘、上に追加しました!Thank youーーーー!!!
それと、自分でも、もう一点追加しました。
Commented by mari-ko at 2011-06-17 10:46 x
>あのサイン会での公開ナンパ~この時期撮られたがってるよね(笑)

あれは、そーゆーことでいいんですよね?30周年で映るオーディエンスにジョアンナらしき人がいて、「あれっ」と思って。。あくまで私の解釈ですが、なんというか、当時のMJはホントに笑い?に貪欲だあな~と思ってました。

>森繁久彌とか

姐さん!またそういうこというと、ただでさえマーロンブランドづけになりそうなのにw、森繁まで勘弁してください(喜)

>気を抜くなーーー(笑)

押忍!!(笑)

Commented by yomodalite at 2011-06-17 13:03
ジョアンナが「お笑い」に関係しているかはわかんないけど、とりあえず、小児性愛「アホがぁーー!!!」ていうのははっきりさせときたいし、、

それと、たぶん、MJは、デビー(ミケランジェロやミレーが描く女に似ている)から、古典絵画プレイにハマってて(笑)、ジョアンナって、なんか、オランダ系っぽくて、初期フランドルとか、アントワープ派とか、ファン・エイクの「アルノルフィーニ夫妻像」とか、もう少し後の時代のフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の雰囲気もあるし、、

そーゆー「コスプレ」させたくなる子じゃん。つーか、絶対やってるよね(笑)あの顔は、ソソられるもん(笑)だから、あの娘だけ写真多いんじゃない。

>ただでさえマーロンブランドづけ....
それ助かるぅー♡最期のMJとの会話でずっと悩んでるんだけど、ブランドのああいう演技って、あのときだけだよね?

>森繁まで勘弁してください(喜)
呼吸をするぐらい自然な「セクハラ」が出来る男としても、勝新と親友で、タモリの源流でもあり、松岡正剛もたまんないって言ってて、興味はあるんだけど、今のところわかる気配が全然ないから、安心して(笑)
Commented by mari-ko at 2011-06-18 00:56 x
>古典絵画プレイ

ああ~!なるほど~、すんごく納得。彼女たちってMJにとって連れて歩いたり、写真を撮ることになんか特別に意味があるのかな~とうっすら思ってたので、腑に落ちます。すぐに脳内変換できるのが「真珠の~」だけだけど、しっくりくる。。確かにソソられるかも(笑)

>ブランドのああいう演技って、あのときだけだよね?

す、すいません。まだまだ全然づけじゃないかも。。まだ、「波止場」「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」だけなので、なんとも言えないけど、今のところはそうかなと思います。
Commented by yomodalite at 2011-06-18 10:02
>すぐに脳内変換できるのが「真珠の~」だけだけど....

うん。わたしが挙げたのも、タイトルですぐに検索できる「絵」というだけで、超テキトーなんだけど、なんとなく、イタリアルネサンスじゃなくて(イタリアルネは肉体メイン過ぎるからさ....)似たような時期のベルギーとかオランダとかの「絵」というか、これもすごくいい加減な記憶なんだけど、MJが馬に乗ってるような絵とか(妄想?)その辺の時代かなぁとか、、あとミリタリー系ファッションの源泉とか、、(ホント超テキトー)

でも、なんとなく、ソソられる感じが伝わったみたいで良かった。わたしも、あの娘をモデルに写真撮りたい気持ちになるし、、なんか、宗教絵画の「顔」だったり、Jesusの傍らに置きたい「顔」なんだよね。
Commented by mari-ko at 2011-06-18 23:21 x
>イタリアルネサンスじゃなくて

改めて、いろいろ見てみて、ボッティチェッリも多少感じてしまうんですが、イタリアルネサンスよりはベルギー、オランダですね。。ラファエロもソソるかも。。
ところで、MJってミレーも好きなんですか?そのころの絵画の話って聞いたことない気がして、写実主義から印象派あたりの話興味あります。

>Jesusの傍らに置きたい「顔」

もう、だんだんそうとしか見えなくなってきました。。



Commented by yomodalite at 2011-06-19 01:09
あの娘の顔に関してはアレだけど、、MJはイタリアルネに関しては、ミケランジェロの一点買いだと思う。そこは、感覚ではなくて、精神とか仕事部分で惚れまくってるので、他は一切眼中にないと思うの。

わたしは、写実主義から印象派あたりは、あんまり興味ないし、MJがミレー好きなんていうのも聞いたことないけど、KINGだから、みんなを愛さなくちゃいけないし、大義のためには「農婦」コスプレも厭わない(笑)ってことで夜露死苦。

それと、80年代に復活させようと思うほどのMGMミュージカル好きにも関わらず、カザンの継承者であるスコセッシとか、社会派リアルにも早くから挑んでいるし、、「スタイル」は二の次って思ってるんじゃないかな。

Jesusの傍らって言っても、妻ではなくて、MJ教会の尼僧のひとりで、名前もちょうどいいかなみたいな感じじゃない?(尼僧ヨアンナ)
Commented by mari-ko at 2011-06-19 19:41 x
他は一切眼中にないと思うの。

ルネサンスがもたらしたミケランジェロの芸術の影響を考えると、その時代の他の芸術家も重要なので、音痴な私はまだまだ勉強しないといけないけど、MJはすべて踏まえたうえで「一点買い」ってことで腑に落ちました、っていうか自分への課題がはっきりしました。。印象派を言ったときは、ドビュシーが頭にあって、自分が興味あるって事より、MJから同じ時代のラヴェルなどの名前を聞かないのは、ミケランジェロ以上に「一点買い」の匂いを感じてたからで、(下手すると曲一点買いかな)そこをはっきりさせときたいって思いがあったから。絵画と音楽の印象派は違うけど、生きた時代が近い人の名前には敏感になってます。。「スタイル」ってわかりやすいけど、見落としてしまいそうで。

「子どもへの愛」は涙とともに見えたけど、まだまだ道のりは遠いっす。「You rock~」の印象は完全に変わったけど、まだまだ見えないっす!

Jesusの傍らは妻ではないのは分かりました。(尼僧ヨアンナ)映画の内容的にも確かにそうかも。。
Commented by yomodalite at 2011-06-19 20:38
>印象派を言ったときは、ドビュシーが頭にあって、

一点買いも、印象派も、音楽のことは全然考えていませんでした。ラファエロ他は、ミケランジェロと比べて思想的に甘いから、ありえないんであって(ダヴィンチのことを一言も言ってないのは思想的にちょっと違うからでしょ?)ミケランジェロはアーティストの精神や、時代に果たした役割、神の捉え方に惹かれてるんであって、MJは音楽家だし、音楽に対しての感覚の話とは少し別じゃない?

>(尼僧ヨアンナ)映画の内容的にも確かにそうかも。。

尼僧コスプレが似合いそうってだけだってば(笑)
Commented by mari-ko at 2011-06-20 20:39 x
ダビィンチは違うのは理解したんですが、ミケランジェロと比べて思想的も甘いラファエロは勉強不足でした。MJがミケランジェロに惹かれてる理由も理解してて、一点買いの意味合いも分かってるんですが、(自分の書き方が悪いです。)それとは別に印象派の音楽と絵画の関係性を個人的に勉強してた時があって、ミレーって見たときに気になったんです。。ミケランジェロとの一点買いの意味合いも違います。

>尼僧コスプレ

「それって恰好がですよね」って打とうとしたとき、うっすらなんか繋がりを感じてしまい(笑)。。自分根が真面目なもんで(笑)
Commented by yomodalite at 2011-06-20 23:11
>それとは別に印象派の音楽と....ミレーって見たときに気になったんです。。

うん。。。あのね、わたしは、その件に関して全然考えたことないから、さっぱりわからないけど、そこが「気になった」っていうのは、きっと、mari-koさんにとって、すごく大事なことなんじゃない?

バレてるかもしれないけど、わたしって、ホントにどーでもいいことばっかり「気になってる」タイプで、すごく効率の悪い生き方をしてるという自覚もあるんだけど、、でも、そんなに「不幸」になってないし、そんなに「貧乏」にもなってないので、奨励するほどではないけど、意外と「幸せ」になれるかもとは思ってるのね。

だから、そーゆーことが「気になって」いるひとの気持ちが、わかるよーな気だけはするんだけど、わたしの場合もそうなんだけど、人に聞いてわかることって、全然なくて、MJの場合なんか、英語の問題も大きいんだけど、そこだって、英語の得意なひとに聞いても、全然わかんないことばっかりなのね。(つづく)
Commented by yomodalite at 2011-06-20 23:14
(つづき)どーして、わたしより英語が得意なひとの訳を疑えるのか、自分でも不思議なんだけど、納得できるまで、スゴくしつこいところがあるみたい。

>ミケランジェロと比べて......勉強不足でした。

勉強不足だなんて、、そんなのわたしの中ではそーゆーことになってるだけであって、mari-koさんは「yomodalite学」を学んでるわけじゃなくて、自分の疑問を考えてるんでしょう?

わたしには何にもできないし、いらないと思うけど(笑)、わたしが「Bing bang」で悩んだ時間と、(9)で少しだけ見えてる新聞の見出しと、笑ってるMJの顔から推理していった時間と、あと「You Rock〜」でうなされた時間すべてを、愛を込めてプレゼントするわ。Good Luck!!!(←きっといいことがあるはず♡)

で、できたら「You Rock〜」SFのことも気にしてね♡
Commented by yomodalite at 2011-06-21 08:23
自己レス(ごめん。自分も根が真面目なもんでw)

印象派の音楽と絵画の関係性に関しては、さっぱりわからないし、ミレーに関しての、MJ発言も一切聞いたことないけど、MJは、MGMミュージカルも、ディズニーにしても、ものすごく好きだし、超オタクにも関わらず、驚くほど「社会派」でしょう?

「スリラー」の長編SFの後が、カザン直系のスコセッシによる「BAD」。で、そのときも、社会派リアルから、急に「ウェストサイドストーリー」でしょ。「You Rock〜」でも、そーゆーところは変わってないんだけど、でも「BAD」で反省したんじゃない?

あのときは「ちょっと自分カッコ良過ぎたんちゃうん?」みたいな....(笑)

ホント、MJはさ、わたしたちなんか、足下にも及ばないほど「大真面目」だからさ。
Commented by yomodalite at 2011-06-21 17:02
さらに自己レス(ごめん。自分根が「うっかり」なもんでw)

☆重大なミスを訂正します!!!!

I really believe that God choses people to do certain things, 
the way Michelangelo or Leonardo da Vinci or Mozart or Muhammad Ali 
or Martin Luther King is chosen. 
And that is their mission to do that thing. 
And I think that I haven't scratched the surface yet 
of what my real purpose is for being here. (〜Ebony 1992年)

今のところ、ダヴィンチはちょっと違うまでは、訂正しないけど、、
一言も言ってないは「大嘘」でした。謹んで訂正いたします。
Commented by mari-ko at 2011-06-22 00:46 x
ホントにレスに愛を感じてしまい、どこから突っ込んでいいかわからないww(涙)

>納得できるまで、スゴクしつこいところがあるみたい。

私もそうです。分からないことは分かる人に聞けばいいってことじゃなく、自分にしかわからないことが知りたい(みたいなこと)って以前仰ってましたよね。。分かる気がします。私の場合知ってどうするってわかんなくって、ただ知りたいって思いだけでここまで来てますが、避けられない感じです。何もできないし、いらないなんて!yomodaliteさんからプレゼントされた時間、しっかり受け取らせていただきます。

>MGMミュージカル~「社会派」

ほんと同意っす。あと「BAD」でカッコ良過ぎた反省が「You Rock~」って(愛をこめて)ホント大真面目だな~。。あと、上の記事ありがとうございます!!テンショあがってしまいました(笑)

「You rock~」で気になる点がもう一つあるので引っ越しします(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-06-16 00:49 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(17)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite