マイケル・ジャクソンの顔について(26)“もっとも深い愛”

f0134963_22124043.jpg

マイケル・ジャクソンの顔について(25)のつづき

わたし自身は、MJのことを「神」のように尊敬してますけれど、彼は神ではないし「神」や「天使」という日本語から、MJの考える「God」や「Jesus」を考えるのは、難しいんじゃないかと、よく思っていて、

だって、そもそも「God」は、十字架にはかけられないし、「天使」好きのひとは、インヴィンシブル期が好きじゃないみたいだし、、と思って「顔について」を書きはじめて、とうとう(26)。

わたしは、ネタ振り、ツッコミ、ボケを何度も繰り返すことが、思考することだと思っているのですが、(21)からは、できるだけスッキリ思考で行こうと思っていたのに(24)で、うっかり(いつものことですが....)、逡巡してしまって、一瞬「拙速案」を頭に描いてしまったんですが、、

やっぱり「“Unbreakable” の具体的なSF計画はない」でいいことにしよう。

と、まとめ直したのが(25)です。(ふぅ〜〜)

そんなわけなので(24)の“Unbreakable” のテーマは“ギャング”は、やっぱナシで♡

またまた、夜露死苦っ!!! (by : 夜喪堕璃手)


◎TV guide interview 04 Dec 1999  和訳→
◎TV guide interview 01 Nov 2001  和訳→
◎Online audio chat 26 Oct 2001  和訳→
◎Usa today interview 13 Dec 2001 和訳→
◎Gold magazine 01 Jan 2002 和訳→
◎Vibe magazine interview 01 Mar 2002 和訳→


上記は、この間の公式インタヴューの中から『Invincible』に関連していると思われるもの。

この後、トミーモトーラとの確執を電話で語ったとされる、2002年7月13日の「The Journal news」は、まだ内容を確認していません(このテキストの在処を知ってる方は、ぜひ教えてくださいませ)

◎1999年の「TV guide」は、“You Rock My World”の曲も、SFも『Invincible』も発売前。

◎2001年の「Online audio chat」は、30周年記念コンサート(9月7日と10日。翌日が9.11テロ)と、"You Rock My World" ショートフィルムの世界公開(9月17日)の約1ヵ月後で『Invincible』発売3日前。

◎2001年の「TV guide」は『Invincible』発売直後(10月29日発売)

この頃のインタヴューで、もっとも、“Unbreakable” のことを何度も、語っているのは、2001年の「Online audio chat」で、ファンからの質問に答えるという形式で『Invincible』発売直後のMJのインタヴューとして素晴らしい内容です。

『Invincible』はなかなか発売されなかったので、ファンマガジンなどには、もっと異なる情報もあったと思いますが、わたしは、これらのインタヴューなどから、ソニーウォーズの原因として、会社側が、陰謀として、“Unbreakable”のSFを創らせなかったというのは、やはり違うと思いました。

何をしつこくそんなことをと思われてるかもしれませんが、そのことが、"You Rock My World" のSFに、影響を与えているかどうかが、一番気になっていて、出来るかぎり検証しておきたかったので...



f0134963_2214934.jpg

では、ここから、

"You Rock My World" の曲について。

MJは『Invincible』で、お気に入りの曲は、 "Unbreakable", "Speechless", "Lost Children" と答えていますが、これは、それぞれ、

"Unbreakable"(絶対に屈しない精神)
"Speechless"(愛とは何か)
"Lost Children" (救わなくてはいけないもの)


だと思うんです。

ポップソングの歌詞の世界は、深遠な内容でも、通常のラブソングに擬して、表現することもありますし、MJの歌詞の場合は、特にそう感じるんですが、この歌は、 "Speechless"と、同じぐらい、深い愛の歌ですが、これまでは、MJが書いた曲には、スイートなラブソングは少なく、むしろ「それは愛じゃない」という否定から、愛を探求してきた歌が多かったように思います。

◎Billie Jean 訳詞

ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
彼女が、ぼくしかいないと言っているだけで
その子はぼくの息子じゃない
彼女は、ぼくひとりだと言っているけど
その子はぼくの息子じゃない


彼の代表的な曲としても、パフォーマンスとしても、“Billie Jean”は、特別な存在だと思いますが、この曲は、愛の甘さが微塵も感じられず、心理分析的には、ハンパないレベルの、女への理想の高さが感じられる曲ですよね。

『Invincible』には、これまでと違って愛にも人生にも肯定的な歌が多いと思いますが、“You Rock My Worldのように、究極の愛を見つけたという内容の曲は、他にはないんじゃないでしょうか。

◎You Rock My World 訳詞

人生のすべてをかけて求めた完全な愛を

僕が見つけられるだなんて

誰が思っただろう

こんなにも完璧に、素晴らしい愛を

君は僕の世界を変えた 君もそれをわかっているだろう

僕は君にすべてを捧げなくてはいられない

これほど稀少な愛を、見つけられるだなんて

君のような人を僕のものだと言えるなんて

誰が思っただろう



f0134963_221847100.jpg

この「稀有で、完璧な愛」ってなんでしょう。

MJは、これより数年前に離婚していて、この時代の彼のプライヴェートからは、特定の女性の姿が見えないのですが....

『Invincible』発売から1年後、2002年11月の「GOLD」のインタビュー。


Q : What do you think is the deepest form of love someone can feel? And have you felt it?

Q : あなたが考えるもっとも深い愛はなんですか?
また、それを感じたことはありますか?




MJ : Wow, I think that's really a matter of opinion. Have I felt the deepest form of love? I don't know what would be the deepest... {long pause} an interesting question... {repeats question a few times}. I love my children very, very much, and I always look in their eyes and tell them that - I think that's the most important thing.

MJ : ああ、それは、とてもいい質問ですね....何が一番深い愛なのか......(長考中)興味深い質問ですね...(さらに何度も考えて)僕は自分の子供たちを、とてもとても愛してます。彼らの眼を見ていると、いつも、そう言いたくなる。だから、自分にとっては、それが一番だと思う。

すぐにではなく、相当長く考えて「子ども」と答えたMJは、本当に真摯なアーティストだなぁと思うのですが、



f0134963_22272359.jpg


この、長考しているときに、彼が迷っているのが、“You Rock My World”で、それでも、ギリギリの選択で「子ども」と答えたときに見えた光景が、"Speechless" なんじゃないかと思うんです。

彼は、子供を深く愛していると言ったのではなくて、彼らの眼を見ていて、わき上がってくる感覚が「もっとも深い愛」ではないかと思い、それは、言葉にできないものだ("Speechless")と認識している。

これは「神の愛」で、

“You Rock My World”の「そして僕の全ては、君のものだ」は、音楽や、ダンス、それを包み込む精神....それらを一生をかけて求めてきて、今、ようやく、自分の中で熟成して完璧な状態にあるということで、

これは「自分が人々に与えられる愛」のことだと思うんです。

彼が、2度の離婚を経た後に見つけた「完璧な愛」とは、そーゆーことだと思われるのですが、冒頭に、お笑い風味のラップが入っているのは、コメディアンの涙のように、それを「見せてはいけない」と感じてしまうMJの「照れ」というか、「矜持」のようなものでしょうか。

☆(27)につづく


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/16068850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by やんちゃ at 2011-06-03 21:56 x
鬱陶しい梅雨の季節に、蟻の道がずっと、つづいていて、その先にどんな角砂糖の山が有るのか?
夜喪堕璃手さんについてきて、よかった。よかった。ほんとに。
Commented by yomodalite at 2011-06-03 22:24
やんちゃさん、いつも励みになるお言葉、ありがとうございます!!!

んじゃ、也ン血椰(←ヤンキーネームね)のために、
もっと、てっぺん目指して、行っちゃうからね=====!!!!
Commented by やんちゃ at 2011-06-03 22:49 x
いいですねー。茶髪にして、コンビニの前でしゃがみ込む勇気がいまごろ湧いてきた感じです。年甲斐も無く。

そういえば、MJはずっと黒髪ですね、黒髪、好きなのかも。 
そんなこともないかな。MJにとってHotな女性、金髪が多いでしたね。
つぶやきですから、どうぞ、放置なさってお休みくださいませ。
ほんとにすてきな夢が見られそうです今夜は。
おやすみなさいmj。みたいな。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-06-02 22:40 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(3)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite