乙女心で高須クリニックを逝くのだ

f0134963_2142618.jpg


JUSTICEって、未だによくわかんない(悩)、、、

でもMurrayが無責任なやつってわかっている「現在」であっても、わたしが体験した一番厳しい不眠症状を思い出すと、依頼する気持ちは、めちゃめちゃよくわかる。。キャサママの起訴は、あえてというか、はっきりさせるためと、末っ子のためにやったんだと思ったけどなぁ。。。愛は意外と万能じゃないよね。。。(悩)

◎http://twitter.com/#!/randyjackson8 (彼のことは心配♡としか言えない。)

☆Randyにはきっと届かないけど、去年復活した“アジアの歌姫”王菲(フェイ・ウォン)

◎王菲(フェイ・ウォン)『傳奇』
◎陳奕迅(イーソン・チャン)とのデュエット曲。
映画『将愛情進行到底』の主題歌“因為愛情”


☆昨日の素敵なツイート(今日のもあるかも)と、RTにならない、yomodaliteの斜め下からのつぶやき。。

malipoza まーじなる
日本の政治の実権を握ってるのは、官僚である。行政を司る官僚に政治家が物言うには、まず政府に入らなければ何も出来ない。官僚にとって一番厄介なのは官僚システムを改革するものが政府に入ってくること。それさえ防げれば何とかなると思っている。小沢を絶対に政府内に入れないのはこのためである。

malipoza まーじなる
日本は官僚が支配する国で、打ち倒すべき対象が見えにくい。しかし、官僚の力の源泉とはそのシステムにある。システムから見て、最も官僚を象徴する特権的人物が3人いる。藤崎駐米大使、笠間検事総長、そして羽毛田宮内庁長官である。この3人が官僚主義を象徴する人物である。

天皇制とか女系への賛否とかより、「次期天皇を誰が教育するのか」って問題を、誰も解決できないよね。。。

chan_dora チャンドラ
エジプトは歴史に残る大暴動が起こっていて、ネットワーク革新によりリアルタイムでその映像や音声が手に入り、これまでの戦争がどのように作られてきたかを確認できるすごいことが起こっているというのに、日本のテレビでは相撲の八百長問題とかなんとか… 放送免許持ってる資格あんのか?と。

chan_dora チャンドラ
歌舞伎や相撲という国技は、国の失政を隠すためいつでもマスメディアに汚い部分を公表できるよう、文化保存しているのだと考えていいのかな?

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
エリカちゃんは、旦那つぶし。高城剛の本には海外から見る日本の姿が克明に記されてますからね。

かつて横文字ギョーカイの末端にいた者として「ハイパー・メディア・クリエーター」を舐めんなって思う。情報の入手先と扱いの差で、まさかの、談志<内海桂子なんてことになりそうになるのが「今」の時代の怖いとこだよね。

昇太師匠も、談笑師匠にも、大笑いさせてもらってるし、尊敬もしているけれど、今年おふたりの独演会には行かないって決めたのは「メディア」との距離かなぁ。。。その距離も、毒も両方絶妙なのは、やっぱり志の輔師匠だと思う。


bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
ある雑誌社の編集者と昨日は飲んだ。エジプトについて聞かれたので、「もしかしたら今年は極東はおやすみかもしれませんねえ」と。ただ、アメリカは中東に釘付けになるので肩代わりを極東の属国である韓国と日本にさせようという狙いかもしれない。2012年は中東ではなく極東が緊張するのかも?

緊張している中東とのパイプもどんどん薄くなってる気がするし、とりあえず、アジアとは、マジ喧嘩はヤメようって条約をこっそりとがっつりで結んで欲しい。。イスラエルはどーなるのかなぁ

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
Twitterがメディアで、フェイスブックがネットワークでせうね。 RT @yokoek QT: 監訳の調整をしてるんだけど、SNSはソーシャル・メディアとした方が日本語ではわかりやすいかな?ソーシャル・ネットワーキング・サイトは文字数が多いしね。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
いや、そうではなく、ネットワーク性はツイッターには無いとおもいます。フェイスブックやミクシィは大学友愛会の流れがありますので、まさに人脈でありメディアではないと思うのですよ。私は意図的に分けていますね。RT @yokoek

フォロー無視した人ゴメン。フォロー返しは全て無視しているの。今のところ、わたしには諸々全部無理っぽい。。。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
押井守の『番狂わせ』を読みなう。特車二課もの。原作はゆうきまさみだったはずだが、調べらたらヘッドギア原作になってた。本作は昔の特車二課のメンバーは唯一シゲさんだけ登場。後藤そっくりの後藤田隊長はじめ昔の隊員そっくりの名前のキャラが。泉野明は遊馬のイメージか。内容はサッカー政治もの

サッカー政治もの!!!!(でも、押井守って苦手なんだよね。。。)

levinassien 内田樹
僕はテレビには出ないことにしていますが、それは口ごもり、つっかえ、言いよどみ、舌を噛み、前言撤回し・・・という渦巻き的なプロセス抜きには対話も、思考の深化もありえないと思っているからです。テレビはそのような「迂回」を許してくれません。

levinassien 内田樹
新聞に対するテレビのアドバンテージは「速報性」だったわけですが、それがネットに奪われたあと、テレビはニュース報道においていったい何をめざすのでしょう。「大きな声で、断定的にものを言い、『世界の成り立ちは単純だ』と言い張る人間」にニュース解説を委ねる誘惑に抗しきれるでしょうか?

TVの報道は、怒りをぶつけるような感じで「大きな声で、断定的にものを言う」か、そういうメディアに揚げ足をとられたくないひとの「優等生的発言」(スポーツ選手とか)ばっかりだよね。

☆本日の不快なニュース
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110203/Mainichi_20110203k0000m040136000c.html

「来場者から『百貨店にふさわしくない作品がある。不快だ』などという苦情が寄せられたため」ー 本当に息苦しい世の中だなぁ。百貨店にふさわしくない作品がある。不快だと苦情を言った匿名者に「息苦しさ」の責任を迫りたい。

「苦情」を受ける側は、公開で公表・議論できるような「場」を創った方がいいんじゃないかな?荒れない工夫は必要だけど、声の大きい人が何もかも決めていく風潮には、もううんざり。


☆昨日のベストブログ
◎「エジプトの夜明け〜新たな一頁へ」
☆そのつづき
◎「エジプトの夜明け〜ムバラク支持派の正体」
☆今日のベストブログ(今朝一番に見たブログだけど...)
◎「ウケる日記」


TVニュースで発言している人を見ると、全員「アホか!」って思うけど、ネットには、反射的に鋭い発言する人が多すぎて、自分の頭の悪さを痛感してしまふ。。。

最近、読書量が減少しているのも、自分の頭の悪さのせいで、とにかく、わからないこと多くて、次の本に行けないからだ。

「顔について」も、MJはそんなに整形しているわけじゃないってことだけで、済ますつもりはなくって、すごく具体的に、整形医に質問できるぐらいに調べたかったんだけど(←聞けばわかるって思う人や、どういうわけだか、自信もって断定している人にはわかんないと思うけど、、相当分ってないと鋭い質問は出来ないし、相当工夫しないとホントのことは聞き出せないと、私は思ふ。)

調査能力も、取材力も全然足らないうえに、書くのもむつかしいし、「何のため?」って声が聴こえてくると、ハッとしたりして、でも、ハッとすることなんて、ネルソン・ジョージの『スリラー』に粘着して《4》まで書いたあと、さらに、“スリラー”はなぜ高く評価されているのか[2]を書いていた(呆)ときもそうだったし(現在放置中)何回ハッとしたって、バカの沼から脱出するのは、むつかしいのだ。

そういえば、何度かハッとしたせい(たぶんダジャレが頭に浮かんだのだ)と、アジアカップの余韻で、自分の1日に「松木の解説」が入るのだけど、むやみに「よし!」って言ってみたり「さあ、こっから!」て、どっからだよっていうノリツッコミ以外は「気をつけないといけない時間帯」がマジ多いし、やっぱり「シュートで終わる」のが、一番むつかしい。

『グリーン・ホーネット』映画館で観ようかな〜。あと千原兄弟のDVDも見なきゃ。。

今日のタイトルは、銀座のMJから、急に注目している桜庭一樹氏に、ちょっぴり影響を受けたんだと思う。

◎桜庭一樹読書日記


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/15443200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-02-03 16:43 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite