“says with a goofy grin”(3)

f0134963_21525443.jpg
6日に言うっていうのも、なんなんですけど、もう12月!

ニートに限りなく近い、お気楽専業主婦であっても、何だか忙しいような気だけはして、暇をこよなく愛する気持ちと「隠居生活」という人生のテーマが、ブレそうになってしまって、ホントまだまだだなって思う。

この1年ぐらいで、主婦生活のルーティーンは、すべて「マイケルで踊っていたら勝手に片付いた」という“魔法”で、凌いできたのだけど、年末間近にやってきてしまった「勝新太郎祭り」と、それに追撃ちをかけるように“来て”しまった「根本敬」には、まだ、そこまでの活用が出来ていないせいか、またもや、優先順位がよくわからなくなってきてます。



この日のことが、まだ、昨日のことのように思い出されるのだけど、やっぱり、もう何日経ったか数えてみる気がしないのは、それだけ時間が経ったからかな。。。

『Michael』発売前から、ちょっぴり書き始めた“Conspiracy”に関して、わたしは様々な疑問に対して、ほとんどの場合「結論はできるだけ早く出さない」というポリシー(笑)があるので、この件に関しても、結論めいたことは言いたくないのですけど、「MJ Glassies Collection (3)の一部から、カテゴリ「goofy grin」に収めた内容に関して、

最初の動機は、“Conspiracy”の、矛先を、S×××とATVに向け過ぎていないか?という点への疑問があって、例えば、この記事なんですが、

(こちらの、とてもとても素敵なブログに要約があります♡感謝!!!!!)

これらのお金の流れに関して、わたしは検証することも出来ませんし、アンシュッツの会社に関しても、まだ何も書いていませんが、ここから、“Conspiracy”の矛先が、S×××へ集中するというのは、わたしには、またもや、“Conspiracy”に思えたんですね。

単純に考えても、MJに大きなダメージを与えた、2つの性的虐待疑惑、また彼の奇人ぶりを伝える、夥しい報道も、S×××にとって「得」とは言えませんし、そこは、カタログ関係とは、また、別の“Conspiracy”のはずです。

わたしにとって、あの裁判で、疑問だったのは、

なぜ、検察は、性的虐待疑惑にも関わらず、MJの仕事上の側近(Konitzer、Wiesner、Schaffel)と、5歳のころから、ネバランに出入りし、それこそ、MJのベッドで何度も寝ていて、少女も含まれている、Cascio兄弟のひとり、Frank Cascio(=Frank Tyson)まで、共謀者として名指し、家宅捜索までしたのか?

なぜ、Mesereauは、本来ならば、性的虐待疑惑を払拭する、重要な証人になりうる、Cascioを証人として呼ばず、側近たちを、ほとんどMJと仕事をしていない広報(Kite)まで、証人にして、ダメージを与えたのか?

という2点で、

特に、Mesereauは、裁判後も、MJが性的虐待をするような人では絶対ないという点と、メディアの狂乱に対しても、MJ擁護の立場で色々と発言していることは知っていますが、彼が印象づけた、MJが「お金に疎いアーティストで、常に、欲得ばかりの側近たちに操られていた」というイメージが、本当に、無罪判決に必要だったのか?という点は、はっきりさせたいと思っていました。

でも、Konitzer、Wiesner、Schaffelのことも、中途半端ですし、Dr.To×××のことは、まったく触れていませんし、こんな段階で、結論めいたことを言うのは、不本意なんですが、一応、今のところ、わたしがどう思っているかを、後から謝る覚悟で言うと、

Konitzer、Wiesner、Schaffelは「白」だと思っていて、その後の(他のお金の権限がある)マネージャーにも、言われているほど、騙されたとか、操られたなんてことは、全然ないと思っています。なので、Mesereauには、まだ疑問が残ってます。

Brancaと、McClainと、Dileoにも、なんかすっきりしていませんし、アンシュッツの会社は色んな意味で“BLACK”だと思ってます。

ただ、S×××に関しては、上記の記事にあるように、MJが絶対に同意しなかったであろうレーベルだとは考えていません。「カタログの半分を持ったままのマイケルがソニーを離れられないように」っていうのは、通常のビジネスの範疇と考えます。むしろ、あの騒動により、ファンから厳しく見られているわけですし、KINGのそういう賢いところも好き!!!って感じで思ってます。

だから、所詮、金の世界は狭いのですけど

“Conspiracy”は、もっと大きい場合だってあるわけですよ。相手は世界のMJですから。

で、これに関しても、テキトーな真実が、これまた“Conspiracy”によって、巻き散らかされているようなので、少しでも、整理したいと思うんですが、、、

とりあえず、伝わったとは言えないほど、中途半端ですけど、わたしの中では、アルバム『Michael』は、買ってもだいじょうぶ!だと思うところまでは、整理できたので、これは、年末の優先順位からは、外すことにします。『Michael』も集中して聴きたいですしね♡!

また、『Michael』騒動は、S×××の販売戦略というよりは、どこかの国の歌舞伎役者のように、常に重要なことから、目を離させようとする“Conspiracy”なんじゃないでしょうか。

かの国も、面積広い割には、どういうわけだか島国ぽいので、なんだか極端な方々も、本当に信じて行動されている方もいると思いますけど、2ちゃんねるなどに、工作員が多いことと同じように、MJとはまったく関係なく、頑張っておられる方も、大勢いたりして。

この国では、相撲や歌舞伎といった伝統芸能系が、よく利用させられますね。報道されている方は、歌舞伎をご覧になったことがあるんでしょうか? 歌舞伎や、芝居が、本当に庶民のものだった頃の「かわら版」なら、役者のことを、こんな風に伝えていたでしょうか。江戸時代なら、次の週には、そのケンカが、芝居になっていたかもしれません。

歌舞伎は、高いので、せめて、落語を聴かれてもいいと思うんですけど。。。

とにかく、大きな“Conspiracy”の方も、いずれとは思っていますけど、それに関しては、今は、ここで起きていることに集中した方が良いように思います。今日は、手術を終えられたばかりの、鈴木宗男氏が収監されました。

◎孫崎享(元外交官)Twitter

◎『日米同盟の正体ー迷走する安全保障』/孫崎享

なんだか、MJニュースより、Wikileaksを読む方が、MJのことが、よくわかるような気がしますね。

そんなわけで、タイトルに反しているような内容で、申し訳ないのですけど、

しばらく、勝新太郎っていうか『座頭市』から、離れられないかも。。。

◎Much Too Soon.wmv  

この写真でMJが着ているシャツ、似ているデザインはいっぱいあるとは思うけど、たぶん「Giorgio Armani」じゃないかなぁ。。ダーリンに当時これと同じシャツを買っていて、なんか妙に嬉しかったので♡
f0134963_21433919.jpg

◎says with a goofy grin (4)へ 
[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/15113415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pyt at 2010-12-08 10:15 x
勝新といえばこの人こそ『昭和の男気界ザ・スター』じゃない?(笑)この人の“祇園の方”の手記は読んだ事があるけれど、こういう人はもう2度とでないと思えるよね。。

Frank Cascioを、証人として呼ばないのはなぜかという事だけど、MJに近すぎて、検察側から証人としては却下される可能性があった?と思った事があるのだけど違うかな?

>Konitzer、Wiesner、Schaffelは「白」だと思っていて
ここのところは、やっぱり良く分からないのだけど、、

>Brancaと、McClainと、Dileoにも、なんかすっきりしていませんし
ここのところは「GRAY」だと思いつつも、80'sのDileoなんかとのエピを読むにつけ辛い部分ではあるのよね。。

2003年にMJが逮捕されたのが、国家的規模での“Conspiracy”によるBushやらイラク戦争やらの批判を逸らすため云々、と囁かれているワケだし。

>また『Michael』騒動は、S×××の販売戦略というよりは・・“Conspiracy”なんじゃないでしょうか
コレまでもが“Conspiracy”の可能性アリ?でも、Wikileaksの創設者が、小学生でも分かるような別件で逮捕されるこのご時世で、真実や正義が明らかになる日なんて来るのかぁ。。(泣)
Commented by pyt at 2010-12-08 10:18 x
(つづき)
最後の写真は、07年かな。プレタが板についてオシャレ過ぎ(当社比・笑)て、ついてイケなくなる(爆)頃だよね。なのできっとArmaniで正解くさい♡

昨日のオプラでカシオが、「MJは、パジャマみたいなシャツの上にナイスなブレザーとか着てた」と 言って、会場からも笑いがもれてたらしいけど、まあコレ以前の話だろうね(笑)
Commented by yomodalite at 2010-12-08 12:02
ホント、説明するのしんどいから、とりあえず中断するって言ってるのにぃ(苦)

アルバムへの疑惑問題と、MJがこれまでに受けた、様々な“Conspiracy”の両方が頭にあるので、ややこしいんだけど、、、

とりあえず、あれ書き始めたとき、裁判本に名前が載ってる人は「一から、洗ってやる」という気持ちだったんだけど、Cascioは、今回のTV出演より以前も、MJとの関係について、TVできちんと答えてたんで、自分の中では「白」だったから、後回しにしてたら、ますます、解決進んだみたいなんで、まっいいかって感じで、

>Konitzer、Wiesner、Schaffelは....やっぱり良く分からないのだけど、、

わたしの中では、Schaffelの映画は観ても大丈夫で、Konitzer、Wiesnerも含めて、特に悪いやつだったとは思えないという段階です。(つづく)
Commented by yomodalite at 2010-12-08 13:42
>Cascioが呼ばれなかったのは、MJに近過ぎて、検察側から証人としては却下される可能性があった?

というのは、弁護側の意見としては、同意なんだけど、
そもそも、検察は、なんで、性的虐待疑惑に、仕事上と家族的の両方の側近すべてを、共謀者としたか?ってことが、最大の「疑問」で、

スネドンは単純な人達かもしれないけど、大がかりな家宅捜査や、あの被害者家族の素性で、MJを逮捕を許した「司法」の上の方には、別の思惑があった可能性が高いでしょう?

だから、側近たちの疑惑に、明確な「反対」をしていない、Mesereauは、わたしの中では「グレー」にしておきたいのね(後々のためにも)

Mesereauに対しては、なんていうのかな〜〜クインシーは超天才だけど、だからって、何度も自分と一緒にやったアルバムばっかり持ち上げんじゃねえよ。みたいな気持ちに少し近いのかも(笑)(つづく)
Commented by yomodalite at 2010-12-08 13:45
で、MJが旅立ってから、なんかもう、ちゃっちゃと仕事しまくりで、超スマートな、Brancaも、2002年にってところは、ホントにマジ「?」なんだけど、でも、MJは旅立った後のことは、相当考えていたはずだから、ありえなくはないんだけど、でも「白」にする必要もないので「グレー」で、

McClainも、ディレクターだし、2002年の遺言書のサインが偽装であっても、Branca&McClainが、MJのレガシーをっていうのは、バッドな選択じゃないかもしれないし、でも、Brancaと一緒で「白」にする必要がないので、やっぱり「グレー」で、

>80'sのDileoなんかとの.....辛い部分ではあるのよね。。

私もそう思うけど、業績とか、歴史的とか、政治的評価っていうのは別でしょ。悪い人なんて、めったにいないんだから。

>このご時世で、真実や正義が明らかになる日なんて来るのかぁ。。

公的に明らかになるなんてことがないのは、いつの時代もそうで、だから、真実を語り続けていくってことが大事なんじゃない?MJもストーリーテラーが一番エラいって言ってるし。。。
Commented by yukari_0124 at 2010-12-08 21:19
こんばんは~。

私の許容量を超えているので吸収できなくてコメントできないのですが(笑)
最後のマイケルがかっこよくて~~~~♡
髪型もいい♪だんな様とおなじシャツですか??いいな♪
Commented by yomodalite at 2010-12-08 21:39
yukariさん、カンバンワ〜♡

クローゼットの中に、MJが着ていたシャツが♡と思うとね♪
ただ、ダーリンが着てると全然ちがうんだけどね(泣)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-12-06 22:17 | goofy grin | Trackback | Comments(7)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite