John Branca&S×××/ATV(1)

思い込みは禁物とはいえ、彼に関しては、なんかもう、名前とは逆に“真っ黒”って気がしちゃうよね。わたしは、MJが旅立って後の、ATVカタログとか、MJのお金の遺産に関しては、子供たちにも充分遺せてるし、あんまり興味がないんですけど、でも、Justiceを求めている人たちは、ほとんど、BrancaとS×××に集中しているようなので、わたしも、少し勉強してみようと思いました。

2002のMJクロニクルにも、全然、登場してくれなくて残念だったので、とりあえずウィキペディアとか、基本情報を記録しておきます。

以下は、John Brancaと、S×××/ATVの、ウィキペディアから抜粋。

いつもより更に訳が雑になっていて、機械翻訳を少しマシにしたぐらいなので、ここは、マジで、マズいなって箇所もいくつかあって、、、直して頂ける方が、いらっしゃったら、すごくウレシイです。

特に「ジャクソンは、3年後に、Brancaを再雇用して、、、」ってところの「、、ソニー/ATV株の利子を販売し返します」という部分、ちょっと意味が違うんじゃないかと思うんですけど、どなたか、正解おわかりになりませんか?


◎John Branca
From Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/John_Branca


John G. Branca (born 1950) is an entertainment lawyer who specializes in representing rock and roll acts, as well as independent investors, music publishing catalogs, and independent music labels.

John G. Branca(1950生まれ)は、ロックンロールを専門にする芸能関係の弁護士です。独立している投資家、音楽出版カタログ、およびインディーズラベルなど。

He has represented 29 acts in the Rock and Roll Hall of Fame, including The Rolling Stones, Michael Jackson, The Jackson 5, Carlos Santana, Aerosmith, The Beach Boys, ZZ Top, Fleetwood Mac, Bee Gees and The Doors, which is believed to be more than any other entertainment attorney.

彼は「ロックの殿堂」入りした、29のアーティストと仕事をしています。ローリングストーンズ、マイケル・ジャクソン、ジャクソン5、カルロス・サンタナ、エアロスミス、ビーチボーイズ、ZZトップ、フリートウッド・マック、ビージーズ、ドアーズを含んでいます。他の、どのエンターテインメント弁護士よりも、多くであると信じられています。

Other clients have included Alicia Keys, Berry Gordy, Dick Clark, Dr. Dre and the Backstreet Boys. Among his clients outside the music world: Forbes magazine, Penthouse magazine, Playboy magazine, investor Ron Perelman, MCI and Mike Tyson.

他のクライアントは、アリシア・キーズ、ベリー・ゴーディー、ディック・クラーク、ドクター・ドレー・アンド・バックストリート・ボーイズ。音楽の世界以外のクライアントは、フォーブズ誌、Penthouse誌、Playboy誌、投資家ロン・ペレルマン、MCI、およびマイク・タイソン。

In recent years Branca has been involved in the sale of some of the music industry's most prestigious publishing catalogs, including Berry Gordy's Jobete Music, Leiber & Stoller, and the Rodgers & Hammerstein Organization.

近年、Brancaは、音楽産業のいくつかの最も名門の出版カタログの販売にかかわりました。Berry GordyのJobete Music、Leiber & Stoller、Rodgers & Hammerstein Organizationを含んでいます。

Branca was also involved in the formation and sale of Interscope Records, the sale of Rhino Records, and represented Rick Rubin and his American Recordings label.

また、Brancaは、Interscope Recordsの構成と販売、ライノレコードの販売、Rick Rubin and his American Recordingsレーベルに関わりました。

He also has served as counsel to numerous music industry investors, including Vivendi, Matsushita and Richard Branson.

また、彼は、相談役としてヴィヴェンディ、松下、およびリチャード・ブランソンを含む多数の音楽産業の投資家として仕えました。

As a partner in the law firm of Ziffren, Brittenham, Branca, Fischer, Gilbert-Lurie, Stiffelman, Cook, Johnson, Lande & Wolf LLP, Branca is one of a handful of attorneys to have been included in all editions of the prestigious Best Lawyers in America.

Ziffren、Brittenham、Fischer, Gilbert-Lurie、Stiffelman、Cook, Johnson, Lande & Wolf LLPの法律事務所のパートナーとして、Brancaは、アメリカの中でも名門の、ほんの一握りの弁護士のひとりです。


◎Career highlights

Michael Jackson

Branca was instrumental in the production and release of Michael Jackson’s Thriller music video. Before Thriller, music videos typically had budgets of $50,000—however, Jackson spent over $1 million on the music video of Thriller.

Brancaは、マイケル・ジャクソンの“Thriller”のミュージックビデオの生産とリリースに関わっていました。“Thriller”より以前は、ミュージックビデオは5万ドルの予算が通常でした。しかしながら、ジャクソンは100万ドル以上を、“Thriller”のミュージックビデオに費やしました。

Branca financed it by persuading Showtime to pony up $1.2 million for a Making of "Thriller" video, the first "making of" documentary for a music video.

In the video, Jackson turns into a werewolf. At the time, Jackson was a Jehovah's Witness, and church elders berated him for promoting demonology.

“Thriller”のメイキングビデオの120万ドルを払うように、Showtimeを説得することによって、Brancaはそれを出資させました。それは、ミュージックビデオのための、初めてのドキュメンタリーの作成でした。

ビデオでは、ジャクソンは狼人間に変わります。 当時、ジャクソンは「エホバの証人」でした、そして、教会の年長者は、彼が悪魔学を促進すると激しく非難しました。


Jackson ordered Branca, who had the sole copy, to destroy it. Branca told Jackson that Bela Lugosi, whom Jackson adored, and who played Dracula in the movies, was also religious and had put a disclaimer at the beginning of Dracula stating that he didn't endorse vampirism.

ジャクソンは、唯一のコピーを持っていたBrancaに、それを破壊するよう命令しました。Brancaは、ベラ・ルゴシも、ドラキュラの演技をしていたときに、映画の前に、吸血鬼の習性を是認しなかったという「注意書き」を添えた話しをしました。

This anecdote persuaded Jackson to put a similar disclaimer on Thriller and allow it to be released. In the five days following, the Thriller CD - already out for 1½ years, sold another million copies.

この逸話は、同様の注意書きを“Thriller”に置けば、それがリリースできることを、五日間のうちに、ジャクソンに納得させました。 “Thriller” CDは、販売されてから、1年半が経っていて、既に100万部を販売していました。

The success of the video caused rock groups and record companies to consider music videos an essential part of the way rock music was packaged and sold

ビデオの成功により、ロックグループとレコード会社は、ミュージックビデオが、音楽を販売する方法として、不可欠であると考えられるようになりました。

Branca helped Jackson to purchase ATV Music Publishing in 1985 for $47,500,000 (which held the copyrights to the Beatles' and Little Richard's songs). Within a few years the catalog was worth more than $400,000,000.

Brancaは、ジャクソンが1985年に、4750万ドル(ビートルズとリトル・リチャードの著作権を保つ)でATV Music出版を購入するのを手助けしました。 数年で、カタログは4億ドル以上の価値がありました。

Branca was also instrumental in facilitating the merger of ATV with Sony, creating one of the world's largest independent music publishers.

また、Brancaは、世界で最も大きいインデペンデント出版社の1つを作成して、ソニーとATVの合併を容易にしました。

Jackson abruptly left Branca in 1990 when record company mogul David Geffen convinced him that Branca exerted too much control.

ジャクソンは、1990年に、レコード会社の要人David Geffenに、あまりにも多くのコントロールを及ぼしたとして、突然、Brancaを解雇します。

Jackson re-hired Branca three years later, and Jackson appointed Branca as one of his representatives on the Board of Sony/ATV. In 2006, Branca resigned as Jackson's lawyer and sold back his equity interest in Sony/ATV.

ジャクソンは、3年後に、Brancaを再雇用して(1993年?)、ソニー/ATV音楽出版の代表として、Brancaを任命します。2006年、Brancaは、ジャクソンの弁護士を辞職して、ソニー/ATV株の利子を販売し返します。

Approximately three weeks before he died, Jackson rehired Branca.

彼が亡くなる約3週間前に、ジャクソンは、Brancaを再雇用しました。

In the Michael Jackson probate case, Branca produced Jackson's final will and testament, which designated Branca as executor. The Jackson family filed a preemptive probate action in the Los Angeles Superior Court, based on the allegation that Jackson died "intestate," without a valid will.

マイケル・ジャクソンの遺言書の検認では、ジャクソンが執行者としてBrancaを指定していたため、Brancaはジャクソンの最終的な遺言書を製作しました。 ジャクソン家は、ジャクソンが、有効な「遺言書」がない状態で亡くなったという主張に基づいて、米ロサンゼルス高裁で、検認に関して、申し立てをしました。

Branca filed the will in Los Angeles on July 1, 2009 and was appointed co-executor. Katherine Jackson has since filed a petition to the Court, asking for a determination whether she will be disinherited under the "no-contest" clause of the will if she challenges Branca's appointment as executor.

Brancaは、2009年7月1日、ロサンゼルス高裁の決定により、共同遺言執行者に任命されました。

After filling for interim control of her son's will, the judge informed his mother that Branca, along with John McClain would continue to be primary executors of the pop icon's will.

彼女の息子(MJ?)による、仮のコントロールが続いた後に、裁判官は、彼(MJ?)の母親に、そのことを知らせました。Brancaと、John McClainは、今後も、KING OF POPの第一の執行者でありつつけるでしょう。

Katherine Jackson has since filed a petition to the Court, asking for a determination whether she will be disinherited under the "no-contest" clause of the will if she challenges Branca's appointment as executor.

キャサリン・ジャクソンは、以来法廷に陳情書を提出しています。「無効」の決断が求められるかどうかは別としても、彼女は、Brancaら、執行者へのアポイントメントに挑戦しているようです。

Since that decision there has been no word wether Jackson will get further control over her son's assets, but it is obvious that this is the case since the film “This Is It ”and the current Cirque de Sole deal, in which, both Branca and McClain had major roles in did not involve Katherine Jackson.

そこでの決定がまだなので、ジャクソンは、彼女の息子の資産の更なるコントロールを受けています。しかし、映画「This Is It」と現在進行中の“Cirque de Sole”の取引まで、BrancaとMcClainの両方が、主要な役割を持っていたことは明白で、キャサリン・ジャクソンは関わっていません。


◎Music Publishing

In 1985, Branca facilitated one of the most famous music publishing deals in history, the purchase of The Beatles' and Little Richard's music catalogs to Michael Jackson.

1985年に、Brancaは、史上で最も有名な音楽出版取引の1つ、ビートルズおよび、リトル・リチャードの音楽カタログをマイケル・ジャクソンが買うことを容易にしました。

In 2008, changes in the tax law that allowed songwriters to pay a small capital gains tax instead of a larger income tax prompted Branca to advise some of his clients that this was the perfect time to sell their music publishing catalogs, thereby establishing new precedents in valuation.

2008年に、作詞作曲家が支払う所得税を小さく、代わりに、受取る著作権税をより大きくすることができる税法の変化により、彼らの音楽出版カタログを販売する格好の時期であると、彼の何人かのクライアントに忠告したことにより、評定価格の新しい先例を確立します。

Ensuing sales included: Kurt Cobain and Nirvana copyrights; Steve Tyler's Aerosmith publishing catalog of 160 songs to Primary Wave Music Publishing for $50 million; Julian Lennon's share of The Beatles' royalties, and the catalog of the legendary song-writing team of Leiber & Stoller to Sony/ATV, which created a new yardstick by which the worth of catalogs was measured.

販売は、続きました。中には、Kurt CobainとNirvanaの著作権。 スティーブ・タイラーの160曲のエアロスミス・カタログによる、50millionのPrimary Wave Music出版。 ビートルズのロイヤリティに関するジュリアン・レノンのシェア、およびカタログの価値が新しく測定された、ソニー/ATVの伝説的な作詞作曲チーム、Leiber & Stollerのカタログ

He also sold Berry Gordy's Jobete Music to EMI, which changed the method and standard by which catalogs were valued.

また、彼はBerry GordyのJobete MusicをEMIに販売し、カタログが評価された方法も規格も価値も変えました。

In 2009, in a highly-watched move, Branca beat out Wall Street investment banking houses to represent the Rodgers & Hammerstein Organization and sold their catalog for an excess of $200million, despite predictions by the Wall Street Journal and others that the catalog wouldn't fetch more than $150million.

2009年、注目された移動では、BrancaはRodgers & Hammerstein Organizationの代理をするためにウォール街の投資銀行家を打ち負かして、ウォール・ストリート・ジャーナルと他によるカタログが1億5000万ドル以上にはならないだろうという予測にもかかわらず、2億ドルの過剰で、それらのカタログを販売しました。

In addition, Branca helped songwriters such as Don Henley of The Eagles regain copyrights of their songs, or to help them secure royalties that they’ve lost, as he did with John Fogerty of Creedence Clearwater Revival.

さらに、Brancaは、イーグルスのドン・ヘンリーなどの作詞作曲家が、それらの歌の著作権を取り戻すのを助け、また、彼がクリーデンス・クリアーウォーター・リヴァイヴァルのジョン・フォーガティを処理したときのように、彼らが失ったロイヤリティを保証しました。

These deals prompted Marty Bandier, CEO and chairman of Sony/ATV Music Publishing, to call Branca the "number one music publishing lawyer in the country."

これらの取引により、ソニー/ATV 音楽出版のMarty Bandier、最高経営責任者および議長から、Brancaは、“この国の音楽出版の最高の弁護士”と呼ばれることになりました。

John Branca&S×××/ATV(2)につづく





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/15011843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-11-16 22:59 | goofy grin | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite