第3回日の出寄席・立川志の輔独演会(東京国際フォーラム・昼公演)

志の輔師匠を聴くのは、お正月の「志の輔らくご」以来で、日の出寄席は今回が初めてです。志の輔師匠の独演会には、お弟子さんが登場することが少ないのですけど、今回は、寄席ということで、前座で志の彦さんが登場。

恵比寿で家賃29000円のアパートにお住まいなんですが、なんと鍵が南京錠!(ファイト♡)

師匠の本日1本目の“枕”は、尖閣諸島の中国漁船衝突映像流出に関して。

さらに、横浜のAPECもしっかり盛り込み、今の報道のおかしさや、なぜか、問題の核心には迫らず、なにが問題だったかも、わからなくなってしまうことなど、切り口が鮮やか過ぎて、斬られた方も、その瞬間は気づかないというか、決して毒舌にならずに、余計な血も流れないといった感じで、世相を扱う手腕は、いつもながら、本当にお見事。

そこから、さらに、皆さんの暮らし向きは存じませんが、家には、もう何もかもある。という師匠の自慢話(笑)。。各部屋にテレビもエアコンもあって、全自動洗濯機も、全自動炊飯器もあって、ガスレンジも3口もあるから、みそ汁を作りながら、お茶も沸かせる(笑)、それなのに、どうして、現代人は「忙しい」のか?

そして、

勤続30年、退職パーティーを終え、帰宅した夫に思いもよらない退職記念品が届くという新作落語「ディア・ファミリー」へ。

仲入り後は、長唄の松永鉄九郎さん。志の輔師匠の独演会では、寄席でなくても、生の三味線が聴けることが多いのですが、鉄九郎さんは、三味線の腕前だけでなく、しゃべりも達者で素敵な方でした。

2本目の枕は、落語ブームは、今、東京から、2年ぐらい遅れて、ようやく地方にも来ている。この公演の前は、九州にいて、長崎での、竜馬ブームを目の当たりにした。竜馬ブームに乗った変なみやげもの〜アンチ竜馬の人〜竜馬役の福山雅治の母が楽屋に来る〜一緒に写メールを撮りまくる(笑)

そこから、古典の「柳田格之進」へ。こちらは、2009年のお正月の「志の輔らくご」で聴いて以来。

それにしても、やっぱり、師匠の場合は、どうしても3本聴きたくなってしまうなぁ。今日の会は、いつもより、だいぶお安い4000円(S席)だったので、仕方ないんですけど。。

今月は、あさって、月曜にも、また落語に行きます。

________________

[本日の演目]
・牛ほめ……立川志の彦
・ディア・ファミリー立川志の輔
(仲入り)
・長唄……松永鉄九郎
・柳田格之進……立川志の輔




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/14974397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-11-13 20:52 | お笑い・落語 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite