MJ Glasses Collection (5)

◎MJ Glasses Collection (4)の続き

タイトルどおりの内容ではありませんが、MJ Glasses Collection (3)の一部と、(4)の内容が気になる方だけ、ご覧くださいませ。英文記事ばかりで、写真はありません。

テレビも、新聞も、ネットも、裁判も、とにかく、何もかも、信用できない世の中ですし
yomodaliteの英訳はもっと信用できません。どうか、あちこち疑ってお読みくださいね。

"What More Can I Give"
From Wikipedia, the free encyclopediaより


Schaffelに関して、書かれてある周辺のみ要約。和訳部分は、本当は反転しないと見えないようにしたかったんだけど、、

"What More Can I Give" was scheduled for release as a charity single, in the hope that $50 million would be raised to aid the survivors and the families of victims of the September 11 terrorist attacks. The plan, however, never came to fruition and the reasons why have varied between sources and the individuals involved.

"What More Can I Give"は、米国同時多発テロの犠牲者と生存者、家族を支援するためのチャリティーシングルとして、5000万ドルを集める目的で企画されましたが、プランは実を結びませんでした。その理由は、メディアと個人の間で異なります。

One newspaper stated that the release of the song was abandoned after it emerged that the executive producer had directed pornographic movies. The producer, Marc Schaffel, denied that he was to blame, and offered the opinion that the song was not released as part of a marketing ploy by Sony Music.

ある新聞は、製作責任者がポルノ映画を監督したことが発覚したので、歌のリリースが見送られたと述べました。プロデューサー(Schaffel)は、それを否定し、ビジネスの策略の一部として、S××× Musicによってリリースされなかったという意見を提供しました。

"What More Can I Give" was played on the radio for the first time in late 2002. The debut airing was made without permission by radio station WKTU-FM in New York. The following year, on October 27, 2003, "What More Can I Give" was made available to the public by way of digital download. Proceeds from the sale of the song went to children's charities.

"What More Can I Give"は、2002年後半に、初めてラジオでプレーされましたが、そのデビュー放送は、ニューヨークの放送局WKTU-FMによって許可なしで作られました。
翌年、2003年10月27日に、"What More Can I Give" は、デジタルダウンロードを通して、公衆に利用可能になり、歌の売り上げは、子供のチャリティーに行きました。



Planned release as a physical single

After the song failed to gain an official release, differing allegations arose as to who was to blame. The Los Angeles Times reported that the "What More Can I Give" project was abandoned after it emerged that the song's executive producer, Marc Schaffel, had directed and produced gay pornography.

曲が公式リリース出来なかった後に、だれが悪かったかに関して、異なった主張が起こりました。ロサンゼルスタイムズは、製作責任者(Schaffel)が、ゲイのポルノを監督・製作したのが発覚後に、"What More Can I Give" のプロジェクトが破棄されたと報道しました。

News of Schaffel's background supposedly became known to an entertainment television show, whose staff threatened to expose the producer's past in porn. Jackson's legal and management team subsequently sought to end the musician's business relationship with Schaffel, declaring their intentions in a letter sent to the producer's lawyers in November 2001.[24]

Schaffelのバックグラウンドに関するニュースは、エンターテインメントTV番組で、知られるようになりました。TV番組のスタッフは、プロデューサー(Schaffel)のポルノの過去を暴露すると脅かしました。マイケルの法的なスタッフと経営陣は、Schaffelとの契約を終わらせようとして、2001年11月、Schaffelの弁護士へ、文書で、その意志を宣言しました。

Schaffel disputed that he was the cause of "What More Can I Give" remaining unreleased, and insisted that he was not terminated from the project.

Schaffelは、"What More Can I Give" が未発表であり、プロジェクトを終えられないと主張しました。

The producer declared that it was not possible because his company owned the rights to "What More Can I Give".

Schaffelは、彼の会社が"What More Can I Give" への権利を所有しているので、それは可能でないと宣言しました。

(Jackson's camp rejected the claims that Schaffel owned the rights, but did admit that the producer was in possession of the master tapes as well as video footage of all of the "What More Can I Give" recording artists in the studio.)

マイケル陣営は、Schaffelの権利に関して、recording artists(マイケル他?)が、スタジオで録音された、すべてのビデオフィルムと、マスターテープの所持を認めたという意見を拒絶しました。

Schaffel further announced that the failed release of the song was the fault of Jackson's music label, Sony Music. He insisted that the company had delayed the release of the song so that it would not compete with the newly released Invincible album and that they had promoted the porn-based story in order to hide that fact.

Schaffelは、曲のリリースが失敗したのは、マイケルの音楽レーベル、×××ミュージックのせいであると、さらに発表しました。
彼は、会社(×××)が、新たにリリースされたアルバム「Invincible」と競争しないように、歌のリリースを遅らせて、その事実を隠すためにポルノベースの話を促進したと主張しました。


Schaffel further stated that he had never hid his past from Jackson or Sony.

Schaffelは、マイケルにも、×××にも、彼の過去を決して隠していませんでした。

Jackson also blamed Sony for the failed release of "What More Can I Give". In addition, the African American singer claimed that they had failed to promote his Invincible album and that the company's chief, Tommy Mottola, was racist and "very, very, very devilish". S××× representatives dismissed Jackson's claims as "unfounded and unwarranted".

また、マイケルも "What More Can I Give" のリリース失敗を、×××のせいにしました。 さらに、アフリカ系アメリカ人である、彼は、会社のトップ(Tommy Mottola)が彼のInvincibleアルバムを宣伝せず、人種差別主義で「超〜〜悪魔的」と主張しました。解雇された×××代表者は「無根拠で証明できない」と、それを退けました。

◎Airplay

One year after the all-star recording of "What More Can I Give", it was played for the first time on radio. WKTU-FM, a radio station based in New York, debuted the song without permission and played it in heavy rotation.

"What More Can I Give" は、オールスターによる録音から1年後に、初めてラジオでプレーされました。 WKTU-FM(ニューヨークに拠点を置く放送局)は、許可なく、それを、ヘビーローテーションで流しました。

WKTU-FM's Program Director Frankie Blue stated at the time, "This song is a gift to the world.

「この歌は世界への贈り物です」と、当時、WKTU-FMのディレクター、Frankie Blueは述べました。

Michael and everyone donated their time for it, and it deserves to be heard. The song is called "What More Can I Give", and I can give the world a song they can cling onto and hopefully make them think about what they can give."

マイケルと、みんなは、世界のために、彼らの時間を費やしました。それはとても価値のあることです。 "What More Can I Give" と聞かれて、わたしは、彼らの曲が、世界に希望をあたえ、また、それが、何であるかを、考えることができると思います。

It is unknown how the station acquired a copy of the song; both Jackson and Schaffel were uninvolved with it. Prior to the airing, at least 200 promo copies of the song were sent to the musicians who participated in the recording process, as well as to their representatives.

FM局が、どのように歌のコピーを入手したかは謎です。 マイケルとSchaffelは、両方とも、それには無関心でした。

Schaffel stated that he would hate to see the song not being used to raise money for charity, the intended purpose.

Schaffelは、曲が、本来の目的であるチャリティーのお金を工面するのに、使用されないことが、嫌いであると述べました。

WKTU-FM received numerous telephone calls and emails from listeners following their unauthorized playing of the song, thanking the station and asking where they could buy a copy of "What More Can I Give".

WKTU-FM局は、リスナーから、頻繁に電話や、メールで、感謝されたり、どこで、曲のコピーを手に入れたのかという質問を受けました。
  



☆☆☆追加更新☆☆☆

下記は、(3)でも(4)でも、引用していませんが、2009年6月26日の記事。
Schaffelが、あの日の翌日に、MJの依存症について語っています。最後に、裁判で勝ったという内容もあります。

☆ABC-News June 26, 2009
◎http://abcnews.go.com/Health/MichaelJackson/story?id=7938918

Friend Says Michael Jackson Battled Demerol Addiction
Doctors Speculate Jackson Died of Respiratory Failure, But Wonder Why 'Personal Doctor" Could Not Give Antidote


「マイケルは、Demerol依存症と戦っていたと、友人は語る」
医師は、マイケルは呼吸不全で亡くなったと推測するが、なぜ、パーソナルドクターは、解毒剤を与えなかったのか疑問に思う。

Reports of prescription drug abuse have dogged Michael Jackson for much of his career, and now a close associate has come forward to talk about the late singer's battle with addiction.

処方箋麻薬乱用の報告は、マイケル・ジャクソンのキャリアの多くに付きまといました。
親しい仲間は、彼の依存症との戦いに関して話すために進み出ました。


Jackson's former video producer said the pop star, who died Thursday at age 50 from cardiac arrest, had a "20-plus year" addiction to the painkiller Demerol, as well as to a cocktail of other drugs, such as Oxycontin.

元ビデオプロデューサー(Schaffel)は、マイケルが“20年以上”の間、鎮痛剤Demerolの依存症を持っていたと言いました。オキシコンチンなどの他剤と組合わせてもいました。

Jackson became so addicted that the video producer and other close associates tried to stage an intervention in 2003, but it derailed because of a world tour, said Marc Schaffel, who was named as an unindicted co-conspirator in Jackson's 2005 child molestation trial.

マイケルが、とても依存症になったので、ビデオプロデューサー(Schaffel)と、他の親しい仲間は、2003年に介入しようとしましたが、ワールドツアー(2003年にワールドツアー??TIIのこと??Schaffelに2005年以降もMJと接触があったってこと??)のため出来ませんでした。と、Schaffel(2005年の性的虐待裁判で、共謀者と告発された)は言いました。

Jackson even wrote and performed a song about the drug Demerol, called "Morphine," released in 1997. Both drugs are opioids.

マイケルは、1997年に、"Morphine"というドラッグに関しての曲もあります。MorphineもDemerolも、阿片など、アルカロイド系のもの。

"Everybody around him knew about it," Schaffel told ABCNews.com. "He didn't advertise it to the world, but anybody in his inner circle knew."

彼の周囲は、皆それを知っていました。世間には知られていませんでしたが、彼の側近は、皆知っていました。

Schaffel's accusations were backed by a senior law enforcement official who told ABC that Jackson was "heavily addicted" to Demerol and received "daily doses" of Oxycontin.

Schaffelが、ABCに語った、マイケルのDemerol依存症と、毎日のオキシコンチンの投与量は、マイケルが亡くなったときの法執行官によって支持されました。

"I was shocked, but I knew it was only a matter of time that something like this would happen," Schaffel said. "I have said before, that if he continued using drugs at this rate, he'd be dead by the time he was 50."

「私は、ショックを受けました。でも、私は、このようなことが起こるのが、時間の問題にすぎないことを知っていました。」と、Schaffelは言いました。

「以前、私は言ったことがあります。彼がこのまま、ドラッグを使用し続けていたら、50歳までに死んでいるでしょうと。」


Schaffel won a $3 million suit against Jackson, claiming the star failed to pay him $800,000 for his work on two television specials, and $2.3 million in payments and loans over a number of years.

Schaffelは、2つのテレビの特集番組に対する、彼の仕事の80万ドル、および、支払いとローンにおける230万ドルを、何年間もにわたって支払わなかったとする裁判において、マイケルに対して300万ドルの訴訟に勝ちました。

The Los Angeles police were told that Jackson received a Demerol injection one hour before his death, according to a senior law enforcement official. Paramedics at the Los Angeles hospital where Jackson died Thursday, according to the British tabloid the Sun, said the star's breathing got "slower and slower until it stopped."


☆☆☆さらに追加更新☆☆☆

MJ Glassies Collection (3)の、Schaffelの悪行について。のところで紹介した「TAPES SHOW TWO SIDES OF JACKO」の記事なんですが、実際は、Schaffelが、そんな酷いことを言ってるわけではなくて、Schaffel VS. MJを、メディアが面白おかしく対立させていて、またもや、変人MJと言った構図で報道しているのかなって内容で、

Schaffelが、持っているボイスメールが、裁判で証拠として、登場し、その内容が、ほんの少し紹介されているという記事です。

でも、なんとなく、わたしには、この記事は「味わい深い」というか、マイケル・ジャクソンの顔について(8)〜(13)までで、紹介した「エイブラム裁判」を思い出すんですね。あのときも、永年付き合いのある、プロモーターによる、ちょっと、MJにとって、分の悪そうな裁判でしたが、このときの彼の態度も、そんな感じだったんじゃないでしょうか?


TAPES SHOW TWO SIDES OF JACKO
BY MICHELLE CARUSO DAILY NEWS WEST COAST BUREAU CHIEF
Friday, June 30th 2006, 6:52AM



SANTA MONICA, Calif. - Two faces of Michael Jackson - hard-nosed businessman and childlike flake - came to light on recordings played yesterday in a $3.8 million breach of contract suit brought by the singer's former video producer.

サンタモニカ、カリフォルニア ー マイケル・ジャクソンの2つの顔(鼻っ柱の強いビジネスマンと無邪気な一面)が、昨日、元ビデオプロデューサーによって起こされた、380万ドルの不履行による契約訴訟で明るみに出ました。

The dueling Jackos - captured on voice mail and videotape - emerged as producer Marc Schaffel's lawyer made his opening statement in Santa Monica Superior Court.

プロデューサー(Schaffel)の弁護士が、サンタモニカ高等裁判所で、彼の冒頭陳述をしたとき、ボイスメールとビデオテープは現れました。

First came a phone message the pop star left for Schaffel. Schaffel lawyer Howard King said it proves the singer "is very well aware of what is going on" with his business affairs.

まず最初は、ジャクソンがSchaffelに残した電話メッセージ。 SchaffelのHoward King弁護士は、ジャクソンが彼のビジネスで起こっていることを非常によく意識していることを立証すると言いました。

"Marc, call [Florida businessman] Al Malnik. I do not want any ifs, ands or buts about releasing 'What More Can I Give' at this point," Jackson says in a falsetto voice laced with ice-cold authority.

「マーク、Al Malnik(フロリダのビジネスマン)を呼んでください。私は“What More Can I Give”をリリースすることに関して、どんな言い訳も欲しいと思いません」ジャクソンは、氷のように冷たい口調の裏声で言います。

"Do it now. Do it now, Okay? Tell Al I want a big deal made out of this. . . . Listen to me musically. This is my department," Jackson says, then hangs up without saying goodbye.

「今、それをしてください。 Okay? 今、そうしてください。 これは、大仕事だと、アルに言ってください . . . 音楽のことは、私の言うことを聞いてください。 これは私の専門なんです」さようならを言わずに、ジャクソンは電話を切ります。

But when Jackson was quizzed at a videotaped deposition on Sept. 23, 2005, his well-known childlike persona appeared.

しかし、ジャクソンが2005年9月23日に録画された証言で、質問されたとき、彼の周知の無邪気な人格は現れました。

"Did you ever pay him?" King asks the singer.
"I don't know. I don't know. I'm sure he got money," Jackson says in a tiny confused voice.

「あなたは、今までに、彼に支払いましたか?」 キング弁護士はジャクソンに尋ねます。「私は知りません。わかりません。私は、彼がお金を得たのを確信しています」と、ジャクソンは小さい混乱した声で言います。

"Why are you sure he got money?" King asked.
"Because he seemed to be always happy!" Jackson says with a goofy grin.

「なぜ、あなたは彼がお金を得たと確信しているんですか」 キング弁護士は尋ねました。

「だって、彼はいつも幸せそうに見えた!」 ジャクソンはにやにや笑いで言います。

In his opening statement, Jackson lawyer Thomas Mundell said the entertainer does not owe Schaffel the $3.8 million the producer claims.

彼の冒頭陳述では、ジャクソンの弁護士、トーマス・マンデルは、プロデューサー(Schaffel)から、380万ドルを借りていないと言いました。

He alleged Schaffel cooked the ledgers for Neverland Valley Entertainment, a company he formed for Jackson-related projects.

彼は、Schaffelが、Neverland Valley Entertainmentのための原簿や、ジャクソン関連のプロジェクトのために形成した会社を操作したと申し立てました。(記事引用終了)


「だって、彼はいつも幸せそうに見えた!」← ここ、何回見ても笑えるんですけど♡

◎MJ Glasses Collection (6)につづく



 

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/14905753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-11-02 16:04 | goofy grin | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite