日本の秘密/副島隆彦

この本は、1999年に出版された本ですが、今年、復刊されました。タイトルは、なんとなく中丸薫ぽくて“闇の権力”(笑)みたいな感じですけど、全然、そういう本ではありません。

10年前に出版された政治関係の本が復刊されることは、かなりめずらしいことだと思いますが、久しぶりに読み返してみて、その理由がよくわかりました。新刊の方は手にしていませんが、ほとんど内容は変っていないようなので、旧版の方を参考に、記録しておきたいと思います。副島氏は、今、かなりのハイペースで新刊本を出されていますが、最近、氏の本を読まれた方の中にはそのあまりにも自信たっぷりな言い方とか、内容よりもその文体にアレルギー反応を感じている人もおられるのかもしれませんが、あれは、現在の日本の状況を鑑みてもっともわかりやすく、伝わりやすい方法を真摯に考えられた結果で、10年前の本書ではまだそういったスタイルではありませんでした。

本書の第一部、「戦後日本の秘密」では、戦後の日本を創ったマッカーサーに対して、吉田茂と鳩山一郎のどちらに正当性があったのか。を問う内容。

第二部の「アメリカ政治の秘密」では、米国政治の六大潮流が紹介されていて、共和党、民主党といった2大政党としての主張よりすこし詳しく米国政治がわかる内容。

その他、「自衛隊」、「法と福祉」、「私の思想遍歴」なども含めて、現在の副島氏の思想のベースと、なぜ、これほど小沢氏を応援しているかということが理解できる1冊だと思います。


で、ここからは、この10年前の本を久しぶりに読み返した、
私の個人的な思い出のような内容なんですが、


音楽好きなので、ノーナ・リーブスの西寺豪太氏が、マイケル・ジャクソン好きであることは、知っていたものの、「小沢一郎=マイケル・ジャクソン説」を聞いたときは、驚いたんですね。でも、それが田中角栄から、研究されたうえのものだということが、すぐにわかったのは、西寺説以前に、副島氏によって、「小沢一郎」を知っていたからで、また、副島氏の師匠である、小室直樹氏により、「田中角栄」を知っていたからです。

小沢一郎=マイケル・ジャクソンは、メディアによって、執拗な「ネガティブ・ターゲット」にされたという共通点が、すぐに思い浮かびますが、マイケルの称号である「KING OF POP」にも、隠された共通点があると思います。

副島氏によれば「ポピュリズム」という言葉は、日本では、大衆迎合主義で、人気取り政治など、批判的な意味でしか使われませんが、本当は「人民主義」で、権力者や財閥に対する根本的な不信感に基づく感情を代弁する思想運動であるそうです。。。

大勢の人々が「KING OF POP」と叫んでいるとき、それは、ポップミュージックの王様という意味だけではないように、「ポピュリスト」と言うのも、同様の感情を呼び起こす人のことであるようですが、既存の権力の枠組みへの挑戦に危機感を抱いた『読売新聞』のトップである渡邊恒雄氏の個人的感情から、誤用が続いているようです。

わたしは、政治を研究してきたわけではなく、読書をしてきただけなので、わたしの「小沢一郎」観は、副島氏によるものです。そのせいか、私の中では、副島隆彦=マイケル・ジャクソンという感覚がすごくあるんですよね。

副島氏は、経済本で、予想的中を連発し、政治評論家として、マスコミに重用されることなく、著作のみで、読者に絶大な信頼感をもたれていますけど、わたしは、この10年間余、政治、経済以外の分野の読書でも、すごく影響を受けました。

マイケルの音楽を聴いていると、彼の音楽だけでなく、他の音楽への「耳」が変ってくるという経験をされた方は多いと思うんです。どんどん、イイものだけが、選別されて、耳に入ってきたり、彼がイイと言っているもの、すべてに信頼がおけるという感じとか、、

副島氏の本も、わたしにとっては、そういう感じで、すごく色んな事柄を繋いでくれたという感じがしています。そういうことが起きるのは、やっぱり「本物」だからで「真実」には「真実」がついてくるからなんじゃないでしょうか。

マイケルは、ことあるごとに公言してきた、アステアや、JBだけでなく、その他にも、様々な分野の先人達を、すごく研究してきたアーティストですけど、そういった、彼の歴史感覚や、膨大な読書量が想像出来たのは、皮肉なことですが、彼が執拗なメディア攻撃に、決して負けなかったからですが、そういった、信念がどうしたら、維持出来るのか。ということを、わたしに、教えてくれたのも、副島氏のこれまでの執筆活動が大きかったように思います。

また、おふたりに共通する点で、もっとも、尊敬できることだと思うのは、不遇な時代にも「人を育てた」ことだと思います。

マイケルが、クインシーと離れて、アルバム作りをするようになって、最初に選んだプロデューサーである、テディ・ライリーは『デンジャラス』に参加する前の段階で、当時のトップ・プロデューサーでしたが、マイケルとの仕事から学んだことと、感謝を、何度も語っていますし、『インヴィンシブル』では、デスティニー・チャイルドのプロデュースで、一躍脚光を浴びた、当時24歳のロドニー・ジャーキンスを抜擢、マイケルと仕事をするのが夢と、周囲に言いまくって、その仕事を手に入れた、ロドニーも同様、その他、様々なアーティストとの共演にも、マイケルには、自分が学んできたことを、伝えなくてはという思いが強く感じられます。

『THIS IS IT』でも、そうですね。3人の子供に見せたいというだけでなく、マイケルには、たくさんの「子供」がいて、リハーサル風景で、感動したのは、彼自身のたゆまぬ精進だけでなく、人に教える姿勢だったと思います。

副島氏も、雑誌、テレビから、遠ざけられている間に、渾身の著作で、読者をつかみ、そこに引き寄せられた若者を育てるということを、ずっとやって来ています。

姜尚中氏は、うっとりするような素敵なお声が、大好きなんですが、東大の政治学の教授として、姜尚中氏が選ばれ、マスコミに重用されたのは、彼が在日韓国人だったことが大きいでしょう。でも在日特権というものがあるように見えるのは、世界覇権国アメリカの周辺国管理によるものです。中国、韓国、ロシアといった、隣国と仲良くされては、日米安保の価値がなくなりますから。小室直樹氏のような天才が、東大で冷遇され、ボランティアのような形で、ゼミを続けられたりなど、政治・経済の分野は、日本の一流大学では相当管理されているようですね。

小沢氏も、新人議員をたくさん、育てていますよね。長きに渡って、ネガティブキャンペーンにあい、野党でありながら、それが出来たこと、少し前の党首選挙で、さまざまな妨害にあっても、ついてくるほどの人を育てることが出来たのは、なぜなんでしょう。

小沢氏のことを、西郷南洲として、語られている文章なども、ネットで散見できますが、幕末の英雄として、坂本龍馬ばかりが取りあげられているのも、不自然ですね。

◎南洲残影 (文春文庫)/江藤淳

☆本書で取りあげられている「本」

『日本永久占領』/片岡徹哉
『軍隊なき占領』/ジョン・G. ロバーツ、グレン デイビス
『田中清玄自伝』/田中清玄

☆弟子の中田安彦氏による、紹介文
◎復刊された『日本の秘密』と最新刊の『新たなる金融危機に向かう世界』をあわせて読んで考えたこと

☆2010年5月2日、フリージャーナリスト岩上安身による副島隆彦への単独インタビュー。
01〜17まであります。
◎100502副島隆彦01.flv

☆立川流家元と、副島氏の師匠の対談(談春、志らく師匠の若い頃の姿も!)
◎立川談志 vs. 小室直樹 (1)

☆小室ゼミで学んだ橋爪大三郎が小室直樹に聞く(2005年)
02-05,03-05,04-05,-05-05まであります。
◎小室直樹 宗教話 -01-05

☆同じく、小室ゼミで学んだ宮台真司のラジオトーク
◎【宮台真司】弟子が語る、故小室直樹の本当の功績 平成22年10月1日

________________

[BOOKデータベース]「世界覇権国(ヘジェモニック・ステイト)・アメリカvs属国(トリビュータリー・ステイト)・日本」という大柄な構図を、日本で初めて独力で築き上げた、独立・不覊の思想家が、日本政治の深部と暗部に斬り込む。






[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/14804236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chako. at 2010-10-19 10:05 x
明治維新から現代に至るとき、本当に日本が近代国家として成立していくために必要な人たちが歴史の中で冷遇されていると思います。西郷隆盛、田中角栄そして小沢一郎。今関心があるのは頭山満です。調べたいことがいっぱいあって頭の中がぐちゃぐちゃです。小室さんも日本の近代国家について言及されてますね。
Commented by yomodalite at 2010-10-19 11:29
chako.さん、コメントありがとうございます!

>今関心があるのは頭山満です。
わたしは、頭山満と玄洋社への興味は、数年前に浅い理解のみで終わっているのですが、愛国少年だった、小室直樹氏は、敗戦を契機に、日本が二度と負けないためにはどうするべきか?という問いから、徹底的に、西洋近代のすべてを学んで提言されてきた方だったと思います。

ちなみに、副島氏は『時代を見通す力』 で、http://nikkidoku.exblog.jp/8771280/ 日本の右翼思想の源流について書いています。
それと、明治維新では、近代国家に必要な1神教に準えて、明治天皇を創造した人々を描いた、山本七平氏の『現人神の創作者たち』も、すごく興味深い本でした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-10-17 01:57 | 政治・外交 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite