男気万字固め/吉田豪

本日、東京では、連日の猛暑が少し和らいでいますが、このまま、一挙に涼しくなることもなく、きっと、また厳しい暑さが戻る日もあるでしょう。そして、そんなときこそ本書を読むチャンス!!!

男気万字固め (幻冬舎文庫)

吉田 豪/幻冬舎

undefined


エコだの、地球温暖化だの、ガン無視して、エアコンをガンガンに効かせた、冷え冷えのお部屋か、もしくは、首振りを止めた扇風機の風を、正面から受け止める位置に陣取って男汁が滴る本書と共に、高度成長魂を蘇らせてみる!のは、いかがでしょう。

真夏の吉田豪祭り!3冊目は、著者の長時間インタヴュー本、第1弾『男気万字固め』

インタヴューされているのは、見事なまでに、女子ファンの存在が感じられない、男臭全開の以下の方々

◎山城新伍(蠍座)
◎ガッツ石松(双子座)
◎張本勲(双子座)
◎小林亜星(獅子座)
◎さいとう・たかお(蠍座)

※西川のりお(おうし座)
※畑 正憲(牡羊座)
(※印は、本人の希望により、単行本収録できなかった方々)


1番バッターの山城新伍氏は、本人はもちろんですが、著者と同じく、プロレスとタレント本に詳しい水道橋博士の『本業』でも、絶賛の著書『おこりんぼ さびしんぼ』による、男気レジェンド、勝新、若富の紹介者としても、現在の「男気界」への影響度においても最重要人物。とにかく、しゃべりが上手い!!!

お次ぎは、ガッツ石松氏。本当に情けないんですけど、わたしは、亀田問題のとき、父親の亀田史郎氏を、説得するガッツ氏を見るまで、彼の天然が“演技”だったことに気づきませんでした。一生の不覚だったと、未だに反省してます。そんな見事な演技力と、サービス精神と、言葉のセンスが光ります!!! “OK農場!!”(←牧場だけじゃなかったの。。)

3番バッターと言えば、張本勲氏。野球界一の「闘魂」、男の中の超男!
わたくしなどが、言えることは、何もございません!!!(ハァハァ)

4番バッター、CM音楽界のホームラン王、小林亜星氏。一世を風靡した、寺内貫太郎のキャラとは、まったく別のキャラで、しゃべりまくります。本文内で、事務所の壁にシド・ビシャスや、BECKのポストカードが張ってあることを、吉田氏が質問するくだりがあるのですけど、インタヴュー後記の写真をよく見ると、レディオヘッドや、中央にはデンジャラスツアー時のMJの写真も!

そして、最後に登場するのは、抑えの切札か、代打の神様か、、ねらった獲物は逃さないゴルゴ13を陰で操る、さいとう・たかお氏。流石というか、当然なのか、漫画家デヴュー前に、祇園で芸者遊びデヴュー済み。

読了後は、今まで、月島の高層マンション群を見て、どんだけ建てれば気が済むのか。。とか、思っていたエコ主婦(笑)のわたしですら、まだまだ空いている!と目をギラギラさせ、超高層の上を飛ぶヘリコプターを見る目も変わるほどの影響力!

夏バテや、ニートなお子様へのプレゼントにもいいかも。

☆あまりの激白内容に、単行本収録にストップがかかった「ムツゴロウインタビュー」 こちらで、全文が読めます。マジで激し過ぎるw
http://homepage1.nifty.com/SiteK4/m1.htm

☆水道橋博士の『本と誠』(収録を断ったもうひとりの芸人は西川のりおだった)
http://www.asakusakid.com/column/nikkei-4.html

この下の[内容紹介]は、文庫版のときのもの。私が読了したのは2001年の単行本です(右写真)2007年の文庫版はアマゾンでは在庫切れですが、他のネットショップでは購入可。わたしは、表紙の好みで、単行本を入手したのですが、文庫版には、本宮ひろ志と、乙武君のインタビューが追加されている模様(シマッタ!!!)。

ただ、単行本には、本文下にコラム欄があって、各人の出版本の紹介がされている部分が素敵なのだけど、文庫版は、そこんとこどうなんでしょうね?


[内容紹介]山城新伍、ガッツ石松、張本勲、小林亜星、さいとう・たかをの5人の大物たちの尋常じゃないほどの男っぷりを一挙公開。『月刊TVチョップ』に連載されたインタビューに、書き下ろしを加え単行本化。エンターブレイン (2001/06) 文庫版/幻冬舎 (2007/02)

帯にある「これが男の生き様だ!思い知れ!」とあるとおり、そして文庫化記念特別収録本宮ひろ志!最高!男気特別対談には乙武君!いままでの乙武君のイメージが変わります!!

浅草キッド・水道橋博士(本書・帯より)
吉田豪は、相手の99の話を引き出し、100の力で書く。そして読者に200以上を夢想させる。だからこそ、芸能本史上、最強の聞き手として、300パーセント推薦するしだいである。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/14426140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pyt at 2010-08-19 21:37 x
ど・ど・ど・どうしたの?連日の更新、真夏の吉田豪祭りお疲れ様!というより絶好調???男気・男臭全開記事になると、ノリが違いますなっ(爆)そして、ある時は、実直(笑)な調査研究人、またある時は、妖しい(笑)占星術研究家、そしてまたある時には、芸術的エロと笑いの追求者っ!、果たしてその正体は・・・(謎)って、ホントにただの主婦なの???(笑)

ところで、会社の昼休みに、思わず「ムツゴロウインタビュー」を全文読んじゃって、かなり長文だったけれど面白さのあまり、顔を引きつらせながら一気読みしたら、休み時間がつぶれたじゃん、どうしてくれるのよ~(笑)なので、ムツゴロウ氏だけでおなかいっぱいになったので、この本は読まなくてもイイかもと思いました(爆)

この本の出演者もそうだけど、ひとつ前のセキララ本やコク宝も、どちらかと言えば“昭和のかほり”がする人が多いよね?
やはり“男気”と言えば昭和や!って感じ?私自身が平成のお笑いってよく分からないからかな。

以上、平日の夕食は、主に立川デパ地下総菜をレンジでチンする、エコ妻とは対極なチン妻が本日の感想お届けしました(笑)
(だって忙しいんだもんっ)
Commented by yomodalite at 2010-08-19 22:23
「ムツゴロウインタビュー」、もう、ホントお腹一杯になるよね(笑)他の人もスゴいんだけど、ムツゴロウの激しさは、他とはひと味違ってて、この人だけ、高度成長とは関係なくて、東大で、学者で、この時代のエリートの難しさをしょってるというか、終戦時に10歳であっても、戦争責任を感じてるみたいな。。。でも、この中で1番年上なのが、小林亜星(78歳)なんだけど、BECKにレディオヘッドはビックリしたな〜!!

>ホントにただの主婦なの???(笑)
ただの主婦じゃなかったら、こんなにヒマじゃないと思ふ。(笑)

>やはり“男気”と言えば昭和や!って感じ?
特に、本書の紹介は昭和っぽさを意識して書いてみた♡こういう“高度成長スピリット”を忘れちゃうの良くないよね。だって、隣近所は、こんな感じの人が、日本の何倍も増殖してるわけだしさ。
Commented by pyt at 2010-08-20 22:57 x
小林亜星(78歳)って、そんなにナウでヤング(完全死語)なの!?ただの寺内貫太郎の人だと思っていた。私なんて、セックス・ピストルズ少し知っていてもシド・ビシャスは知らなくて、BECK(ってマンガ?)にレディオヘッドなんて全然知らないし(汗)いやいや、恐るべし寺内貫太郎(78歳)。

でね、私が知っている事といえば、ここで80年代の話をするようになってから、BSのこの番組見ているの。この曲と出演者、これならほぼ全部知っていた。私はやっぱり昭和の人だわ~(笑)
「SONG TO SOUL ~永遠の一曲~」 
http://w3.bs-tbs.co.jp/songtosoul/

昭和時代の“高度成長スピリット”を忘れないような、男気魂あふれるイイ男を見る目を養うには、このブログは最適カモ??(爆)で、隣近所にいる、追いつけ追い越せで増殖している人たち(笑)にも負けへんで~!っというくらいの、男臭全開なところを見せつけてくれるような男が、私は好きカモ(笑)

あと、yomodaliteさんが考える、現在の男気界の『ザ・スター』って誰~?(笑)
Commented by yomodalite at 2010-08-20 23:43
BECKは、大文字だとマンガの方になっちゃうよね。
でも、そっちじゃなくて、こんな人。
◎Beck - E-Pro
http://www.youtube.com/watch?v=RIrG6xBW5Wk&feature=channel
◎Beck - Loser
http://www.youtube.com/watch?v=YgSPaXgAdzE

で、レディオヘッドは、こんな感じ♡
◎Radiohead - No Surprises
http://www.youtube.com/watch?v=qqsyXdj_p_I&feature=related
◎Radiohead - High & Dry
http://www.youtube.com/watch?v=NCPDiEz-GcE&feature=related

「SONG TO SOUL」その番組は全然知らなかった。わたしは、音楽を、懐かしいなぁって思って聴くことってないのね。ベックやレディオヘッドは、90年代後半って感じかな〜(今も活躍してるけど)

>現在の男気界の『ザ・スター』って誰~?
つい最近、吉田豪を初めて読んだところなんで。。(笑)
「男気界」に関して、ナンバー1は全然決められないなぁ。。色んな人がたくさん居てくれた方がいいなぁって感じ?

「サムライ」って事だったら、もちろん、中村俊輔だけど♡
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-08-19 12:05 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite