人間コク宝/吉田豪

人間コク宝

吉田 豪/コアマガジン

undefined



吉田豪(乙女座)氏の本は、ずっと読みたいと思っていたのですが、わたしが難しめの本を、眉間にしわ寄せて読んでいる間に、ダーリンが図書館から借りてきて、先に爆笑していました。

本書は、日本で、一番上手いインタビュアーと言われる、著者によるインタビュー本第2弾。(ちなみに第1弾は『男気万字固め』)

2004年に出版されたものですが、インタヴューされているのは、以下の人たち。


・坂上忍(『地球に落ちてしまった忍』 双子座)
・岸辺四郎(双子座)

・チャック・ウィルソン(蠍座)

・安部譲二(『日本怪死人列伝』 おうし座)

・カルーセル麻紀(『私を脱がせて』 射手座)
・三浦和義(『民事訴訟入門』『ドラキュラの花嫁』三浦良枝著 獅子座)
・田代まさし(乙女座)

・真木蔵人(天秤座)

・ジョニー大倉(『暴力青春』 乙女座)
・高嶋政宏(『高嶋兄』 蠍座)
・稲川淳二(獅子座)

・ジョー山中(『証』 乙女座)
・山本晋也(『ポルノ監督奮戦記』『真面目な社会学』『わたしは痴監』双子座)
・梨本勝(『突撃エロチカ』 射手座)
・ROLLY(『不思議の国のローリー』 乙女座)
・桑名正博(『赤き獅子の伝説』 獅子座)
・中山一也(『刺されたいのか、主役はこの俺だ!』 不明)
・内田裕也(『俺はロッキンローラー』『レディス・アンド・ジェントルメン』蠍座)

☆( )内はインタヴューの資料となっている本人が出版した書名と、なぜか誕生星座w

“コク”宝というだけあって、確かに、濃い面々のような気はすると思いますし、、、それゆえの拒否反応や、暑苦しい感じ、男臭さにむせ返りそうになる女子も多いと思われますが、でも、そんな人にこそ、激しくお奨めしたくなるほど、本書は、意外性に満ちていてびっくりするほど、面白い本です!!!



まさか、坂上忍が、そこまでパンクな奴だったとは...チャック・ウィルソンの仲間は何人も...最近、ウチのブログによく登場するロス事件の三浦氏、本書出版後、再逮捕された、田代まさし、意外性の高さでは最高度だった、山本晋也、その怪談話よりも遥かに壮絶な稲川淳二の私生活、ROLLYの複雑さ、中山一也、あなたは誰?(笑) 

そして、締めは、Babyへの想いがまったく感じられない「シェケナベイビー」や、都知事選の政見放送時「ゴミ収集者の待遇を改善する」という政策を、ローマ字で書くなど(「GOMISHUSHUSHA NO TAIGUU O KAIZEN SURU」)、まったく理解できないロッキンロール魂をもつ、謎の人、内田裕也は、ファミリーと目される、ジョー山中、桑名正博、ジョニー大倉などのインタヴュー後、満を持して登場する。

いわゆるファミリー以外でも、内田氏は、本書の面々と不思議に繋がっていて、また、同じような“縁”を感じさせる「真樹道場」(梶原一騎の弟、真樹日佐夫の主催する空手道場)や、内田やジョニー大倉の矢沢永吉への想いも興味深いのだけれど、最近は、ヘアスタイルから、康 芳夫(こう よしお)のB級という印象だった、内田裕也が、もしかしたら、Rockを理解していて(笑)、実は英語が堪能で、尚かつ、知性があるのかも(笑)とまで印象を覆されたことは、私にとって新鮮な驚きでもあり、やはり、何でも疑ってみなくては、、との思いをより一層強く感じました。
__________

[出版社 / 著者からの内容紹介]芸能本史上最強のインタビュアーによる濃厚インタビュー集。怒濤のインタビュー18連発
コアマガジン (2004/12/3)

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/14400444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-08-15 14:06 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite