マイケル・ジャクソンの顔について(10)エイブラム裁判

f0134963_6224522.jpg


☆(9)の続き

冒頭の写真は、2002年12月3日、裁判所に到着したときのもの。

さて、エイブラム裁判の4日目。

もう嫁に行くしかない!そんな白い衣装でおわかりのように、本日はこの裁判中一番のキレイ系。




f0134963_6393879.jpg


アメリカの裁判といえば、法廷内にTVカメラが入ることもめずらしくありませんが、それは裁判ごとに決められているらしく、05年の裁判のときは、法廷内でのTVカメラはもちろん、写真撮影も禁止されていました。このエイブラム裁判もTVカメラは入っていないようですが写真撮影は認められているようです。といっても制限はあると思うんですね。



f0134963_6313262.jpg

法廷内の写真は、カメラの位置も決められていると思いますので、MJが写真に撮られているのは(8)の上から4枚目の立たされている写真のように、裁判官(判事)の隣の証言せきに限られています(前にマイクがあることから。立っているときは別)また、背景の国旗の位置から考えても、同じエリアからの撮影であることは間違いないようです・・・

と、ここまでは写真の出所への疑問から書いた文章だったのですが、その後、コメント欄の情報(DTさん感謝!)から、通常の「報道写真」ということが判明したのでこのあとは割愛。

また、前記事の冒頭の新聞の写真は、顔は写っていませんが、法廷内のMJの写真のようで、どの写真が一面に掲載されたのか、MJが楽しそうに笑って見ていたところからも特定したかったのですが、国旗を背にし、顔の横、向かって左側に3本の指(手を開いている?)に該当する写真はまだ見つかっていません。

ですから、これは想像ですが、たぶん、このときの一面の写真は、前日の11月14日のバンソウコを取ったら、鼻は全然キレイだった。ということがわかる写真だと思うんですね。

◎なんとなく当時のニュースの感じがわかる「BARKS」の記事

(記事から引用)1月13日(水)、Zel Canter判事は、Jacksonに証言を行なう前に彼のトレードマークであるマスクをとるよう指示した。マスクを外した彼のアップの写真には、整形手術を施して包帯で覆われている鼻が写し出されていた。これらの写真はインターネットで瞬く間に広まり、中には「今まで見た中で最もぞっとする写真」といったキャプションが付いたものまである。しかし、14日(木)の宣誓証言では、彼の鼻は通常の状態に戻っていた。(引用終了)

最初の、鼻バンソウコにメディアが引っかかったのが、楽しくて仕方がない。MJが新聞を見て楽しそうに笑っていたのは、たぶん、そういうことなんじゃないかと。わたしの、虫メガネ「小道具説」も、原稿を見ていないことと、虫眼鏡の角度、顔との距離以外に、そんなところからも判断しました。

私はこの裁判でMJがやっているのは、お笑いフレーバーをまぶしたメディアへのおちゃめな「挑戦」だと思っています。

ただ、ちょっとわかりにくいインヴィンシブルなギャグなので、出来るだけそれが伝わるように紹介しようと思っていますが、私の考えを覆してくれるような、ご意見や感想も大歓迎なので、よろしくお願いします。

では、

この日は、午前と午後に裁判があり、途中、ランチ休憩があります。


f0134963_642566.jpg

法廷に入る前、待っていた子供にすぐ反応するMJ


f0134963_6432532.jpg

本日のラッキーガール!


f0134963_6435129.jpg

この眼の優しさに、失神しそう....


f0134963_644371.jpg

サインを頼んでいるのは、“WIZ”のLPのような・・
親子3代のファン?


f0134963_6451963.jpg


どうでもいいことですが、
この傘、ものすごく曲がってるよね



f0134963_6454920.jpg


では、法廷に入ります。


f0134963_646281.jpg

あれ、松葉杖だったの?

法廷内に入る前の写真には、松葉杖も靴を履いてない方の足が写っているものが1枚もなかったので、意表をつかれました。微妙なんですが、これは“小道具”ではないように思います。この理由と、足のケガに関しては後述します。


f0134963_6495493.jpg


“ドヤ顔”(1)


f0134963_6522399.jpg


f0134963_6524237.jpg


f0134963_6525446.jpg


“ドヤ顔”(2)


f0134963_6532492.jpg



f0134963_6534482.jpg



f0134963_654289.jpg


“ドヤ顔”(3)


f0134963_6552354.jpg


ピース(謎)


f0134963_6555817.jpg


双眼鏡(謎)


f0134963_6562863.jpg


『マイケル・ジャクソン全記録』によれば、「それは、運営管理する人々の仕事です。僕がやっている仕事ではありません。僕はエンターティナーなんです」と言ったときのもの?


f0134963_657883.jpg


(謎)......
ここは、本当に法廷でしょうか?
(この写真についてはこちらの記事もどうぞ)



f0134963_6574864.jpg

退出。



ここからランチ休憩(後半につづく)

◎マーセル・エイブラム(アブラム)補足情報
エイブラムの公式サイトによれば、彼は、なんとMJが5歳のころのコンサートも企画し、1988, 1989, 1993, 1996, 1997, 1999年まで、“THIS IS IT”をのぞくMJの全てのワールドツアーを仕切った、まさに世界No.1と言っていいプロモーター。




また、’97年にエイブラムが脱税で服役したとき(あまりにも儲かったためでしょう。税務署が正義とは限らないのは日本同様)、マイケルは、わざわざ刑務所まで面会に行き、1時間以上を過ごしています。(『マイケル・ジャクソン全記録』より)

◎Santa Maria Times.com
◎サンタ・バーバラ州立裁判所
◎隣に座っていたZel Canter 裁判官(判事)
閉鎖)http://www.sbcourts.org/general_info/judicial_officers/canter/


☆(11)に続く



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/13746654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chako. at 2010-05-19 09:18 x
はじめまして。マイケルと同じ年に生まれ三人の子持ちです。毎日見ていましたがもう抑えきれず書き込みしますね。昔から知ってはいましたけど、完全にはまったのはやはりTHIS IS ITからです。アルバムや雑誌はほしいものは随分そろえました。映画も実は11回も見ました。人生生まれてこんな自分初めてです。それほどまでにマイケル奥が深すぎです。ここ何年か気分の浮き沈みが激しかったのですが、彼にほんと救われました。yomodaliteさんの研究成果に激しく納得したり笑えたりわくわくしながら見てますよ。よろしくお願いします。
Commented by sho at 2010-05-19 11:37 x
なにやってんの〜遊んでるようにしか見えない〜
キャンディ食べてたのも、この裁判?
ピース2本の写真をどっかで初めて見た時には、こんな場所でふざけたことをする人だなあ、とそのときは思いました。虐待疑惑の裁判の記事とこの写真をもし並べたら、ものすごく不道徳・不謹慎極まりない人として受けとめられますね・・・

MJはどうして2つのミレニアムコンサートをキャンセルしたのでしょうか?
その経緯をどなたか御存知でしょうか?

>この傘、ものすごく曲がってるよね
傘くらい、もう少しちゃんとしたものを使ってくれ!
せっかくの白いおべべが台無しだ〜

そして足!足!どうしたの?ケガ?


どうでもいいことですが、車から降りたときに白ネクタイが裾からはみ出て見えてますがジャケット着た後は直ってますね。
Commented by sho at 2010-05-19 11:46 x
>鼻バンソウコにメディアが引っかかったのが、楽しくて仕方がない

わお!そうきたか〜そうだったのかも〜
yomodaliteの鋭い考察、読めば読むほど引き込まれます。

どの写真が一面に載っていたのか、知りたいですね
Commented by bebe at 2010-05-19 12:36 x
裁判になるとおしゃれになるのは、一つは、視聴率を気にするかな
でも、遊びたくなる(彼なりのお笑いをしたくなる)
もう一つは、メディアへの挑戦。
裁判だとタブロイド系だけでなく、いろいろなメディアが注目するから、わざとばんそうこうして、話題を振っておいて、「実はちがうよ。メディアが言うこと、テレビで流れることがすべて正解じゃないよ」って訴えたかったんじゃないかな
Commented by makko at 2010-05-19 15:24 x
マイコー顔遍歴の研究、興味深く拝見させて頂いてます。

(3)TVガイド表紙で取り上げられたメイクに髭顔の
マイコーや、裁判でのばっちりメイクに髭マイコーを見て、
私はプリンスの「グラフティ・ブリッジ」のジャケットを
重ねてました。

あれは1990年の作品だそうですが、ストレートヘアに髭の
プリンス。
かなりキモオカシいコメディですが、「どうよ、キモいだろ」と
あえて世間に対決姿勢のプリンスに影響を受けているのでは?

プリンスは銀縁眼鏡もご愛用ですが、そこも似てる。

プリンスには年度もラブコールしながら振られたという
噂のマイコーですが、彼のキモオカシいテクニックを
拝借したのでは?
Commented by yomodalite at 2010-05-19 21:18
chakoさん、コメントありがとうございます!
11回には完敗です(わたしはたったの4回)でも、これほど映画館で見たいと思った映画は、私も初めてでしたし、すごくわかります!あんなに近くで、ステージのMJが見られる以上の贅沢って他にないですよね♡

shoさん、bebeさん、いつもありがとう!
そうそう、キャンディは最終日ね。一面知りたくて「サンタマリアタイムス」のサイトとか、色々探したんだけど、まだ見つからないんだよね〜。

老眼鏡疑惑はね、だって、新聞読む時とかじゃないんだよ。バンビの時は、自分で用意した原稿だよ(笑)そんなの、手書きかワープロかどっちかでしょ。本当に恥ずかしかったら、文字デカクするって(笑)。老眼かどうかっていう疑問じゃなくて、見せたいか、見せたくないかって言ったら「見せたくて仕方ない」だと思うよ。だって実際ステキだし♡
Commented by yomodalite at 2010-05-19 21:19
makkoさん、プリンスのこと詳しい人からのコメント嬉しいです!
ふたりは、似ているところも多いし、影響しあってるというか、ライバルって感じがすごく面白いよね。

“THIS IS IT”のときですら、オルテガに早くやらないとプリンスがやっちゃうとか言ってたの、すごくおかしかったな〜。

「顔について」は一々裏取りが大変で、面倒なんだけど、これが終わって、WCも終わって、体力が戻ったら、“プリンス vs マイケル”とか、妄想全開で書き散らかしたいです。
Commented by bebe at 2010-05-19 23:17 x
ahahah、そっか~
いつものサングラスではなく、こんなのも似合うでしょう~
教養プンプン、ビジネス界をこの手に握っているぞ~っ的なグラスだもんね。読んですぐ外してもないようだし
う~~ん、読みが深い。
Commented at 2010-05-20 00:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2010-05-20 05:43
yumikoさん、またまた非公開コメントになってるけど。。。
もう、ちっちゃい□ポチするの、癖になってない?
Commented by yumiko at 2010-05-20 11:16 x
ごめんなさーい。確認して送信してるつもりなのに、なんだかポチが入っちゃって、でも、別に内緒は全然ありませんからね。

いろんな人の意見が聞けて、なんだか楽しい。
今回のMJも「楽しんでいただいて、ありがとう」ってふうに見えます。

それにしても、yomodaliteさん、ほんとに早起きなんですね。
Commented by yomodalite at 2010-05-20 11:23
うん。でも、1ヵ月ぐらい前まで、20年間以上、朝8時前に起きた記憶ないんだけどね(笑)なんか夜中に“啓示”が来てさ。。。
Commented by makko at 2010-05-23 23:42 x
すみません。
妄想ついでにもう一つ思っていること。

マイコーはよくピーターパン鼻といわれますし、
彼自身、ピーターパン願望を認めてますよね。

私は2000年前後以降からの、彼の鼻を見ると、
日本のアニメやマンガの典型的な鼻の描写を思い出すのです。

平面の世界に描かれた小さくて細く上を向いた鼻。

マイコーのアニメやマンガ好きは有名ですが、もしかしてそんなマンガのヒーローに似せようとしたのかな?
などと思ってしまうのですが。

また、ライブで曲の最後にダンサーと決めるポーズ。
(例えば Live in bucharest の Startin' Somethin'とか)
あれはゴレンジャーを思い出しませんか?(笑)

ただ、確かにふつうに映るとキモいアンドロイドのような顔が
ステージに上がり、歌い、踊りだすととたんに神がかり的に
かっこ良く精彩を放ち、輝き出す。

天才マイコーの魅力の一つだと思います。

Commented by yomodalite at 2010-05-25 10:09
makkoさん、同感です!ピーターパンは、精神的な影響で(原作者+キャラ)、造形的影響は、日本のアニメ・マンガがスゴく大きいというか、同じ道を辿っているように思います。

日本は、浮世絵からマンガ・アニメまで、絵画の平面的描写の歴史が長く、マンガを描いた経験のあるひとが多いので、わかる人がすごく多いと思うのですが、顔の中でまっすぐ前に突き出している鼻をどう描くかって、眼をかくより地味ですけど、重要なポイントですよね。

で、いろいろ個性はありますけど、基本みんな、マイケル鼻なんですよね。マイケルの鼻や整形に関しては、薄っぺらい一般心理学を引用するより、マンガの中の“鼻表現”問題として、捉えた方が、よほど面白いというか、日本でしか出来ない「マイケル・ジャクソン学」になると思うんですよね。誰かやってくれないかな〜。

ゴレンジャー、最後に書き換える「顔について(1)」に加えるかも。
Commented by yumiko at 2010-05-25 11:03 x
shake your body は完全に変身ポーズですよね。
Commented by yomodalite at 2010-05-25 22:17
ウルトラマン+仮面ライダー?流石ママの発想はひと味違う!
日本での放送は、仮面ライダーが、1971年4月3日からで、ウルトラマンの方が1967年から。アメリカでの放送はわかんないけど、あの変身ポーズが、1979年の「サタデーナイトフィーバー」や、1978年の「Shake Your Body」のディスコブームに影響与えていたかについては、考えたことなかったよ。
Commented by yumiko at 2010-05-25 23:40 x
影響があったかどうかは、私も考えたことはなかったけど、shake your bodyは見た瞬間、それしか思い浮かばなかったのです。弟が小さいころの写真は、みんな変身ポーズで写ってたのをおもいだしたわ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-05-19 07:20 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(17)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite