西寺郷太氏の『マイケル・ジャクソン』(2)

西寺郷太氏の『マイケル・ジャクソン』(1)の続き

◎第三章 「マイケル」と闘うマイケルー絶頂期の混乱(続き)

『テディライリーの回想』(P141)
MJは、GUYの「レッツ・スペンド・ザ・ナイト」が好き。(←“Spend the Night”の国内版タイトルのこと?)


この曲よりも、もっと強い曲という依頼により、“Blood On The Dance Floor”が生まれたと、テディは語っている

◎Spend The Night - GUY

☆で、生まれたのが、私が大好きなこの曲!

◎Blood on the Dance Floor

「実際のコードやすべてを弾いてくれ...」スタジオ全体を押さえ、寝室までもすぐ近くに作る。といったアルバムの作り方。

『映画への接近』(P145)
MJは本当に、音楽業界から退いて、映画を作ろうとしていたのか?

『それぞれの兄弟たちのゆくえ』(P148)
“2300 Jackson Street“は、なぜ彼らの最終アルバムになったのか?

☆傑作?BabyFace作曲「ナッシン」
◎nothin (that compares 2 u) - the jacksons

☆名曲!テディとジャクソンズ(当時4人)の共作。
MJ、ジャネット、リビーもボーカルとPVに出演。
◎第四章 銃弾と忘却ー少年虐待疑惑を検証する

『FBIの極秘資料公開』(P188)
ジョンレノンとMJが長期間捜査されていた理由。
“イマジン”と“Black or White”に共通する危険性。

◎『第五章「THIS IS IT」への道』

『逆風の90年代』(P193)
《西寺氏の意見》
「“80年代的”なマーケティング重視、過剰に装飾されたポップミュージックの否定」がその後のトレンドになったことがわかる。(引用終了)

“80年代”以降に否定されたことを、挙げていくだけで新書一冊分になる。

『マドンナの忠告』(P195)
黒人という帰属を失ったMJが、自ら選んだ帰属が“チャイルドスター”
でも、マドンナの忠告に耳を貸さなかったのは、彼が世間知らずのチャイルドスターだったからではない。

『ニルヴァーナの衝撃』(P199)
白人社会の収入格差の増大によって、ロック(白人音楽)が持っていた“文明批評”という部分は、資本主義への感情的嫌悪により、表現の貧しさを助長した。
(お金と知性の両方への否定)


90年代から、PVから急速にクリエイティビティが失われ、アーティストだけでなく、批評も死んだ。

アメリカ文化は衰退し、世界との乖離が進む。
MJは、世界一お金持ちのエンターティナーとして、資本主義への最も先鋭的な批判者への道へ。

『“HIStory”の時代』(P203)
MJの“HIStory”(Disc 2)が、評価されなかった理由。

「怒りの表現のストレートさ」に困惑するファンを気遣い、最後はやっぱり“Smile”で締めざるを得ない、マイケルの優しさ

“Black or White”から“They Don't About Us”へ

『“ブラッド・オン・ザ・フロア”と「ゴースト」』(P211)
誰も評価できない領域に踏み込んだ、MJを客観的に観ることができたのは、MJ自身だけだった。アーティストにして、批評・分析・客観的能力を持ちすぎていた悲劇 ー「ゴースト」

「KING OF POP」の称号とともに「モンスター」キャラも自ら受認。
“笑顔”放棄の時代へ


『インヴィンシブル』(P215)
5年の歳月で30億円という巨額の予算。

これまで、子供たちと“子供同士の付合い”をしてきたと思われていたMJが、立派な父親になれた理由。

若い頃から歴史に残るという野望を抱いていた完璧主義者MJは、ついに最終段階へ。

『ジャクソンズ再結成』(P217)
(1)でも書いた、MJのソロ30周年を祝うコンサート「Michael Jackson: 30th Anniversary Celebration, The Solo Years」

マイケルは、兄弟には厳しかった。(マーロンよく頑張った!)



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/13191591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-03-24 14:14 | マイケルジャクソン書籍 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite