フィギュア問題の抗議のしかた

f0134963_14541671.jpg
浅田真央問題の続き

中村俊輔が帰国してから4日目。とすると、本日は3月3日で間違いないですね。

うっかり、時計の時間でもあわせようなんて思って、地上波にチャンネルを合わせた、
そんな一瞬すら逃さない勢いで、嘘報道が入ってきてしまいますからね〜。
ホント気を付けないと。。。

地上波で素晴らしいのは、笑いにかける人たちの日々の絶え間ない努力に接するときぐらいです。

で、そんな嫌な気分を帳消しにしてくれる、カナダの素晴らしいシンガー、k.d.lang。
五輪開会式で久しぶりに彼女のこと思い出して、最近、昔のアルバムを引っ張りだしてよく聴いてます。
彼女は、レズビアンであることを公表しているんだけど、そういうアーティストがオリンピックの開会式で歌うことに問題がある国って、まだあるのかな?

k.d.lang - Hallelujah



さて、私は、これまで、誰か他の人のフィギュアの感想を知りたいと思ったことがなかったので、フィギュア関係のサイトは、「Mizumizuのライフスタイル・ブログ」しか、知らないんです。

運良く一発で見つけたサイトが、あまりにも素晴らしく、これ以上のサイトはないと確信したので、もう他の人の意見は、こちらだけで充分だと思いました。

本当に、大勢の意見がどうかなんて、ネットでも、どこでも、わからないですから。
ネトウヨ(笑)と一緒で、工作員がいっぱいですからね。

それで、想像なんですけど、もしかして、スケート連盟がもっと力をもつべき!とか、
もっと抗議すべき!とか、何やってんだ!とか、盛り上がったりしてるんでしょうか?

あの特定国とか特定選手への中傷が、いつものC級工作員の仕業だと、
わかっている人だって、正当で真っ当な抗議には興味ありますよね。
わたしも、今回の判定問題の理想的な対処の仕方って、オリンピック開催前から含めて、
どうすれば良かったのかな〜なんて、思っては見るんですが、全然わかんないです。

あまりにも政治的すぎて、本当にイイ結果のみを期待して戦うって大変です。

今回の採点方法は、加点の幅の問題であって、基本的な部分に修正が必要かどうかは、
難しいですし、それと、一番嫌なのはISUより、日本スケート連盟がケガをすることですね。

ちょっと前まで、男子のトップで世界選手権3位の本田選手ですら、ずっとママの手作り衣装で頑張っていたことを考えると、今のスケーター達のほぼ全員が毎回違う、素晴らしい衣装で演じている姿には、うっとりするとともに、日本のサッカー代表選手に比べれば、選手たちに、きちんとお金が配分されているなぁと思います。

そして、お金じゃなく、自分への戦いのみで、日本を背負ってきてくれた、多くの素晴らしいスケーターたちの努力は、現役のときのみならず、今、日本のスケーターの層の厚みに多大な貢献してくれていると思います。こんなに強化が上手くいっている競技、他にありますか?

それで、なんで、スケート連盟批判しなきゃいけないんでしょうか。

わたしは、内部事情なんて知りませんけど、そりゃ、どんな組織にだって欠点はあるでしょう。今のスケート連盟には、政治力はないかもしれませんが、
素晴らしいスケーターを作ってきた実績は、世界一あるんじゃないですか?
男子も女子も、3人づつ、オリンピックに出場させて、メダルも2つも穫ったんですよ。
スゴい結果出してるじゃないですか!

そんなわけで、ここで思い出すべきは、朝青龍なんですよ(笑)

彼が、日本中から一斉に批判される前のタ−ゲットは、何だったでしょうか?
相撲協会の八百長問題と、国宝級の横綱、貴乃花と、彼を育てた二子山部屋批判だったでしょう。
優れた日本人力士を大勢抱えていた、二子山部屋は徹底的につぶされ、
本当に素晴らしい日本人横綱、貴乃花を徹底的に攻撃し、
外国人しか相撲部屋に入門できないと思わせるほど、イメージ悪化を演出したうえで、
外国人横綱で、相撲が成立つようになると、一転して、「日本の伝統」ですよ(笑)

問題:相撲協会の八百長問題は、結局、何を変えたでしょうか?

正解:横綱審議委員会のメンバーの性質。

横審のメンバーが変わって、日本人と、相撲にとって、良かったことがあると言う人、
ぜひ、コメント欄で教えてください。

今回、涙をのんだ、小塚選手や、中野選手を育てたコーチの佐藤信夫氏も
「世界フィギュアスケート殿堂」決定しましたし、
選手だけでなく、日本人コーチにも、世界中の注目が集まってます。

浅田真央の競技後の立ち直り方は、彼女がモンスター級の天才であるせいであることは、
もちろんですが、オリンピックの会場や、競技後で、世界中の人から、賞賛されたからです。みんな、私たちが選手を誇らしいと思うように、絶賛しているんですよ。
私は会場に行ったわけでも、なんでもないですけど、そうに決まってるじゃないですか。
だって、フィギュアファンなら、当然そう思うでしょう。

あのフィギュア界の朝青龍、皇帝プルシェンコと、芸術性の鬼、タラソワコーチという、
まったく違うタイプの2人の天才があれほど、浅田にメロメロになっているうえに、
男子も女子もメダル獲得し、コーチまで殿堂入りしてるんですよ。

フィギュア界の政治部分での色々と醜い争いは、今日に始まったことではありませんが、
本当に素晴らしい選手とコーチのおかげで、男子の銅メダル、女子の銀メダルという結果を、これまでにないクリーンな形で獲得したうえに、トリプルアクセル複数成功という偉業すら成し遂げ、賞賛を浴びることができたんです。

こんな素晴らしい結果を、政治力に頼ることなく得られたことが、日本の素晴らしさ。
賞賛すべきなのは、選手だけではないです。

わたしたちは、アジア初めての金メダルという栄誉を、荒川静香氏のおかげで、得ることができました。あのとき、日本だけでなくアジア全体が熱狂してくれた、その感謝をおかしな愛国心で返すなんて絶対やめましょう。荒川静香の頑張りのおかげで、今回はあの感動のおすそ分けが出来るんですよ。
おめでとうと言わなくちゃいけないに決まってるでしょ。

トリノに行かれる予定の方、会場での応援ありがとうございます!

なんか、私のようなブログにさえ、これだけフィギュアファンの方が見てくれていると思うと、ちょっと不安になるんですよね。
変な工作員の行動とか、ブーイングとか、どうか、ご注意くださいませね。
せっかくの選手たちの美しい戦いが台無しになってしまいますから。
全員拍手で、どうかお願いします。

コメントくれた人、本当にありがとうございます!
やっぱりフィギュアファンの気持ちは、ひとつですね!
美しい競技を見て感動して、美しくない行動をしたくなるわけないです。
ブログや、Twitter など、とにかく、中傷行為をやめるように広めましょう。
どうせ、ファンじゃない人だと思うけど、証拠みたいにされちゃうからね。

わたくし、そろそろ、中村俊輔と日本サッカーのことで大変なんで。。お願いします♡
[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/12998360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しずぱんだ at 2010-03-03 18:54 x
こんにちは、初めまして。
ヤフーのフィギュアスケートに関するコメントを見ると、殆どが「キム選手も、浅田選手も、スケーティングは素晴らしかった。浅田選手のフリーでのミスもあったし、今回のキム選手の金メダルは疑いがない。だが、キム選手の爆アゲだけではなく、長洲選手や小塚選手の目に余る加点の低さも同様に納得がいかない。ジャッジの非公開制度とともに見直すべきだ」と言う内容です。
例えニワカと呼ばれていても、フィギュアスケートを見て感動したからこそ、おかしいと思う人が大多数ではないでしょうか。そう言う方々が多いから、ちゃんとルールを知りたいと思って検索を掛けて、Mizumizuさんのブログに12万アクセスも辿り着いているんだと思いますよ。
ネトウヨとか嫌韓とか言う人たちは、この流れに乗じているだけです。
Commented by しずぱんだ at 2010-03-03 18:55 x
長いと怒られてしまったので続きを。(笑)
ところで、スケート連盟は過去に裏金問題で理事が逮捕されるなど、あまりいいイメージはないという方も多いんじゃないでしょうか。其処へ来てこの騒ぎなので、スケ連は責められる理由が全くないとは言い難いと思うのも致し方ない気がします。
このエントリを読んでも、頑張っているのは現場の選手やコーチであって、理事や役員ではない。という取り方も出来ます。勿論、浅田選手の傍らで励まし続けた強化部の小林さんなどは有名ですし、その中には入らないのですけれどね。
わたしとしては裏金問題などに関わる人は極一部だし、そうあって欲しい。と思うので特に責めたりはしませんが、Mizumizuさんも仰っている通り、ロスの大会のときもっと強く出ていれば、と悔やむ気持ちも持ち合わせています。

まあ、これだけフィギュアスケートに注目が集まったのだから、それに乗じる人もいる。と、ある意味仕方がないと、割り切ったほうがいいと思います。寧ろ、この機会にたくさんの人がフィギュアスケートのファンになった!と、喜んだほうがいいかも。
トリノ楽しみですね。わたしはミキティとこづくんのファンなので、今から待ち遠しいです♪
Commented by yomodalite at 2010-03-03 21:13
しずぱんださん、コメントと情報ありがとうございます!>ロスの大会のときもっと強く出ていれば。。ごもっともです。政治力と芸術性を両方兼ね備えた組織という理想は追求すべき課題かもしれません。ただ、今、日本は多様な個性の選手が大勢いますから、すべての選手を守るための戦いというのは、難しいですね。

ミキティ、よく今回腐らずに最後までイイ状態できましたよね。私はエキシビジョンでは彼女がベストだったと思いました!
Commented by マリまま at 2010-03-03 22:45 x
こんばんは。初めてコメントします。
Mizumizuさんのブログは、去年の世界選手権後にたどり着きそれ以降ずっと参考にさせていただいてます。今回は、そのMizumizuさんのブログからこちらを発見しました。皆さんのおっしゃるとおり、今回のオリンピックは、後味の悪いものでした。キムヨナ選手の演技はすばらしかったけど、得点を見て、すばらしさは半減しました。キムヨナさんにとっても金メダルの価値を下げてしまうものだったと思います。
でも、真央ちゃんの演技終了後の涙、そして、表彰式での悔しそうな顔から、だんだん笑顔になっていく様を見て、このオリンピックで、すばらしく成長し、真央ちゃんの顔のなんと素敵なこと!菩薩様のようでした。うまくたとえられないのですが、19歳という子供以上大人未満の年齢が、この4分間の演技終了後、大人の女性に脱皮した蝶のようでした。大げさな表現ですが、それくらい演技終了前と後の顔が違って見えました。
泣きはらした後のうつろな目からメダルにキスするまでの、目の輝きで、真央ちゃんのうちに秘めた闘志を感じました。
ますます、真央ちゃんを好きになりました。
Commented by yomodalite at 2010-03-04 08:57
マリままさん、同感です。半減が残念なんですよ。ただ、わたしたちは、あまりにもストイックな選手たちに慣れすぎていますから、彼女は自国のファンが一番望んでいることを実現させたでしょうし、そちらが世界基準なのかもしれません。
これまでも大人気だった浅田真央ですが、今回のことで、その人気も史上最高レベルに達しそうですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-03-03 15:22 | スポーツ | Trackback | Comments(5)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite