ひとりごと(2010.2.22)

f0134963_1594422.jpg


犬飼会長と、サッカーをまったく愛していない、W杯誘致関係の人々のせいで、胸のもやもやが晴れない。。。

長沼元会長も、W杯誘致運動から帰国した直後に、既に決定していたネルシーノから加茂続投を決めてしまったし、「加茂でフランスに行けなかったら辞任する」とまで言っていたのに、加茂監督更迭時にも、会長を辞めなかった。

W杯誘致と、ファンがまったくワクワクしない監督選びは、絶対関連があるにちがいないと思うんですよね。ファンは犬飼会長辞めろコールと、日本がW杯で、ベスト8以上の成績をあげられるまでは、W杯誘致運動禁止を一緒にコールしないと誰が会長やったってこのままでしょう。

マリノス復帰からW杯までの俊輔の葛藤を思うと、個人スポーツはいいなぁと思ってしまう。。。

そんなわけで、なかなか書けない本の感想を、とりあえず、メモだけしておこうっと。

「女はなぜ土俵にあがれないのか」/内館牧子

朝青龍も、相撲も、俊輔やサッカーほどではないものの、小泉内閣時代から、急に始まった、日本の伝統を傘にきた、大勢の薄汚い人々の中で、著書という形で、その証拠を残している、数少ない「例」なので、このままスルーはできないのだけど、怒りを押さえることが、まだできない。。。読了後、すでに何日も経っているのに!

「楽しい[つづり方]教室」/塔島ひろみ

楽しくも変な気分にさせてくれる本に違いないんですが、岡田監督続投を決めた犬飼会長と、ハーフパイプを普通に楽しませてくれない人々のせいで、あんまり楽しめず。塔島氏の個性は、大勢の人が一斉に幸せになったところで、こっそり1人で不幸になる楽しみのために、とっておきたいような貴重なもの。

「今あなたに知ってもらいたいこと」/オノ・ヨーコ

「グレ−プフルーツ」「ただの私」「頭の中で組み立てる絵」など、昔の彼女の本も、ときどき読み返しながら、毎日、ちょっとずつ読んで浄化されてます。彼女は、MJと同じように、息の長いアーティストという点で、重みが違う。

「明日は昨日の風が吹く」/橋本治

吉本隆明ー橋本治ー内田樹という流れを、初めて意識してみたけど、一番割を食ったというか、コストパフォーマンスの低さが、本人にとって不幸なのか、読者にとって幸せだったのか、考えてしまう橋本治氏。
吉本、橋本、両氏の限界が、内田氏の『私家版・ユダヤ文化論』になったんだなぁとか、思いつつ、だらだらとゆっくり読書中。
1997年から始まり、2009年まで、橋本氏の文章で振り返るという行為は、オノヨーコの本と、MJ追悼の2つの重みと、小泉ーブッシュ内閣ともバッティングしている。でも、これを活かすほどの知力も体力も自分にはないです。

次は、「平成政治20年史」/平野貞夫を読む予定なんだけど、ランディ・タラボレッリの例の本に関しても、やっぱり書いておきたくなってきて困ってます。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/12919080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-02-22 15:14 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite