マイケル・ジャクソン THIS IS IT特集号 日経エンタテインメント!臨時増刊

MJファンから絶大なる信頼を得ている吉岡正晴氏が自身のサイトで絶賛したため、熱心なファンの人の間にも絶対買わなきゃ!と思われた特集号。残念ながら、これは複数回映画を観て、DVD発売までの時間も様々なサイトから情報を得ている人にとっては、あまりおすすめできる内容ではありません。
というのも、

・インタヴューはインタビュアーが映画を観る前に行っている。
・曲目解説はサントラ
・映画内のフィルムに関しての情報はほとんどなし。

なので、基本的にDVDをじっくり観た後に“THIS IS IT”の内容で、
知りたくなるようなことは何も書かれてないんですよね。

日経らしく、他の特集やDVDの内容とは別の視点で書かれているのは「ソニーピクチャーズ宣伝マンが明かす、THIS IS ITが日本で社会現象になった理由」ぐらいですが、内容は想像通りの浅いもの。

そういうわけなので、おすすめできる人は、
映画を見たのが2回以下で、
ネット環境があまり良くなく、映画を観た以外は、特に情報に触れておらず、
1枚組DVDを観た人。

あまり、おすすめできない人は、
二枚組DVD、ブルーレイを買った人、もしくは購入予定の人は、観る前には読まない方がいいです。というのは、特典映像で語られていることが多いので。

ただし、冒頭18ページの“THIS IS IT”の映画写真がキレイなのと、良質な印刷紙によるオールカラー、82ページで790円は激安なので、買ってもそんなに損することはないでしょう。特に、あのダンディなスーツ姿のMJの写真は、雑誌ではこれがベストかも。でも、あの“Human Nature”の、手が完全に上に伸びているポーズがなかったのは残念でした。

綴じ込みカレンダー“HISTORY Calender 2010”は、月変わり12枚の写真が雑誌を拡げた大きさより、少し小さいぐらいなので、お得感が好きな人には、これもポイント高いかも。写真は“HISTORY”時代というわけではなく、子供の頃も含めて、ライブ写真が多いようですが、ベストショットと言えないものや、どうしてこれを選ぶかな?というものもあり。(“THIS IS IT”写真はなし)

映画パンフとしては、激安のうえ充実してます。ただし、記事の内容は薄くDVD内容の重複記事が多いので、マニアのマストアイテムでは絶対ないです。

わたしは、この表紙がゆるせなかったので買う気はなかったのですが、つい吉岡氏につられて。。。ポチ注文。でも、この表紙のセンスがキライな人はやっぱり買わない方が正しいかも。




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/12735148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-01-27 23:52 | ☆マイケルジャクソン書籍 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite