ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」/堀江貴文、西村博之

ひろゆき氏の本は3冊目、ほりえもんの本は、これで2冊目になりますが、お二人の本はいずれも聞き書きであると思われるので、2人が対談すれば一石二鳥というか、まぁそんな感じでしょうか。

12時間という時間の割には、充分興味深い内容で、内容は、“IT”に関しては比較的短く1章があるだけで、あとは社会批評。

全体を通して、ひろゆき氏が聞き手になり、ほりえもんにしゃべらせていることにより、ほりえもんの単独の本にみられる露悪趣味や、悪人ぶりが抑えられていて、彼の本質がより表現されている印象で、名言も多数。例えば、

テレビ局員というのが共産党の幹部みたいなもんなの。(中略)自分たちが高給を得ながら、貧しい人の代弁をしているように思わせる。

メディアにしてみれば、ネットを使わないで『ジャパネットたかた』とかで買い物して「得した」と思っているようなバカなお客さんを囲んでおいたほうが、利益率が高いという発想になって、囲い込みをずっとし続けるんですよ。

出版社はマスメディアじゃなくなるのが正解だって。


などなど、共感する発言が多くて書ききれないぐらい。
両氏とも、来年も年1〜2冊は読みたい方です。

★★★★

第1章 格差社会
第2章 政治・裁判・税金
第3章 メディア
第4章 教育
第5章 IT
第6章 食とオンナとオシャレとお金
_________________

【BOOKデータベース】元ライブドア社長のホリエモンと、元2ちゃんねる管理人のひろゆき、“時代の寵児”ふたりが、格差社会・政治・裁判・メディア・お金・IT・教育からAV・風俗までニッポンの“ヘン”を語り尽くす!おかしいのはオレたちなのか?ニッポンか。





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/12472872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-12-11 14:36 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite