映画『イングロリアス・バスターズ』監督・脚本:クエンティン・タランティーノ

f0134963_23211047.jpg
豊洲ユナイテッド・シネマにて、『イングロリアス・バスターズ』を観る。



今日は12:45から、もはや問答無用の4回目の『THIS IS IT』。
「SMAP×SMAP」効果でしょうか? すでに昨晩から19:30〜の回は売り切れ。昼間の回もほぼ満員。19時ごろにはレイトショーも売り切れでした。

一方、『イングロリアス・バスターズ』の17:45の回は、観客15人ほどでガラガラ。ほとんど女性客だったのは、ブラピ効果なんでしょうか?

全米公開では、『パルプフィクション』越えの、タランティーノ最大のヒット作となっていたり、返金キャンペーンなども行われるなど、普通に面白かったらどうしようという心配もありましたが、観賞後の感想を一言で言えば、いつもどおりのクソッタレな内容で、とても安心しました。日本では『パルプフィクション』を超えるヒットにはならないでしょう。

タランティーノ作品は、とにかく“血”を見るのが苦手なわたしが、結構長い間、観られない画面があることにも我慢して、毎作品観ているのですが、ブログに書くのは今回が初めて。

戦争映画にしては、いつもより亡くなる人も少なめ、残酷度も若干低めで、意外と地味だし、別に、今回特に書きたくなるような内容では全然ないんですが、昼間に4回目の『THIS IS IT』を観て、夜は『イングロリアス・バスターズ』を観て、両方とも癒されたということを、なんとな〜く記録しておきたかった。それだけです。

あと、あの場面での、With Gasoline〜♪ は、オリジナルの映画「Cat People」より合ってましたね!

◎DAVID BOWIE "CAT PEOPLE (PUTTING OUT FIRE)"
FROM INGLOURIOUS BASTERDS FILM


◎Cat People trailer
__________________________

[監督・脚本]
クエンティン・タランティーノ
[出演]
アルド・レイン中尉:ブラッド・ピット
ハンス・ランダ親衛隊大佐:クリストフ・ヴァルツ
ショシャナ:メラニー・ロラン
ブリジット:ダイアン・クルーガー
ヒューゴ・スティーグリッツ:ティル・シュヴァイガー
ドニー・ドノウィッツ:イーライ・ロス
[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/12381982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-11-25 23:26 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite