女の子ものがたり/西原理恵子

f0134963_1675525.jpg


著者の自叙伝的作品第1弾『上京ものがたり』は未読なんですが、現在公開中の映画宣伝で本書に興味を持ち、読んでみました。

サイバラにも女の子だった時期があるということに、あたりまえではありながら、やっぱり驚きを感じたと思うのは、もちろん、現在の西原氏への賛辞です。

わたしも含めて、この物語の舞台や状況に共感できない人は多いと思うのだけど、それでも、なぜか少女時代を思い出させてくれて、あの頃のともだちに会える、これはそんな作品です。

☆☆☆☆

映画『女の子ものがたり』公式サイト
http://onnanoko-story.jp/index.html
_______________________

[出版社 / 著者からの内容紹介]サイバラの傑作「上京ものがたり」の続編!「上京ものがたり」の女の子は、東京に出てくるまで、どんな子供時代を送ってきたのか?友達との交流を軸に、少女の成長を暖かく、そして限りなくシビアに見つめる、西原理恵子の自叙伝的作品第2弾!! 小学館 (2005/04)

[BOOKデータベース]感涙の傑作『上京ものがたり』の女の子は、昔はこんな子だったんです…こんなともだちは一生できない。




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/11900004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-09-09 16:10 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite